金融業界は、年収レンジの高い業界としても知られています。今は違う仕事に就いているけれど、年収アップを目的に金融業界への転職を目指す人も少なくありません。せっかく年収レンジの高い業界に転職するなら、少しでも年収アップしたいですよね。ただし、未経験から金融業界に転職するのは可能なのでしょうか?

こちらでは、未経験から金融業界に転職するのにおすすめの会社ランキング金融業界の中でも年収が高い会社をご紹介します。未経験から金融業界への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

金融業界の仕事内容・年収・将来性は?

ひと口に金融といっても、実にいろいろな業態があります。身近なところでは銀行や保険といった業態があります。また、証券や信販、消費者金融など同じお金を扱うにしてもその業務内容や利益構造が異なるので、当然、年収や労働環境なども異なります
また、これは金融業界に限ったことではありませんが、大手・中小と企業規模によって平均年収の差が大きいという特徴があります。

福利厚生が充実しているが転勤の多い銀行

一昔前の、「銀行員=高給のエリート」というイメージは変化してきました。日本銀行・都市銀行・地方銀行など、どの銀行かによって待遇や仕事内容は大きく異なります大手銀行が平均年収700万円超という数字と比べて、地方銀行では年収500万円台が平均という調査結果もあり、
社宅や各種手当など、福利厚生が充実している点では、多少の年収の差はカバーできます。
残業や休日などは、営業ならお客さん次第という面もあります。また、転勤が多いことは特筆すべき点です。

「数字が人格」厳しいけれど年収は高い証券会社

営業・投資銀行・トレーダー・ディーラー・事務部門など部署によっても労働環境や年収に幅があるのが証券会社です。金融業界の中では年収レンジは高い方で、全年齢の平均年収は約760万円となっています。証券会社には、「数字が人格」という言葉もあるように、年収や労働環境は自分が作る数字次第で変わってきます。
転勤が多いことや朝早いこと、残業や休日出勤なども多いことは厳しい面ですが、幅広い金融知識とパワフルさや行動力など、銀行と比較しても食いっぱぐれがない強みはあります。

金融業界ではワークライフバランスをとりやすい、穴場的な信販会社

俗に言うクレジット会社で、販売信用を行う会社です。ネットショッピングの普及やクレジットカードを使える場所が増えたこともあり、ますますクレジットカードの需要も高まっています。様々な企業との提携カードが出来たり、海外での利用も増えたり、サービスも拡大し、日本の現金主義も変革期にあり、将来性は見込めます。
ただし、信販会社同士の競争も激しいため、年収レンジの高い金融業界の中ではそこまで高くはありませんが、年収は平均で440万円程度となっています。証券会社ほど時間に追われる業態ではないため、労働時間や休日はわりと安定的といえます。

イメージと裏腹にクリーンな業界を目指している消費者金融

金融業界の中では、ダークなイメージを持たれがちな消費者金融ですが、労働環境は悪くない、という評判です。平均年収は500万円ほどで、金融業界でも中レベルです。そして、有休取得率も比較的高く、残業代もきっちり払われる、ホワイト化が進んでいます。ダークになりがちなイメージを払拭すべく、クリーンさを強調している印象です。また、営業職が多い金融業界の中で、融資審査というキャリアを積めるのも消費者金融ならではです。
銀行のカードローンなど、消費者金融の土俵に上がってくる他業態も多く、将来的には新たな収益源を生み出し、経営を多角化することが求められます。

未経験から金融業界に転職する方法

金融業界は、専門職でなければ未経験からの転職も歓迎している企業が多いです。営業をはじめとしたハードで離職率も高い部署は、特にその傾向があります。

求められるスキルや資格は職種によって異なる

職種によって必要なスキルや資格は異なるのですが、金融業界で役立つ資格にはいくつかあります。たとえば、FP技能士や証券外務員、証券アナリストなどは実務と直結しているので取得しておくのがおすすめです。また、業態を超えて、語学力の目安となるTOEICスコアを取得しておくのもおすすめです。
また、財務分析や決算書を読めるスキルがあれば、金融業界未経験でも重宝されます。そして、金融業界に限ったことではありませんが、コミュニケーションスキルや問題解決力など、基本的なスキルの高さも重要です。

遅くても30代前半までに行動するべき

年齢的には、その後のキャリアプランを考えても20代から30代前半までが理想的です。
それよりも上の年齢で未経験転職を目指す場合、金融業界未経験でも、不動産営業や個人向けの営業などの経験があれば、可能性があります。

