転職を考えている人が必ず一度は通る道が、「自分で転職活動をするほうが、転職エージェントを使うよりも成功しやすいのでは?」という疑問を抱くことではないでしょうか。

おそらく転職エージェントの担当者の信頼できかねる態度や言動であったり、プロセス自体の不透明さであったり、募集広告とはかけ離れた実態であったり、さまざまな想定外の事態に直面した時に感じると思われます。

まず転職エージェントを利用するメリットとデメリットを明らかにすることで、実際にこの疑問がその通りであるのか、それとも心配せずに使った方がいいのかを判断する目安を作りたいですね。

転職エージェントを使うメリット

実際に日本だけでも転職エージェントの数が相当数にのぼっていることから考えれば、転職市場というものはかなりの規模を有していると想定が可能です。市場が大きければ参入する企業の数も多い、同時に企業の数が増えればそのクオリティもピンからキリまで存在するということも自明の理ですね。

そこで仮定として、しっかりと実績もあり、企業の募集案件も数多く抱えている転職エージェントに依頼するとします。その際のメリットは、やはりさまざまな選択肢が生まれるということを第一に挙げられるでしょう。

転職エージェントの営業担当は常に企業を周り、人材募集案件を扱う交渉を続けていますので、個人として一つ一つの企業から情報を集める手間を考えれば、転職エージェントが保有する最新で豊富な情報にアクセスできることは、それだけでも価値があります。1つの企業の選考に落ちたとしても、別な条件の企業へ次々に応募することも可能ですね。

一方、転職エージェント経由の人材紹介はマイナスのイメージにはならないかという懸念があるかもしれませんが、それは全く違います。もし転職エージェントが不適格な人材ばかりを送り込み、すぐに退社してしまうという結果を繰り返せば、そのエージェントはもう企業から使ってもらえなくなりますよね。

ですから、エージェント側では応募する人物を見極めるために面接も審査もしっかりと事前に行いますので、企業からすればそこで選別のためのフィルターを1枚既に通していることになります。個人と直接面接などを行うよりも安心感があるから、エージェントに手数料を支払ってでも活用するのです。

さらに、転職エージェント側では、売上がいかに人材を企業に採用してもらうかにかかっている以上、可能性の高いマッチングを積極的に行いますので、応募者がそれなりの条件を満たしてさえいれば、「人材を採用したい」、「人材を紹介したい」、「転職したい」という3者のニーズを全て満たすことが可能になります。

この理想的なサイクルの中に上手く入れることこそが、転職エージェントを利用するメリットに集約されるでしょう。

転職エージェントを使うデメリット

一方、転職エージェントを使うデメリットに目を向けると、まず筆頭に挙げられる理由はそのエージェントへの企業からの評判が良くない場合でしょう。いわゆるピンキリのキリに相当する転職エージェントを利用してしまうと、エージェントの評価が低いゆえに、企業が応募者自身の評価をする前に敬遠してしまうことも考えられます。

個人としての正当な評価が受けられないということですので、別のエージェントを利用するしかありません。またエージェントのノルマなどの都合で、成約という結果だけを重視する姿勢に巻き込まれて、正しい情報が応募者に全く与えられず、いざ転職してみたらブラック企業であったなどというのは、転職エージェントを利用したがゆえのデメリットでしょう。

次に挙げられる理由としては、結果的に長期間に及んでしまうという点もあるかもしれません。企業と転職エージェントと応募者という3者間でのやりとりになるためどうしても時間がかかりますし、伝言ゲームのような誤解が生まれてしまうことも懸念されます。

面談をするにしてもまずはエージェントとの面談、ヒアリングを行い、その精査にも時間がかかり、その後相手先企業との面談と段階を踏みますからどうしても転職活動を行う期間は長くなってしまいます。そして最も懸念されるのが、担当者の能力や人柄、相性が悪い場合でしょう。転職エージェントを利用したことのあるユーザーのレビューに多いのが、とにかく担当者への数々の不満の声です。

同じエージェントであっても、担当者によって全く対応が異なるというのが通説になっていますね。業界を横断して幅広い案件を扱う総合型の転職エージェントと、その業界に特化した専門性の高いエージェントと分けて考えても、またそれぞれの中で担当者次第であるという特性からは逃げられないようです。

前述した通り、転職エージェントを利用するメリットは明確にあるのに、こうした担当者に起因する理由によって、望んでいた結果が得られなかったですとか、ただ時間を無駄にしただけだった、とにかく不快な思いをさせられただけで何も得られなかったなどの情報に接し、エージェントの利用を躊躇するのももったいない話しですね。

良いキャリアアドバイザー・キャリアコンサルタントとは

実際に、どういう弊害が過去にあったのかを知ることも貴重な判断材料になり得ますが、そもそも良い担当者の定義とはなんでしょう?根本的な人間性が優れていれば言う事はありませんが、友達ではありませんので、人柄がいいという条件よりもしっかりと転職を成功させてくれる担当者のことですよね。

そのためには、応募者と良好な関係性を築ける高いコミュニケーション能力があり、転職に対する応募者の潜在的な希望を掘り起こしてくれるヒアリング力に優れており、条件をマッチングさせられる分析力と判断力がなければ務まりません。すると結果的に根本的な人間性に優れている必要があるので、振り出しに戻りましたがやはり人間として魅力的で信頼できる人かどうかが重要です。

そんな担当者は、自分の営業ノルマを無視することは不可能でしょうが、応募者の気持ちに寄り添い、成功を願ってくれています。ですから、企業側に不都合な事実があっても隠さずに教えてくれますし、年棒の交渉も自分の事のように代行してくれますし、仮にある企業の面接に落ちたとしても、そのままにせずに企業側にヒアリングを行い応募者にフィードバックしてくれます。

こうした転職エージェントだからこそ可能であるサポートをしっかりと行ってくれる担当者についてもらえるかどうかが、転職の成功のカギであるという事に疑いはないでしょう。

担当のキャリアアドバイザー・キャリアコンサルタントは変更できるか?

