働き方改革の影響により、副業やワークライフバランスを見直す「自分に合った働き方」が注目されています。転職の壁となるのは面接ですよね。そこで効果的なのがキャリアプラン。ですが「プランの立て方がいまいち分からない」と言った人も少なくありません。企業に自分をアピールできる効果的な立て方をアドバイスしていきます。

具体的なキャリアプランで企業にアピール

そもそもキャリアプランとは転職して「自分をどの様に成長していきたいのか?を明確にする具体的な計画」のことです。志望企業に転職することで、今後、理想的な自分になる為に必要なことが明確にできます。ポイントは「志望する企業に転職することで、どう成長していきたいのか?」を伝えることです。

複数の企業で使えるプランを立てると、具体性に欠けてしまいます。企業側にとっては「自社じゃなくても良いのかな?」と思われてしまっては、プランは逆効果となりかねません。なので「自分は企業に必要な人材である」ことをアピールする為に、企業それぞれに適したプランを立てることが大切です。

プランの立て方

難しく考える必要はありません。志望する企業に転職し、1年後、3年〜5年、10年後の理想の自分を考えてみましょう。

  • 企業で何に取り組みたいのか
  • 取り組む為に必要なスキル・知識は何か
  • スキル・知識を得る為に必要な期間
  • 成長することで企業にどんな影響を与えるか など

今の自分に足りないこと・必要なことを明確にし、今後の目標を具体的に立てることで行動に移しやすくなります。

なぜキャリアプランが必要なのか?

企業側は「企業を共に成長していく為に必要な人材」を求めています。それには企業の目的や理念、方向性や価値観などが同じ方向、かつ、行動できる人を面接の時間で見極めていくのです。面接の時間はそれぞれですが、短い時間の間に「自分は必要な人材だ」とアピールしなければいけません。

また、企業側から「今後の目標や、3年〜5年後にはどうなっていたいですか?」の質問を受ける場合もあるでしょう。その時に具体的な回答ができないと「計画性の無い人」とマイナスイメージを持たれてしまうかもしれません。なので、具体的なプランを準備、アピールし、面接を有効に進める為にもキャリアプランの立てることは必要です。

キャリアプランは変えてもいい

具体的な計画が必要ですが、生活や心境の変化から「プランが自分に適さない」といった場合もあるでしょう。その時は「プラン通りに行動しなければならない」と拘ることはありません。無理に行動すれば、それだけ心身共に負担となってしまうでしょう。

自分にとってストレスになっては目標達成も難しくなります。なので、プランを更新することは悪いことではありません。

面接時の態度も大切

具体的なプランニングは必要ですが、面接事の姿勢や態度が大切なのは大前提です。コミュニケーション能力などの社交性、質問に対してどの様な態度で返答するのか?にも注目しています。たとえ企業面接に万全なキャリアプランを準備していても、態度が悪ければ好印象を持たれない結果ともなりかねません。

キャリアプランの質問を受けた時の回答例

上でも触れましたが、面接時、企業側からキャリアプランを質問される場合があります。

計画性を持つ

回答例(1)

分かりやすく、そして丁寧な会話でお客様の疑問や不安を払拭し、内容を正しく理解、そして納得して頂ける営業力を身につけたいと考えています。もちろん、数字を上げていくことにも拘らなければいけません。

まずは入社1年で御社の商品やサービスの情報・知識、ノウハウを学び、営業力の武器となるコミュニケーション能力の基礎を磨いていきたいと考えています。

また3年〜5年後には、毎年の営業利益を順調に上げられる様に成長していきたいです。さらに10年後には、御社の各支店や新規事業を任される人間になりたいと考えています。

回答例(2)

私には子供がいます。その子供に「立派な仕事をしているんだよ」と胸を張れる仕事をしていきたいです。そして、子供に「スゴイね」と言ってもらえるのが夢でもあります。

その夢を、私は御社で叶えたいと考えています。まずはプロジェクトの1人として御社の業績を上げる様、これまで経験してきた知識・実績を惜しみなく発揮していきます。3年後には、御社が持つ商品やサービス、どれを担当しても問題なく成績を残せる知識を身につけ、品質の良さをお客様に伝えられる人材へと成長したいです。

また、商品開発にも積極的に取り組みたいと考えています。お客様の声に耳を傾け、社会が求めるニーズに応えられる商品を開発できる人間になりたいです。

1年、3年〜5年、10年と先のことを具体的に計画することで「計画性を持って行動しようとしている人だ」という印象を与えることができます。また、年齢が若い人(20代〜30代)では挑戦する想いを伝え、やる気をアピールしていきましょう。一方、30代〜40代、50代では、これまでの経験や営業実績なども伝えられるチャンスです。

論理的に伝えて説得力を持たせる

回答例(1)

10年後には御社でプロジェクトを任させるリーダーになりたいと考えています。これまで私自身が経験してきたエンジニアとしてのスキル、実績のみでは、変化の激しいIT社会では取り残されてしまうかもしれません。なので、日々発展していくIT技術の世界で、新しい知識や必要な技術を御社で身につけ、自分を成長させていきたいです。

その為には海外を含めた情報にアンテナを伸ばし、常日頃から私の知識やスキルを改善、アップデートしなければならないと考えています。物事を論理的考え、御社、そして社会に貢献できるシステムを作っていきたいです。また、リーダーにはコミュニケーション能力も重要だと考えています。同じチームの雰囲気を良くしていける様、コミュニケーションの時間も大切にしていきたいです。

企業によっては、面接で論理的思考力を試されることも珍しくありません。社交性ももちろんですが、仕事の考え方や取り組み方を論理的に考えられるのか?をアピールできる様、企業に適したプランを立てておきましょう。

追加でキャリアプランの質問を受けた場合

キャリアプランの質問を受けた場合に答えられる様、具体的なプランを立てておくことは大切です。ですが、企業はさらにあなたを追い込んでくる場合も考えられます。

「プラン達成の為に、今から取り組んでいることはありますか?」

「目標達成の為に、努力していることはありますか?」

具体的にプランを説明できたとしても、追加で追い込みをかけられ「え?そこまで考えてないよ」と動揺しては、面接に悪い印象となってしまいかねません。

事前に予想しておく

転職に向けての対策は事前に行いますが、キャリアプランについても追加で質問されるであろう内容を予測し、対策を練っておきましょう。その為には自分が立てたプランを客観的・俯瞰で見直し「何か抜けている部分はないか?」「追加で質問されることは何か?」を知ることです。

質問を受けても、明確な回答をすることができれば、自分の立てたプランに論理的説得力が強まり、より企業にアピールできます。なので「この人は自社に必要な人材だ」と知ってもらう為に、プランの対策は入念に行いましょう。

まとめ

転職を成功させるには、企業に「自分は必要な人材だ」とアピールできる様、具体的なキャリアプランを立てることが有効です。さらに、プランについて追加で質問を受けても対応できる様に、対策を練っておくきましょう。

5年先、10年先を見据えた転職 リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、第二新卒からミドル・ハイキャリア層まで、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、5年先、10年先のキャリアプランを見据えた求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーで、土日の相談が可能なのも今すぐ転職したい人も頼りになります。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

求人は全国対応で、面談拠点は首都圏と関西圏になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

doda

全国展開のdodaグループで業界No.2の転職エージェントです。非公開求人を含む約10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、20代の案件も豊富に保有しています、また業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。

転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアプランについて一緒に考えてくれるのが評判です。さらにキャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率が高くなります。

dodaは北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。
今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。
職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用、転職成功しています。

dodaへ無料登録