未経験でもいける? IT営業に転職して、年収UPを狙う方法

IT営業とは、IT商品や技術者を顧客に提供する仕事です。企業の抱えている悩みを、商品やサービスを提供することで解決していく仕事ですが、扱う商材はバラエティに富んでいます。営業マンに求められる資質もさまざまで、外資系IT企業では英語力を活かして活躍することができます。営業職の中で、IT業界はこれからも成長が見込まれる分野であり、他業種から転職する人が増えています。

ここではIT営業に興味を持っている転職希望者のために、IT営業職の仕事内容や求められる資質、未経験からIT企業の営業職に就職するコツ、就職活動を成功させる自己PRと志望動機の書き方について紹介します。

IT営業職の種類とは?


ひと口にIT営業職といっても、さまざまな働き方があります。IT営業への転職を希望している人は、それぞれの営業の特徴をつかんで、自分の希望する働き方にあった仕事を探しましょう。

SES(システムエンジニアリングサービス)営業

IT企業は、顧客となる企業に、システムやソフトウェアを開発したり運用するノウハウをもった技術者を派遣したりすることがあります。SES営業とは、エンジニアの能力を商品として、企業に売り込み、派遣する仕事を担います。派遣された技術者は、顧客となる企業で、決められた期間常駐し仕事をおこなうので、営業マンは求められたスケジュールで働ける、かつ希望のあった業務をこなすスキルのあるエンジニアを見つける必要があります。

SI(システムインテグレーション)営業

SI営業は、企画・提案営業とも呼ばれます。クライアントとなる企業が抱えている課題を解決するシステムやソフトウェアを売り込む仕事です。営業マンには、問題解決のためのヒアリング能力やプレゼンテーション能力が求められます。契約が取れた後はクライアントと社内のエンジニアの間に立って、顧客の希望を社内のエンジニアに伝えていくコミュニケーション能力も必要です。IT営業の中でも高い能力が求められる職種です。

既存のシステムやソフトでは顧客のニーズにこたえることができない場合は、一から開発することも多く、ITに関する知識が問われる場面が多いので、IT営業の中では、エンジニア出身の営業が多い職種です。

パッケージ・サービス販売営業

パッケージ・サービス販売営業は、企業や個人にパッケージ・サービスを告知したり販売したりする仕事です。また商品を取り扱ってくれる代理店を探す業務も多く発生します。IT技術について深い知識が求められる場面はあまり発生しないので、IT業界未経験者でも無理なく始められるIT営業といえます。ただ販売のためにソフトウェアなど商品の使い方を覚えることは必要になります。物販の営業と変わらない営業スタイルですが、飛び込み営業が多く、ノルマが課せられることが多いスタイルの営業です。

IT企業の営業職に未経験から転職する方法とは?

パッケージ・サービス営業は営業力をアピール

IT企業未経験から、IT営業を目指す場合、割合採用されやすいのは、パッケージ・サービス販売の営業です。IT企業以外の営業出身者が大勢活躍しています。パッケージ・サービス販売の営業にいったん就職してから、より深い知識が問われる分野の営業やコンサルタントに「経験者」として再転職する人もいます。パッケージ・サービス販売営業として採用されるには、プロダクト営業の経験がある人は、モノ売りの経歴をアピールしましょう。

SI営業は提案力をアピール

また、SI営業は、企業が抱えている問題や課題を解決することが目標とする提案型の営業です。抱えている問題のヒアリングは営業が行いますが、具体的な開発の打ち合わせには社内のSEが同行することが多く、ITに関する基礎知識があれば、専門的な知識がなくても、営業として活躍できる可能性があります。
これまでの仕事で身につけたヒアリング力や提案力をメインでアピールしましょう。

未経験でもいきやすい営業職種とは?

