転職先が合わなければ退職を視野に入れよう

より良い仕事場で働くため、転職する人は数多くいます。しかし、もしも転職先が予想以上に自分に合わない仕事場だった場合、どうすればよいか悩んでしまう人もいるでしょう。転職してみて、前職の方が良かったとわかってしまう場合もあります。

諦める以外にも、転職で失敗したときに選べる方法を知っておくのが重要です。場合によっては、転職後にすぐ退職をするのも選択肢のひとつです。

たとえば、不当な人事評価をされ続ける仕事場であったり、許容範囲を大きく超える人間関係の悪い仕事場であったりするのは、退職すべき理由に該当します。給与や仕事内容などの労働条件に関して、事前に聞いて納得していた内容と異なっているような場合も、働き続けるべきでないとの判断材料になります。

退職の前に、人事課や上司へ相談をしてみると、感じていた問題は解決されることもあります。ですが、不当な評価だと訴えても取り沙汰されなかったり、配置移動を願い出てもまったく改善されなかったりする場合は、早期退職の準備に入ってもいいでしょう。

転職後の早期退職

転職後早期に退職したい場合、次の転職先を見つけてから退職の手続きを踏むとよいでしょう。退職後の生活に余裕があるようでしたら、必ずしも在職中の転職活動は必要ではありません。

退職の手順として、まず希望の退職日の2か月ほど前から、仕事場へ退職を考えているとの意思を表明しておきましょう。最初に直属の上司へ相談の形をとって伝えたり、文章にして退職願を出したりすると、角が立ちにくい伝え方となります。

あくまで目安ですが、2か月の期間があれば、引き継ぎ問題などを会社側でも対応がしやすくなります。早期の退職だからと遠慮がちになる必要はありません。

退職が認められた後、正式に退職届を提出します。会社ごとのフォーマットに従って作成しましょう。退職日は上司と相談して、決定した日付を記入しておきます。退職届が受理されると、以降は本格的に会社での引き継ぎ作業が開始できます。

退職日の1〜2週間前には、取引先への退職の挨拶に回ります。お世話になった気持ちを伝え、可能であれば後任者の紹介も行います。早期退職であるため、働いていた期間に取引先との接点がほぼない場合、または職業の種類によっては、取引先への挨拶は省いても構わないこともあります。

退職の直前には、退職にまつわる挨拶状を、仕事場の関係者へ向けて用意します。手書きでなくメールであっても、誠意を込めた文章であれば失礼にはなりません。手書きや印刷した挨拶状の場合は、退職日前後にポストへ投函しておきます。メールであれば、最後の出勤日に送信します。特に、お世話になった相手への挨拶メールは丁寧に文章を作成し、一斉送信でなく個別に送ると、礼儀正しい退職挨拶となります。

No1おすすめ「辞めるんです。」 後払い可能な退職代行サービス

代行実績10,000件以上、即日対応の後払い可能な退職代行サービスです。
業界相場の27,000円で即日退社可能/24時間365日対応、もちろん弁護士監修なので、会社に連絡不要で退職後のトラブル一切なし、退職成功率100%のサービスです。

※LINEの友達登録から無料相談できます。もちろん電話対応しています。
※有給を消化してから辞める事もサポートしています。
※現在、退職届のテンプレート無料プレゼント中です。

辞めるんです。へ無料相談

法適合の合同労働組合【100%退職代行ガーディアン】

東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が行うので違法性なく安心・確実に退職できます。過去に一度も退職できなかったケースは無いそうです。

即日対応でその日から出社する必要はありません。ちゃんと依頼者様の状況や意向に沿って対応するので、円満退職へ導いてくれます。

※就業規則で〇ヵ月前に申告となっていてもすぐに退職できます。
※代行料金は、雇用形態・地域・年齢など関係なし、正社員・アルバイト・パート 一律29,800円です。

ガーディアンへ相談する

格安退職代行サービス【モームリ】

退職代行サービスのモームリは、早く、安価に、簡単に退職をしたい方を応援するサービスです。弁護士監修の適正業務、審査に合格した労働組合提携、退職できなかった場合の全額保証、相談は何度でも何時間でも無料、料金の1ヶ月までの後払いが可能、女性スタッフ在籍のためジェンダーの問題も問い合わせしやすい、365日24時間いつでも連絡・即日対応可能など法律に遵守して透明性を前面に出した運営で、安心して依頼できます。

