MRの転職市場動向

バイオやオンコロジー関連でMRの採用が盛んでしたが、最近は落ち着いてきています。募集企業は外資系大手メーカーで、募集人数は、2,3人〜20人前後の規模が多くなっています。求人の幅も広がっており、疾患領域の経験者の募集が多くなっています。製薬業界の転職市場の変化に備えて、情報収集をしておきましょう。

MR(医薬情報担当者)は製薬会社と医療機関をつなぐ専門職ですが、転職の主な理由としては「給与」や「転勤」などの条件や環境面と、ステップアップ目的のケースがあります。

外資系の製薬会社はスペシャリスト志向が高いとされ、キャリアアップを目指すMRにとっては、専門領域でのスペシャリストを目指しやすいとされています。

安定志向なら国内製薬メーカーですが、新薬の製薬メーカーMRは高年収で人気が高く競争も厳しいため、ジェネリックMRや、CSO(製薬会社から販売業務を受託している企業)でのコントラクトMRの方が、転職もしやすい傾向です。

外資系の製薬会社は入れ替わりも多いため、MR資格者は通年募集している企業も多くありますが、在職中であれば、計画的に情報収集して転職タイミングを計る必要があります。外資系が日本に新規参入するタイミングなど、その時々の求人ニーズにも左右されますので、最新情報を豊富に持っているMRの転職に詳しいエージェントを利用して、じっくりと待ちつつ情報を得るのもおすすめです。

MR転職では「女性MR歓迎」というキーワードもよく目にしますし、実際に外資系を中心として女性MRを積極的に採用しています。「女性活躍推進法」の影響もありますし、外資系製薬メーカーでは女性比率の数値を本社へコミットする必要があり、積極的に女性MR職を増やしています。

MRは高いスキルが求められるハードな仕事

MRといえば、製薬会社の営業としてハードワークをこなすバイタリティーあふれるビジネスマンと言う印象です。みなさんも、病院を受診する時、お昼休み前や診療時間終了間際にスーツ姿のビジネスマンが待合室に並ぶ姿を見たことがあるのではないでしょうか。特に、大きな病院だと、待合室にずらりと列をなして待機するMRの姿が毎日のように見られます。

MRは、男性・女性問わず活躍できる職種ですが、証券会社の営業と並ぶくらいハードと言われています。また、接待も多く、朝から夜遅くまで、そして休日も、と拘束時間も長い仕事です。やりがいのある仕事ですが営業ノルマも厳しく、自社の薬を採用してもらうために、あの手この手で医者と良好な関係を築き上げていく大変な仕事です。

高待遇なのに!?MRが転職する理由とは?

このようにハードな仕事をしていく中で、転職を考える人も少なくありません。さらなるキャリアアップや年収アップを目指す人、反対に向いてないから辞めたいと考える人、これまでのキャリアやスキルを生かして未経験の異業種に転職したい人など、転職理由はさまざまです。

転勤が多いことやそのペースも早いことから、結婚して家族を持ったり子どもが生まれたりすると、転勤のない仕事を希望して転職を考える人もいます。年収レンジは高い職種ですが、休日出勤や残業も多いことから、年収は下がったとしてもプライベートの時間をもっと大切にしたい、と考えて転職する人もいます。

また、不規則でハードな勤務体制が将来的につづくことを不安に思い、女性は結婚や出産に伴って退職・転職する人も多い業界です。

MRの転職先はどこが多いの?

営業経験がモノをいうMRにおすすめの転職先

自社で扱う薬を売り込む仕事、MRは、商品である薬についての知識はもちろん、医療全般についての知識が必要です。しかも、売り込む相手はその道のプロである医者なので、中途半端な知識では太刀打ちできません。専門性の高い知識を有するMRは、もともと薬剤師の資格を持っている人も少なくありません。薬剤師の資格があるなら、その資格を生かして調剤薬局などへの転職も可能です。

営業スキルを生かしたいなら、MR同様にハードと言われる証券会社や商社などにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

CRA(臨床開発モニター)と呼ばれる、治験に関するあらゆる契約やモニタリング業務などを行う専門職への転職も多いです。

コントラクトMRという働き方

これまで、MRといえば製薬会社に就職して働くことが一般的でしたが、コントラクトMRが注目されています。

CSO企業といって、製薬会社からMR業務をアウトソーシングされている会社があり、そこから製薬会社に勤務するMRのことを「コントラクトMR 」と呼びます。

コントラクトMRは、各製薬会社に派遣されるので、さまざまなメーカーのプロジェクトに携われることで、幅広く専門性の高い知識やスキルを身につけることができます。そして、市場に出たばかりの新薬に関われるチャンスが多く、スキルアップにつながります。プロジェクト終了後は、その製薬会社から正社員へ声がかかるケースもあります。

また、一般的なMRよりも勤務地や配属先を選びやすいことや、未経験が採用されやすい事もメリットです。職場環境を変えたい、担当医薬品分野を変えたい方には注目しておきたい市場です。

MRの転職活動のポイント


MRが転職活動を成功させるためには、マネジメント指向か専門領域を極めていくか、早めにキャリアの方向性を考えておくべきでしょう。一般的な製薬会社のMR転職は35歳までが基本で、「若手歓迎」は30歳前後がメインです。

コントラクトMRは若干高めでも可能ですが、「ベテラン可」の場合は40歳前後をイメージして募集しており、「年齢不問」「シニア可」などの場合には50代も応募可能の求人と解釈して良いでしょう。※40代以降の業界未経験者のMRへの転職は難しいです。

