「いつもの収入にプラスして、ちょっとだけお小遣いが欲しい!」もし、そう思っているのなら、本業とは別にできる副業を探してみましょう。副業のやり方はさまざまですが、毎日コツコツ作業するのが苦手な人も少なくないでしょう。

そんな人におすすめなのが、短期バイトです。年賀状の仕分けバイトなら、年末年始の短期間だけ頑張れば、数万円の副収入になります。どのようなアルバイトなのか、見ていきましょう。

年賀状バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

交通費が全額支給

最近は交通費の一部が自己負担になるアルバイトも多いですが、年賀状の仕分けバイトは、交通費が全額支給が一般的です。

地域などによって多少差がありますが、時給も950~1,250円が相場なので、普通レベルには稼げます。

また、郵便局は全国にたくさんあるので、近場にバイト先を見つけやすいメリットもあります。郵便局によっては交通費の上限が決まっているところもあるので、応募のときによく確認しましょう。

https://twitter.com/y___nty/status/825173308303765505

シフトの融通が利きやすい

採用人数が多く、曜日によって忙しさが異なることのないバイトなので、シフトの融通も利きやすいです。

郵便局によっては、短時間勤務が可能な場合もあります。「どうしてもこの日はイベントのために休みたい」といったこだわりがある人にも、ストレスが少ないでしょう。

なお、郵便局によっては深夜のシフトに入れるところもあり、夜勤は時給が少し高くなります。

短期なので気が楽

働く期間は、年賀状がたくさん出される12月後半~1月前半の短期です。働く期間が短いので、「バイトをしてみたいけど続けられるか自信がない」というアルバイト初心者にもチャレンジしやすいでしょう。

また、職場の人間関係も期間限定で、黙って黙々と行う業務なので、人付き合いが苦手な人にも負担が少ないです。

なお、気に入れば年賀状シーズンが終わったあとも、そのまま郵便局のバイトを続けさせてもらえる場合もあります。

https://twitter.com/aroma_ako_seta/status/1082291499943915525
https://twitter.com/11261224o/status/1063439258520670208

高校生・大学生が多い

郵便局の職員は年齢層が高いイメージがありますが、年賀状仕分けのバイトは高校生・大学生が多いため、若い人もなじみやすいです。

短期間なので友達はできにくいですが、「同年代がいないと不安」という心配は無用でしょう。

https://twitter.com/meru__n/status/1083014200723533829

年賀状バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

単純作業ばかりで飽きる

年賀状の仕分けバイトの仕事内容は、概ね以下の3つです。

・郵便番号を機械で読み取るものと、手作業で読み取るもの、消印が必要なものに分類
・機械で住所などが読み取れない分は、パソコンで必要な情報を入力
・世帯ごとに分け、配達する順番に並べ替える

いずれも単純作業ばかりで、飽きやすいことがデメリットです。ですがその反面、「無になれるのがよい」という意見も多く、難しくないので高校生などのアルバイト初心者にも取り組みやすいでしょう。

なお、めったにないことではありますが、分類をミスすると、ペナルティーとしてバイト代を減らされることがあります。

業務で不安な点は自己判断せず、社員の人に指示を仰ぐようにしましょう。

https://twitter.com/aroma_ako_seta/status/1082295983570993153

立ち仕事で意外に疲れる

基本的に立ち仕事なので、意外に体が疲れます。年賀状の他にお歳暮も扱うので、重い荷物を持つこともあります。

軽作業ではありますが、体力がない人だときついと感じることもあるでしょう。

また、年賀状の仕分けバイトは、繁忙期とそうでないときの差がはっきり分かれます。12月27日頃から1月2日ぐらいまでは、目が回るほど忙しいため、あっという間に時間が過ぎていきますが、12月中旬や1月4日、5日頃はほとんど仕事がないときもあります。仕分ける年賀状がないため、はがきを入れるケースを整理したり、作業場に掃除機をかけたりといった仕事をお願いされることもあります。

そうした仕事すらないときは、郵便物が届くまで休憩室で待機しなければならないときもあります。基本的に、休憩室で休んでいるときにも時給は発生しているので、人によってはメリットと感じるかもしれません。

