証券アナリストは、株式投資について企業分析やマーケット動向を分析するのが仕事で、それによって、多くの投資家の投資判断に影響を及ぼす仕事です。テレビや新聞などでコメントが掲載されるなど、メディアの露出も多いので華やかでカッコいい仕事、というイメージを持っている人も多く、証券アナリストへの転職を志している人も少なくありません。

それでは、今は違う仕事をしているけれど、未経験から証券アナリストに転職することは可能なのでしょうか?証券アナリストの仕事内容や、失敗しない求人の選び方など、未経験から証券アナリストに転職を目指す人に役立つ情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

証券アナリストの仕事内容・年収・将来性は?

証券アナリストは多くの場合、証券会社や信託銀行に属している

フリーの証券アナリストも中にはいますが、ほとんどの場合、証券会社や信託銀行などの金融機関に属し、証券アナリストとして勤めています。マーケットのプロとして、株式や債券、先物など様々な市場の動向を多角的に把握し、分析するのが仕事です。
さらに、分析した情報により、投資やM&A、資産管理などを決定していく重責も担う専門職で、マーケットの動向により結果もはっきり出るため、良くも悪くも真っ向から評価されるシビアな世界です。

経験がものを言う職業、年齢に応じた年収が期待できる

証券アナリストの年収は、平均では約600万円~700万円という調査結果があるように、他の職業と比較しても年収レンジは高めです。経験がものを言う職業でもあるので、年齢を重ねるごとに年収もアップする傾向があります。50代後半なら年収約1300万円を超えるとも言われています。外資系なら、もっと高い年収も見込めますが、成果主義が徹底しているため、リスクも高くなります。

将来性は証券アナリスト自身の実力次第

証券会社などの金融機関に属している証券アナリストは、仕事の安定性は高いです。ただし、日々世界のマーケットを相手に様々な情報を分析して、ミスのない投資判断をしていくには心身ともに負担も大きく、他の職業に比べてリタイア年齢が若い傾向があります。
将来性の有無については、顧客との信頼関係が強固であることが大前提です。ますますグローバル化が進み、複雑になっていく世界のマーケットや金融商品の変遷についていくためには日々の勉強が欠かせません。常に自分を高められる人物でなければ、明るい将来は見えてこないといえます。実力が認められれば、ファンドマネージャーとして更に活躍の場が広がります。

未経験から証券アナリストに転職する方法

証券アナリストに必須の資格はないが、有価証券を扱う仕事には外務員資格が必須

証券アナリストとして働くことに必須の資格はありません。ただし、新卒からいきなり証券アナリストになれるわけではなく、金融業界で様々な経験を積み、センスや実績を買われて証券アナリストに抜擢されるケースがほとんどです。「証券アナリスト」という資格試験もありますが、これは民間団体が主催していて公的なものではありません。入り口として、証券会社の営業などとして働くには、証券外務員Ⅰ種・Ⅱ種の資格が必須です。
学歴があり、金融工学の知識に長けていて、財務分析等のスキルがあれば未経験でも転職できる可能性はあります。

未経験から転職したいなら30代前半までが勝負

証券アナリストになるには、まず証券会社などの金融機関に就職することが先決です。そこで経験を積み、社内異動により証券アナリストになる事が多いので、まずは他の職種であっても金融業界で働くことをおすすめします。アナリストには経験が必要なので、未経験から転職するなら遅くても30代前半までです。それ以上の年齢で未経験から転職するのは非常に厳しいので、若い年齢から計画的に資格取得などに取り組んでおくことが必要です。

未経験から証券アナリストに転職するには求人を見逃さないことが大切

未経験から証券アナリストに転職するのは非常に狭き門ですが、マーケットが活況なときにはアナリストの需要も高まるため、ポテンシャル採用が実施されることもあります。
タイミングや運も必要ですが、働きながらの転職活動ではそのタイミングを逃してしまいかねません。自力で探すには限界がある良質な求人は、転職エージェントの助けを借りて探すのが効率的です。求人の紹介だけでなく、専任のコンサルタントがあらゆる面から転職活動をサポートしてくれます。
求人を見逃さないためにも、転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

