インターネットやネットワークのすべてを支える技術者って、なんかカッコイイ!
ITシステムの土台であるインフラエンジニア、未経験から転職できる?
手に職がつくイメージだけど、具体的な仕事内容って? 必要とされるスキルって?
IT転職はブラック系も多いって聞くけど、大丈夫でしょうか? 将来性はどうなの?

インフラエンジニア(サーバーエンジニア・ネットワークエンジニア)は、企業によって担当する業務範囲も幅広く、仕事内容も待遇も大きく異なります。
特に未経験転職なら、教育や研修制度の整った大手企業が安心です。

インフラエンジニアへの転職、未経験からの必要スキルや求人の選び方について、情報をまとめました。

インフラエンジニアとは?仕事内容と待遇を知りたい

インフラエンジニアの仕事はIT活動するための土台作り

インフラとはITシステムの交通網

「インフラ」とは「Infrastructure(インフラストラクチャー)」の略で、「土台・基盤」という意味です。全世界をつなぐ道路網のようなイメージで、ITシステムのベースを支える大切な仕組みです。
膨大な情報の処理をWebサーバーで行うために、通信環境を整備する必要があります。
ネットワークインフラとは、ネットワーク、ハードウェア、OS、ミドルウェアなどをつなぐ通信網を指します。データのスムーズなやりとりのためには、高速通信のための通路を作り、常に修理など保守管理をしなければなりません。
つまり物流の道路網であり、肉体の血管網・全身血流のような重要な「データの流れ(流通)」を常に正常に保つことが、インフラエンジニアの使命です。

インフラエンジニアの業務

インフラエンジニアはインフラを正常稼働させるために、サーバー構築とネットワーク構築・監視を行います。単なるネットワーク管理だけでなく、データ処理のためのWebサーバーの構築もインフラエンジニアの仕事です。
クライアントの業務目的に適した要件定義、サーバー環境、通信ネットワーク環境の設計や構築をします。企業の情報システムを構成するコンピューター機器類も含め、すべてのハードも管理し、ネットワーク通信環境の運用や保守管理も実施します。
企業により異なる部分も大きいですが、大切なのはトラブルなく24時間365日稼働させることです。サーバーダウンなどのトラブル無く、常に平常運転させることです。

インフラエンジニアの待遇まとめ

インフラエンジニアの年収は平均400万円台で、IT技術職としてはさほど高い方ではありません。高年収のベテラン技術者は少数で、ほとんどが年収300万円台の若手です。
夜勤などシフト制の勤務が一般的なのもあり、労働時間・残業は月に30〜40時間で、毎日1〜2時間程度の残業があるケースが多いですね。
ただし、緊急トラブルが無いかぎり休日出勤は基本的になく、大企業なら有給消化率も高いです。サービス残業も少なく、待遇としては悪くはないですが、男性ばかりで女性エンジニアには働きにくい職場もまだまだ多いのが現実です。
年収や休日だけでなく、職場環境の実態についても求人選びでは重視したいところです。

インフラエンジニアは今アツイ!

社内インフラや公共ネットワーク、ビッグデータの活用など、ネットワークはITを支えるシステムで、重要な割に技術者が不足しています。
慢性的人手不足のため、インフラエンジニアの需要は高く、求人数も多いです。
未経験OKと若年層を育てていきたい企業も多く、経験者なら高待遇での転職が可能で、特にセキュリティー関連のスキルを持つインフラエンジニアは、売り手市場です。
未経験転職の場合、自らの勉強や努力も重要ですが、研修制度など学べる環境が無いと厳しいため、求人選びは慎重にしてください。

インフラエンジニアに必要なスキルは?有利な資格は?

インフラ全般の知識とスキルが必要

サーバー構築スキル

インフラネットワークの心臓であるWebサーバー、DBサーバー、メールサーバーなどの、設計・構築の知識やスキルが必要です。
DB設計やパッケージ管理、Windowsサーバー、クライアントを用いたシステムの設計・構築経験(LAN・WAN・Web系)、エラーログが読めるなど、企業により必要とされるスキルやレベルはさまざまです。
専門特化したスキルも売りになりますが、近年はインフラ全般の知識とWebサーバー構築スキルが一般的です。

仮想ネットワークやプログラミング言語の知識

既存システムの見直しなどもあり、使用するプログラミング言語も変わりつつあります。
仮想ネットワーク・Hyper-VやVMwareなどの知識があると重宝されます。
ビッグデータなど扱う情報データ量は増え続け、常にIT技術は進化し続けています。インフラエンジニアも最新技術をキャッチアップする必要があります。