応募の競争率が高い

郵便局のバイトは親が安心しやすいこともあり、人気が高いです。そのため、応募の競争率が高く、落とされたという人もたくさんいます

また郵便局によっては、定員が埋まったために早くに募集が終わってしまうこともあります。

迷っている間に締め切られる可能性もあるので、年賀状仕分けのバイトをしたい人は早めに応募しましょう。

https://twitter.com/K_P_TiaraMa/status/1072396662864252928
https://twitter.com/ranma__p/status/1071419158267486213

バイト探しに役立つサイト厳選Best3

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のギグワークがたくさん。求人情報は都市圏を中心に全国拡大中

11/15(月)まで最大3万円分のAmazonギフト券がもらえる、シェアフル・オータムキャンペーン2021実施中!期間中に軽作業求人で就業した回数が上位100名の方にギフト券をプレゼント!

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

年賀状の仕分けバイトの仕事内容

12月中旬を過ぎると、各郵便局にたくさんの年賀状が集まってきます。仕分けバイトの仕事は、届け先住所ごとに年賀状を分類することです。仕分けがスムーズ行われることで、集まった年賀状が早い段階で届け先付近の郵便局へと送られていきます。1月1日までに年賀状を各家庭に届けるために、不可欠な仕事内容と言えます。

機械による仕分けと手動による仕分け

仕分けバイトは、「区分機」と呼ばれる、大きな機械を使った仕分けと、1枚ずつ手で仕分けていく「手区分」という方法の2種類に分けられます。基本的には、区分機で年賀状の住所を読み取って仕分けし、機械が読み取れなかったものだけ手で仕分けることになります。そのため、ほとんどの人が区分機による仕分けをメインに仕事を進めていくことになります。

アルバイトの期間は?副業でも大丈夫?

年賀状の仕分けは、12月中旬から1月上旬までの短期バイトです。普段は会社員として働いている人でも、年末年始の休暇をしっかりもらえる場合であれば、副業としてバイトをすることも可能です。ただし、アルバイトに採用されるまでには、原則として面接と事前説明会に参加しなければなりません。

面接と事前説明会は、基本的に10月・11月の土曜日に行われます。アルバイト期間中と合わせて、面接・事前説明会にも参加できるようにスケジュールをチェックしておきましょう。

年賀状の仕分けバイトの給料(平均時給・月収)

年賀状の仕分けバイトの時給は、働く時間帯と地域によって異なります。基本的には、最低賃金より少しだけ高めに設定されているところがほとんどです。だいたい820円から1000円くらいと思っておくといいでしょう。時給があまり高くないことに加えて、短期バイトということもあり、大きく稼ぐには向いていません。

また、期間中びっしり働くというよりは、他のアルバイトさんとの兼ね合いも考えながら、ちょこちょことシフトを割り当てられます。人によっては、「もっと稼ぎたかったのに、これしか働けない」と感じることもあるでしょう。

短期バイトなので昇給が狙えない

仕分けバイトは1ヶ月未満の期間で終わってしまうため、仕事を頑張っても、期間中に昇給できるようなシステムがありません。しかし、一度でもアルバイトをすると、また次の機会にもアルバイトに呼んでもらえるようになります。

したがって、仕分けバイトをしている人の中には、何年にもわたって、毎年アルバイトに来ているベテランさんもいます。そこまでのレベルになって信頼されれば、他の人よりも高待遇で働ける場合もあります。

たくさん稼ぎたいなら深夜帯がおすすめ

ベテランの仕分けアルバイトになるまで、時給アップは諦めなければならないというわけではありません。仕分けバイトの勤務時間は、日中・夜・深夜の3つから選ぶことができます。よりたくさん稼ぎたいと考えているなら、日中・夜の勤務ではなく、夜勤手当がもらえる深夜勤務がおすすめです。

ただし、仕分けバイトは立ち仕事ですし、力仕事をしなければならない場合もあるので、夜から早朝にかけての勤務は楽ではありません。それでも、短期間のバイトでまとまったお金が稼げるので、体力に自信がある人は検討してみてはいかがでしょうか?

