転職したいと考える理由は人それぞれですが、最も転職しているのは30代で、転職世代と呼ばれています。若さとキャリアの両方をアピールできる20代後半から30代前半は、特に転職に適した年代ですね。

40才が近くなってくる30代半ばあたりは、積み上げたキャリアがウリになり大幅な年収アップも可能です。さほどキャリアに自信が無い30代後半なら、人生が大きく変化する転職のラストチャンスかもしれません。

30代の転職におすすめの転職サービスを比較し、情報をまとめてみました。

30代の転職サイトの選び方

30代で年収アップを狙うなら転職エージェントを使うべき

転職世代でもある30代では、年収アップが一番できる可能性が高い世代なので、条件のよい求人を見つけることが重要です。ハローワークや転職サイトよりも、大企業や優良企業など通常の求人サイトではお目にかかれないような好条件で質の高い求人を扱っているのは、転職エージェント(人材紹介会社)です。

必要なポジションで即戦力となり、将来性も期待できる世代なので、クライアント企業側の採用意欲も高く、年収アップも期待できます。エグゼクティブ転職サービスを提供している転職エージェントもありますし、求職者は職務経歴書のチェックや面接対策など無料でサポートが受けられます。

内定後の年収や希望条件の交渉なども担当してくれるので、年収アップを狙うなら転職エージェントを利用するべきです。

30代にイチオシのリクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録

30代から未経験の異業種に転職するには?

転職サイトを利用する

20代の若手なら無資格・未経験の異業種にチャレンジ転職も可能ですが、30代では基本的に厳しいのが現実です。スキルがほぼ不要な職種であれば可能ですが、未経験の場合は待遇がよくないことを覚悟する必要があるでしょう。

転職エージェントでは30代に未経験職種はまず紹介しませんので、どうしても未経験の職種に転職したいのであれば、転職サイトを利用して自分で応募することがおすすめです。

転職エージェントを利用する

未経験分野であっても、今までの経験や実績が活かせるような本質的なスキルが類似している職種や、異業界への横滑り転職などの場合は、即戦力として好条件で転職できるケースもあります。キャリアカウンセリングでキャリアやスキルの棚卸しでメリットと判断されれば、転職エージェントからの紹介や支援も可能です。

転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けて、じっくり検討することをおすすめします。自分が知らない可能性や方向性を教えて貰える場合もありますよ。

ハローワークや職業訓練校はどうなの?

ハローワークも職業訓練校も公的サポートなので、基本的にはお役所仕事です。つまり無駄なサービスは提供して貰えないので、採用される可能性のある求人しか紹介して貰えないと思った方が良いでしょう。

職業訓練を受けても経験者優遇の求人では未経験とみなされますので、インターン制度や派遣などで少しでも経験を積むことが大切です。30代では遠回りに思えるかもしれませんが、未経験でステップアップしたいなら徐々に段階を踏むことも必要です。

30代で自営業・フリーランスから会社員に転職するには?

30代でキャリア不足な場合、派遣やフリーター、非正規などで職歴が良くない人や、退職後のブランクが長くなっている人など、「紹介できる求人が無い」として、転職エージェントで登録を断られるケースも少なくありません。

特に40代になるとハイキャリア人材で無ければ、登録できない転職エージェントが増えてきます。転職エージェントによって、若手人材メインの場合と30〜40代メインと違いがあります、複数の転職エージェントにチャレンジしてみてください。

転職エージェントでダメなら、転職サイトを利用して自力で活動するしかありません。
転職するなら、できるだけ30代のうちに勝負しましょう。

30代が転職サイトで優良企業を見つけるには

多くの求人案件のある大手転職サイトで情報を集めることが必要ですが、求人案件の隠されたニーズを読み取ることも大切です。年齢制限が明記されていなくても、20代の若手人材を希望している求人に応募しても書類で落とされてしまいますね。「20代の若手が活躍しています」「20代中心の職場です」などは、20代を求めているサインです。

「経験不問」や「未経験歓迎」なども、伸びしろの大きな若い人が有利という意味です。30代向けの求人情報が多い転職サイトを利用することがポイントです。転職サイトの求人情報をしばらくウォッチしていると、いつも同じ企業が求人をしている、頻繁に募集しているというケースがあります。

条件が悪くて応募が少ない求人の場合は仕方ない部分ですが、さほど条件が悪くないのに再募集が多い求人は、離職率の高いブラック企業の可能性もありますので要注意です。

30代の転職市場・求められる人材は?