※後払い可能な安い料金設定
正社員・契約社員:22,000円(税込み)アルバイト:12,000円(税込み)・退職お悩み相談無料です。

最安退職代行サービス【モームリ】へ無料登録

前職に出戻り方法

転職先を早期退職しようとする場合、前職へ戻ることもできます。会社によっては、出戻り社員を再雇用するアルムナイ制度を導入している場合もあります。出戻りしやすい仕事場であった場合には、一考の価値があります。

前職へ出戻りを希望するには、まずアルムナイ制度が利用できるか確認し、制度がある場合は専用ウェブサイトから会社へ出戻りしたいとの意思を伝えましょう。

アルムナイ制度がない場合の前職に出戻り方法としては、人事課や元上司へ連絡を入れます。会社側が即戦力となる人材が欲しいなら、すぐにでも受け入れてくれることもあります。相談後は指示される通りに履歴書を送り、採用面接に臨むことになります。いきなりの履歴書送付は会社側も意図を図りかね、スムーズに出戻りできなくなるかもしれませんので避けましょう。

一度退職し、より前職の仕事場で力が発揮できるようにスキルアップしていれば、会社側にとっては研修の必要もない有り難い人材です。在籍中、失礼のないように働き、丁寧な退職手続きを踏んでいれば、出戻った後もぎこちない空気にはなりにくいでしょう。

注意すべきポイントは、出戻りのデメリットがメリットを上回っていないかです。転職したいと望む原因があった環境に、改善が見られるかどうかを確かめてから、前職への出戻りを選びましょう。

転職エージェントは使えるか?

転職エージェントは転職サイトとは異なり、専門エージェントによる支援を受けながら転職活動が可能となるサービスです。新しい転職先を求めるのに転職エージェントは使えるか?試してみてもいいでしょう。基本無料であり、転職活動をより効率化するにあたって、転職エージェントは使えるサービスだと言えます。

転職エージェントに登録すると、個人個人の適性に目が向けられ、マッチした転職先を紹介してもらいやすくなります。ひとつの業界に特化した転職エージェントもあれば、総合型と呼ばれる様々な業界の求人を紹介してくれるところもあります。複数の転職エージェントへ相談してみて、自分に特に合いそうだと感じるエージェントのいるサービスを見つけましょう。

転職エージェントを利用すると、面接や応募書類に参考になるアドバイスを受けられます。一人で考えるよりも、第三者の目線が入ると、採用者目線での面接対策などがしやすくなります。また、サービスの一環で、応募や連絡作業の代行も行ってくれる場合があります。

多くの会社へ応募しようと考えているのであれば、転職エージェントの助けを借りると、精神的負担も減りやすいでしょう。転職エージェントからの紹介だけでは足りないと感じる場合には、転職サイトを同時に利用すると、より効果的に転職活動できます。

退職理由の重要性と例文

転職してすぐに退職し、また転職先を探そうとすると、採用担当者からはあまり良い印象を受けないのではないかとの不安も当然生じるでしょう。早期退職を経ての転職活動では、退職理由をはっきりさせ、面接でも堂々と伝えることが必要となります。面接先の採用担当にとって納得できる退職理由があるのならば、採用への高いハードルはなくなります。

退職理由の述べ方は重要であり、ネガティブ要素だけでなく、ポジティブな内容も添えると好印象です。なにが退職を考えた理由であるのか、嘘をつかず、正直に伝えるのも真摯さ・誠実さのアピールにつながります。ハラスメントなどを受けていたなど、具体的に言いにくい内容であれば、会社内での人間関係のあり方や非合理な不文律などの側面から説明してみましょう。

以下の記載する退職理由例文を参考に、自分なりの退職理由を考えて、面接前にすらすらと伝えられるようになるまで練習しましょう。はっきりと採用担当者を見つめて、聞こえやすい声で伝えると、良いイメージを持たれやすくなります。

退職理由例文

「前職の会社では、営業職を担当しておりました。当初はさらに以前の職で担当していた企画職での採用だったのですが、会社都合から転属は許されず、営業での業務に邁進しておりました。

しかしながら、年功序列での人事評価がなされており、努力して売り上げへ貢献しても評価につながらない仕組みがあるだけでなく、転属が叶ったケースもほぼないとわかりました。

上司などへ相談しても状況は変わらず、退職を決意した次第です。私は御社のように、年齢ではなく個人の実力を適切に評価する仕事場で、企画職として力を発揮し、成果を出していきたいと考えます。」

まとめ

転職後の早期退職は、自分のために必要であれば、なにも問題はありません。より良く働くために、退職方法や前職への出戻り、転職エージェントの利用など、とれる選択肢の知識を広く持って行動しましょう。