「投資銀行」と聞くと、どんなイメージがありますか?めまぐるしく変化する金融業界というステージでバリバリ働く高収入のエリートビジネスマン、というイメージもありますよね。実際、投資銀行にはどんな種類があって、どんな仕事をしているのか、そして、未経験からでも投資銀行への転職は可能なのかまた、具体的な業務内容や年収、日糸外資系の違いなどについても調べてみました。

こちらでは、投資銀行に転職してバリバリ働いて、高給をもらいたいと考えている人に役立つ情報をまとめてみました。投資銀行への転職を叶えるためにやるべきことはたくさんあります。参考にしてみてください。

高給の仕組みとは?投資銀行を大調査してみた。

トレーディングや引受、機関投資家向けの売買まで幅広い業務を担っている

簡単に言うと、投資銀行で働くということは、証券会社の投資銀行部門で働くということです。当初、投資銀行は、株式・債券を新規発行する際の引受やM&A・財務アドバイザリーの提供を主な業務としてきました。しかし、金融工学・資本市場の発達により、現在は、デリバティブ商品の組成や販売、機関投資家向けのリサーチや委託売買、トレーディングなど幅広い業務を扱うようになっています。

高収入だが実力主義で激しい競争、リストラのリスクも大きい

外資系と日系とで異なりますが、全世代の平均年収が800万円程度あり、総じて年収レンジは高いです。年収の高さなら外資系に軍配が上がりますが、安定性ならやはり日系です。また、外資系は業績が悪ければあっさりリストラというリスクもあるので、実力主義のハイリスクハイリターンという特徴があります。

必須の資格はないが、自分の強みになる資格を持っておくと有利

投資銀行は証券会社の社員なので、証券外務員Ⅰ種・Ⅱ種は必須の資格です。ただし、未経験から中途入社する場合、入社後に取得するのでも構いません。
入社時に必須の資格はありませんが、海外勤務や外資系を狙うならTOEICなど語学系の目安がほしいところです。その他、MBAや公認会計士の資格も転職する上では有利です。

語学力に加えて高い財務スキルが求められる

投資銀行は、日系・外資ともに、英語力は必須のスキルです。また、財務三表を分析し、財務モデルを作成するモデリングのスキルも必要です。加えて、法務・税務・会計の知識も求められます。ExcelやPowerPointなどのスキルも当然必要です。
ただし、これらのスキルは、入社時に習得していれば即戦力として活躍が期待できますが、未経験でも、入社後にみっちり研修やOJTなどカリキュラムが組まれているので、最低限のスキルがあれば大丈夫です。

IPO部門では将来性が不安、新しい収益源を模索中

日本では人口減少が進んでいます。それに伴い、金融市場でもビジネスチャンスが減っているのも事実です。IPOに関して言えば、上場を目指す企業の数も減りますし、セカンダリマーケットも縮小していきます。現状のままでは、投資銀行の将来性は少々不安です。新しい収益の柱を生み出すことが求められる時期にきています。

日系投資銀行と外資系投資銀行の違い

日系投資銀行の特徴

日系証券会社の方が、入社してからの教育制度がしっかりしているので、働きながらスキルを身につけたい人にはおすすめです。

国内3大証券の特徴

国内最大手の野村證券は、独立系証券会社として圧倒的な実力と売上を誇ります。「数字=人格」という考えのもと、強固な営業力で他を圧倒しています。
業界第2位の大和証券はディールに強いのが特徴です。第3位のSMBC日興証券は外資系や銀行系の文化が混在しており、雇用契約や年収体系は外資系のシステムを取り入れています。

外資系投資銀行の特徴

一見、内情を把握しにくい外資系投資銀行ですが、選考プロセスでは面接を重視し、しっかり対話をしてくれます。会社の違いよりも、部署による文化の違いが大きいのも特徴です。
外資系は少数精鋭のため、即戦力が期待され、未経験からの転職というよりはハイキャリア層からの転職者が主です。

外資系大手証券の特徴

外資系投資銀行の雄とも言えるゴールドマンサックスは、どの部門も強く求める人材もハイレベルで、恵まれた労働環境ですが、優秀ではない人材はすぐに淘汰されるという一面もあります。JPモルガンは少数精鋭で、新入社員でも多くの経験を積めるのが特徴です。若手にも積極的に顧客を担当させ、さまざま案件に挑戦させてくれます。
ほかには、シティグループやクレディ・スイスなどが挙げられます。総じて年収レンジは高く、入社数年で1000万円超の年収を得ることもできます。

未経験から投資銀行に転職しても高給取りになれる?

