未経験からの転職は、どんな人でも不安がいっぱいです。営業職は未経験からのチャレンジが比較的しやすい職種ですが、たとえばメーカーの営業職に未経験から転職したいと思った時、どんな志望動機を書けばよいのかわからないことだらけ、という人も多いのです。

そのような人に、未経験からメーカーの営業職に転職する方法を解説します。未経験からのチャレンジには、プロのアドバイスが有効です。経験豊富なコンサルタントがサポートしてくれる転職エージェントを活用するのもおすすめです。

未経験でメーカーの営業職に転職する方法とは?

メーカー営業とはどんな仕事?

「メーカー」とは、モノを作るビジネスをしている会社です。その製品を売るのは、基本的に商社の仕事になります。メーカーというモノを作る会社の営業がどんな仕事をしているかというと、納期調整や値下げ、新たな開発など、顧客が商社へ頼み事をしてきたときの協議、対応などが主な仕事です。また、商社にはできないクレーム対応や商品説明会や新技術の紹介などには顧客との直接のやり取りも含まれます。メーカーの場合、自社商品を開発・販売するマーケティングも営業の仕事になっている会社が多いのが現実です。

未経験からメーカー営業に転職するには

メーカー営業で未経験からでも求人が多いのは、ハウスメーカーやリフォームなどの不動産業界、ディーラーなどの自動車業界が代表的です。これらは比較的離職率が高い業界で、慢性的な人手不足でもあります。職種としても、営業職は求人数が多いため、うまくアピールすれば未経験の業界や職種からでも十分採用される可能性があります。

メーカー営業職の種類にはどのようなものがある?


メーカー営業職と一言で言っても、相手と扱うものによってスタイルが異なります。メーカーなので、基本的に有形商材(=モノ)を扱います。一方で、無形商材(=サービス)には、たとえば保険や有価証券などが挙げられます。
新規開拓か既存の顧客に対する営業かの2つに分かれます。そして、客先が個人か法人か、に分かれます。それぞれのスタイルによって、向いている人や求められるスキルも異なります。

未経験からスタートするのにおすすめの営業職種・おすすめできない営業職種とは?

未経験からおすすめ営業職種はルート営業

未経験から営業職に転職するなら、ルート営業がおすすめです。ルート営業とは、すでに取引のある顧客を担当し、既存の商売をより強固なものにするのはもちろん、新たなニーズを発掘することも求められます。単なる御用聞きでは務まりません。しかし、全くゼロから関係を作ったり、いわゆる飛び込み営業をしたり、ということはないため、比較的ストレスが少なく取り組みやすい営業職といえます。

おすすめできない営業職種はリテール営業

営業職の多くはリテール営業です。これは、離職率の高さの裏返しでもあります。新規開拓のための飛び込み営業やひたすら名刺を配ったりもらったり、名簿を片手にひたすら電話営業など、馬車馬的な仕事で、心身ともに疲弊していく営業マンが多くいます。
「転職しても営業だけは絶対に嫌だ」という人も少なくありません。

メーカー営業職人気企業ランキング


「転職するならどの企業が良い?」というアンケートを5,000人のビジネスパーソンに実施しました。その結果、メーカー営業職の人気企業ランキングはこのようになっています。

1位 トヨタ自動車
2位 Google
3位 武田薬品工業

1位のトヨタ自動車は言うまでもなく、世界トップクラスの大企業です。トヨタ自動車とGoogleは、営業職以外の職種でも1位・2位にランクインしていて、知名度はもちろんですが、非常に人気が高いことが窺えます。第3位の武田薬品工業は、国内の製薬業界でトップの売上を誇る大企業で、人材のグローバル化を推進しています。大手製薬業界は年収レンジが高いことでも知られていて、業界トップの武田薬品工業も外資系に引けを取らない水準となっていることも人気の理由です。

メーカーの営業職に転職するための、職務経歴書の志望動機・自己PRとは?

営業は求人も応募も多い職種、応募書類はスッキリまとめると良い

営業職は求人数が多い職種です。未経験から応募できる企業も多く、応募者数も多い職種です。特に、大手メーカーにもなると応募者数が多く、採用担当者は一つ一つの応募書類にじっくりと向き合うこともままならないケースもあります。そのため、応募書類に書く志望動機や自己PRなどは簡潔にまとめるのがおすすめです。短い文章で自分の伝えたいことをビシっと書ければ、採用担当者の目に止まりやすくなります。