営業力のある人材を欲しがるIT企業

華やかでやりがいのあるイメージの強いIT営業ですが、製品営業と違って、セールスの方法に工夫が必要で、企業に対する同業他社のアプローチも非常に多い業界です。
難しい営業だからこそ、技術系に強い人材ではなく他分野で培った高い営業スキルをもった人材を欲しがるIT企業も増えてきました。モノ、技術やシステムなど取扱商品の幅が広いIT分野では未経験でも挑戦できる営業職があります。

未経験でも活躍できる職種は「法人営業」

数あるIT営業の中で、未経験から挑戦しやすいおすすめの営業職種は法人営業です。法人営業では、個人客ではなく製品やサービスを求める法人の客を探して訪問し、商品の内容や特徴、導入メリットなどを説明して契約に結びつける役割を担います。未経験でIT営業をはじめる場合は、既に取引がある既存顧客を相手にするルートセールスの仕事から始め、仕事の中でIT技術に関する知識を身につけてから、難易度の高い新規開拓セールスに移行していく企業が多いので、無理なく仕事を覚えることができます。

未経験から外資系IT企業の営業職に転職することは可能?


IT営業に興味を持って、転職サイトで求人を検索しているうちに、外資系の営業職の給与水準の高さに魅力を感じ、チャレンジを希望する人も多いのではないでしょうか。

外資系のIT企業の高い給料は、採用者に対してITに関する知識を持ち、即戦力として活躍して成績をあげることを期待して支払われるものです。全くのIT未経験採用にとってはハードルが高い転職であることを理解しておきましょう。それでもチャレンジを希望する場合は、少しでも前職と共通点のある分野の企業を狙うことをおすすめします。

IT企業の営業職に転職するための必要スキルとは?


未経験からIT企業の営業職に転職するために必要なスキルとは何でしょうか。IT企業は未経験採用者に営業マンに欠かせない高いレベルのヒューマンスキルを期待しています。営業で求められるヒューマンスキルとは、具体的には以下の4つのスキルです。

1.競合する企業より強く自社のサービスを売り込む「プレゼンテーション能力」
2.クライアントの経営課題をすくい取る「ヒアリング力」
3.進歩する技術について学び、自社のIT商品やサービスを理解する「学習姿勢」
4.予期せぬトラブルに向き合い、社内のSEと協力して解決する「問題解決能力」

採用の過程で、自分の持っているヒューマンスキルを面接官にアピールできるよう、準備をしておきましょう。

IT企業の営業職に転職するために、有効な職務経歴書の志望動機・自己PRは?


未経験で応募してくる志望者に対して、IT企業の採用担当は本当に営業スキルがあるかどうか、今までどんな営業をしてきたのか、コミュニケーション能力があるかどうか知りたいと思っています。応募書類の志望動機・自己PRは、採用担当者が知りたいことを、具体例をあげて企業に貢献できる人材であることをアピールします。

1.今までどんな営業をしてきたのか

今までしてきた仕事が、どんな業界で、どんな商品を扱ってきたのか、直接営業か間接営業か、新規開拓セールスかルートセールスかどうかを職務経歴書に記入します。

2.本当に営業スキルがあるかどうか

販売成績を他業種の面接官に伝わるように予算対比や社内での順位など表現を工夫して具体的に記入します。また営業成績をあげるために自分なりに工夫したこともあわせて記入します。

3.コミュニケーション能力があるかどうか

顧客だけでなく、社内の人間ともうまく連携をはかって環境に順応し仕事をできることをアピールします。管理職の経験や、部下育成などの経験があればそのことも盛り込みます。

受かる志望動機・自己PRにブラッシュアップするために

こうして組み立てた志望動機・自己PRをブラッシュアップするために転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントのリクルートエージェントに登録すると、担当のエージェントから応募書類の添削や面接対策が受けられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

IT営業職に転職したい人の中には、現職で営業の仕事をしながら、求人情報を集めたり、応募先の情報収集をしたりすることが時間の都合で難しく、転職活動をはじめられない人もいるのではないでしょうか。リクルートエージェントでは非公開求人を含む、条件にあったIT営業の求人を紹介してもらえ、効率よく転職活動を進めることができます。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング

まとめ

ここまで未経験の職種からIT営業に転職する方法について紹介してきました。IT営業に興味がありながら、「未経験だから」、「文系出身だから」と尻込みして転職活動を先送りにするのはもったいありません。バリエーション豊かなIT営業の求人から、自分の経歴とスキルを活かせる職場を転職エージェントの力をかりて見つけ、転職活動を成功させましょう。

関連記事営業職の求人数が多い転職サイト・転職エージェント比較ランキング