秋田県は小売りやレジャーがけん引する都道府県

近年では都市部からの移住者が増加していることで知られている秋田県。教育水準の高さに加え、住環境と自然環境が良いというのが移住希望者が多い理由です。移住の際には、収入源を確保してから移住するのが安心ですし、収入源を確保しやすい地域を選びたいものです。

秋田県には、上場企業4社を含め、大小規模さまざまな企業があります。業界別の売上高では、小売りや百貨店、そしてレジャー関連企業が最も多く、その中でも県内企業を牽引するのは、おすすめのホワイト企業としても人気のイオン東北です。

秋田県で働く人の平均年収は、379万円程度です。これは全国ランキングでは44位と低く、県内全体を通して全国よりもかなり低めと言えます。しかも、この年収にはボーナスが含まれており、ボーナスを除いた毎月の月給を見ると、平均26万円程度となります。県内で働く人の平均年齢は44歳なので、年齢と年収を見ると、他県よりも低めということがよく分かります。

全般的に年収が低めの秋田県ですが、砕石や鉱業、砂利採取などの分野においては、年収は高めの水準となっています。こうした砕石や採掘の分野でキャリアを積みたい人にとっては、全国平均よりも高い水準で働くことができるという点で、秋田県は転職におすすめの都道府県と言えるでしょう。

秋田県の転職は年収・離職率で選ぶべき?

秋田県の年収・離職率はどうでしょうか?県内にはたくさんの企業がありますが、その多くは地域密着型の企業です。年収という数字だけを見ると、全国展開している企業や、上場している大企業は平均年収が高い傾向にあります。県内にも上場している企業は複数あるので、もしも年収で転職先を選びたいという人は、規模が大きな企業を探すのが良いかもしれません。

年収の面では全国平均よりもかなり低めの秋田県ですが、住環境が良いことは大きな魅力であり、持ち家率は全国でもナンバー2を誇ります。また自然環境にも恵まれてるため、「スローライフを満喫したい」「生活の質を重視した生活をしてみたい」「自然を肌で感じられる生活がしたい」という人は、年収は若干低めでも秋田県への転職で得られる満足度は高いでしょう。

秋田県の離職率は、4.3%です。他の都道府県と比較しても決して高いわけではありません。老舗企業と呼ばれるような歴史のある企業がある一方で、近年ではベンチャー企業の活躍が目立ちます。県外から高いスキルを持つ若者たちが移住してくれることによって、次世代の産業が活発になり、転職先の選択肢も今後どんどん増えることが期待されています。

転職には有給取得率・福利厚生もチェックしたい

秋田県内で転職するなら、その企業の社員たちがどのぐらい有給を取得できているのかといった有給取得率・福利厚生についてもチェックするのが安心です。有給取得率を公表していない企業もありますが、その際にはどんな福利厚生が整備されているのかという点を、実際にそこで働いている社員の口コミなどを参考にすると良いでしょう。

秋田県の優良企業ランキング1位:イオン東北株式会社

全国にショッピングモールのイオンを展開しているイオン株式会社の中でも、東北エリアを管轄しているイオン東北株式会社は、秋田県を基盤としている上場企業です。年間の売上高は1046億円程度で、県内企業の中ではナンバーワンを誇ります。

イオン東北株式会社は、県内はもとより東北各県に、ショッピングモールのイオンを展開するほか、スーパーのマックスバリュも展開しています。残業時間は毎月10時間程度と少なく、仕事とプライベートを両立したい人にとっては、働きやすい職場環境と言えるでしょう。

ただし、イオンもマックスバリュも営業時間に合わせてシフト勤務となる可能性が高いですし、土日に営業している店舗ならお休みは平日になってしまうことも考えられます。もしも、どうしても土日にお休みが欲しいという人は、転職する前によく考えることをおすすめします。

イオン東北株式会社は、有給取得率は80%とかなり高めです。有給を積極的に消化しようという社風が確立されているため、お休みをとる際に罪悪感を感じることは少ないでしょうし、上司から嫌味を言われるストレスなども心配なさそうです。

この企業では、ステップアップや昇進する際には、登用試験を受けるというシステムとなっているのが特徴です。試験を受けて合格すれば、基本給がアップします。逆に言えば、試験に合格しなければ、基本給はいつまでもアップすることはありません。自分の頑張り次第で、努力を評価してもらえるという点が、この企業の魅力です。また、評価がお給料という形に反映される点もまた、実際に働く社員たちからは高評価です。

