今まで、ファイナンシャルプランナーとして仕事をしてきたけれど、その資格を活かしてもっと違うところで活躍したい、という人も少なくありません。

ここでは、ファイナンシャルプランナーの資格を有利に活かせる転職先についてまとめました。また、ファイナンシャルプランナーの資格は役に立つか、ファイナンシャルプランナー業界の状態を見ながら説明しています。
ファイナンシャルプランナーからの転職先を探している人は、参考にしてください。

独立系FPはほぼ無理!FP資格は役に立つ?

ファイナンシャルプランナーの資格は国家資格です。FPは1級から3級まであり、1級の難易度が一番高くなっています。一度合格すると有効期限も更新の必要もありません。名前は似ていますが、AFP、CFPは日本FP協会が認定する民間資格でそれぞれ有効期限もあります。レベル的には1級FP技能士がCFP、2級FP技能士がAFPと同等とされています。

FP資格単独では活躍できる場面は少ない

ファイナンシャルプランナー(=FP)の資格は、きちんと勉強すれば比較的簡単に取得できる資格です。特に、金融業界では取得している人が多い資格の一つですが、金融業界で働く人でなくても、たとえば主婦でも家計管理のために、とか、学生が就職活動でアピールするために、と言った理由で取得している人も多い自己啓発レベルでの資格でもあります。

そのため、「FP資格を持っている」というだけで活躍できる場面は少ないのが現実です。

FP業界は発展途上

海外では、FPに資産形成のアドバイスを求めることは一般的です。FPの知識を活かして、投資や資産管理について相談を受ける、金融アドバイザーという職が確立しています。金融アドバイザーとして独立し、生計を立てている人もたくさんいます。

しかし、日本ではまだまだFP業界は発展途上です。近年、投資をはじめる人も増えていますが、日本人のお金に対する行動としては、まだまだ投資よりも貯蓄がメインです。FPを活かして金融アドバイザーとして独立できるような環境はまだありません。

独立して成功するのはほんの一握り

日本では、海外のように投資が一般的ではありませんし、FPとして独立しても成功するのはとても難しいのが現実です。

成功するには、FPとして独立するのではなく社会保険労務士や税理士などの資格も合わせ持ち総合コンサルタントとして開業する方が、様々な相談に対応できるため、成功する可能性は高くなります。

ファイナンシャルプランナーの資格を有利に生かせる転職先は?

保険会社・証券会社の営業職

FP資格を活かせる仕事の代表格が保険会社や証券会社の営業職です。保険や証券の営業マンは、商品を単品で販売するよりも、顧客の資産を総合的に見た上での提案が求められます。

そして、資産運用のアドバイスや保険の見直しなど、ライフプランを一緒に考え、提案することで、よりレベルの高い営業につながります。

賃貸不動産の営業職

賃貸不動産の営業職も、FP資格を活かして働ける仕事です。借り主側への営業というよりは、地主さんや不動産物件のオーナーさんへの営業に向いています。
土地の有効活用や、資産としての土地運用、相続対策や事業継承といった富裕層ならではの悩みにも寄り添うことができます。

自動車販売会社

自動車販売にもFP資格は役立ちます。自動車を売る際、切っても切り離せないのが損害保険や自動車ローンです。自動車は高額ですし資産になりますが、税金や修理費など維持費もかかります。独身の人、結婚して子どもがいるファミリー層、子どもが独立し夫婦2人になった、などライフスタージによって買い替えニーズも出てきます。

ローンの金額や組み方、今後のライフプランなど総合的なアドバイスができれば強みになります。

住宅メーカー

家は、人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。そんな大きな買い物をするためには、多額の資金も必要ですし、多くの人が住宅ローンを組むことになります。住宅ローンは返済期間も長く、将来的に生活に大きな影響を及ぼすため、しっかりした資金計画が大切です。

ライフプランを考慮しながら住宅ローンを組むためには、FPの知識はとても役立ちます。

一般企業の総務や経理

FPは、お金に関する幅広い知識を学べる資格です。税金や相続はもちろん、上手な節約の仕方や投資など生活に密着した知識も得られます。お金に関する幅広い知識、という観点から言うと、企業におけるお金の動きを総括する経理や総務といった仕事にも役立ちます。

一般企業の総務や経理は資格が必須ではありませんが、特に中途採用で即戦力を求められる場合は、FPは簿記と並んで現実的に役立つ資格としてアピール材料になります。特に、経理や総務の事務職は女性からの人気が高く競争率も高いため、FP資格を持っていると転職にも有利です。

公認会計士・税理士

公認会計士も税理士も、総合的なコンサルタント力が求められる時代です。FPは税金や年金などそれぞれのライフステージで必要な資金計画についての知識も持っています。

特に、税理士には直接的に仕事に関わってくる事柄が多く、仕事の幅が広がります。顧客へのアドバイスの場も広がり、信頼にもつながるので、名刺に「FP」という肩書があるのは顧客にとっても安心材料になります。

FPの資格が有利になる転職先を見つけるには

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめFP資格取得者を優遇してくれるなど転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している、国内No.1の転職サイトです。新着・更新求人が毎週1,000件以上届き、その中の約8割はリクナビNEXTでしか見ることができない独占求人となっています。
さらに、レジュメ登録者にはサイト未掲載の特別求人を閲覧することも可能です。
サービスも充実していて、スカウトメールの他にも、提携エージェントから特別求人が届くシステムもあります。

リクナビNEXT公式サイト

本気で転職するなら転職エージェントを活用しよう

求人を転職サイトでストックしつつも、本気で転職したいと思ったら、転職エージェントも活用するのがおすすめです。転職エージェントに登録することで、専任のキャリアコンサルタントが担当につき、転職サイトには出てこない非公開求人を紹介してもらえます。さらにキャリアコンサルタントには応募前に履歴書や職務経歴書をチェックしてもらったり、面接で企業がどんな質問をしてくるか事前に情報を得られるので、選考通過率が格段に上がります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントとしては国内最大手で、転職を決めた人の約半数が利用しているとも言われるのが、リクルートエージェントです。求人数が圧倒的で、未経験からの転職にも強いのが特徴です。
キャリアコンサルタントは経験豊富で、さまざまな業界に精通しているので、面接対策や応募書類添削までしっかりサポートしてくれます。
非公開求人もかなり多く扱っているので、ファイナンシャルプランナーの資格を活かしてキャリアアップも見込める求人の紹介も期待できます。

リクルートエージェント公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30代から40代のキャリア志向のビジネスマン向けの転職エージェントです。外資系企業や日系企業のグローバルポジションに強みを持っています。
登録者と求人企業を一人のコンサルタントが両方担当しているので、双方の情報をスムーズに伝えられ、マッチングの精度が高いです。そのため、企業を熟知しているコンサルタントから親切丁寧な対応で細かいサポートを受けることができます。

JACリクルートメント公式サイト

まとめ

ファイナンシャルプランナー資格は、保有しているだけで独立するのは難しいですが、業種を超えて活躍できる可能性があります。

ファイナンシャルプランナーの資格を有利に活かせる転職先としては、
証券会社・保険会社といった金融業界はもちろん、不動産・住宅メーカー一般企業の総務・経理公認会計士・税理士が挙げられます。

FP資格を活かして転職するには、転職エージェントなどのサービスを活用すると転職活動をスムーズに行えます。