臨時職員として働く臨時保育士ですが、実際は正職員の保育士並みの労働をさせられ、正職員よりも低い給料しか受け取れていません。

仕事内容や労働時間が同じなら、臨時保育士で採用されるより、はじめから正職員で採用されたほうが給料アップになります。

ここでは、臨時保育士の給料や労働時間の実態と、正職員採用されるための方法をまとめてありますので参考にしてください。

臨時保育士を辞めたい理由は正職員との待遇格差

臨時職員の求人は、公立保育園なら自治体のホームページ、民間委託している園や私立保育園ではハローワークや求人誌、ローカル誌などにもよく掲載されています。

同じ園でも頻繁に求人が掲載されていることもありますが、これは、臨時職員が辞めてしまう事が多く、常に人手不足の状態ということでもあります。

臨時保育士の仕事内容は正職員とほぼ同じ

臨時保育士とは公立、私立の保育所で臨時職員として働く保育士のことを指します。非正規雇用は、正規職員と仕事はあまり変わらないのに待遇の差が大きいことが問題視されています。

人手不足を補うために採用されるので、フルタイム勤務だけでなく、短時間勤務もあります。また、契約期間が有期なので、契約期間後の雇用の保証はありません。

臨時職員という名前でも、仕事内容は正社員とほぼ同様です。保育園で子どもや保護者と接するときに、特に誰が正社員で誰が臨時職員、ということは示されていません。もちろん、保育士資格も必要です。

ただし、クラス担任を持つような正職員は、人事異動でほかの保育園へ行くこともありますが、臨時職員には基本的に園を変わるような異動はありません。

臨時職員と正職員の待遇格差は大きい

地域差はありますが、臨時職員の賃金は一般的には時給1000円くらいです。交通費、ボーナス、退職金は出ないところもあり、正社員との格差が感じられます。

また、年金や保険といった福利厚生はなく、産休も取得できないケースが多く、仕事内容に格差がない割に、待遇面の格差が大きいのが現実です。

臨時職員に待遇の改善は見込めない

正職員なら、少ないながらも昇給があったり、昇給はなくてもボーナスで調整したりすることができますが、臨時職員はそう簡単には行きません。有期雇用の期間中に時給が上がることはほぼありません

一方で、仕事に慣れてくると、任せられる仕事はどんどん増えてくるという矛盾さえ生じてきます。しっかりした仕事ができる人ほど損することになりかねません。

臨時保育士は給料が安いので副業する人もいる

許可を取って副業している人もいますが、園によっては副業が認められない場合もあります。特に、公立保育園の保育士は臨時といえども公務員と同等に考えられるので、原則副業は禁止です。

また、保育士の臨時職員も正職員と同様にハードな仕事です。副業をするにしても体力的にも精神的にも厳しく、休む暇もありません。しかし、臨時職員の給与だけで生活するのは大変なので、やむを得ず副業をして、体を壊して辞めざるを得ないというケースもあるのです。

保育士の臨時職員から正職員になる方法3選

①公立保育園の正職員になる

公立保育園の保育士は公務員なので、人気が高い上に退職する人も少ないという傾向があり、新規採用の枠はとても少ないのが現状です。

公立保育園は正職員の求人はゼロの場合も多く、もしあったとしてもかなり高い倍率になり、狭き門となります。実際に募集されているのは、産休・育休の代替職員や非常勤職員(=臨時職員)といった職種が多いです。

公立保育園の正職員になるには

公務員試験と同様に、自治体の採用試験を受ける必要があります。受験には年齢制限があるので、自治体のホームページや募集要項を確認してください。

また、公立保育園の正職員は、若いうちは現場で保育士として働くことがほとんどですが、あくまでも公務員なので、人事異動により保育課や児童センターといった他部署に行くこともあります。

②私立保育園の正職員になる

公立保育園の場合は公務員なので、自治体の試験を受けて合格しないと正職員になれません。民間企業のように、非正規職員で実績を積んでから正社員にステップアップ、という方法はありえません。

一方で、私立保育園の場合は、雇用する方法などは園の方針で決められるので臨時職員として実績を積むことで正職員への道が拓ける場合もあります。

③企業内保育所や院内保育所の正職員になる

正職員を狙うなら、回り道はせず、ストレートに最初から正職員として就職するのが一番です。特に、私立保育園は人手不足のところが多く、正職員の求人はたくさんあります。さまざまな媒体で求人が出ているので、自分で見つけて応募してみてください。

企業内保育所、院内保育所など、保育士資格が生かせる職場に正職員で応募する方法もあります。将来のキャリアプランを早めに見据え、計画的に行動することが大切です。

正職員として転職可能な保育士求人を楽に見つけるには

求人はあちこちで目にすることができますが、その中から自分で選別して条件の良い求人を探すのは大変です。

保育園の雰囲気や働く仲間など、応募する前に実際に目で見て確かめることは難しいので、保育士専門の転職サイトの活用がおすすめです。専任のキャリアコンサルタントと面談などを経た後、希望条件に合う求人を提案してもらうのが一番の近道です。

保育士バンク

保育士バンク

掲載求人数が約52,000件と圧倒的で、正社員からアルバイトまで様々な雇用形態の求人があります。扱う非公開求人も多く、総じて高待遇なので、まずは登録してみてください。

平日は夜21時まで電話受付してくれ、スマホアプリもあるので空いた時間に気軽に求人検索などができる保育士バンクは、全国の求人に対応しています。アプリは、機能性に優れ、保育業界の情報も満載です。

求人紹介だけでなく、キャリアプランの相談や提案もしてくれるキャリアコンサルタントの信頼度は抜群で、保育園の事前見学に同行してくれるなど、しっかりしたサポートを求める人に特におすすめの求人サイトです。

保育士バンク公式サイト

保育ひろば

保育ひろば

利用満足度が高く、業界ではトップクラスの知名度を持つ転職サイトです。約8,000件の求人を扱い、より条件の良い非公開求人も充実しています。

キャリアコンサルタントとは面談をしなくても、電話だけで転職活動を進められるので、気軽に登録・利用できます。求人の紹介も電話で行います。キャリアコンサルタントが主体となって、積極的にサポートしてくれるのは心強いです。

全国に対応しているので、地方で保育業界に携わりたいと考えている人や、結婚や出産でブランクのある人も利用できます。サイトを通して転職したらもらえる、最大2万円の転職お祝い金プレゼント制度も好評です。

保育ひろば公式サイト

マイナビ保育士

マイナビ保育士

マイナビグループが運営する保育士専門の転職サイトなので、コンサルタントの質が高く、手厚いサポート体制に定評があります。コンサルタントは、園の事前見学にも出来る限り同行してくれたり、転職後の相談にも乗ってくれたり、頼れる存在です。

東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県に対象地域を絞っているので、サービス圏内で転職を考えているならぜひ登録しておきたいサイトです。

登録すると、面談で希望の条件やキャリアプランの相談もできます。平日は夜21時半まで、土曜も電話相談OKなので、仕事をしながらでも転職活動を進められます。

マイナビ保育士の公式サイト

まとめ

臨時職員は正職員とほとんど同じ仕事量を求められているにも関わらず、待遇の格差が大きい上に、待遇の改善も見込めません。

臨時職員から正職員になるには、

・公立保育園の正職員
・私立保育園の正職員
・企業内保育所や院内保育所の正職員

がおすすめです。正職員として転職が可能な保育士求人を見つけるには、保育士専門の転職サイトの活用がおすすめです。専任のキャリアコンサルタントと面談などもできるので、希望条件に合った求人を提案してもらいましょう。