ハードウェアの知識

ネットワークにはハードが接続され稼働しなければなりませんので、当然ですがさまざまなハードウェアの知識が必須です。
個々のPC類や高速処理のサーバーだけでなく、巨大なデータを格納する大容量のストレージ、周辺機器を含めたラックまで、幅広いハード類の知識も必要です。
企業の社内ネットワークにつながるPCやサーバー類、プリンター、コピー機、FAX・複合機から、家電メーカーのIoTシステム、製造業の巨大な工場システムまで、本当に業界や業種により幅広いハードを扱うこともあります。

コミュニケーションスキルと企画力が必要

インフラエンジニアは、顧客にどんなインフラが必要かをヒアリングし、設計を行います。
クライアント側の要望や目的を正確に把握して、詳細な要件定義に落とし込むには業務知識も必要ですし、ヒアリングスキル、コミュニケーション能力、システムを作り上げるための企画力が必須です。
インフラ構築・運用は基本的にはチームで対応しますので、チームワークのためにもコミュニケーションスキルは重要です。

インフラエンジニアに有利な資格

ネットワーク業界大手シスコ社の認定資格であり、ネットワークを扱う基礎資格である「CCNA」は押さえておきたいですね。
サーバーエンジニアとしては、Windowsサーバーだけでなく、Linux OSを理解するための基礎資格として「LPIC」の取得も目指したいところです。
未経験であっても知識取得の勉強はできますし、資格取得を目指す意欲は評価されます。

未経験の人がインフラエンジニアになるには?求人の選び方まとめ

こんな求人はブラックの可能性あり

客先常駐派遣はブラックかも

未経験からインフラエンジニアになるなら、研修制度や教育指導などがしっかりした企業に入社するべきです。
経験もスキルないのに、とにかく客先へ派遣して現場で教わって頑張れというような方針の、客先常駐派遣型の会社はおすすめできません。基礎知識もろくにないまま放置され、単なる作業員として使い捨てされるケースなど、ブラック企業である可能性が高いでしょう。

保守運用のみの求人

日々のネットワーク管理業務、インフラの保守運用だけでは、スキルが身につかないケースも多々あります。保守管理しかできないエンジニアでは、末端の単なる作業員扱いのままでいつまでもキャリアアップできません。
ネットワーク管理は24時間体制ですし、シフト制で夜勤ありなど、しんどい割りに報われないケースも少なくありません。企業により社風や待遇、業務範囲もかなり異なります。
未経験ではインフラ・ネットワーク業界についても分からなくて当然ですが、できるかぎりのツテを利用して業界の噂や評判などを集め、企業を調べることも大切です。

インフラエンジニアになりたい人におすすめの求人

研修制度あり

未経験者は研修制度がある求人案件、新人を教育してキッチリ育ててくれるような余力のある企業がよいでしょう。できれば大手企業を選ぶと安心です。

携帯キャリア

携帯キャリアならネットワークの幅広い知識を習得できますので、NTT、KDDI、ソフトバンクなどの系列企業もよいでしょう。技術職の採用も活発です。

キャリアパスのある企業

未経験ならネットワーク運用からスタートするのが一般的です。
ただし、保守管理だけに終始するのではなく、インフラエンジニアへのスキルアップ制度やキャリアパスのある企業を選ぶのがおすすめです。

インフラエンジニアへの未経験転職、求人選びに失敗しないために

インフラエンジニアに未経験でも転職でき、かつ入社後スキルを身につけられる転職先を選ぶことが重要です。
求人選びに失敗しないためには、優良な求人案件を探すには、転職エージェントを有効に活用しましょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

ITエンジニア職、IT業界に強みのある総合型転職エージェントです。
関東中心ですが、魅力のある非公開求人案件を多数保有しています。
IT業界との太いパイプで企業の内情や社風、実際の現場の情報にも詳しいのが特徴です。
親身で丁寧な転職サポートに定評があり、未経験からのIT転職にも有効です。

type転職エージェント公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本国内トップで最大手の総合型転職エージェントで、取り扱っている求人数も、転職実績もNo,1 です。とにかく大企業からベンチャー系まで圧倒的なクライアント数で、保有する求人案件数も桁違いです。
未経験者可のインフラエンジニア求人も含め、幅広い求人案件があり、マッチする求人を紹介して貰えます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

インフラエンジニア職とは、膨大なデータ処理のための通信環境設備を構築し、維持管理をする技術者のことです。
携帯キャリアやIoT、ビッグデータの活用など、インフラエンジニア業界はIT進化とともに将来性の高い技術職です。
最新技術で発展し続けるインフラ技術者は常にスキルアップが求められる熱い職種です。

需要の高い業界なので求人は多く、未経験者からの転職も可能ですが、スキル取得には求人選びが重要です。
未経験者を育てる余力のある企業キチンと研修の受けられる優良企業(できれば大手企業)、キャリアパスのある企業などを選ぶとよいでしょう。携帯キャリアもおすすめです。

ブラック求人を避けて優良求人を見つけるには転職エージェントを利用することがおすすめです。