30代といえば、社会人としての経験・キャリアが形成される働き盛りの年齢です。一方、30代は今後進むべきキャリアの分岐点となるケースも多く、現在の職場に対する不満やさらなるキャリアップや給料アップを目指し、転職を検討する人も少なくありません。

では、実際に30代の転職市場はどのようになっているのでしょうか?

30代の転職市場

近年、30代の転職市場は業界やキャリア・スキルによってもまちまちです。ただ、企業側は30代の働き手に「即戦力」を求める傾向があるので、今までの業務経験による実績・スキルを大いに活かせる人にとっては、転職でさらなるステップアップを目指すことも充分に可能で、選択の幅も広がっています。

一方、経験やスキルがなく、明確な自己アピールポイントがない場合、好条件での転職はかなり難しいでしょう。また、一般的に35歳以上から求人数が減り、転職も難しくなる傾向があります。

では、30代でノンキャリアや未経験、あるいは35歳以降の転職を成功させるためには具体的に何をすればよいのでしょうか?以下に30代の転職を成功させるポイントについて紹介します。

30代で転職を成功させるポイントは?

一口に30代といっても年齢の幅が広く、業種・職種によっても求められるスキルが異なりますので、それぞれに応じた転職活動の方法で進めていく必要があります。以下に30代の転職で内定を勝ち取るポイントについて下記に紹介します。

客観的な自己分析

上述したように企業側は30代に即戦力としての活躍を期待する傾向があります。同業種・同職種への転職の場合、今までのキャリア・経験を新しい職場で生かせられることをアピールできるようにしておきましょう。

一方、異業種・異職種へ転職する場合、その仕事に対しての実務経験や専門知識がまったくの未経験ということになります。ただ、今までの実務経験で培ってきた社会人としてのマナーやプロジェクトの進行方法、対人関係のスキル、部下の指導、マネジメントなど未経験の仕事であっても生かせることはたくさんあります。

そこで、「これまでの経験・キャリアを新しい仕事に活かせる点」や「その仕事に就くための意気込みや心構え」などをしっかりと企業にアピールできるよう客観的に自己分析をすることが大切です。

自己分析をすることで、「転職先で自分が活かせるスキル・経験は何か」等自分の強みを把握でき、自分が企業に与えられるメリットを明確にアピールできるようになります。

転職先で経験・キャリアを生かし活躍できるための事前準備

新しい職場で必要とされるスキルや知識を身につけるため、できる限りの事前準備・対策はしておきましょう。具体的には以下の通りです。

転職先の業界・業種に関わる資格取得や勉強

セミナーやビジネススクールの受講や通信講座などを利用した独学による学習

常に最新の業界情報をキャッチアップする

以上、上記のような方法で新しい職場で必要とされるスキルを身に付けておくことで、面接の際、「新しい仕事への意気込み」として大きなアピールポイントになります。転職で内定を勝ち取るために、こういった努力や事前準備が必要不可欠です。

30代におすすめの転職サービス比較

年収アップを目指したい30代前半〜30代中盤におすすめ

イチオシのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートグループならではの業界トップの求人数を誇る総合型転職エージェントです。
転職成功実績 No.1で、優良な非公開求人も豊富、とにかく求人案件数は圧倒的です。
多くの求人企業の中から条件のよい求人案件を選べるので、年収アップ率も高いのです。
30代前半の売り手市場世代の転職なら、登録必須ですね。

リクルートエージェントへ無料登録

サポート力が高いパソナキャリア

パソナキャリア

大手エージェントの中でも、特にキャリアアドバイザーが親身に対応してくれると評判の良い総合型転職エージェントです。自分のキャリアに自信が無い30代、キャリアプランに迷っている人におすすめです。利用者の満足度も非常に高いのも特徴ですね。