では、不幸にも悪い担当者に当たってしまった場合は、どうすればよいか?もちろん、すぐに担当者変更という対応を依頼するべきです。担当を変えてもらう事自体が無理と思っているならそれは間違いです。電話でもメールででも、依頼すれば可能なのです。

先ほどの良い担当者の逆を悪い担当者とするなら、それは応募者の事情など何も考えず、一切寄り添わず、自分の営業成績のことしか考えていない人ですね。エージェントに対して、子供のようにダイレクトに文句を言うのは自分自身の心証を悪くしてしまいますので、事実だけを淡々と伝え、どういう担当者に変更してほしいかを依頼しましょう。

ただムカつく、態度が悪い、とクレームするのではなく、転職の成功の可能性を上げるために依頼しているという旨を伝えれば、担当者変更はそれほど難しいことではありません。

まとめ 転職エージェントに相談しよう

転職支援サービスはたくさんありますが、転職活動がなかなかうまくいかない人、効率よく転職したい人には、転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。利用者に担当制を取っている転職エージェントは、転職回数が多くて一般的に不利と言われるケースにも、的確なアドバイスで転職活動の手助けをしてくれます。

転職エージェントの経験豊富なキャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントは、職務経歴書の書き方も様々なケースを想定してアドバイスをしてくれます。ひとりひとりのキャリアや希望をしっかりヒアリングして、最適な求人情報を提供してくれるので、独りよがりになりがちな転職活動においても客観的な意見をもらえる貴重な存在です。

応募に関する手続きや面接のスケジュール調整などは転職エージェントが担当してくれるので、在職中の転職活動もスムーズに進められます。ただ、転職エージェントも数多く、それぞれの強みや特徴も違ってくるので、

まずはあなたが希望する業界・業種に強く、口コミ評判もよい大手の転職エージェント1〜3つに登録して、実際に利用してみることをおすすめします。それぞれのエージェントを利用して比較することで、徐々に自分に最も合ったサービスに絞り、重点的に利用するのが賢い方法です。

実績No1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1、リクルートブランドと圧倒的な営業力を活かし、大量の求人数を誇り、非公開求人も20万件以上で全職種に関しての求人を網羅している、地方求人も豊富で拠点も全国に16箇所あります。
リクルートエージェントと業種に特化した転職エージェントを併用するのがおすすめです。

転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。
土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントに無料登録

未経験転職でも対応が丁寧なワークポート

転職サービスの各種ランキングで常に上位のワークポート。IT・ゲーム業界に強いですが、営業・事務・管理職等、ベンチャーから大手企業・地方の求人まで既卒から40代まで幅広い求人を数万件保有しています。

ホテルのコンシェルジュをイメージして、キャリアコンサルタントを「転職コンシェルジュ」と呼ぶのが特徴で、サービスのクオリティーが高く、キャリアが浅くても気持ちよく転職活動ができると評判です担当コンシェルジュとの相性が悪いと感じた場合は、変更が可能と名言しているユーザー重視の転職エージェントです。

求人は全国対応で拠点も全国14箇所あり平日の夜や土日の相談も可能で、対応も早いのでスムーズに転職したい人には最適の転職エージェントです。
※現在、サービス業・一般事務系20代、営業・サポート・電気機械系30代前半、金融不動産系30代、経営コンサル・企画・管理系40代前半、ITコンサル/PM/SE/PG系40代、建築設計土木50代まで受付中です。

ワークポートへ無料登録

doda 転職エージェントサービス

doda

業界No.2の転職エージェントです。全国対応で、求人数もリクルートエージェントとほぼ同等、書類添削や面接対策もしっかりしています。求人情報(非公開含む)が約10万件で、優良求人がたくさんあります。特にエンジニアと営業職の転職に強いです

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)

※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

dodaへ無料登録

第二新卒・既卒・フリーターでも書類選考なしで100%正社員求人! DYM就職

DYM就職

経験の浅い第二新卒・既卒・フリーター向けの人柄重視な転職エージェントです。一部上場企業、トップベンチャー企業等2500社以上の優良企業の正社員求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが個別相談で希望にマッチした求人を紹介、経歴や学歴に不安があっても書類選考なしで面接からスタートできる。100%正社員求人で、最短1週間でのスピード入社も可能です。

未経験OKな求人が多数ありますが、ブラック企業は徹底排除されているので安心です。
就職成功者は14,000人以上、利用者の満足度は90%以上!! 面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。LINEで転職診断もやっています。

全国対応(32拠点)18歳から35歳までの方。面談は、平日22時まで土日も可能です。
面談場所は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡他です。(オンライン面談で全国対応)

DYM就職へ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録