転職を考えている人にとっての悩みの一つは「転職エージェント経由で応募するのがよいのか?直接応募するのがよいのか?」ですよね。その答えを出すために、直接応募のメリットとデメリットを整理してみましょう。

転職エージェント経由と直接応募で選考フローは違うのか?

基本的には同じですが、転職エージェント経由の場合は、その時点で書類選考や一次面接を免除する企業もあります。転職エージェントから紹介される人材と言うことは、企業がエージェントに依頼している条件を満たしているからです。

直接応募のメリット・デメリット

では、直接応募のメリットとデメリットを見てみましょう。

直接応募のメリット

  • 第三者を仲介しない分、やり取りが早い
  • コストのかかる転職エージェント経由よりも、選考のハードルが低い場合がある
  • 転職エージェントのほとんどが、採用時に企業がエージェントに費用を支払うシステムになっているため、転職エージェントから紹介された人材と同時に、直接応募で同レベルの応募があった場合は、求人コスト0の直接応募の人が選ばれる場合がある

直接応募のデメリット

  • 採用は何らかの媒体経由で行う企業が多く、企業側もそのつもりでいるため、直接応募だと応募書類が担当者の手に渡らないことがある
  • 求人情報を集めるところから、面接などのスケジュールの調整、条件交渉など、全てを自分で行わなければならず、手間と時間がかかる
  • 企業の内部事情など、詳細な情報が手に入らない
  • 履歴書などの書類の不備をチェックしてくれる人がいない
  • 企業側の採用情報がわからないため、面接対策がしにくい
  • 気の弱い人などは、給与などの条件交渉が不充分になりがち
  • 採用・不採用の理由を教えてもらえることがほとんどないため、どこを気に入ってもらえたのか、何が悪くて不採用になったのかがわからないままになってしまう
  • 複数の企業に応募した場合、企業のスケジュールによっては第一志望の面接より先に、優先順位が低い企業に内定の返事をしなければならなくなることがある
  • 企業によっては求める人材によって採用方法を使い分けているところもあり、直接応募=質の低い人材と言う印象を持っている採用担当者もいる

転職エージェント経由のメリット・デメリット

転職エージェントのメリット

一般には公開していない、非公開求人を紹介してもらえる

ハローワークや求人情報、転職サイトなどで公開されていない求人を紹介してもらえる。例えば、取締役クラス・役職など重要ポストに関する求人情報、新事業の立ち上げメンバーの募集、応募が殺到しやすい人気企業の求人などがあります。業種・業界に特化したエージェントは、その特化した業界の非公開案件を多数保有しています。

キャリアカウンセリングを受けることができる

転職エージェントに登録する大きなメリットの一つです。自分の能力や知識・経験を正確に判断することは難しいものですが、キャリアカウンセリングを受けることによって、転職や企業事情に詳しい専門家から客観的な意見やアドバイスを聞くことができます。転職サイトなど他の方法で転職をする場合にも、キャリアカウンセリングが役立つこと間違いなしです。

転職支援のプロがサポートしてくれる

キャリアアドバイザーと呼ばれる転職支援のプロフェッショナルが専任担当者となり、キャリアカウンセリングの結果をもとに、その人に合う企業の紹介、履歴書や論文などの書類の添削、面接対策まで行ってくれます。

自分で求人を探さなくてよいため、勤務を続けながら転職活動を行う人にとっては時間的な負担が大幅に軽減されます。また、キャリアアドバイザーは企業の内部事情にも詳しく、採用担当者と直接話をする機会もあるため、その企業がどのような人材を求めているのかをよく知っています。

その情報を踏まえて面接のアドバイスをしますので、何の情報もなく対策ができない応募者よりも有利になります。

また、それぞれの企業の選考スピードなども知っているので、なるべく全ての企業の選考が終わってから応募者が納得して選べるよう、応募者の優先順位を考慮しながら面接の順番などスケジュールを調整しています。

条件交渉もキャリアアドバイザーが代行しますので、自分で直接は言いにくいことなども伝えてもらう事ができます。

転職エージェントのデメリット

  • 年齢に見合ったスキルがない、職を転々としているなどで登録を断られてしまう場合がある
  • 企業側の求人コストが高い分、他の方法よりも選考のハードルが高い
  • 転職できるかどうかの大部分がキャリアアドバイザーに賭かってくるため、担当のキャリアアドバイザーとの相性が悪いと転職そのものにも影響してくる

担当者との相性のリスクを回避するには、複数の転職エージェントに登録しておくのがおすすめです。また、転職サイトにも同じことが言えますが、エージェントによって持っている求人がそれぞれ違います。

なるべく広く情報を集めるためにも、転職サイト、転職エージェントを利用する際は2つ〜3つは併用するとよいです。特に企業からのニーズがあると思われる人の場合は、さまざまなサポートを受けられる転職エージェントを利用する方が有利です。

非公開求人とは?公開求人との違いは?