パソナキャリアへ無料登録

世界最大級の転職エージェント ランスタッド

ランスタッド

オランダで創業し、アデコに次ぐ規模の外資系の総合人材会社です。人材派遣をメインに日本国内でも人材系企業の買収を繰り返して拡大中で、北海道から九州まで全国各地に拠点があります。

求人企業は営業系から、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系まで、幅広い求人案件を揃えています。外資系らしいドライなキャリアコンサルタントも居るようですが、優秀なキャリアコンサルタントに当たる可能性も大、期待の出来る転職エージェントです。

ランスタッドへ無料登録

転職サポートが充実しているtype転職エージェント

一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人案件をメインに取り扱っている総合型転職エージェントです。手厚い対応が人気で、年収アップにも定評があり、30代までの求人に特に力を入れています。求人企業はマネジメント職、IT系職種、30代までの営業・管理部門求人が豊富な人材紹介会社です。
他社エージェントと比較すると案件豊富なのもあり、30代で未経験の職種に挑戦したい場合も期待できます。
年収の希望などもしっかりヒアリングしてくれます。東京・埼玉・千葉・神奈川限定ですがお薦めです!!

type転職エージェントへ無料登録

dodaエージェントサービス

doda

定番の大手転職サイト「doda」の転職エージェントサービスは、親切で丁寧なサポートが人気です。dodaグルーブは、リクルートグループとは又別の求人案件が揃っていますので、求人の幅を広げるためにも併用登録しておくべきでしょう。
転職需要が高い30代キャリア人材なら、良質な求人情報を多数紹介してもらえますよ。

dodaへ無料登録

マネジメント経験を生かしたい30代後半におすすめ

リクルートのエグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

リクルートが運営する、年収600万円以上のエグゼクティブ専門の転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中からヘッドハンターが求人を探してくれるのが基本なので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。もちろん、自分で求人検索することも可能で自己応募できます。

提携しているヘッドハンターも、役員、経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターが揃っているので、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。
※全国対応、直近年収600万円以上の方のみの受付です。

キャリアカーバーへ無料登録

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系・国内大手企業のハイキャリア転職に強い、ロンドン発祥の外資系転職エージェントです。管理部門(総務、人事、経理等)や経営・マネジメントポジションなど転職実績No.1で、ハイキャリア人材向けのハイクラス転職支援サービスが自慢です。
IT系専門職やコンサルタント職などのハイクラス求人も豊富です。
大幅な年収アップや、キャリアアップのために、まずは登録して自分の市場価値を確認してみるのも良いでしょう。
年収1000万超えを狙える求人も豊富なので、キャリアやスキルに自信のある年収500万以上の30代におすすめです。

JACリクルートメントへ無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

基本は無料ですが、一部有料プランもあるハイキャリア人材向けのエグゼクティブ・高年収帯に特化した人材支援サービスです。ヘッドハントやスカウトが基本のサービスで、在職中から登録し、いい条件のオファーを待ちたい、忙しい30代ハイキャリア人材におすすめです。
マネジメント経験者・管理職や、レアなスキルの専門職など、ハイクラス向け求人に特化していて、登録には年収600万以上が目安となります。年収1000万円以上のハイクラスの求人が多く、中には2000万越えの求人案件もあります。

ビズリーチへ無料登録

未経験の職種に転職したい30代におすすめ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職エージェントだけでなく併用登録しておきたい、リクルート運営の国内最大級の転職サイトです。更新頻度も高く、とにかく求人案件が多いので、チャレンジしたい未経験職種にガンガン応募することが可能です。35歳以上の転職にも強みがあり、スカウト機能で企業の人事や転職エージェントなどからオファーがあることもあります。

リクナビNEXTへ無料登録

転職サイト@type


30代の転職にも定評がある、全国展開の大手転職サイトです。IT・エンジニア系の30代には特におすすめですが、求人案件は首都圏が中心になっている傾向は否めません。
公式サイトには、さまざまな自己分析ツールが揃っていて、転職力診断テストが特に面白いと評判ですよ。未経験職種へチャレンジを考えている30代なら、ぜひ一度トライしてみることをおすすめします。
首都圏在住のIT・エンジニア系職種を探す場合は、特におすすめです。