未経験でも採用されるためには計画的な準備が必要

未経験でも、金融業界で役立つ資格を取得しておくなど、計画的に準備しておくことで、アピールにもなりますし、未経験でもこの業界でがんばりたい、という意思表示にもなります。
志望動機は、インターネットや求人サイトなどでも例文が紹介されているので、参考にすることはできますが、うわべだけの志望動機は面接官に見透かされてしまいます。自分の言葉で自分の思いを伝えるようにしてください。

未経験から金融業界に転職、失敗しない転職先の選び方

未経験で転職するのにおすすめの会社Best5

未経験からの転職を受け入れていて、かつ年収が高い業界・会社のランキング5位までをご紹介します。

1位 野村HD・・・1,515万円
2位 東京海上HD・・・1,436万円
3位 三井住友FG・・・・1,272万円
4位 三井住友トラスト・HD・・・1,235万円
5位 九州FG・・・1,232万円
参考:業界動向SEARCH.COM https://gyokai-search.com/4-kinyu-nensyu.html

1位の野村HDは持株会社で野村グループの中核を担う野村證券で、平均年収は1,500万円を超える水準です。2位の東京海上HDは生保・損保一体型持ち株会社で、グループ全体が三菱グループに属しています。3位以下も、大手金融グループが軒を連ねています。そして、金融業界の中でも証券や銀行の年収レンジが高いことがわかります。年収の高さに重きをおくなら、大手証券や大手保険会社、メガバンク・都市銀行がおすすめです。

いつも求人が出ているような会社は選んではいけない

日常的に求人を検索していると、いつも求人が出ている企業があるのに気付きます。いくら業績が良くても、どんどん社員を増やすような会社はないので、離職率が高く社員が定着しない可能性が高いです。理由はいくつか考えられますが、求人票と実際の条件が違う、仕事がハードで残業や休日出勤ばか、など、ブラックな労働環境である可能性もあるため、このような求人には要注意です。

出来る限りデータを収集してホワイト求人を見極める

金融業界を目指すなら、会社四季報や有価証券報告書なども身近に知っておくべきです。これらの資料には、会社の真の姿が垣間見えます。たとえば、従業員の平均勤続年数や平均年収なども掲載されていて、求人選びの参考になります。労働環境が良いことが推測できるので、従業員が長く定着している会社の求人を選ぶことをおすすめします。
また、女性で家事や育児との両立を目指す人におすすめなのは、銀行や保険会社の事務職です。これらは、未経験可の求人も多いですが、事務職はそもそも人気が高い職種なので、実務経験やPCスキルは求められます。

転職エージェントを活用して未経験可の良質な求人を見つける

未経験から応募できる求人は、ハローワークや求人サイトでもたくさん見つかりますが、良質な求人を自力で見つけるのは難しいのが現実です。

転職活動をサポートしてくれるものに、転職エージェントというサービスがあります。プロのキャリアコンサルタントに求人紹介をしてもらえるだけでなく、面接対策や応募書類添削のサポートをしてくれる転職エージェントは、不利になりがちな未経験からの転職活動の心強い味方になってくれます。転職エージェントに蓄積されたノウハウや企業情報で、求人票だけでは知ることのできない企業の実情を知ることもできます。
また、転職エージェントは、好条件の非公開求人を豊富に扱っているため、良質な求人に出会える確率も高く、ぜひ活用したいサービスです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも国内トップクラスの転職成功実績を誇ります。20代~30代の若い世代向けのサポートが充実しており、はじめての転職を考えている人のサポートにも強みを持っています。
経験豊富なプロのキャリアコンサルタントによる面接対策や応募書類添削など定評があります。キャリアコンサルタントは、未経験からの転職でも親身になって相談に乗ってくれ、働きながらでも計画的に転職活動を進めることができます。求人数も圧倒的なので、まずは登録しておくことをおすすめします。

