転職する理由として挙げられるのがキャリアアップです。自身のステータスを高めたいがゆえに新しいステージへと挑戦する姿勢が、面接官に高評価を与えることになります。

しかし、転職理由の志望動機が現職での不満という人もいるはずです。実際に今の会社では満足できないから転職するのであって、不満があるのは間違いではありません。この気持ちを正直に応募先の面接官に伝えてもいいものか迷ってしまいます。

面接で退職理由を聞かれた場合、正直に答えればいいのか、どのように答えれば評価されやすいのか、といった不安が大きくなります。ここでは、転職の面接で聞かれる退職理由について不安を解消できる考え方をご紹介していきます。

後の祭り・・・転職面接で退職理由を正直に言ってはダメな理由

転職をする際、入社動機と合わせて必ず面接で退職理由を聞かれますが、面接ではウソをつくのはいけません。かといって、あまりに正直に現職の不満を打ち明ける、自身の人間性について評価されにくくなります。このとき、履歴書や職務経歴書に記載した内容と整合性がとられていない退職理由を述べるのも避けましょう。

現職がたとえブラック企業でも、面接官は実態が分からない

ブラック企業に勤めていた場合、サービス残業や休日出勤、厳しいノルマ、パワハラといった大きな不満を伝えてしまうと、面接官のイメージは悪くなってしまいます。基本的に自分が経験しておらず、現職の実態を知らない面接官には、「辞めたいのはただの自己都合ではないか」という疑心を抱かれてしまいます。

よほど悪名高いブラック企業であれば、会社都合でも面接官も納得するでしょうが、実態が分からないので、「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」といったマイナスイメージを持たれてしまいます。

転職面接で退職理由を聞かれるのはなぜ?

転職の面接では退職理由を聞かれますが、これには面接官の意図があります。「すぐに辞めないか」「退職に至るまでにどのような努力をしてきたか」という2点が存在しており、面接官にもよりますが、退職する理由は採用に大きく関わってきます。

すぐに辞めてしまなわいかを判断する

せっかく採用しても、面接官からは、「自社に嫌気がさしてすぐに辞めてしまう」、退職理由が給与面や休日、職場の人間関係であった場合、「自社にも相当する」と思われてしまいます。退職を決めたポイントが転職先にも関連するような場合は、評価はよくありません

また、ノルマが厳しいという理由であっても、多少のノルマはどんな会社でもあります。応募者の現職状況は面接官には実態が分からないので、自社で課せられた仕事にも耐えられない恐れがあると思われてしまいます。どの程度のストレスに耐えられるか、応募者の人間性をみています。

退職に至るまでにどのような努力をしてきたか

退職する理由がキャリアップではなく、現職の不満が大きかったとしても、自分なりに改善する努力をしているアピールをすれば高評価を得ることができます。

ネガティブな理由だとしても、伝え方を工夫する

現職に不満ある場合、どうしても退職理由を批判的に話してしまいます。拘束時間や給与面、人間関係に嫌気が差したとしても、それは面接官には一切関係ない話です。むしろ、「採用しても同じ理由をつけて退職しそうだ」と受け取られてしまいます。

また、不満要素を直接述べるのではなく、これだけやってもダメだったという伝え方を工夫することも大切です。たとえば、給与が低くて不満があっても、「資格の勉強をして、新しい仕事を率先して覚えても、年功序列が強くて実力に見合った評価をされていない」というふうに「給与」を「評価」という言葉に変えて、努力をした結果が報われなかったと伝えるほうが説得力もあり、好印象を与えます。

退職理由をアピールに変えて高評価を狙う

面接での退職理由はつい身構えてしまいがちで、緊張感も大きくなります。深刻な表情になったり、口ごもってしまうことがないように、暗くならず、声のトーンにも気をつけましょう

退職理由というのは、話しにくいものですので、逆にいえば、他の応募者となるライバルたちも同じ状況にあるといえます。ここでライバルを出し抜くアピールポイントとしてとらえ、自分に興味を持ってもらえるようにしていきます。それには、現職の不満を過去の反省として、今後どのようにして応募先企業で貢献していきたいかといった前向きな論点を展開していきましょう。

転職面接の退職理由、事実と建前をどう言い換える?回答例を紹介!

