コンサルタント業は、クライアントの事業の方向性など計画を策定し、実行までをアドバイス・サポートする重要な役割を担います。官公庁や民間事業会社など、コンサルタントの力を求めるところは多く、市場規模も拡大している業界です。

しかし、そんなコンサルタントを辞めたいと考えている人、そしてその経験を活かして転職を考えている人もたくさんいます。

こちらでは、コンサルタントにおすすめの転職先年収を下げない異業種転職の方法や、失敗しない転職先の選び方についてまとめてみました。

コンサルタントから転職するなら、事業会社が鉄板と言われますが、実際はどうなのでしょうか。現在はコンサルとして働いているが、もう辞めたい、異業種に転職したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルを辞めたい理由は?

起業やキャリアアップのためなど、前向きな退職理由が多い

コンサルタントを辞めたい理由は人それぞれですが、アドバイスだけに物足りなさを感じて実際に経営側になりたい、と起業するパターンや、専門性に不安を感じ、キャリアアップのために転職するパターンもあります。

また、心身ともにハードな仕事なので、ワークライフバランスを取りやすい仕事に変わりたいとか、体力的にも限界を感じて辞めたいという人もいます。一方で、給料が低いからとか、人間関係がうまくいかない、といった理由での退職は少ないのも特筆すべき点です。

コンサルタントに転職に年齢制限はある?

コンサルの年齢に限界はない、ただし転職するなら30代前半までが勝負

コンサルタントは、経験が物を言う仕事です。コンサルタントとして働き続ける上では、「何歳までが現役」というような限界値は特にありませんが、コンサルタントの1日はとてもハードです。

基本的にクライアント最優先のスケジュールなので、朝早い、夜遅い、土日祝日も関係ない、ということも少なくありません。ワークライフバランスを重視したい、という理由で辞める人もいるように、仕事第一でガッツリ働ける環境でないと勤まらない仕事でもあります。

転職するなら市場価値が高いのは30代前半くらいまでと言われているので、より良い条件で転職をするためにも、30歳を過ぎる頃から将来を見据えて転職を考えはじめる人もいるのが現実です。

コンサルタントからのおすすめの転職先は?

コンサルから異業種に転職、業種は違っても同じ領域の仕事がおすすめ

コンサルから異業種に転職する場合、たとえば戦略系コンサルなら事業会社の経営企画やマーケティング部門への転職でキャリアを活かすことができます。

会計系コンサルなら財務ITコンサルならIT戦略やWeb関連人事コンサルなら人事といったように、業種は違っても同じ専門領域の部門への転職がおすすめです。

そうすることで、それまでのキャリアやスキルを無駄にせず、まったく未経験というわけでもないので、待遇面でも経験を考慮されるなどのメリットがあります。

コンサルタントの転職先は事業会社が幅広くておすすめ。起業という選択肢も

事業会社なら業種も幅広く、選択肢も広がります。ただし、コンサルタントとして経験していた分野と同じか類似した分野に限って求人を探すことをおすすめします。それが、年収を下げずに経験を活かして転職するポイントです。

コンサルタントとしての経験を活かして「起業」という選択肢もあります。コンサルタントとして活躍していた人は、基本的に仕事がデキる人です。これまでの仕事で人脈も広がっているので、起業して成功する人も少なくありません。チャレンジできる環境があれば、それも十分選択肢になりえます。

年収を下げずに異業種転職するには、キャリアと求人のマッチングが最重要

年収を上げたいから、と異業種転職をするのはリスクが高い選択です。いくらキャリアがあっても、これまでと違う業種への転職は「未経験転職」とみなされてしまい、年収が大幅にダウンする可能性もあります。

そのようなリスクを抱えないためにも、現在の年収を維持したまま異業種転職するためには、キャリアと求人のマッチングが最も重要なポイントです。年収を下げずに異業種へ転職したいなら、これまで培ってきたキャリアやスキルをそのまま活かせるような、共通点のある業種への転職がおすすめです。

転職エージェントをうまく活用することがポイント

コンサルタントから異業種への転職は、求人選びがポイントです。求人と自分のキャリアにギャップがあればあるほど、年収も下がりやすくなり、仕事の内容も自分のスキルと関係ない遠いものになってしまいます。

不利になりがちな異業種への転職活動をサポートしてくれるサービスに転職エージェントがあります。転職エージェントは、経験豊富なプロのキャリアコンサルタントが、応募書類添削から面接対策のアドバイスはもちろん、入社決定後の雇用条件の交渉まできめ細かいサポートをしてくれます。

求人は自力で探すよりも、転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けて、自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらう方が効率的でおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績ナンバーワンの総合型転職エージェントです。一般向けに公開されている公開求人の他、独自に保有している非公開求人が約10万件もあり、希少価値の高い優良求人も多く含まれています

非公開求人は、公開求人よりも年俸などの待遇面において恵まれていることが多く、またリクルートエージェントに登録している人しか応募できないため、内定が決まりやすいです。

リクルートエージェントのコンサルタントは実績豊富で、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれるので安心です。

リクルートエージェント公式サイト

dod

doda

dodaはパーソルキャリア(旧、インテリジェンス)が運営しているエージェントです。取り扱い求人が業界の中でも最大級で、dodaで取り扱っている求人の80%から90%が非公開求人となっており、優良求人が多数含まれています

専任のアドバイザーから応募書類や面接に関するアドバイスやサポートを得られるだけでなく、転職セミナーや転職フェアに参加することで、転職を成功に導くための実践的なアドバイスをもらうこともできます。異業種での転職に対しても手厚くフォローしてもらえるため安心です。

doda公式サイト

まとめ

コンサルタントから転職を考える場合、失敗しない求人の選び方は以下のとおりです。

・未経験でも類似した業種へ転職する
・未経験転職するなら30代前半までが勝負
・転職エージェントなどプロのサポートを活用する

転職を成功させるためには、求人選びが重要なポイントになります。上に挙げたようなポイントをしっかり抑えて、効率的な転職活動を進めてください。良質な求人に出会うことが、転職を成功させる一番の近道になります。