転職を考えているITエンジニアなら、資格取得について迷ったことがあるでしょう。
よりよい企業へ転職するためには、どんな資格を取得すればよいのでしょうか?
評価される資格はどれなのか? 知りたいですよね。

でも、そもそも資格はIT転職で評価されるのでしょうか?
スキルが無くても、資格はアピール要素になるのでしょうか?
未経験でも、資格があればIT業界に転職できるのでしょうか?

本当に、疑問だらけで迷ってしまいますね。
IT転職において役立つ資格と役に立たない資格について、お知らせしましょう。

IT転職に資格は必要か?

応募書類を見栄えよくしたい

ITエンジニアは、学歴や肩書、資格よりも自分自身が持っている技術力・スキルが命ですよね。現場でモノをいうのは実力であり、できるか?できないか?に尽きます。
ただ、転職を考えたときには履歴書に書ける資格があった方が見栄えがよいように思うのは、自然な気持ちです。現職よりもよい転職先を・・・と思えば、少しでも見栄えのよい応募書類にしたいと思って当然ですね。

資格はスキルの証明にはならない

免許制の職種であれば、そもそも免許が無ければ仕事ができませんが、IT技術職は資格が無くても仕事はできます。つまり、資格がなくてもITエンジニアとして仕事は可能で、スキルさえあれば優良企業へも転職はできます。

勉強して資格取得しても、実務的に仕事ができるとは限りませんし、実務経験の証明にはなりません。資格を持っていても仕事面で使えない人材、実務経験がない人は未経験者のカテゴリーに分類されてしまいますね。
IT系の資格の場合は、仕事ができる証明にはならないのです。

IT転職に資格は役立つか?

ITエンジニアの転職にとって資格とは?

上級の資格しか評価されない

ITエンジニアは実務経験とスキルが第一なので、資格は特に必要ではありません。
通常なら資格を持っていることはマイナスにはなりませんが、特にプラスにもならないことが多いですね。
ITエンジニアが持っていて有利な資格は、かなり上級の取得が難しい資格だけです。
初級のレベルが高くない資格は、取得しても自慢にならないケースも多々あり、履歴書を飾るどころか邪魔になることもありますね。

初級の資格はマイナス評価です

未経験者や学生なら別ですが、ITエンジニアが初級レベルの資格を保有していても自慢にはなりません。転職活動において、わざわざ初級の資格を取得することは無駄ですし、下手にアピールすると恥をかきます。
特に複数の初級レベル資格を取得しているようなITエンジニアは、「資格マニア」や「スキル向上より、資格取得に熱心な人」と思われてしまうケースもあります。
つまり「資格をITスキルと誤解している (実務をよくわかっていない)」「実務より資格の勉強ばかりしてきた人」のように、人事担当者に受け取られることもあるのです。

資格取得の目的

多忙なITエンジニアが資格取得のために勉強することは、決して悪いことではありません。
転職活動においても、なにより常に吸収していく勉強熱心さだけは伝わります。まじめな印象もでるかもしれません。

実務的な目先の担当業務だけでなく、体系的に理論立てて考え、総合的な知識や理解を得ることができる資格もあります。学ぶことはムダではありませんし、自分自身の理解度を深め、納得感を得ることもできるでしょう。

ただし、どうせ取得するのなら、自分の将来的なキャリアに役立つような資格を目指すべきですね。的はずれの資格取得は、時間の無駄になるだけなので見極めが重要です。

未経験からIT転職するための資格とは?

資格の中身より、勉強したという過程を重視

学生やまったくの未経験者がIT業界に入るために、実務経験は無くてもスキルはあることを示すためには、資格取得は役に立ちます。

「まったく何もできませんが、頑張ります」というよりも、「実務経験はありませんが、勉強してきました」という人の方が、マシですよね。実際に仕事になるかどうか、使えるかどうかは別にしても、真剣さとヤル気だけは伝わります。
「未経験OK」の求人案件の場合は、同じ未経験者でも何もない人よりは資格があれば、プラス評価されるでしょう。

新卒研修時に資格取得させる企業も多い

運よくITエンジニアの卵として就職した後で。やっぱり向かなかった・・・となるよりも、自分のために勉強して資格取得を目指せば、向き不向きのチェックはできますね。

大手IT企業などでは、新卒には入社時の研修期間中に基本的なスキルを得るために資格取得させることも多いです。現場に配属する前に、配属先を決める前に適性をはかる意味からも、新入社員は全員受験させてチェックするのですね。

営業職などであっても、IT業界なら知識が無いと仕事になりませんし、社内コミュニケーションのために最低限の資格を取得させるのが、大手なら一般的です。

IT転職に役立たない資格

ITエンジニアの転職に役に立たない資格

ITパスポート

2009年からスタートした国家資格で、社会人に必要なIT系の基礎的な知識と能力を証明する入門的資格です。IT系の基礎の基礎というべきレベルなので、IT技術者なら当たり前すぎて、転職活動には役立ちません。
幅広く浅い知識を学ぶ必要があるので、学生なら勉強して損では無いですが、IT業界では特に自慢にはならないレベルです。

