証券会社の個人営業と聞くと、活気があり華やかな業界でバリバリ働いているイメージですが、毎月のノルマは厳しく、体育会系のノリに慣れず、顧客への強引な営業のやり方に悩んでいる人も多い職種です。
心身ともに疲弊して、証券会社からの転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、証券会社を辞めたい理由証券会社からの転職でおすすめの転職先についてまとめています。

証券会社からの転職を考えている人は、参考にしてください。

証券会社を辞めたい理由は?

ノルマが厳しい

証券会社は手数料収入を上げてなんぼの世界なので、当然ノルマが厳しいです。
過程よりも成果主義で、毎月の売り上げノルマのプレッシャーからストレスを感じる人も多いです。

顧客を損させる罪悪感

証券会社は、金融商品の手数料で売り上げを上げるビジネスモデルとなっているため、顧客に買い続けてもらわなければなりません。
そうなると、顧客にとっては条件が悪い商品でも売り込まなければならず、顧客に損をさせると分かっていながらも、あの手この手で顧客へ購入を促す必要が出てきます。

そのような罪悪感から、証券会社を辞めたいと考える人は少なくありません。

パワハラが日常茶飯事

証券会社は上下関係が厳しい体育会の社風であることが多く、上司からのパワハラは当たり前のように存在します。
ノルマを達成できないと上司からの叱責を受けることになり、激しく詰められます。また、上司との飲みに付き合わされるケースもあります。

人間扱いをされないような場面も多々あり、このような社風に我慢できずに短期離職する人もいます。

新規開拓の飛び込み営業がつらい

ノルマを達成させるために、どんどん新規営業に駆り出されます。中にはアポを取らずに飛び込み営業を余儀なくされることもあり、毎日20件以上回ることもしばしば。

さらに、営業先には相手にしてもらえず肉体的にも精神的にも疲れ切り、何のために仕事をしているのか疑問を感じてしまう人もいます。

出社時間が早くて朝がつらい

証券会社の朝はとても早いです。7時半までには出社し、朝のミーティング前に社内外の掃除を済ませなければなりません。前日に上司との飲みに付き合わされていようが、関係はありません。中には、一睡もせずに会社に向かいという日も。

そのため、朝が弱い人にはつらいと感じます。

転勤が多い

証券会社は地方に支店が多く、転勤が多い業界です。
転勤を断れるような雰囲気もなく、家族を犠牲にして転勤を繰り返している人は、家族の元に居たいと転職を考えるようになります。

証券会社から転職、おすすめの転職先は?

リテール営業から法人営業に転職

同じ証券業界で働きたいけれど、リテール営業は嫌という人は法人営業メインの企業を狙うのも一つの方法です。法人営業が決して楽なわけではありませんが、スケールが大きく人気があります。

法人営業の客先は、主に金融法人と事業法人の2つに分けられます。金融法人は、銀行など資金運用を生業とする相手で、より専門性の高い取引を行います。日々売買をする超短期から長期までニーズに合わせた多様な商品を提案し、ロットの大きい仕事はやりがいも責任も重大です。事業法人は、いわゆる事業会社を相手とします。法人での資金運用の提案の他、オーナーの個人資金の運用を提案することもあります。

個人営業で身に付けたスキルが評価される

法人営業には高い専門性と確実な提案力・交渉力が求められます。法人の資金を扱うので、聞かれたことに「わかりません」では務まりません。当然ですが、常に新しい情報を取り入れ、学ぶ姿勢が求められます。相手もプロなので、中途半端な知識では相手にされません。

そして、法人営業は日頃からの人脈がモノを言います。個人営業でも、証券会社と付き合いがある人は資産家が多く、そのような人の人脈はとても役立ちます。個人営業からの転職を考えているなら、コミュニケーション能力や人脈は日頃から磨いておく事が必要です。

保険会社や銀行など他の金融業

証券会社での営業経験を活かせる職種はたくさんあります。証券営業をしている場合、証券外務員Ⅰ種・Ⅱ種の資格はもちろん、FPの資格をすでに取得している人も多いので、保険会社や銀行などの金融系をはじめ、FAS(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)業界も近年注目されています。

特に証券リテール出身者が採用されているケースが多いのは、銀行のリテール業務、プライベートバンカー、外資系保険会社のホールセラーです。証券会社業務で協業することの多い業界では、証券リテール営業の人材が採用されている傾向が強いです。

コンサルティングファーム

今までの営業スキルを活かしたい人には、コンサルティングファームもおすすめです。顧客の要望をヒアリングし、それに答えていくのは証券会社で得たコミュニケーションスキルや情報収集スキルを最大限に活かすことができます。
銀行・証券業界に向けたコンサルティングを行うユニットにおいて、業界知識を買われ採用されたり、経営コンサルタントとして採用されることも多いです。

人とじっくり話をしながら営業をしていくのが好きな人には、特におすすめです。

無形商材の営業職

異業種への挑戦や、長期的なキャリアアップを検討している人には、無形商材の営業職がおすすめです。特に人材業界と広告・メディア業界がおすすめで、顧客が損をしない営業や、成果が数字で見える働き方ができます。

法人営業の場合は、専門性を身につけやすく物売り的な要素が少ないながらも、やりがいを感じられる仕事です。

まずは求人を転職サイトでストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している、国内No.1の転職サイトです。新着・更新求人が毎週1,000件以上届き、その中の約8割はリクナビNEXTでしか見ることができない独占求人です。
さらに、レジュメ登録者にはサイト未掲載の特別求人を閲覧することも可能です。
サービスも充実していて、スカウトメールの他にも、提携エージェントから特別求人が届くシステムもあります。

リクナビNEXT公式サイト

本気で転職するなら転職エージェントを活用しよう

求人を転職サイトでストックしつつも、本気で転職したいと思ったら、転職エージェントも活用するのがおすすめです。転職エージェントに登録することで、専任のキャリアコンサルタントが担当につき、転職サイトには出てこない非公開求人を紹介してもらえます。さらにキャリアコンサルタントには応募前に履歴書や職務経歴書をチェックしてもらったり、面接で企業がどんな質問をしてくるか事前に情報を得られるので、選考通過率が格段に上がります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、扱う求人数、知名度ともに国内トップクラスの転職エージェントです。転職成功実績もNo.1で、利用者の口コミでも総合的に見てトップレベルの評価を得ています。圧倒的な求人数で、未経験から高いスキルを持つ同業他社の転職まで幅広い求職者に対応してくれるので、証券営業からの転職にもしっかり対応してくれます。リクルートブランドの強さで企業からの信頼も厚く、まずは登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェント公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30代から40代のキャリア志向のビジネスマン向けの転職エージェントです。外資系企業や日系企業のグローバルポジションに強みを持っています。
登録者と求人企業を一人のコンサルタントが両方担当しているので、双方の情報をスムーズに伝えられ、マッチングの精度が高いです。そのため、企業を熟知しているコンサルタントから親切丁寧な対応で細かいサポートを受けることができます。

JACリクルートメント公式サイト

まとめ

証券会社の営業はノルマが厳しく、時には顧客よりも会社の利益を優先せざるを得ない状況があるなど、良心の呵責に苛まれることも少なくありません。
また、パワハラや飛び込み営業、早朝出勤に転勤が多いなどの理由により、転職を考える人もいます。

証券会社からの転職では、
証券業界の法人営業保険会社や銀行などの他金融業コンサルティングファーム無形商材の営業職が、転職先としておすすめです。