直接応募とエージェント経由での大きな違いの一つは、非公開求人情報に応募できるかです。転職エージェントと登録すると自分の条件にあった非公開求人を紹介してもらえます、非公開求人目的でサイトやエージェントに登録する人も少なくありません。

では、非公開求人とはどういった求人なのでしょうか?まず、公開求人と非公開求人それぞれの特徴について以下に説明します。

公開求人と非公開求人

求人情報誌やハローワーク、インターネット上に掲載されている求人情報など、どんな人でも閲覧できる求人情報を公開求人と言います。

これに対して、非公開求人とは、閲覧するために一定の条件を満たすことで初めて閲覧することのできる求人情報で公開求人のように誰でも閲覧できる訳ではありません。また、ハローワークや求人情報、転職サイトなどで公開されていない求人情報について非公開求人と呼ぶこともあります。

非公開求人が非公開の理由は!?

では、非公開求人はなぜ一般に公開されていないのでしょうか?その理由は以下の通りです。

企業の事業戦略上の問題

例えば、取締役クラスやマネージャークラスの求人情報など、重要ポストに関する求人を公開してしまうことで組織に大きな波紋を呼ぶことにもなりかねません。他にも、企業が新事業を立ち上げるため新メンバーを募集する際や株式公開を控えている企業が株式公開委員を募集する際など、絶対に必要な人材を秘密裏に募集せざるを得ないケースも多々あります。

また、企業は経営戦略上、採用情報の詳細や人材の供給源に関しての情報もできれば他の企業に漏らしたくありません。このため、求人情報を非公開にしておくことでライバル社に情報を把握されることなく必要人材の募集ができるのです。

転職サイトの採用活動の効率化を図るため

転職サイト上の数ある求人の中でも人気の企業や条件のよい案件には応募が殺到する傾向があります。特に応募者の半分以上は、上位10%くらいの求人に集中するため、採用する企業側の負担はかなり大きくなります。

そこで、転職サイト・エージェント側が、クライアントである企業側の負担を減らすため、人気求人に関してはいったん非公開にしておき、転職希望者1人ひとりとマッチングをして応募者を厳選する方法が取り入れられています。

また、転職サイト・エージェントは「マッチングの成功」、つまり転職希望者の内定が決まる度に企業側から高額の報酬を貰っています。このため、転職サイトの利益効率を上げるためにも、応募が殺到しがちな人気求人情報を非公開にしておいて、転職希望者1人ひとりのマッチングを行う方が遙かに効率がよいのです。

非公開求人に応募するためには?

上述したように、非公開求人は企業と転職サイト・エージェント双方にとって非常にメリットの大きい求人なのです。

このため、好条件の転職先、非公開求人に応募したいのであれば、必ず転職サイト・エージェントへの登録が必須となります。以下に非公開求人が充実しているおすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。非公開求人数が20万件を超えており、大手最大の特徴といえる豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。

何よりも転職というのは不安が付きまとうものです。業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下と特に高評価です。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能な点も利用しやすいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

交渉力とサポート力が高いdodaエージェントサービス

dodaは交渉力とサポート力が高いと評判のエージェントです。

常時全国10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、40代の案件も豊富に保有しています。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。

業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。キャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率も高くなります。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)

※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

dodaへ無料登録

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントが保有する求人の約8割は非公開求人です。特にIT・Web関連や医療系(製薬)、営業職などの専門性のある非公開求人を豊富に取り扱っています。

また、稀少な各業界の転職情報提供以外にも、定期的にセミナーを開催して転職相談会を実施しています。セミナーで、各業界のスペシャリストから最新の転職事情を提供して貰うこともでき転職活動に有効活用できます。

また、各業界・職種に対して専門的な知識を持ち、丁寧かつ親密に対応してくれるキャリアアドバイザーのクオリティーの高さや充実したサポート体制がマイナビエージェントの大きな強みです。

デメリットは、拠点が東京と大阪にしかない点ですが、対応エリア近くにお住いの方で、IT・Web関連、医療、営業職へ好条件での転職を考えている方には是非おすすめしたいエージェントです。
※20〜30代の関東・関西で転職先を探しているかたにおすすめです。

マイナビエージェントへ無料登録

まとめ

転職サイト経由で直接応募するよりも転職エージェント経由の方が有利な最も大きな理由は内定率が高まるからです。 希望の条件から経歴・スキル・人柄などマッチングし内定確度の高い企業を紹介してもらえるから当然です。しかし、転職サイトから直接応募も両方活用して転職活動を行うのがベストです。

転職サイトには、求人情報以外に転職に役立つさまざまな情報が掲載されていますので、転職サイトのさまざまなコンテンツに目を通しておくとよいでしょう。しかし求人情報の多くは非公開求人であり、一般に公開されている求人情報は本の一部に過ぎません。

つまり、非公開求人の情報を得られないということは、より多くの好条件・人気の案件を見逃したまま転職活動を行っているということです。自分の希望する業種を得意とする、複数の転職エージェントに登録して併用活用し、たくさんの非公開求人情報をゲットするためにも、転職エージェントを大いに活用して、好条件での転職成功を勝ち取りましょう。