そして自分をよく知ることが大切です。MRで培ったこれまでの経験やスキルを書き出して、整理してみます。部下を率いた経験や具体的な数字、エピソードがあれば、職務経歴書を書くネタや面接にも役立つので忘れずに書き留めておきます。

厳しいノルマを課されてきた営業として、これまで培っていたノウハウやキャリアをどうアピールするのか、ということは転職活動に置いてとても大きなウェイトを占めます。丁寧に自分を振り返って、自己分析をしっかりしてみましょう。

いろいろ思うところはあると思いますが、MRのキャリアとして重宝されるのは、その専門知識だけではありません。新しい職場で期待されるのはコミュニケーション能力の高さと厳しい営業をやり抜いてきた精神力・バイタリティーが特に評価されます。

実績や専門領域の知識や経験など、求められる人材ニーズとMRスキルのマッチングは非常に微妙な部分もありますので、募集背景などを把握するためにも、専門の転職エージェントを利用することがおすすめです。

日々のハードワークをこなしながら転職活動を進めるコツ

転職したいと漠然と思っても、退職してからでは経済的にも大変です。かといって日々の仕事と向き合いながらの転職活動もかなりハードです。転職を考え始めたら、転職サイトなどを利用して転職市場の動向をチェックしておくことをおすすめします。MRが転職を考える際に使えるサイトも上手に活用しましょう。

まず、同業への転職を希望するなら、MRの転職求人情報をはじめ、製薬業界の最新動向もチェックしておくことは必須です。

MRの転職を専門に支援するサイトもあり、求人情報はもちろんさまざまな転職支援情報を収集できます。匿名で会員登録することが可能なサイトもあるので、在職中の転職活動や、今すぐではないけれど将来的に転職を考えているという人にも気軽に使えます。

日々の仕事に追われて転職活動に費やす時間がないMRは、転職支援サービスをうまく活用することが成功への近道です。仕事を続けながらの転職活動をサポートしてくれる転職エージェントは頼れる存在です。転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェント

MR(医療情報担当者)の転職は、医薬品やメディカル業界に特化した転職です。以前は製薬会社の担当営業というイメージが強くありましたが、現在は「医療情報担当者 メディカル・リプレゼンタティブ(MedicalRepresentative)」として専門職となっているため、通常の転職とは一線を画します。

メディカル医療業界、MRに特化した転職サイトや転職エージェントを利用することがおすすめです。

医師に医薬品の詳細な情報提供をするMRは製薬会社にとって非常に重要で、優秀な人材を潜在的に欲していますが、オープンになっていない求人も多くあります。中途採用のタイミングもありますし、在職中など今すぐに転職というわけで無い場合も登録して情報収集することも可能です。メディカル業界に強い転職サイトやエージェントも増えています。

外資系企業とメディカル業界に強いJACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系企業とメディカル業界に強い「JACリクルートメント」は、外資系製薬会社の転職には最適な転職エージェントです。

関西方面の相談拠点数が充実しているのも特長で、メディカル業界に詳しいキャリアコンサルタントの徹底サポートにより、MR経験からの管理職や、専門領域のスペシャリストへのステップアップも可能です。
MRのキャリアパスとして、マネジメント職だけではなくMRからCSO(コントラクトMR)への転換も含めて、キャリアコンサルタントと相談するのも有効です。

女性向けMR求人も多数あり、パートMRや時短MRなど働き方を選べる求人など、家庭とキャリアを平行して充実させたい人にも安心です。専門領域MRは勿論、若手MRの転職を優遇しているのも特徴の転職エージェントです。

JACリクルートメントへ無料登録

 

求人案件が豊富なリクルートエージェント

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、リクルートならではの企業とのパイプを生かして、業界トップクラスの求人件数を保有する転職エージェントです。圧倒的な求人数により、医療・製薬・メディカル業界の求人も多数あり、MRの転職にも実績が多々あります。

MR転職のためのWebコンテンツもあり、製薬業界の最新動向や現役MRの転職体験など、基礎知識や用語までもカバーしています。未経験者のMR転職実績も多々あり、非公開求人数も国内トップの全国エリア大手転職エージェントです。

リクルートエージェントへ無料登録

ハイクラス向け ビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、外国人などのグローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職サイトです。

転職すると年収が下がるリスクを抱えながら転職活動している方も多い中、ビズリーチでは、最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。年収アップを狙う人の中でも、現職でマネジメント経験がある人や、実績を残してきた人なら、転職直後から年収アップが期待できます。MR未経験転職の案件が多いです。

また、会員登録した人だけに紹介される非公開案件によって、年収・キャリアアップの両方を実現できます。

ビズリーチへ無料登録

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、利用者の納得感のある意思決定をサポートする転職エージェントです。大手の総合エージェント会社よりもきめ細やかな対応が特色になっています。

首都圏・関西圏での転職に強く、多数の製薬会社の案件も扱う転職エージェントです。大手製薬会社からバイオ・ケミカル系ベンチャー企業まで、MR職だけに限らず幅広い求人を取り扱っています。

非公開求人も多数保有しており、「若干名募集」などの求人にも対応しているので、情報収集にも最適です。キャリアコンサルタントにより面接から年収交渉までしっかりサポートで、忙しい在職中のMRにも心強い味方です。手厚いサポートが評判の転職エージェントで利用満足度96.4%です。
20〜30代の求人に強みがあり、いろいろな業界・専門領域別にエージェントチームがあるので、異業種間の転職にも向いています

マイナビエージェントへ無料登録