年賀状の仕分けバイトの年齢層

仕分けバイトは、大学生から60代くらいまで、幅広い年齢層の人が働いています。また、働く時間帯によって、年齢層は異なります。

日中や夜は大学生や主婦がメインで、男性よりも女性が多く働いています。一方で、深夜帯は圧倒的に男性が多くなります。昼間は他の仕事をしていて、深夜は郵便局で仕分けのアルバイトをしている人も大勢います。できるだけ自分と同じような属性の人が多い時間帯で働きたいという人は、参考にしてみてください。

しかし、仕分けバイトの場合は、他のアルバイトさんとコミュニケーションをとる機会がほとんどありません。そのため、女性ばかりの中に男性が一人だけ、という構図になっても、そこまで気にする必要はないでしょう。逆に言うと、仕分けバイトは新しい友達を増やす目的には向いていないと言えます。黙々と作業をして、年末年始にもお金を稼ぎたいという人にとってはぴったりです。

年賀状の仕分けバイトに採用されるコツ

年賀状の仕分けバイトは、郵便局によって採用人数に大きな差が開きます。大量にアルバイトを採用する大きな郵便局であれば、ある程度シフトに融通が利いて、基本的な常識がある人であれば、ほぼ採用してもらえます。しかし、あまり人数を募集しない小さい郵便局の場合は、採用してもらうために気をつけておきたいポイントがあります。

できるだけ大きな郵便局を狙ってみる

まずは、たくさんの人が採用される大きな郵便局で働けるなら、そちらを勤務地に選んだ方が採用される確率はアップします。交通費も支給されるので、少しくらい遠くても構わない人は、大量募集の勤務地で面接をしましょう。

シフトと勤務時間の希望は相談して決める

年賀状の仕分けバイトの面接では、人間性を知るための質問などはほとんどされません。必ず聞かれるのは、「いつからいつまで、何時から何時まで働けるのか?」ということです。勤務期間と勤務時間をすべて向こうの都合に合わせられる場合は、それを伝えましょう。

12月31日・1月1日に働けなかったり、夜の遅い時間は働けなかったりする人もたくさんいます。そのため、シフトの融通が利くアルバイトさんは、それだけで重宝がられます。逆に言うと、12月25日から1月3日までの繁忙期にほとんど出勤できない人の場合、採用されるのはかなり難しくなってしまいます。

体力があることをアピール

年賀状の仕分けは、体力勝負の仕事です。そのため、面接では体調面に不安がないかどうかを確認されることもあります。体力・体調に自信があるということをしっかりアピールしましょう。

また、あまり体力・体調に自信がない場合は、正直に伝えるようにしてください。それで採用が見送りになることもありますが、仕事中に無理して倒れてしまっては大変です。あらかじめ伝えておくことで、郵便局側も対処しやすくなるので、体調については正直に話してしまいましょう。

守秘義務を守れることをアピール

年賀状を仕分けるということは、住所や名前などの個人情報を知る機会を得るということです。当たり前ですが、アルバイトで知ってしまった個人情報は、絶対に外部に漏らしてはいけません。個人情報の守秘義務については、面接と事前説明会でしっかりと説明されます。

このときに、少しでも「守秘義務が守れなさそうだ」と思われてしまった場合、どんなに大量募集をしている郵便局でも採用してもらうことはできません。個人情報を外部に漏らさないということについては、しっかりと約束しましょう。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのNo1アルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで、平均時給1,200円の色々なギグワークを希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    11/15(月)まで最大3万円分のAmazonギフト券がもらえる、オータムキャンペーン2021実施中!期間中に軽作業求人で就業した回数が上位100名の方にギフト券をプレゼント!

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  3. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  4. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

    就職Shop

    最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

    就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

多くの会社が休みになる年末年始が繁忙期となる年賀状の仕分けバイト。「みんなが休んでいるときも、しっかりお金を稼ぎたい!」そんな人にはぴったりのアルバイトです。

体力的に楽な仕事ではありませんが、短期間の頑張りでも数万円のお小遣いを稼ぐことができますし、募集は毎年あるので、そういう意味では安定したアルバイトです。より大きく稼ごうと思えば、勤務期間を多くして、時給が上がる深夜勤務を選ぶのがおすすめです。