未経験から証券アナリストに転職、失敗しない転職先の選び方

求人票の見栄えが良すぎる求人は選んではいけない

未経験からアナリストに転職するには、ポテンシャル採用やアシスタント求人などを見つけることが一番現実的ですが、自力で証券アナリストの求人を見つけるのはなかなか難しいです。見つけたとしても、「未経験可」という求人は基本的にほとんどない職種なので、あまりに条件が良く、簡単にアナリストになれる、と言った内容の求人は要注意です。

求める資格やスキルなどが明確にされている求人を選ぶべき

証券アナリストの良質な求人は、非公開になっている事が多いので、それらを紹介してもらえる転職エージェントなどに登録しておくと効率的です。未経験可、と言ってもアナリストの求人では、最低限求められるスキルや資格などは一般的な職種に比べると比べ物にならないほど高いはずです。それらの条件をはっきりと明確にしてくれている求人を選ぶことが大切です。

未経験OKかつ条件の良い証券アナリスト求人を見つける方法

ハローワークや求人サイトでは、未経験可の優良求人を見つけることは難しいです。
転職エージェントに登録することで、好条件の非公開求人を紹介してもらえるというメリットもあります。求人数も少なく可能性が限られる未経験からの転職も効率的に進めるためにはぜひ活用したいツールです。

キャリアコンサルタントは転職のプロなので、求人を出している企業の内部情報もよく把握しています。転職後のミスマッチを防ぐことにつながるというメリットもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の転職エージェント、リクルートエージェントは、圧倒的な求人数と転職成功実績を誇ります。リクルートグループが運営していて企業からの信頼も厚いため、多くの良質な求人が集まってきます。

金融業界で言えば、銀行や証券会社ならコンサルタントやトレーダー、投資銀行業務といったような専門性の高い職種は非公開求人となっていて、キャリア・アドバイザーから直接紹介される可能性があります。

良質な求人は非公開求人として優秀な人材に紹介されるので、登録しておいて損はありません。キャリアコンサルタントは各業界に精通していて、個別の面接対策や応募書類作成にも力を貸してくれます。拠点も多いので、全国での転職活動に対応してくれるのも心強いポイントです。土日の相談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

マイナビエージェント×金融職

マイナビエージェント×金融職

大手マイナビの求人は約80%が非公開求人、「独占求人」も豊富に揃ってます。マイナビエージェントの金融職専門エージェントは、業界に精通した、メガバンク・地銀・証券・生保出身者の金融スペシャリストのキャリア・アドバイザーが多数在籍していて、介在価値を十分に発揮しミスマッチのない多様な選択肢や専門知識や金融実績がある方にはあらゆる可能性のある提案します。

異業種転職の成功事例も多く、未経験でも金融職へキャリアチェンジ可能な求人案件も多数あります。マイナビネットワークで金融業界から他業界への転職も、業界・職種別に専任制のチームが担当します。

専任のキャリアアドバイザーが将来を見据えたキャリアカウンセリングと、求人票では分からない働く環境や雰囲気、採用のポイントも最適な転職情報を提供して全面的にサポート、転職希望者を成功に導きます。
※現在20〜39歳まで関東・関西在住の方限定です。

マイナビエージェント×金融職へ無料登録

エグゼクティブ専門 リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

年収600万円以上のハイクラス・エグゼクティブ専門の転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中からヘッドハンターが求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。もちろん、自分で求人検索することもできます。

外資系転職の実績もあるので、金融業界とのパイプも太く、非公開の求人情報も充実しています。

他の転職サイトのように、期待度が低いスカウトメールが来ることが少ないので使いやすいです。提携しているヘッドハンターも、経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターが揃っているので、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。
※年収800万円以上の求人情報を42,000件以上保有しています。(2022年5月時点)

リクルートダイレクトスカウトへ無料登録

まとめ

証券アナリストは、世界のマーケットのあらゆる情報や経済動向などマクロ・ミクロ双方から経済を把握・分析し、投資行動を判断する重責を担う職業です。

経験が重要な仕事なので、未経験から簡単に就ける職業ではありません。しかし、ほんの少数ではありますが、ポテンシャル採用やアシスタントからの採用の可能性もあります。いずれにせよ、未経験から転職を目指すなら20代のうちに経験を積んで30代前半までには行動に移す必要があります。

転職エージェントなど、サポートがしっかりしたツールを活用して、証券アナリストへの転職を実現させてください。