ただし、イオン東北で働く際には、異動や転勤が伴う可能性があることを理解しておきましょう。介護や育児などはっきりした理由があれば、一時的に転居拒否することは可能です。しかしハッキリとした理由がなければ、会社命令による異動を拒否することはできません。異動や転勤による転居が多い企業のため、その分、社宅や家賃補助などの福利厚生は手厚く充実しています。

秋田県の優良企業ランキング2位:株式会社秋田銀行

圏内の金融業界をリードする金融機関として知られている秋田銀行は、県内企業としては売上高ナンバー2を誇る大企業です。1941年に設立された地方銀行で、これまでには他行と吸収合併をしながら成長し、現在では県を代表する企業の一つとなっています。

秋田銀行は、残業時間は毎月15時間程度で、他の企業と比べて残業時間は少なめです。銀行なので顧客相手の営業時間は毎日決まっており、この残業時間は繁忙期や決算期に発生するものだと考えることができるでしょう。社員の平均年収は382万円程度で、県内の平均よりも若干高めです。

有給取得率も58%と高く、プライベートと仕事を両立しながら、満足できる年収を稼ぐことができる職場として、社員の満足度は高めです。産休や育休を取得している社員も多く、特に女性にとっては働きやすい職場だといえます。

秋田銀行はまた、年間のボーナス支給額が高めの企業としても人気があります。県内にはボーナスを支給する企業は他にもたくさんありますが、秋田銀行のボーナス支給額は4か月分程度を受け取ることができます。ボーナス重視で転職先を探したい人にとっても、秋田銀行は要チェックです。

秋田県の優良企業ランキング3位:株式会社UMNファーマ

株式会社UMNファーマは、県内に4企業ある上場企業の一つです。売上高は年間1億円で、主に医薬品や医療関連器具を取り扱っています。秋田県に限らず、地方にあるおすすめのホワイト企業というと、歴史のある老舗企業が大半ですが、UMNファーマは設立が2004年という若いベンチャー企業という特徴があります。

ベンチャー企業なので、まだまだ従業員は21人のみと少ないですが、今後はマーケットシェアの拡大に伴って大きく成長することが期待されています。UMNファーマは、世界最大規模のバイオ医薬品ブランドを持っているという強みがあります。その他にも、まだ承認されていない未承認薬が複数あり、今後の企業成長のカギを握る要素がたくさんあります。

ベンチャー企業の多くに共通する「社内の風通しのよさ」は、この企業にもあります。新人でもやりがいと責任のある仕事を任せてもらえたり、意見や考えが採用されるという点もまた、UMNファーマで働く魅力と言えるでしょう。平均的な残業時間や有給取得率、また平均勤続年数などは公開されていませんが、繁忙期には残業時間が多くなり、一段落したら有給を消化するというスタンスでいればよいでしょう。

企業としては歴史がまだ浅いため、老舗企業やほかの上場企業と比較すると、福利厚生の面では劣る部分があるかもしれません。転職先としてUMNファーマを検討するなら、そうした点を慎重に比較することをおすすめします。

秋田県でホワイト企業の求人を見つけるには

秋田県の求人に強い転職エージェントを利用する

秋田は企業数自体が少ないため、求人が限られます。特に優良企業は退職者が出にくいため、求人が出ることが稀です。

秋田でホワイト企業の求人を見つけるには、秋田の求人に強い転職エージェントを利用した方がよいです。公式サイトや転職サイトでよい求人が見つからなくても、転職エージェントなら非公開求人を持っている可能性があるからです。

履歴書や職務経歴書の書き方や求人企業に合わせた面接対策など、選考通過のためのサポートも受けられるので、転職が初めての人は特に利用すべきです。自分では言い出しにくい年収交渉も代行してもらえます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職エージェントで、求人数が最多です。営業力・交渉力が高いため、質の高い求人を豊富に保有しています。求人の業種・職種も幅広く、80%が非公開求人です。全国に拠点があるので、秋田県の求人にも強いです。

サポートの流れがスピーディーなので、転職を急いでいる人にも安心です。

リクルートエージェントへ無料登録