栄養士は保育園における食の保育士?栄養士の役割とは

ほとんどの保育園で給食が提供されていますが、ここで栄養士の出番です。管理栄養士は、医療機関や福祉施設、学校や企業など幅広い職場で「食」を管理する「栄養」の専門家といえます。栄養士と一口に言っても、その資格には「管理栄養士」と「栄養士」の二種類に分けられています。

管理栄養士の方がより高度で専門的な立場で、厚生労働大臣の管轄下にある国家資格です。一方、栄養士の資格は都道府県の知事の管轄下にあります。栄養士という仕事の魅了は、なんといっても働く場所が多いということです。

保育園や学校などの教育施設だけにとどまらず、福祉施設での入所者や通所者に対する食の提供、さらに会社や企業での社員食堂での調理や栄養管理等も栄養士が活躍できる職場といえます。

保育園での栄養士が必要な理由

栄養士の職場の中でも、小さな子どもの世話が好きな人にとって魅力的な職場の一つが保育園です。保育園といえば保育士の仕事が目立ちますが、実は栄養士も保育園での保育において欠かせない大切な役割を果たしています。実際、保育園は新卒生の就職先として、また他の施設や企業等からの人気の転職先となっています。

では、保育園での栄養士の仕事内容や責任には何が含まれるのでしょうか。保育園で子どもたちに提供される食事は、単に空腹を満たすだけではなく、保育士や友だちと一緒に食べる体験を通して、子どもたちが食に興味を持ち、食の基礎を作る役割を担っています。

また、保育士や友だちと一緒に食べる体験を通して、子どもたちが食に興味を持ち、食の基礎を作る「食育」としての役目が大きいといえます。つまり、単なる調理と提供にとどまらず、食事を通しての教育も進めていかなければならないので、専門的な知識を持った「栄養士」という資格を持つ立場の人が必要とされています。

最近は昔と比べて特定の食材に対するアレルギーを持つ子どもたちも増えているので、より食事の提供に気を配る必要が出ています。そういう意味でも、専門的に食を管理する知識や技術を習得している「管理栄養士」を望む保育園も増えています。

保育園での栄養士の仕事内容とは

保育園で働く管理栄養士には、保育園が直接雇用している栄養士と、保育園が委託している外部企業から派遣されて食事を提供する栄養士の2種類に分けられます。保育園の施設の大きさによっても多少仕事内容に違いはあるものの、主に栄養士に任せられる仕事は、献立を考えて調理することから、食育、調理師さんたちとの連携、そしてアレルギーのある子どもへの対応まで含まれています。

その中でも最も大変で責任重大な仕事は、「アレルギーのある子どもへの対応」となります。最近は小さい頃から食物アレルギーを持つ子どもが増加傾向にあり、アレルギーの有無や種類は子どもによって異なるため、個別に配慮したメニューの企画・作成が必要になります。

大変な作業ではありますが、それでも自分で計画して用意した給食やおやつを子どもおいしそうに食べてくれたり、食を通して成長していく姿を見ることができるので、とてもやりがいがある仕事ともいえます。

保育士との違いは?

同じ保育園で子どもたちや食の提供に関わるとはいえ、保育士と栄養士では、資格や役割、仕事内容が異なります。保育士は主に保育の専門家として働き、一方栄養士は食の専門家として子どもたちの食事面でのサポートをします。ですが、子どもの数が少ない保育園では、そこまで多くの職員が雇えないため、栄養士であっても保育士の補助として子どもの世話をすることも珍しくありません。

保育士の補助をするというと、自分の仕事内容を超えている印象があるかもしれませんが、実はそうした保育を通しての子どもたちとの関わり合いのなかで、子どもたちの普段の様子や発育状況を知ることができるというメリットになることも。その情報を元に、よりふさわしい給食メニューの企画や食育計画に役立てることができます。

また、保育園での食育や献立作成を成功させるには、保育士さんとの連携が欠かせません。子どもの年齢によっては、家で口にしたことのない新しい食べ物を怖がったり、食育に参加したがらない子どももいます。そのような場合に保育士の意見を聞くことで、より子どもたちが参加しいやすい食事の環境を作ることができますし、子どもの食事の様子を詳しく教えてもらうことで、子どもが喜ぶメニューを作ることができます。

栄養士と保育士は資格や任されている仕事上の立場が違うかもしれませんが、保育園という保育の場で共に子どもの成長に関わる存在です。それで、お互いによいコミュニケーションを取りながら協力して働くことがとても大切といえます。

栄養士の転職理由

栄養士の転職理由はさまざまですが、中でも大きな理由と言われるのが人間関係の難しさと、栄養士という仕事の責任の重さです。

1.人間関係

職場の人間関係のいざこざは栄養士の世界だけに限ったことではありませんが、栄養士は特に施設側と調理現場の人たちの間のパイプ役になることで、疲れを感じる人が多い職種といえます。たとえば、施設側の方から、子どもたちへの食事の提供に関わることで、栄養士に何かの要望が出されたとします。

そうすると、栄養士は立場上、施設側からの要求事項を調理員さんたちに伝えなければいけません。ただ、そうした要求が調理する側の作業工程を増やすような要望である場合には、調理員の負担が増えますから、今度は調理員側からの不満や要望を受けて調整する必要が出てきます。

栄養士が経験の長い人だとまだいいのですが、栄養士が若く、調理する側の人がベテランの場合は特に板挟みとなり、職場での人間関係に難しさを感じるようになります。

2.責任が重い

また、栄養士の仕事の責任が重さも負担になる場合があります。小さな施設で働いていると栄養士が一人しかいないような職場がありますが、そのような場合研修が終わってすぐに配属先で現場責任者とならざるを得ないケースが出てきます。

また、立場上もし施設内で食中毒が発生したり、重篤な食べ物のアレルギー反応で問題が起きたりすれば、その責任は栄養士にかかってきます。長年の経験がある栄養士でも、こうしたトラブルの際には対処するのが大変ですが、もし栄養士になって間もない若い人材が責任を負わされると、耐えられなくなって辞めてしまうこともあります。それ以外にも、栄養士の転職理由には、給料の不満や仕事がハードなことなどが挙げられます。

志望動機の上手な答え方を、例文を挙げて解説

このように、栄養士の間では心機一転、新たな職場へと転職したいと思っている人が多いのですが、いざ転職先を探すときには、どのような志望動機を伝えるといいのでしょうか。たとえば、保育園に転職したいケースですが、保育園は将来の子どもたちの成長の土台となる、一人ひとりの子どもたちに安全・安心な食事と栄養を提供するための、大切な栄養管理が任せられます。

場合によっては、保育士に代わって食事に関する保育を担当することも出てきます。そのため、子どもたちへの愛情や食育への思いを詳しく書くと好印象を与えることができます。

例文:「食を通して子どもたちと関わりたいという夢があり、子どもたちが幼少期から食に興味を持てるような保育園で働きたいと考えています。

その点、貴園の教育方針や食育に関する理念に魅力を感じ、自分の夢を実現できると思いました。私自身子どもの頃、農業を営む祖母の手伝いを通して食について学ぶ機会があり、貴園のように子どもたちと一緒に園庭で自分で野菜を育て、自園調理するという取り組みを行っておられる施設でぜひ貢献させていただきたいと思っています。」

保育園に特化した転職サービスがおすすめ

確実に保育園・幼稚園での栄養士としての再就職を成功させるには、保育園・幼稚園での転職活動に特化した転職エージェントをうまく活用するのがおすすめです。

こうしたサイトでは求職者側が無料でシステムを利用でき、プロのキャリアコンサルタントが個別に面談して、希望に合った園や企業の紹介から面接対策に至るまでアドバイスをしてくれます。保育園・幼稚園の栄養士はほかの職場と比べて求人が少ないですので、採用担当者に気に入ってもらうにはしっかりと自分の持つスキルや経験など、アピールしていかないといけません。

個人でコツをつかんでうまく面接に対応できればいいですが、数少ないチャンスを大切に生かして就活するためには、やはりプロの力を借りるのが成功への近道です。

栄養士におすすめの転職サイト・転職エージェント

求人数が業界最多のリクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職エージェントです。質の高い求人が多く、非公開求人が約20万件あります。内資・外資の大手企業の求人が多く、中小・ベンチャー企業の求人も扱っています。栄養士系の求人も豊富です。

効率重視のスピーディーなサポート体制なので、多忙なミドル層もサクサクと転職活動を進められます。市場価値が高い人には、積極的にサポートしてくれます。

拠点数も多く、全国に16の拠点を展開しているので、地方での転職にも利用しやすいです。

リクルートエージェントへ無料登録

人間関係に悩まない介護エイド

介護エイド

教育・福祉の分野に特化した(株)サスシードの運営する、介護士さんが笑顔になれる、人間関係が良く、働きやすい介護施設を紹介する介護士転職サイトの介護エイドは、人間関係のよい介護施設を厳選、仕事を紹介した介護士から現場の雰囲気や人間関係についてフィードバックを得ており、職場環境を把握した上で紹介しています。

ピリピリしていない雰囲気の良いムードの職場で働けて社員の研修やアフタフォローも万全です。介護エイドは面談から仕事の紹介までコーディネーターとのやり取りは電話やスカイプで可能です、忙しい人にはおすすめですね。

管理栄養士、ヘルパーさん、サービス提供責任者、ケアマネジャー、管理職の求人もあるのでベテランの転職もコーディネーターが対応します。
対応エリアは首都圏のみです。

介護エイドに無料登録

内部事情に詳しく、確実性が高い 保育コンシェル

保育コンシェル

保育園向けの連絡システム「安心伝言板」を運営しているプログレートが運営する、保育士求人サイトです。
「安心伝言板」を通じて、経営者、園長先生などから直接独自に採用に関する詳細な情報を収集しているので職場の内部事情に詳しく、情報の確実性が高いです。東京都・神奈川県をメインに約4,000件もの案件情報を保有、栄養士の求人もあります。登録者一人ひとりに経験豊かな専任のコンサルタントが転職・就職・復職のサポートを行います。
一都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のみとなります。

保育コンシェルへ無料登録