基本情報技術者

ITパスポートをレベル1とすると次のレベル2の国家資格で、IT系技術者を目指すなら基本であり、難易度は決して高くありません。
若年層の未経験者がITエンジニアを目指すなら、最低限レベルの資格です。ITエンジニアのキャリア転職ならスキル重視なので、保有していても有利になることはありません。

Microsoft Office Specialist (MOS)

ワードやエクセル、パワーポイントなど、マイクロソフトのオフィス製品が使えますという証明の資格です。事務職などでPC操作ができるか否かというレベルで、主婦の再就職や学生の就活なら少しはメリットがあるかもしれません。
IT転職では当たり前すぎて、履歴書に記載するのは恥ずかしいくらいです。

その他、各種ベンダー資格のうち初級のもの

各種のベンダー資格の中でも、評価されるのは上級レベルだけで、初級レベルの資格はほとんど評価されません。上級資格をとれないのでは?と、疑問視される可能性もあります。
ベンダー資格は製品に特化しているので、その製品を使えるという証明にはなりますが、資格保持者が多いため上級レベルでなければ、転職活動では無いよりマシ程度です。
例えば、Oracle社のオラクルマスターなら4段階のうちの入門ブロンズやシルバーランクでは半人前ということになり、まったく評価されないですね。

資格マニアはIT転職では評価されない

「資格マニア」はマイナス評価です

国家資格もベンダー資格も、学ぶ姿勢と努力は転職活動においてアピールできますが、取得が簡単な資格ばかりを取得していても無意味です。
いろいろな初級レベルの資格をアレコレと取得しているのは、単に資格を取ることが好きな「資格マニア」と判断されます。なんにでも手を出すということは、結果として何も身につかないということで、器用貧乏で実力は無いと思われます。

専門的な資格を追及するべき

実務においてもアレコレと広く浅く食い散らかしているよりは、専門分野のキャリアを積み重ねて、深くスキルを磨いた方が価値は高いです。資格を取得するのなら、IT技術者として、SEとして、専門分野をアピールするために上級まで突き詰めるべきでしょう。
例えば、データベース系のキャリアを積んでいるのに、取得している資格がネットワーク系だった場合、キャリアと保有資格がチグハグな印象になり、何を目指しているのか疑問を持たれます。データベース系の資格を上級レベルまで積み重ねていれば、専門特化したデータベースのスペシャリスト志向という方向性が明確になります。

IT転職を有利にする役立つ資格

ITエンジニアの転職に役に立つ資格ランキング

Cisco Certified Network Associate(CCNA)

世界的に有名なシスコシステムズのネットワークエンジニアの初歩資格で、中小規模のネットワーク構築や管理運営レベルです。難易度も高い上位ランクの「CCNP」も併せて取得すれば、ネットワークの技術者として役立ちます。

Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE)

世界各国で認められた上級ネットワーク認定資格で、「CCDE」とともに専門的な知識とスキルを有していると認定された資格です。シスコ製品やソリューションに関する専門家として、ネットワーク業界でも高い評価が得られる役立つ資格です。

LPIC(エルピック)

NPO法人のLinux技術者認定機関「LPI」が実施しており、ネットワークやサーバなど、インフラ系の管理運用に役立つ世界共通の資格です。Linux技術者認定資格なので、Linux(リナックス)を活用する企業への転職には大いに有効です。

ORACLE MASTER Platinum

オラクルマスターは、オラクル社のデータベース技術者として証明し認定する、世界共通の資格です。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと4段階レベルで、転職に有効なのはゴールド以上で、プラチナレベルならプロフェッショナルとして高い評価が得られます。
プラチナ保有者ならオラクルについては任せられると判断されるので、データベース技術者の転職には役立つ資格です。

プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトの責任者として、管理マネジメントを行うポジションであるPMに必要な能力を認定する資格です。実際にPM経験豊富な人なら、わざわざ取得する必要はありませんし、資格がなくてもPMをやっている人は実際にはたくさんいます
ITエンジニアからのキャリアアップ転職でPMを目指すなら、学んでおきたい知識です。

システムアーキテクト

システム開発の上流部分を担当し、企画設計・分析など総合的な能力を問われる資格です。
アーキテクトとは設計士・建築家の意味で、システム開発における設計を主導するための知識やスキルが必要で、上級エンジニアの証明になります。PMよりもランクは上で、技術だけでなく問題解決能力やコミュニケーションスキルも必要とされます。

ITストラテジスト

経営戦略、事業革新、業務改革などITを活用してビジネスを成功に導く、高度なIT人材のための資格です。難易度も高く、高度なビジネススキルも必要とされますし、エンジニアからITコンサルタントへの転職を目指すためには、かなり役立ちます。