リクルートエージェント公式サイト

中堅の転職エージェントと併用がおすすめ

大手の転職エージェントだと、どうしても求職者数が多いため、一人のキャリコンサルタントが担当する人数が多くなってしまいます。
それに対して、中堅の転職エージェントは、キャリア相談をじっくりできます。転職エージェントとしての実力や信頼度は高いけれど、求職者数が比較的少ない穴場的なエージェントが利用価値が高いといえます。

type転職エージェント

type転職エージェント

転職業界では老舗のエージェントで、堅実なサポート体制に定評があります。独占求人や非公開求人も多く、老舗の信頼度の高さが窺えます。知名度の高い大手に比べると登録者数が少ない分、サポートが充実しています。
若い世代からミドル層まで、幅広く転職支援をしてくれるので、さまざまなケースで利用できます。ただし、登録拠点の都合で、利用できるのは東京・神奈川・千葉・埼玉に限定されているので要注意です。

type転職エージェント公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「マイナビ転職」の運営や新卒での就職活動にも欠かせないマイナビブランドの転職エージェントです。知名度は高いですが、求人数の割に登録者数は少なめなので、一人ひとりのサポートが手厚いと評判です。関東エリアを中心に、営業職の求人に強みを持っています。若い世代からスキル・キャリアを持つハイクラス層まで幅広く対応しています。
マイナビ独自のネットワークを活かした質の良い独占求人が多いのもメリットで、はじめての転職や女性の転職にもおすすめです。

マイナビエージェント公式サイト

女性は金融事務もおすすめ!仕事内容・年収・将来性は?

金融事務の勤務先は、大きくわけて3つです。
銀行(都市銀行、地方銀行)証券会社保険会社などで活躍することができますが、この他にも郵便局信用金庫でも金融事務は活躍しています。
では、そんな幅広い活躍の場を持つ金融事務の仕事は、実際にどんなことを行っているのでしょうか。

銀行で活躍する金融事務の仕事内容

窓口での入出金・預金通帳の申し込み手続き

銀行での金融事務というと、やはり窓口業務を思い浮かべる人が多いように、実際に窓口での預金の出し入れ、そして通帳の新規発行(口座開設)の手続きは、全体業務の中でも占める割合が大きくなっています。

少し前までは、この手続きも専用端末を使用しなければならず、使いこなすまでに研修を受けたりと苦労も多い作業でしたが、近年ではExcelでの操作が可能となったため、慣れるまでの期間は短縮されています。

為替・投資信託・保険の申し込み手続き(後方事務)

銀行が取り扱うすべての商品の事務手続きを金融事務が行うため、為替の発行投資信託の申し込み学資保険・生命保険等の新規申し込み解約の手続きもすべて金融事務が担当します。

これらの業務は後方事務とも呼ばれており、窓口から一歩奥まったバックヤードでの事務仕事がメインとなっていて、経験者には出納などの業務も任されます。

こちらは手続き時に金融の知識が問われる部分が大きく、Excelの操作に長けているのはもちろんのこと、株式や債券に関する専門的な知識も必要です。

融資の手続き

融資・ローンを希望するお客様の財政状況を確認し、担保となる物件の調査から融資対象者の労働状況の確認などを行うという仕事もあります。

こちらの対象は個人ではなく企業であることもあり、融資の可否によっては経営続行を断念する企業もあるために、金融事務としては精神的な負担も大きな仕事です。

証券会社で活躍する金融事務の仕事内容

証券会社での金融事務は、営業事務との類似点が多く、直接部門の営業職、トレーダーやアナリストなどを事務的な面でサポートするのがメインの仕事です。

証券を販売する際の手続き(証券代行)資料作成データ入力電話応対など、業務自体の難易度はそれほど高くありません。
資料作成やデータ入力ではPCを使用しますが、使用するソフトはほとんどがExcelのため、Excelの操作に自信のある人は、未経験でも対応しやすくなっています。