退職理由は面接官にとって、現状に問題がないかを探るためにも必要な質問です。そのまま正直に答えてしまうと、心象が悪くなり、採用に遠のいてしまう可能性があります。建前上は異なる表現を用いて、現状は前向きに問題ないことをアピールしていきましょう。以下に回答例を記していきます。

体調不良や病気

騒音や環境によって、仕事が原因で体調不良になったり、病気がちになって退職したい場合、事細かく述べる必要はありません

「前職では、職場工場内での騒音が激しく、耳鳴りを起して気分が悪くなることもあり、通院していました。現在はそれも治まり、いろんなことにチャレンジする意欲も湧いて、問題なく働けております。健康面で以前よりも気をつかうようになり、体調管理の重要性を実感しました。

結婚や出産

「仕事は順調に勧めていましたが、結婚とともに転居が必要となってしまいました。現在は新しい環境にも慣れ、心機一転、一から全力で取り組む所存です。」

「出産後、産休明けになっても保育所に入ることができず、退職を決意しました。現在は主人や親の協力も得られ、働ける環境になりました。協力してくれた家族のためにも、全力で仕事に打ち込みたいと思います。」

介護

「両親の介護が必要になって仕事に支障をきたすようになり、退職を決意しました。現在は介護の必要がありません。半年のブランクがあるものの、仕事ができない辛さも実感しましたので、積極的に仕事に取り組みたいと存じます。」

人間関係や会社側の都合、残業の多さ

退職理由として多いのが、人間関係と残業などの労働環境です。しかし、これを理由として述べると、実態が判断できない面接官には「入社してもトラブルを起しそう」「自己都合で解釈するタイプ」といった印象を持たれてしまいます。

人間関係ではチームで仕事をしたい旨を伝え、労働環境ではもっとチャレンジしたいことを訴えます。これらの退職理由はどのような会社でも多少なりとも存在しており、面接官も理解をしているので、そのまま伝えるのではなく、スキルアップにつなげていきたい気持ちを伝えます。

人間関係の場合、「前職では個人の能力主義が強く、結果を出すことで個人での目標の立て方や実践することでスキルアップを図れました。次のステージとしてチームプレーを実践したく、個人では成し得なかった目標を持ち、スキルアップに努めていきたいと存じます。」

労働環境の場合、「前職では毎週の休日出勤や月70時間にも及ぶ残業が多く、時間を作ることもできずに、新しく覚えたい仕事に時間をかけることもできませんでした。今後はやりたかったこの分野で、自己の成長につながるよう、スキルアップを図れるように努めてまいります。」

パワハラ

「会社方針が顧客重視から売り上げ重視に切り替わり、一つの顧客に対する姿勢が疎かになってしまいました。私は一番に顧客を大事にしたいと考えており、貴社の顧客を大切にする姿勢に魅力を感じました。

転職面接で退職理由を失敗しないためには練習あるのみ!

退職理由の回答例があっても、いざ面接に臨むとスラスラと言葉が出てきません。これは退職理由がネガティブであるのを自身が理解しているからです。なかなか緊張感のある場面で本音と建て前を上手く使いわけるのは難しいでしょう。

そこで、本番前に何度も面接の練習を積み重ね、退職理由をきちんと前向きに説明できるようにしないといけません。

転職エージェントでは面接対策を実施している

本命企業の面接前に練習するには、無料でアドバイスを受けられる転職エージェントを利用するのが効果的です。転職エージェントではプロのキャリアコンサルタントによる面接対策を受けることが可能です。

type転職エージェント

type転職エージェント

首都圏など関東を中心に展開しているtype転職エージェントでは、老舗の転職エージェントらしく長年のノウハウを凝縮しています。IT関連の専門性にも強みがあり、初心者にもおススメの総合型転職エージェントいえるでしょう。

また、type転職エージェントでは転職後の年収UPにも業績を残しており、現職の給与体系に不満を持っている人にも利用しておくべきといえます。関東や首都圏で転職を探しているならぜひとも登録しておきたい転職エージェントとなっています。

type転職エージェント公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

全国有数の大手転職エージェントといえば、人材業界最大手といえるリクルートグループが運営しているリクルートエージェントです。ここでは全国に拠点があり、非公開求人数が10万件という、豊富な求人案件数を擁しています。

リクルートエージェントは、転職を希望している利用者数も圧倒的に多く、そのため転職成功実績も豊富なのが特徴的です。リクルートグループはアルバイトの求人誌などでもテレビCMで放送されている通り、大手が運営しているという安心感が他社と大きく異なります。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

面接官が退職理由を聞くのは、すぐに辞めてしまわないかという不安があるからです。そのため、たとえ転職理由が現職の不満であっても、面接ではそのまま伝えるのではなく、ネガティブな退職理由をアピールに変えて高評価を狙いましょう。

また、面接で失敗しないためには、練習を重ねるしかなく、客観的な意見を参考にするためにも、面接対策を講じてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめといえます。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング