保育士の転職理由

保育士の転職理由としては、「給与面」「人間関係」そして「仕事内容」で、他の職種や会社とさほど違いはありません。別の保育園に転職すれば解決する場合と、そもそも保育士という仕事から離れて別の仕事をするという転職もあります。保育士へのアンケートでは、7割は保育士を一生続けたい、3割は将来的には別の仕事に就きたいと回答しています。

保育士の仕事はサービス残業も多く、激務のわりに収入が低く抑えられています。30歳くらいで一般的なサラリーマンの平均年収350万〜400万円程度ですが、保育士は年収300万にも満たないケースが少なくありません。

決して高収入の職種ではないので、年齢とともに離職して別の職にと考える保育士も多いのです。とはいえ、他の保育園へ転職すれば収入面や労働環境、人間関係などは改善されるケースもあります

保育園によって、運営方針が大きく異なっていますし、保護者の意識も大きく違っていることが多々あります。月給は大差なくても賞与の面では1.5ヶ月分〜4.5ヶ月分まで幅広いのも現実ですし、人員の配置バランスによって仕事量も違います。

転職したい主な理由は何なのか?
条件のよい保育園に転職すれば解決するのか?
園の方針や価値観の問題なのか?
保育士という職業自体から離れた方が良いのか?

自分自身が転職先へ求める希望、優先順位をしっかりと考えておく必要があります。

保育士の転職先はどこが多いの?

保育士が転職する場合、別の保育園に職場を変更すれば解決する問題も多々あります。職場内での人間関係でのトラブル、同僚の保育士や先輩、上司と相性が良くないような場合は、職場が変わればリセット可能です。

あるいは、園の運営方針や保育に関しての考え方の違いなど、保育園自体との相性の場合も、納得できる保育園へ保育士として転職すれば解決します。保育園には、さまざまな価値観や保育方針の園がありますので、自分に合う保育園を探すことが一番です。

保育士の経験を生かして転職するなら、子供たちのかかわる職場に転職する人も多いです。「学童保育所」や「特別支援学級の介助員」から、「ベビーシッターを派遣する企業」や「アミューズメントパーク等の職員」「子供服などの販売」など幼い子供たちを相手にする職種であれば、保育士の経験を生かして転職することが可能です。幼児や子供向けの習い事の講師などに転職するケースもあります。

最近では、民間企業の内部に社内保育室を設置するケースも増えていますし、デパートなどのチャイルドルームや、病院の院内保育室などもあります。女性職員の多い企業や業界、働くママたちが活躍する場所や、子供連れで訪れるような場所、遊園地やテーマパーク、子供向け施設や、ママ向けの場所などでは、他社との差別化のために保育室を設置したりすることが一種のブームです。民間施設などでの保育経験を生かす機会も増えてきています。

保育士におすすめの転職先

保育士の仕事は実際には多岐にわたっていて、子供たちの面倒をみるというだけでなく、汚れものの始末や掃除などの雑務から、多種多様な書類の作成、保護者への対応、運動会やイベントなどの企画・運営まで、幅広いものです。自分の得意な分野を生かして、関連スキルをアピールすることで他の業界へ転職先を広げていくことも可能です。

保育士は、幼い子供たちと日々接している仕事であり、子供好きなだけでなく特徴的な傾向があります。

  • 未熟な子供たちの相手が可能な「寛容さ」
  • 気分が変化しやすい子供たちに接する「柔軟性(感情的な切り替え、臨機応変)」
  • 人当たりがよく、根本的に「優しい人柄」
  • 芯の強さ、粘り強さ、我慢強さ「忍耐」

これらの特徴的傾向は、福祉業界や看護業界などにも共通するので、転職先として資格取得する人も少なくありません。

男性の保育士も増えていますが、収入面での不安から将来に悩む男性保育士も少なくありません。男性保育士のキャリアとしては、できれば若いうちに公立保育園の保育士を目指してみることがおすすめです。公立保育園の募集は採用年齢の制限があり、大体30歳くらいまでがほとんどなので、20代のうちに目指しましょう。公立保育園なら、他の地方公務員職と給与面では大差ありません

男性保育士ならでの幼児体育など、専門的なスキルを習得しておくことがステップアップの第一歩になります。男性保育士が幼児体育等の一般の保育士とは異なる指導ができると(体操のお兄さんのイメージ)、本当に力強いスキルとになります。スキルを高めていけば、幼児体育などの民間企業への転職も可能ですし、専門学校の講師としての転職など、選択肢も広がっていきます。

保育士から異業種への転職は?

保育士から異業種への転職は難しいという声があります。確かに、保育士のスキルは特殊です。異業種ではあまり必要とされない事実は認めざるを得ないでしょう。実際に転職がうまくいかず、失敗したケースもあります。

だからと言って、保育士が異業種への転職ができないという考えは間違いです。異業種への転職の成功事例は確かに存在します。異業種転職のためのポイントを押さえ、転職成功を目指す方法をご紹介します。

保育士の資格の扱いは?同業以外では厳しい扱い

保育士から異業種への転職活動のとき、「保育士の資格が活かせる職は?」と考える人もいます。しかし、できればその考えは捨てたほうが良いでしょう。保育士の資格は取得が難しい割に、用途が非常に限定されています。まったく違う業種で活かす機会はほとんどないと言えるのです。

異業種への転職を考えるのなら、保育士の資格は履歴書に書く以外に意識することはないと思っておくべきです。しかし、保育士としての経験が役に立たないわけではないことも確かです。

保育で必要とされていた観察力・洞察力、トラブルに対する判断能力は、違う仕事でも充分に発揮できます。むしろ、小さな子どもたちの安全を預かるという、気を抜けない最前線で培われた貴重なスキルです。面接時の自己PRで強調できるポイントになります。

保育士から異業種への転職が失敗する理由

残念ながら、保育士からまったくの畑違いで転職を目指し、失敗に終わった人もいます。それは保育士だから失敗したのではなく、別の理由があるためです。今、他の仕事への転職を考えているのなら、以下のような項目に自分があてはまらないかを考えてみるべきです。

1つめの理由は情報不足です。

転職希望先についてしっかりとした下調べをしていなかったことが原因だと考えられます。やってみたい仕事だったとしても、給与面や待遇面が想像よりも悪かったり、社内の雰囲気があまり良くなかったり、残業が多かったり、と理想の転職先ではなかったと感じて後悔する人もいます。

転職希望先の給与面・待遇面、残業の有無や時間は最低限調べておくべきでしょう。口コミサイトなどで情報を集めることができます。転職フェアのようなイベントに企業が参加しているのなら、足を運んでみるのもおすすめです。

2つめの理由は「思ったような業務内容ではなかった」というものです。

たとえばIT会社に転職し、技術者として働きたかったのに、実際に任される業務は雑用やアシスタント的なことばかり…というケースもあります。また、ITと言っても種類は様々です。種類によって労働条件も異なってきます。

思い描いていた業務ができず、がっかりして早々に仕事をやめてしまう人も少なくないようです。事前にしっかり下調べをしていても、入社後の細かい業務については不明な点があるかもしれないため、応募前に確認する必要があるでしょう。

保育士から異業種への転職に向いた仕事とは

保育士から異業種へ転職する際、どのような種類の仕事が向いているのかを1人で判断するのは難しいことです。保育士の仕事が「人の世話をする」というカラーが強いことから、介護職をすすめるケースも少なくないようです。確かに人を相手にし、時には臨機応変の対応力を求められる介護職は向いている可能性があります。

保育士時代に培ったスキルそのものは、案外幅広い業種に活用することができます。まず保育士の多くが獲得しているスキルとしては「コミュニケーション能力」があります。これは他の仕事でも充分に活かせます。

誰とでも交流できるスキルは、社会生活の中で非常に役立ちます。一般企業の中でも重視されるスキルです。コミュニケーション上手の人は職場の雰囲気をよくしてくれるため、重宝されるのです。

保育士は責任感が強い人が多いことも特徴です。一般企業ではこの責任感も重視されます。むやみに責任を背負い込む必要はなく、自分が任せられた仕事に対し、責任を持って完遂すれば良いのです。当たり前のようですが、企業ではそのような人が歓迎されます。

また、保育士は人にものを分かりやすく教えるスキルを持っている人が少なくありません。これも転職活動を成功事例に繋げる上で重要なスキルです。

このような点を見てみると、決して保育士からの転職は業種が絞られるわけではないと言えます。むしろ、他業種で必要な仕事の技術を獲得する覚悟さえあれば、多種多彩なジャンルの仕事を選ぶことができそうなスキルを持っています。

転職を成功事例に繋げる近道とは

保育士から違う仕事への転職を目指すのなら、地道な転職活動が一番です。気に入った求人があれば情報収集をしっかりと行い、自分が求める労働環境であるのか、満足できる待遇であるのかを知ってから応募すると良いでしょう。履歴書や職務経歴書、面接の練習も欠かせないものです。

しかし、働きながらの転職活動となると中々時間が取れないものです。また、履歴書や職務経歴書のように普段は書く機会がないものの準備や、面接での受け答えはどうすれば良いのかという迷いに対して、ストレスを感じるようになることもあります。

もしも自分1人では理想的な転職活動が難しいと感じたら、転職サイトや転職エージェントに登録すると良いでしょう。転職サイトではまず多くの求人を探せます。登録しなくても見ることはできるのですが、登録すれば非公開求人をも見られるようになるため、職業選択の幅が一気に広がります。

マンツーマンで手厚いサポートを必要とするのなら、転職エージェントの利用を強くおすすめします。転職エージェントは求人を紹介してくれるだけではなく、細かいサポートを徹底的に行ってくれるのです。

転職希望者の担当になったアドバイザーは、希望の条件とマッチする求人を探してくれます。また、とにかく保育士は辞めたいが、次はどのような仕事に就いたらいいか分からない、という悩みを持っている人には、適正診断などを行い、適した業種を示してくれることも少なくないのです。

応募で重視される履歴書や職務経歴書も、応募先に効果的なアピールができるようなポイントを押さえた書き方を指導してくれます。ほかにも分からないことや不安なこと、すべて相談が可能です。

転職エージェントが特に能力を発揮するのは、応募先との交渉だという声もあります。例えば年収交渉です。年収交渉は応募者から言い出しにくい項目だと言われています。しかし、転職エージェントなら、年収に関する交渉を代理で行うこともできます。結果として、年収アップに成功した人も少なくないのです。

面接に関するアドバイスも徹底して行われます。その業種の面接でよく聞かれることへの理想的な答え方をはじめ、どの企業でもほぼ必ず聞かれる退職理由の上手な説明の仕方など、プロならではのアドバイスを受けられます。

もちろんサポートやアドバイスは強制ではなく、希望した人のみに対して行われます。同様に、徹底したサポートを受けたい人はその旨を伝えれば希望に添ってくれます。いずれにせよ、アドバイザーはスムーズな転職を手助けしてくれる存在になります。

転職サイトや転職エージェントの利用は、保育士から異業種への転職成功事例に結び付く有効な手段です。必ず登録しなければいけないというわけでもないため、まずは有名な転職サイトを覗いてみるだけでもいいでしょう。幅広い求人を見て、転職希望先の選択肢が広がる可能性もあります。







保育士の転職活動のポイント

保育士の転職活動では、目的を明確にすることが第一です。転職の理由と、何がどう改善されれば満足できるのか? というのを、自分の中で優先順位を明確化して活動することです。

保育士専門の転職サイトや、転職エージェントもありますし、自分自身が悩みの真っただ中の場合は、保育業界に詳しい専門キャリアコンサルタントに相談してみると、自分の考えが見えてきたりします。いろいろな保育園もありますし、別の転職先も幅広くありますので、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

保育士専門の転職サービス

首都圏の転職ならマイナビ保育士

マイナビ保育士

40年にわたり、「人材」に関する事業に関わってきた、マイナビが運営する保育士に特化した求人広告と人材紹介サービスです。そのマイナビが保育士専門エージェントとして展開しているのが「マイナビ保育士」です。サポートの手厚さや求人数の多さは、さすが大手の企業力と言うべきでしょう。求人の紹介はもちろん、履歴書や自己PRの書き方から面接対策など、内定まで転職活動をしっかりとサポートしてくれます。

求人数が多いことに加え、検索条件も非常に細かく、企業内保育所や病院内保育所、オープニングスタッフ、月収20万円以上など、ほとんどの人が希望する条件を網羅していると言えます。

一般の保育士としての求人だけではなく、園長や管理職としての求人も取り扱っています。マイナビはハイクラス向けの転職エージェントも手がけているため、その辺りのノウハウもしっかり持っています。

また、マイナビ保育士の公式サイトからはweb相談も受け付けています。主に東京で働きたい保育士に向けた相談会ですが、ネット環境さえあれば気軽に参加できるシステムです。登録会や相談会に行く時間が取れない人、地方からの転職を考えている人は積極的に利用してみると良いでしょう。

更にマイナビ保育士はアフターフォローも万全です。転職後、新しい職場で生じた悩みや疑問までサポートしてくれます。密に長く付き合える点がマイナビ保育士の人気の秘密だと言えそうです。

相談をしながら転職活動を進めたい人や転職時期が決まっている人などにぴったりのサービスです。内定後も条件に食い違いがないかなど、しっかりと確認してくれるので、安心して仕事が始められます
※現在対応地域は、東京都、千葉、埼玉、神奈川となります。

マイナビ保育士へ無料登録


保育士さんが認める保育士ワーカー

保育士さんが認める保育士ワーカー

現役保育士さんが認める、2年連続支持率No.1の保育士さんの求人サイトです。全国の保育園・幼稚園・認定こども園・学童・病院・企業等の求人情報が公開されていますが、更に独自の非公開求人も多数保有していて、まさに量・質・サービスと三拍子揃ったに充実の保育士転職エージェントです。今と異なった環境を求める人にはうってつけでしょう。

保育士はもちろんですが、同時に他業種の人も多くの求人を見ることができます。幼稚園教諭、正看護師、准看護師、栄養士としての求人もあるため、資格を持つ人なら一度は見ておいて損がないはずです。

就職・転職支援を専門とした実績のある専任アドバイザーから、非公開求人の紹介はもちろん、応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削から面接の日程調整など煩わしい手続きから給与などの条件交渉まで、すべてサポートしてもらえます。

年収の交渉は、なかなか自分から言いにくいという人が多いため、代わりに引き受けてくれる転職エージェントもいます。保育士ワーカーは年収アップの交渉を依頼できる転職エージェントですので、必要な人は登録・面談時に相談してみると良いでしょう。

地域密着の就職・転職ネットワークで職場の雰囲気や残業・有給消化率、人間関係も確認でき、満足、安心して働ける理想の職場に出会えます。利用者満足度は97%以上、なんと8割以上は年収アップ転職に成功しています。

全国の保育施設、関連施設の求人を多数取り扱っていて、全国10拠点の営業所で日本中の保育士さんの転職サポートを行っています。
※資格を保有している方のみご利用できます。

保育士ワーカーへ無料登録

人間関係に悩まない保育エイド

保育エイド

教育・福祉の分野に特化した(株)サスシードの運営する、非公開求人がほとんどの保育士転職サイトの保育エイドでは人間関係のよい保育園を厳選、紹介する求人は、働いている人の口コミも含め、質の高い保育園、職場が多数を占めています。人間関係の悪い保育園を紹介されることはありません。

保育エイドは元保育士がコーディネーターを務めています。現場を知る保育士だっただからこその親密なサポートが評判を集め、2018年には満足度97.1%を獲得し、利用者数は15,000人にものぼりました。

保育エイドの最大の特徴は、転職理由が人間関係にある人へのサポートに重点を置いているところです。もちろん他の転職エージェントでも人間関係に重きを置いた求人を取り扱いますが、保育エイドはその上を行く手厚さで求人を紹介しています。

人間関係に悩むのは、どのような職種でもあることです。だからと言って、すべてが同じパターンであるはずもなく、きめ細やかな対応が求められます。保育エイドでは「保育士の職場における人間関係」を前面に押し出し、悩んでいる人に転職の勇気を与えてくれます。

ピリピリしていない雰囲気の良いムードの職場で働くことができ、社員の研修やアフタフォローも万全です。保育エイドは面談から仕事の紹介までコーディネーターとのやり取りは電話やスカイプで可能です、忙しい人にはおすすめですね。

もちろん人間関係だけではなく、他の条件が理由で転職したい保育士への対応もしっかり行っています。時間外労働がない、あるいはあったとしても月に5時間以内であること、有給休暇を取得しやすい環境であることなど、ライフスタイルの中のワークバランスを重視した働き方が可能な求人を紹介してもらえます。

幼稚園教諭・小学校教諭の求人もあるのでベテラン転職もコーディネーターが対応します。
※保育士資格のある、20代〜50代の女性が対象です。

保育エイドに無料登録

保育士の転職におすすめの転職サービス

女性の利用者数No1、1番好きな”わたし”が見つかるリクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビネクストは、リクルートグループが2001年から運営する国内最大級の転職希望者の8割が利用する転職情報サイトです。求人の量・質ともに非常に充実しており、AI 技術を駆使したマッチングの仕組みから転職決定数も堂々の1位を誇る国内トップクラスの転職サイトです。

女性に理想のワークライフバランスを実現のために、出産や育児に関わる女性に優しい制度など女性が気になる条件で求人検索できます。また希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。

会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、職務経歴や希望条件などを登録しておくと、匿名スカウト機能で企業や転職エージェントからオファーをもらうこともできます。転職エージェントからのオファーには、非公開求人のオファーもあります。

女性が転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが幸せな転職に出会う第一歩です。

リクナビNEXTへ無料登録

保育士から異業種転職するならエージェント利用がおすすめ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績№1を挙げているのが業界大手のリクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。非公開求人数が20万件を超えており、大手最大の特徴といえる豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。
もちろん女性向け求人に特化したキャリア・アドバイザーも在籍していて、女性ならではのサポートがあります。

保育士から異業種転職をするなら、保育士の資格を活かせる仕事保育士の仕事で培ったスキルを活かせる仕事がおすすめです。

・一般事務・オフィスワーク
・サービス業(販売、アパレル、アミューズメント、飲食)
・総合職(営業・企画)
・介護職
・幼稚園教諭

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートし、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録

doda女性の転職エージェントWoman Career

業界No.2のdodaの女性向け転職エージェントです。各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、履歴書・職務経歴書の書き方、面接のアドバイスまで女性ならではの視点をプラスしてサポートし、企業の採用をバックアップする採用プロジェクト担当から求人票には載らない有益な情報を提供しながら2人制でサポートしています。

非公開求人を含む約10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、30代40代の案件も豊富に保有しています、また業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。さらにキャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率が高くなります。

dodaは北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめです。

今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用、転職成功しています。

dodaへ無料登録