保険会社で活躍する金融事務の仕事内容

保険会社での金融事務も証券会社と同様、営業担当者を事務の面でアシストする営業事務に近い仕事です。

商品販売における事務作業や、営業担当から問い合わせがあれば契約内容を照会・変更・解約といった手続きを行います。

営業担当者のサポートだけではなく、代理店へのサポートも行うことがあり、さまざまな店舗との連絡調整も仕事内容のひとつです。

金融事務の年収は事務職の中でも高待遇

銀行で活躍する金融事務の年収

銀行の金融事務の場合、都市銀行(メガバンク)か、地方銀行かによってその年収にも違いがあります。

都市銀行の金融事務:500万円~700万円
地方銀行の金融事務:300万円~500万円

都市銀行と地方銀行では基本給の違いによって賞与額にもかなりの差が生じるため、結果的に同じような仕事をしていても、もらえる年収がかなり異なるのです。

証券会社で活躍する金融事務の年収

証券会社は特に内資か外資かによって、その年収にも差がでてきます。

国内証券会社の金融事務:500万円~700万円
外資系証券会社の金融事務:700万円~800万円

外資系の場合は、後述するように金融事務以外にも英語など、高い専門性が求められることが年収に反映されています。

保険会社で活躍する金融事務の年収

保険会社での金融事務は、保険会社、保険の代理店などの勤務先によって差が出てきますが、金融事務の中ではあまり高収入とはいえません。

総合保険代理店の金融事務:400万円~600万円
保険会社の金融事務:300万円~400万円

生命保険、損害保険など複数の種類の保険を各社分取り扱う総合保険代理店は、保険会社の中でも最も高い年収となっています。

金融事務の残業はほぼなしに近い

金融事務の仕事は、お金が関わっているからこそ残業時間が少ないというメリットがあります。
特に銀行の金融事務は、銀行の窓口が閉まる時間以降に行う仕事は限られており、ほぼ残業時間はありません

証券会社でも長くて月に20時間程度であり、保険会社の金融事務もほとんど残業の必要はありません

同じ金融業界でも営業職となると、終業後の打ち合わせ、接待などで残業続きが当たり前の世界ですが、金融事務は終業のベルが鳴るとともに退社できる会社がほとんどです。

金融事務の仕事はAIにとられる部分も

三菱電機とMDISの研究・開発によって、実際に金融事務の一部をAIに奪われてしまう可能性がでてきました。
具体的には、書類の点検仕分けデータ作成といった仕事をAIが担ったほうが、不備なく素早く処理できることが証明されたのです。

これだけを見ると、もう金融事務の仕事はなくなるのでは…と危惧する人もいるかもしれませんが、実際の現場に導入されるのはまだ先の話であり、さらに対人的な業務のすべてをAIに置き換えることはまだ難しいとされています。

このAIの発展をかんがみても、金融機関での金融事務はまだまだ需要があり、AIをうまく使いこなしていくというかたちで存続することが予測されます。

結婚、出産後の再就職がしやすいので女性におすすめ

金融事務は福利厚生が充実していて、産休・育休がとりやすい仕事であり、実際に産休・育休の取得実績も多いことから近年女性の就業率が増えています。

また、金融事務は金融業界の知識が必要なため、金融の知識がある人や金融事務経験がある人は優遇されやすいのです。
このことを踏まえて、早めの段階で金融事務に転職して経験を積むことによって、結婚・出産を経てからの再就職にも有利になります。

未経験から金融事務に転職する方法と求人の選び方

金融事務に求められるスキルは業務内容によって異なる

金融事務の中でも、特に窓口業務では、個人から企業の経理、経営者など、多くの人と対面し、相手のニーズを把握してそれに応えるといったコミュニケーション能力が必要です。

高齢者をはじめ、金融機関のシステムをよく把握しないままに来行している人もいるため、物腰柔らかくさまざまな人に対応できるスキルが求められます。

また、窓口の奥で事務作業をしている後方事務は、窓口に比べて未経験者の採用が多いことで知られています。

その中でも未経験の場合は、預金業務の補助を任されることが多いのですが、この業務では限られた時間の中でいかに素早く・正確に作業を行うのかが重要となります。

金融事務になるための資格はないが、簿記があれば安心

金融事務になるために必須の資格は、実はありません。
ただ、金融事務として働くにあたって、所有していると優遇される資格、採用されやすくなる資格はあります。

日商簿記3級以上

キャッシュフローを理解する必要のある金融事務では、簿記の検定を取得していることである程度お金の流れを理解していることを証明できます。
ただし、簿記検定には運営母体によって全商簿記、日商簿記など複数の種類があります。

金融事務としての転職を成功させたい場合は、この中でも日商簿記3級以上を取得しましょう。
日商簿記はすべての簿記検定の中でも難易度が最も高く、金融機関でも評価されやすい検定だからです。

銀行業務検定試験

2016年度には受験者数が30万人を超えた銀行業務検定は、銀行での業務遂行にあたって必要な実務の知識技能の応用力を証明するための検定です。

実際に銀行の現場で働いている行員が業務への理解度を示すため、キャリアアップのため、実務を資格として残しておくためなどの理由で受験することが多い資格です。

特に受験資格がなく未経験者でもテキストで勉強することによって検定を取得することは可能であるため、金融事務未経験者が金融事務への熱意を証明するための資格としても有効です。

金融事務への未経験転職に年齢制限はほとんどなし

採用後すぐに正社員になるには35歳の壁が立ちはだかる

金融事務への未経験転職は、正社員の場合は一般的な転職限界年齢に従って30代半ばを境に難しくなってしまいます。
ただ、未経験からいきなり正社員になるのが難しいというだけであって、30代半ばを過ぎても正社員になる方法はあります。

