ファンドマネージャーとは、投資家から集めた資金を、投資家に代わって運用し成果を上げる仕事をしている人を指します。会社に属する人もいれば、プロとして独立して働く人もいます。相場のプロとして、常に結果を求められる仕事なのでやりがいはありますがもちろん厳しさもあります。
そんなファンドマネージャーという仕事に関心を持ち、今は違う仕事に就いているけれど転職してみたい!と考えている人は少なくありません。でも、未経験からファンドマネージャーに転職するのは可能なのでしょうか?

こちらでは、ファンドマネージャーに未経験で転職する方法や、失敗しない求人の選び方についてまとめてみました。未経験からファンドマネージャーに転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ファンドマネージャーの仕事内容・年収・将来性は?

ファンドマネージャーは資金運用のプロ。重い責任を持つ。

投資家から資金を集めて、運用を代行するのが主な仕事であるファンドマネージャーになるには、特に資格試験があるわけではないので、名乗るだけなら誰でもできます。ただし、投資家から集めた資金を預かるわけですから、重い責任を持つ仕事です。信頼を得られなければ当然仕事もないので、証券会社や投資信託会社などで経験と実績を積んで、ファンドマネージャーへとステップアップしていくのが一般的です。
仕事はどこでもできますが、マーケットの中心である東京や海外での勤務が多くなります。

年収が高い仕事として知られるファンドマネージャー

年収レンジの高い金融業界においても、ファンドマネージャーの年収の高さは特筆すべきところで、成果次第では年収1億円を超える人もいます。中堅レベルでも年収1000万円程度と言われているので、魅力的な水準です。また、独立も可能な職種なので、業績次第では天井知らずです。
一方で、他人の資産を預かるということは精神的な重圧も相当で、世界のマーケットを相手にする仕事なので労働時間も自ずと長くなります。朝早く夜遅く、休日もままならないということも少なくありません。その対価としての高い年収であると考えられます。

証券アナリストからの転職が多い

経験や実績がモノを言う仕事なので、新卒でファンドマネージャーになることは普通ありません。一般的には、証券会社や投資信託会社の運用畑で経験を積み、ファンドマネージャーになるケースが多いです。情報分析能力も求められるため、証券アナリストからの転職も多いのが特徴です。
実績や経験を積むことで将来的に独立もできる仕事なので、運用成績次第では様々な可能性が広がる職種です。

未経験からファンドマネージャーに転職する方法

必須の資格はないが、財務や金融工学など高い専門知識が必要

証券アナリストや財務分析、金融工学の知識は必須です。国際アナリスト資格「CFA(米国証券アナリスト)」があれば、顧客からの信頼も高まります。
また、世界のマーケットを注視する必要があるので、英語力も必須です。TOEICなど、自分の英語力の目安になる数字を取っておくことをおすすめします。それと、意外と盲点なのが国語力です。投資家にわかりやすく説得力のあるプレゼンをするためには、国語力は欠かせません。
ファンドマネージャーと働くことについて必須の資格はありませんが、金融や語学に係る資格取得を進めておくことで、やる気のアピールにもつながります。

証券会社や信託会社での内部異動にもチャンスあり

ファンドマネージャーの経験が全く無い場合、その後のキャリアパスも考えると年齢的には30歳前後が限界です。
それより高い年齢で未経験からの転職を目指す場合は、やはり資格や金融業界でのキャリアは必須です。もしくは、証券会社や投資信託会社で勤務しているなら内部異動でファンドマネージャーを希望するのも可能性があります。

若い頃からキャリアプランを立て、目標に向かって努力する事が必要

ファンドマネージャーは、未経験から転職するとしても、経験や知識がないと不可能です。若い頃からしっかりキャリアプランを立て、武者修行を続ける気持ちでさまざまなことにチャレンジしてくことが大切です。また、ある程度の学歴も必要で、海外の大学でMBAを取得している人も少なくありません。

未経験からファンドマネージャーに転職、失敗しない転職先の選び方

選んではいけない求人の見分け方

収入は高いですが、責任が重く労働時間の長い仕事なので、ワークライフバランスを重視する人には、ファンドマネージャーという仕事はそもそも不向きです。
未経験からの転職は厳しい職種なので、未経験者OK、経験不問などあまりに都合の良い文言が並ぶ求人は要注意です。

業務内容や待遇など具体的に明示している求人がおすすめ

良い求人を選ぶにも自力では限界があるので、見極めには転職エージェントなどプロの力を借りることも必要です。ファンドマネージャー単独の求人は少ないので、証券会社や信託銀行などの中途採用に応募するのも一つの方法です。
いずれにせよ、具体的な業務内容や待遇、労働条件などをしっかり明示してくれている求人を選ぶことが大切です。

未経験OKかつ条件の良いファンドマネージャー求人を見つける方法

ファンドマネージャーの求人をハローワークや求人サイトで見つけられる可能性は低いです。ましてや、未経験可の優良求人を見つけるのは難しいので、転職エージェントに登録するなどして、求人を探すことが必要です。非公開の求人を豊富に扱う転職エージェントは、好条件の非公開求人を紹介してもらえる可能性があるので登録をおすすめします。

転職エージェントのサポートを活用

転職エージェントでは、各業界に精通したキャリアコンサルタントが担当に就いてくれます。そのコンサルタントに転職活動をサポートしてもらえるので、不利になりがちな未経験転職も地道に進めていくことができるのがメリットです。たとえば企業ごとに異なる応募書類の添削や面接対策、採用の「クセ」なども指導してくれます。
転職先の内部情報を事前に把握しておくことで、転職後のミスマッチを防ぐこともできます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントとして業界トップクラスの求人数と転職成功実績を誇ります。ファンドマネージャーの求人は非公開になっていることが多いので、転職エージェントに登録すれば可能性は広がります。サポートにも力を入れているので、担当のキャリアコンサルタントに、応募書類の添削や面接対策などをしてもらえます。
転職に成功した人の半数以上がリクルートエージェントを利用した、という統計もあり、まずは登録しておいて損はないといえます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

ファンドマネージャーは、金融の高い専門知識と経験、相場観やセンスなどを持ち合わせていないと務まらない仕事です。魅力的な年収の裏には、重い責任と精神的な重圧が伴います。
未経験から転職するのは難しいですが、証券会社や投資信託会社での経験や実績を積むことで可能性は広がります。資格取得などを含め、計画的にキャリアプランを立てることがファンドマネージャーへの近道です。年齢的には30歳前後までがリミットです。

ファンドマネージャーの求人は公開されていないことも多いので、非公開求人を豊富に持つ転職エージェントへの登録がおすすめです。転職エージェントのサポートなどを活用して、ファンドマネージャーへの転職を成功させてください。