魅力的な高給は3年目から

投資銀行といえば高給なイメージですが、未経験の場合はアナリストからはじまり、3年ほど勤務した後にアソシエイトに昇格し、キャリアを積みながら昇給していきます。総じて一般企業よりは高給ですが、入社した途端高給が約束される、というわけではありません。特に外資系は、給料は高いけれど雇用の保証はないので、その分リスクは高いです。

投資銀行の世代別平均年収

外資系投資銀行では、3年目のアナリストで年収約1500万~2000万となっています。
また、投資銀行全体で見ると、全世代の平均が約788万円となっています。
世代別の平均年収は、20代前半で約548万、20代後半で約828万と、20代としてはかなりの高額です。そして、30代が約925万、40代になると約1066万と大台に乗ります。

未経験から投資銀行に転職するために気を付けること

大手投資銀行の選考にはフィルターチェックが存在する

大手投資銀行は応募者も多く、ある程度書類でふるい落とさなければならないという事情もあり、学歴フィルターが存在します。高学歴でなければ書類選考すら通らないのが現実です。未経験採用は25歳~30歳前半まで30半ば以降は海外MBAホルダーであれば転職できる可能性もあるので、転職エージェントなどで条件に合う求人を見つけてください。

投資銀行求人の失敗しない選び方

あまりピンポイントすぎる求人を選ぶのは危険

外資系で経験職種をかなり絞って募集している求人は、相当のプロフェッショナルを求めています。必要な時に必要な人材をピンポイントで求めている可能性もあり、一つのプロジェクトが終了した途端お役御免となり、クビを切られるケースも考えられるので、安易に選択するのはリスクが高いです。

投資銀行を狙うなら、こんな求人を選ぶべき

外資系投資銀行は、確かに待遇は良いですが安定性には欠けます。リストラも横行しているので、よほどスキルが高くて数字をあげられる人でないと務まりません。教育制度がしっかりしている、経験をしっかりと積ませてくれる日系投資銀行がおすすめです。
また、大手ではなく、中堅投資銀行も狙い目です。

未経験OKかつ条件の良い投資銀行の求人を見つける方法

ハローワークや求人サイトにも未経験可能の求人はありますが、中にはブラック企業が混じっている可能性もあります。自力で未経験OKかつ優良求人を見つけるのは難しいのが現実です。
転職エージェントには求人が豊富にあり、求職者の希望条件とマッチングして紹介してくれます。非公開の求人も多く、キャリア・スキルの高い人材には好条件の非公開求人を紹介してもらえるというメリットがあります。また、あらかじめ転職先の内部情報を得ることができるので、転職後のミスマッチを防ぐこともできます。
また、キャリアコンサルタントに転職活動をサポートしてもらえるので、不利になりがちな未経験転職も上手に進めていくことができます。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、管理職やグローバルに活躍できるハイクラスの人材をターゲットにした転職支援サービスです。即戦力となりうる人材をマッチングすることで、企業からも待遇・質の高い求人を集めています。
登録は無料で、スカウトを受け取ったり返信する程度はできますが、自分から求人に応募するなど、すべてのサービスを利用するには有料会員になる必要があります。より質の高い求人を見つけ、短期間で効率的に転職を決めたいなら、有料会員に登録することでスピーディーに転職活動できます。
キャリア・スキルに自信があり、投資銀行へキャリアアップ転職を狙うなら登録をおすすめします。

ビズリーチ公式サイト

まとめ

投資銀行で働くということは、証券会社の投資銀行部門で働くということなので、証券会社に入社することになります。日系・外資系とありますが、年収では外資系、安定度では日系です。未経験からのチャレンジも可能ですが、まったくの未経験では現実的に厳しいです。一般的には、戦略系コンサルや公認会計士からの転職が有利です。海外MBAの資格も強みになります。ただし、投資銀行の求人は一般的に公開されておらず、転職エージェントなどが非公開案件として持っていることが多いので、それらをうまく活用して、タイミングよく求人情報を得ることがポイントです。