営業職に興味がある理由をハッキリさせるのがポイント

営業職に求められる能力はたくさんありますが、特にコミュニケーション能力や交渉力、忍耐力などが挙げられます。
応募書類に必須の志望動機には、営業職に興味がある理由をはっきりと伝えることが大切です。前職と営業職に共通項があれば、そこを経験として、新たな職種にチャレンジしたいとアピールするのも効果的です。

その企業でなければいけない理由をアピール

大切なのは、数ある同業他社の中で「なぜその企業でなければならないのか」ということです。「大企業だから」「待遇が良かったから」など漠然とした理由では、面接官に、他の会社でもよかったのでは?と言われかねません。パンフレットやホームページなどに隅々まで目を通して企業研究をきちんとし、自分の経験と合わせて具体的な理由を述べることが理想です。

メーカーの営業に必要なスキル、適性とは?

法人向け営業の場合

メーカーの営業は、有形商材を扱います。法人向けの場合、既存の顧客を担当するルート営業が主になります。ルート営業は新規開拓に比べると楽なイメージがありますが、決して簡単ではありません。扱う自社製品の知識はもちろん、業界全体の知識や顧客の潜在ニーズを探る課題発見力やセンスも必要です。また、顧客から難しい注文を受けたり、社内のトラブルがあったり、様々なイレギュラーが起こるのも現実です。そのような不測の事態に対応できるよう、日頃から社内・社外との円滑なコミュニケーションを図ることも大切です。

個人向け営業の場合

メーカー営業で個人向けというのはある程度業種が限られますが、ハウスメーカーや宝飾品、リフォーム、自動車などがあげられます。メーカーなので扱う商品はどれも有形商材ですが、加えて高額な商品を扱う業界が多く、一生のうち何度も買い直すことがない商品が多いため、顧客も当然慎重になります。個人の場合、ニーズが漠然としている事が多く、それに対して的確な提案をする必要があるので、高いヒアリング力が求められます。

営業職に必要な条件とは?

どの営業パターンでも必要となるのが、対人のコミュニケーション能力です。そして、人は第一印象が最も重要と言われますが、見た目の印象の良さ、人当たりの良さも大切です。また、顧客と直に接するため細やかな気配りや先回りしたニーズの把握など、1を言えば10わかる、という人が求められます。中途採用には、特にその傾向が顕著に現れます。

応募先企業の社風や求める人物像を知っていれば、面接にも対応できます。しかし、そのようなことは企業の内情を知らないとわかりません。転職エージェントのキャリアコンサルタントなら、企業の内情を把握し、採用の傾向を掴んでいるので、効率的な準備ができます。

ブラック企業を避けて、メーカー営業の求人を探す方法とは?

営業職の求人はブラックが多い現実

営業職は離職率も高く、求人件数がとても多いので、残念ながら中にはブラック企業も存在します。数多くある求人から、ブラック企業か優良企業かを見分けることが大切です。

ハローワークや転職サイトは、たくさんの情報を得ることができますが、情報の取捨選択は本人が行う必要があり、企業の内部情報を自分で調べるしか方法がないのが現状です。
最近増えている口コミサイトも有益な部分はありますが、信憑性に欠ける部分があることは否めません。一番良いのは、目的の企業に勤めている人に自分自身で直接話を聞くことですが、それもなかなか難しいものです。

営業職の求人からブラック企業を見分けるには

転職エージェントでは、経験豊富なキャリアコンサルタントが、求人選びから応募書類の添削、面接指導まであらゆる角度から転職活動のサポートをしてくれます。キャリアコンサルタントは、企業や採用担当者とのリレーションも深く、企業の内情にも精通しているため、より現実に即した話を聞くことができます。
ブラック企業を避け、求人選びに失敗しないためには、転職エージェントに登録するのが有効な手段と言えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界トップの実績と知名度、求人数を誇る転職エージェントです。未経験から応募できる営業職の求人もたくさんあり、幅広い業種・職種を扱っていることでも利用しやすいと評判です。企業からの信頼も厚く、大企業や上場企業の求人も豊富に揃っていて、独占求人も充実しています。また、非公開求人が約75%もあり、業界に精通したキャリアコンサルタントが自分の転職目的や要望に見合う求人を紹介してくれます。情報収集や転職市場動向を把握するためにも、登録しておいて損はありません。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

メーカーの営業職は、営業だけでなく、マーケティングやプロモーション、開発などさまざまな側面を持っていて非常に興味深く面白い仕事です。保険などの無形商材を売っていた営業マンからすると、有形商材を売る仕事にリアリティを感じることもあります。

転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントのサポートを活用することが、メーカーの営業職へ転職を成功させる近道です。未経験からの転職も、あこがれのメーカー営業への転職も、ぜひ相談してみてください。