未経験でも非正規雇用でキャリアを積めば正社員になれる

契約社員や派遣社員として金融事務の仕事を経験し、その後正社員に登用してもらうという方法です。
実際に大手都市銀行でも契約社員だった行員の仕事ぶりから正社員に登用したというケースもあります。

未経験だし、30代半ばも過ぎているから…と正社員での勤務は諦めず、正社員登用のチャンスをうかがいながら地道に実績をつくっていくことがポイントです。

選んではいけない求人の見分け方

金融事務“兼”営業職

銀行よりも、民営化された郵便局(ゆうちょ銀行)で起こりがちなのが、金融事務なのに営業活動が発生するという事態です。
窓口業務として勤務する際に、窓口業務だけはなく、取り扱っている保険の営業も行うことが義務付けられており、ノルマも発生します。

金融事務としての仕事はそのままに、営業ノルマも加わるため、精神的な負担も大きく、通常の金融事務よりも業務負担も重くなってしまうので、未経験者にとっては最初に挑戦しにくいでしょう。

保険会社の金融事務で応募したのに営業にまわされる

保険会社の金融事務の中でも、金融事務の募集があったので応募してみたら、面接中に「キミの性格なら営業でもいけそうだね」と、部署の異なる営業職に内定をもらいそうになったという人もいます。

営業職の人手が足りていない保険会社では、人気の高い金融事務の求人を出しておいて、その応募者を営業としてスカウトするという手段を使っているところもあるのです。

金融事務へのこだわり、事務以外の仕事の場合は志望動機に合致しないなどの理由を添えて、営業への転職を辞退しましょう。

おすすめ求人の特徴

総合ではなく単独の保険会社金融事務は業務負担が少ない

いくつかの保険会社を総合して案内する総合保険代理店の場合、複数の保険会社が販売する複数の保険について、その詳しい商品内容メリット・デメリットを比較してお客様に案内しなければいけません。

それに比べて単独の保険会社の場合、その会社独自の商品のセールスポイントを把握しておくことは重要ですが、他社との比較を行う必要はありません。
そのため、求められる情報量も業務負担も少なくて済むため、長期的に働きやすいのです。

地方銀行ならトップがおすすめ

地銀の金融事務も募集が出ることがありますが、地銀の中でも預金量・総資産ランキングのトップとなる地銀がおすすめです。
預金量や総資産は銀行の経営の根幹であり、これが従業員の給与にも反映されるため、ランキングが下になれば下になるほど経営難による減給もあり得ます。

未経験OKかつ条件の良い金融事務の求人を見つける方法

ハローワーク求人サイトでは、未経験可の優良求人を見つけるのは難しいのが現状です。
しかし、無料で転職支援サービスを提供している転職エージェントに登録することで、好条件の非公開求人を紹介してもらえます。

しかもエージェントではキャリアコンサルタントに転職活動をサポートしてもらえるので、不利になりがちな金融事務への未経験転職も上手に進めていくことができます。
また、エージェント経由で転職先の内部情報を得ることができるので、転職後のミスマッチを防ぐこともできるのです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功率NO.1の転職エージェントです。
エージェントの中でも最大手ですから、保有している求人数が違い、さらにネットなどで閲覧できる公開求人よりも非公開求人を多く(10万件以上)抱えています

非公開求人の中には一般的な転職サイトには出回らない金融事務の人気の求人もあるため、効率的に自分のスキルやキャリアとマッチングする求人を探したいという人におすすめです。
また、求人を紹介して終わり…ではなく、応募書類の添削なども行ってくれるので、未経験からの金融事務への転職の際に書く内容に困ってしまう志望動機なども、転職先に提出する前によりよいものに仕上がります。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

金融業界には大きくわけて、以下のような業種があります。
銀行・・・福利厚生が充実、地方ではステイタスも高く人気の職種ですが、異動も多く、将来性を考えると不安になる人も多い
証券・・・数字さえ上げれば年収は高いですが、精神力も求められる
信販・・・労働環境が整っていて女性にも働きやすい環境
消費者金融・・・ダークなイメージがありますが、実際は労働環境は悪くない

また、年収レンジが高い金融業界の中でも、平均年収が高いのが以下の業種です。

・証券会社
・大手保険会社
・メガバンク
・都市銀行

これらは、30代で年収が1,000万円に届く数少ない業界の一つです。未経験でも応募できる求人を豊富に扱う転職エージェントを利用して、良質な求人を選んでください