転職エージェントを掛け持ちすることは特に問題ない

転職を考える時に頼りになるのが転職エージェントです。ただ、転職エージェントと言っても大手と言えるような名前が良く知られたところから、あまり聞いたことがないようなところまでたくさん存在します。

それぞれに特徴や得意としている分野が違っているので、どこを利用するか迷ってしまうでしょう。そして、候補がいくつか上がった時に疑問に思うのが「転職エージェントを掛け持ちしてもいいのだろうか?」ということです。

「転職エージェントを掛け持ちしてもいいのか?」という疑問の答えは、「掛け持ちしていい」です。なぜなら、掛け持ちを禁じる法律や決まりごとは存在しないからです。転職先を効率的に探すための求人サイトは一つしか使わないと決めている人はほとんどいないでしょう。

大抵の人は複数の転職サイトを閲覧して情報収集するものです。同じように転職エージェントを複数使うことも問題ありません。それで、心配することなく積極的に転職エージェントの掛け持ちをしていきましょう。

転職エージェントを掛け持ちすることによって受けられる恩恵

エージェントによって得意とする業種やもっているネットワークは異なるので、複数の転職エージェントを利用すればするほど、それだけ紹介してもらえる転職先の選択肢は効率的に増えていくことになります。そのなかから自分の希望や要望により近い企業を探すことができ、転職を成功させられる可能性もアップするでしょう。

さらに複数のエージェントを利用すると複数のキャリアアドバイザーから情報をもらえます。2つの転職エージェントを使えば2人から、3つ利用すれば3人のプロの意見が聞けるということです。転職はその後の自分や家族の生活が関係する人生の中でも重要な決定の一つですから、頼れる意見は多ければ多いほど良いでしょう。

また、キャリアアドバイザーもそれぞれが個性を持った人間です。なかには、自分とは相性が合わないということもあり得ます。そうなってしまうと就職活動へのモチベーションにも影響を及ぼす可能性があります。さらに担当キャリアアドバイザーの経験や知識不足でスムーズに就職活動が進まないといったことも起こり得ます。

こういったことが生じた場合に、複数の転職エージェントを利用していると担当者の質でエージェントを使い分けるというリスクヘッジになるのです。そのため、転職エージェントは積極的に掛け持ちしすることをお勧めします。

掛け持ちしてることをエージェントに伝えるべきか否か

転職エージェントを複数利用していく中で、実は掛け持ちしているということを担当者に伝えるべきか、そうすべきでないかという疑問が生じるでしょう。担当者に気を使って言いにくいと感じることもあり得ますが、掛け持ちしていることは伝えるべきでしょう。

エージェント担当者に自分が掛け持ちをしていることが知られると真摯に向き合ってくれなくなるかも、と心配になるかもしれませんが実際には、その逆になることが多いでしょう。つまり担当アドバイザーは依頼者が掛け持ちをしていることを知ると、競合他社と自分たちの仕事を比較されていると感じ、より熱心に丁寧にそして効率的に良い仕事をしようという気持ちになるということです。

それで、最初の転職エージェントの担当者にも実際に会って話す機会があるときや電話でもいいのでタイミングを見計らって他のエージェントの利用も検討していることを伝えましょう。どの担当者も「何か分からないことや確認したいことはありますか?」といった質問してくれるタイミングがあるものなので、そのタイミングで伝えると違和感なく話を進められるでしょう。

掛け持ちする転職エージェントは規模や得意分野が異なるところを利用しよう

転職エージェントはたくさん存在しますが、その中から似通った数社を掛け持ちしたとしても、代わり映えの無い情報しか得られない可能性があります。それで、掛け持ちするのであれば例えば大手と中堅といったように違った特徴を持つエージェントを利用しましょう。

そうすることによって、双方のいいところを活かした幅の広い転職活動と、双方が持つウィークポイントを相殺して効率的に転職を進める効果を期待できるのです。大手をその中に含める最大のメリットは豊富な求人情報です。名の知れた有名な転職エージェントには名の知れた有名な企業の求人情報を得られる確率が高いでしょう。

一方、利用者が多いということもあって、担当者からのきめ細やかで手厚いサポートを期待することは難しいでしょう。そしてアドバイザーもベテランから経験が浅い人材までいるので必ずしも自分にしっくりくる担当者と出会えるとは限りません。