転職サイト@typeへ無料登録

はたらいく

はたらいく

リクルートが運営する若手向け、中小企業とのマッチング向けの転職サイトです。20代・第二新卒・未経験応募可能な求人が多いので、未経験職種にチャレンジしたい30代前半ならギリギリOKかもしれません。
地域や地元密着型の求人が多く、応募が少ない求人なら30代でも熱意でチャレンジできるでしょう。登録しておくとスカウトがあるサービスもあり、30代だからと諦めないで登録してみる価値はありますね。

はたらいくへ無料登録

仕事と家庭の両立に悩む30代女性におすすめ

LiBzCAREER(リブズキャリア)

株式会社LIBが運営する、『リブズキャリア』は、仕事もプライベートも大切にしたいキャリア女性のための転職サービスです。

プロフィールを登録すると経験・スキルなどに興味を持った企業から直接オファー(スカウトメール)が届きます、また社風との自分の相性データを加味したマッチングをする「カルチャーマッチング機能」が、入社後ギャップの少ない企業を選別して応募ができます。

キャリアアップ・働き方改善・育児からの社会復帰など、ライフステージに合わせて納得のできる条件や希望の働き方ができる企業を見つけることができ、また、働くママにオススメの「自宅や保育園の最寄駅に帰りたい時間」から検索できる「帰れる検索」など、ユニークな機能があります。

またキャリアパートナーの丁寧なサポートがとても評判が良いです。

※全国の求人情報があります。女性限定のサービスです。

LiBzCAREER(リブズキャリア)へ無料登録

マイナビエージェント WomanWill

マイナビエージェント女性の転職

人材サービス大手のマイナビが運営する、働く女性のための転職エージェントです。
女性キャリアアドバイザーが立ち上げ、女性に特化した転職支援を女性キャリアアドバイザーが担当します。
女性特有のライフイベントに配慮したカウンセリングや求人紹介が自慢です。医療系や美容系の求人が多めですが、多様な働き方が可能な幅広い求人案件も多数揃っています。

マイナビエージェント女性の転職へ無料登録

女性専門の転職サイト女の転職@type

女の転職@type

女性の転職に限定した、「typeの人材紹介」を運営しているキャリアデザインセンターの女性向け転職サイトです。ファッション系やコスメ系、営業や販売職だけでなく、事務職など、正社員・契約社員などの求人情報が豊富です。毎週2回の更新で、スカウトメールサービスもあります。女性向け自己分析ツールもあり、コンテンツも充実しているので必見です。
※25歳から35歳の女性限定です。

女の転職@typeへ無料登録

女性の求人に特化した元祖とらばーゆ

とらばーゆ

女性の転職を「とらばーゆする」という時代もあった、大手リクルートグループの老舗の女性専用の転職サイトです。女性の転職情報ではNo.1で、女性向視点でのコンテンツ内容も充実しているので、転職希望の女性なら外せないサイトですね。

とらばーゆへ無料登録

まとめ

30代人材は転職においては売り手市場ですが、キャリアも年収も人それぞれに異なります。キャリアの有無や保有スキルにより、実際には転職に苦労するケースも少なくありません。マネジメント経験がない30代後半人材の場合は、応募できる求人もかなり少なくなってくるでしょう。特に未経験職やキャリアチェンジを考える30代なら、ポテンシャルで採用される20代の頃とは格段に厳しいシビアな現実があります。

転職エージェントにて、今までのキャリアの棚卸しとカウンセリングから転職の可能性や、自分の強みをプロに発掘して貰うことがポイントになります。30代転職では、幾つかの転職エージェントを併用登録して、サポートを受けながら活動することが基本です。転職サイトは補助的に考え、情報収集やコンテンツを参考にするために活用するのがおすすめです。

ハイキャリア人材なら別ですが、一般のケースでは40代になると転職はかなり難しくなります。できれば30代のうちに、転職を成功させておくことが大切です。

転職エージェントもさまざまあります。大手の転職エージェントに断られても、諦めずにトライしてみましょう。