インフラ系と開発系の資格の評価の違い

ネットワーク系・インフラ系の資格

ITエンジニアの転職でも、プログラマーやSEなど開発系の場合は、資格取得はあまり評価されませんが、ネットワーク系・インフラ系エンジニアは評価されやすいです。
未経験者の採用も多いサーバの保守運用業務の場合は、各ベンダーの資格を取得していれば経験がなくても評価されやすいので採用されるチャンスもあります。
ネットワークの基本的なシスコの「CCNA/CCNP」から取得するのは有効です。

開発系の資格

SE職などの開発職の場合は、プログラム言語の知識があってもコードが書ける証明にはならないので、転職においては実務経験やスキル重視で資格の有無は問題になりません。
特に初歩レベルの資格は転職市場では評価されないので、資格取得よりも実務スキルを上げる方がよいでしょう。自作のソフトやアプリをシェアしたり、オープンソースで公開したりする方が、保有スキルを示すためには有効な手段です。
上級レベルの資格であれば、開発の上流工程やPM、ITコンサルタントなどステップアップ転職のキッカケにはなるかもしれません。

IT転職には、資格取得より実務経験

若年層や未経験の場合

ITエンジニアの転職においては、とにかく資格よりも実務経験、使えるスキル重視です。
若年層のポテンシャル採用においては、経験が浅いという不足部分を資格取得というヤル気で補えるケースもありますが、実務経験豊富な人材と比較されると見劣りします。
転職活動では、やはり資格よりも実務経験が重要なのです。特に未経験者なら資格を取得してから転職しようと考えるよりも、サクッと転職して実務経験を積む方がおすすめです。
自力で勉強するよりも、将来的には次の転職ステップで有利になります。

経験のあるITエンジニアの場合

難易度の低い資格はムダ

それなりに経験のあるITエンジニアなら、実務経験をベースとして転職は充分に可能です。
学ぶことは悪くありませんが、容易に取得できるレベルの資格には意味がありませんし、時間の無駄です。基本情報処理技術者よりは上位の応用情報技術者、情報セキュリティスペシャリストなども、無いよりはマシという程度です。
横滑り的な転職では無く、今よりよい条件での優良転職先を見つけたいなら、資格取得で時間を費やすよりも転職エージェントの活用がおすすめです。

上級レベル資格は体系的な理解度にメリット

現在のポジションよりキャリアアアップを目指し、上級レベルの資格を取得してからと考える人もいるでしょう。
上級レベルの資格で、経験した業務や担当範囲だけでなく、幅広い知識を体系立てて理解するために、学ぶことは視野を広げるためにプラスになります。資格取得が有効というよりも、自分自身の能力を磨くため、理解度を深めるための学習という意味で、非常に有益です。
ただし、現状より知識面でのプラスにはなりますが、実務経験には及びません。

資格取得より実務経験、転職エージェントが有効

キャリアを重ねられる転職先を見つける

資格よりも実務経験やスキルの方が転職には役立つのは、IT転職では常識です。
その実務経験を積むためには、経験やスキルを詰めるような企業へ、まずは転職しななければなりません。保有するキャリアやスキルを基に、更なるステップアップのための転職先を探すには、転職エージェントを活用することがおすすめです。
IT系の求人案件も多数保有しているのは、IT系に強みのある転職エージェントです。

キャリアの棚卸しが重要

自分自身の隠れたスキルやアピールできるキャリアを発掘して貰うためにも、キャリアカウンセリングを受けてみましょう。専門特化したIT系に強い転職エージェントには、IT業界出身者や専門特化したキャリアコンサルタントが揃っています
ニッチな業界のIT技術職や、レアなスキルを持ったITエンジニアなどは、一般の転職エージェントではなくIT専門の人材紹介が可能な転職エージェントがよいでしょう。

まとめ

IT転職では、資格よりも実務経験や積み重ねたキャリア、使えるスキルが重視されます。
自分の専門分野においての適切な資格なら評価されることもありますが、経験には及びません。未経験の資格保有者よりも、資格なしの実務経験者の方が、IT業界の転職市場では高い評価を受け、優先されるのが現実です。

学ぶことでIT技術者として幅広い見識を持つことはできますが、資格取得のために費やす時間やコストは馬鹿にできません。
転職には年齢的な問題もありますし、タイミングを逃すことは得策ではありません
キャリアアアップ転職を狙っての資格取得であれば、コツコツ勉強するだけでなく、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。
キャリアの方向性に沿った有益な資格のアドバイスも受けられますよ。

タイミング次第では、資格取得よりも有効な転職先の求人案件を紹介して貰えます。
在職のままで資格の勉強をしながら、転職エージェントも併用し転職活動のサポートを受け、優良な転職先の紹介を待つこともできます。
転職目的での資格取得であれば、優先すべきは転職エージェントへの相談でしょう。