中堅規模の転職エージェントとは、特定の地域に特化していたり特定の業種に強みを持ったところが当てはまるでしょう。そういったエージェントを利用すると特定の分野に長けているキャリアアドバイザーが在籍していることが多く、転職先の業種や自分のキャリアがはっきりしている場合は、心強いでしょう。

大手よりも好条件な転職先を紹介してもらえる可能性もあります。それで、掛け持ちする場合は、特徴や規模が異なるエージェントで登録することがマストになるのです。

転職エージェントの掛け持ちにはデメリットもある

転職を成功させるためにエージェントの掛け持ちが一つの有効手段であることは明らかなのですが、その一方でデメリットもいくつかあるということを覚えておきましょう。

まず、面談に時間がかかりがちであるという点です。掛け持ちをする=各社に登録した後の面談数が増えること、ということがあります。面談数が増えるということは、選定や内定を受けるまでの日数に時間がかかるということに繋がります。それで、転職活動はなるべく短い期間で終わらせたい、という場合には決定までに時間がかかりがちなるため選択肢の多さがデメリットになるということがあり得るでしょう。

さらに、掛け持ちをするとスケジューリングが複雑になるということも覚えておきましょう。各転職エージェントから面談のスケジュール連絡が届くので、それぞれの予定を管理する必要があります。掛け持ちするエージェント数が多くなればなるほどこの管理は複雑になります。

それで、スケジューリングが得意でない人やストレスになる人の場合は、あまり多くのところで掛け持ちすると管理が大変になるというデメリットがあります。そして、情報過多によって判断を迷ってしまう、ということも考えられます。複数のエージェントで異なるアドバイザーから転職先の企業情報以外にも、いろいろな情報をもらえます。


そうるすと、A社のアドバイザーはこんなことを言っていた、でもB社のアドバイスは少し違ったといったことが起こり得ます。そういった時にどうしたらよいのかと迷ってしまうことが良くあります。それで双方の情報の信ぴょう性やどの程度参考にするかといった点について、改めて情報を調べたり考えたりするための時間が必要になります。

そうなってしまうと、当初はスムーズに転職をスピーディーに進めたいがゆえに複数のエージェントを利用することにしたものの、結果的には余分な時間と労力を使うことになってしまうということになりかねません。

以上のことから、転職エージェントを掛け持ちすることは確かに効率的で大きなメリットであることは確かであるものの、場合によってはデメリットにもなり得る諸刃の剣のようであることを理解して利用しましょう。

メインで使いたい掛け持ち転職エージェント

転職実績No1 全国対応リクルートエージェント

リクルートエージェント

案件総数・内定決定数ともにNo.1の国内最大手の転職エージェントです。若手の未経験転職からエキスパート・ハイクラス層やミドル・シニアの管理部門案件まで幅広いユーザーからの支持を集めています。

リクルートエージェントが取り扱う求人数のうち、コロナ禍でも非公開求人数は20万件以上あります。その中から、各業界に精通したキャリアアドバイザーが希望やスキルにあった求人を厳選して紹介してくれます。

提出書類の添削、オンライン面接対策に加え、独自に分析した業界・企業情報の提供など、転職サポートが充実しているのも魅力です。企業から収集した情報をもとに、独自の求人票・企業レポートを作成しているので、優良企業に出会えるチャンスがぐっと広がります

コロナ禍こそメインで使いたい、大手ブランドの王道エージェントです。
※新型コロナ対策でキャリアカウンセリング等は電話やオンラインで対応しています。

リクルートエージェントへ無料登録

エグゼクティブ専門 リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制ヘッドハンティングサイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約3,000名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。40代、50代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を42,000件以上保有しています。(2022年5月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

リクルートダイレクトスカウトへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

全国展開のdodaグループで業界No.2の転職エージェントです。転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアについて一緒に考えてくれるのがウリです。

紹介される企業情報もかなり詳細なので、条件を比較して応募する企業を選ぶこともできます。複数企業にまとめてエントリーできる仕組みなので、数多くの企業に応募して可能性を広げたい人にはおすすめです。
面接対策や応募書類の添削といったサポートの質にも定評があります

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。
※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用して転職に成功しています。

dodaへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録