フリーターや大学生におすすめ!楽なバイトランキング

学業やプライベートを優先するために、なるべく楽なバイトをしたいという人は多いのではないでしょうか。しかし、楽なバイトを探すつもりでいても、意外とどんなバイトが楽なのか知らない人は多いです。

そこで、この記事は20代前半~半ばの大学生・フリーターの人におすすめの楽なバイトや、楽なバイトの特徴を紹介します。

探す前に知っておこう!楽なバイトの特徴とは

まず、楽なバイトの特徴にはどんな点が挙げられるのでしょうか。このポイントを押さえておけば、楽なバイト探しもスムーズに進みます。体力を使わない、作業が楽などといったポイントを押さえ、楽で自分に合っているバイトを探しましょう。

体力を使わない

まず楽なバイトの特徴として挙げられるのが「体力を使わない」という特徴です。確かに体力を使うバイトは一般的に給料が高い傾向にあります。しかし、体力を使う分疲労も溜まりやすいです。疲労が溜まると集中力が切れやすく、バイトどころか、学業をはじめとする普段の生活に支障をきたしてしまいます。

それに対して、デスクワークなど体力を使わないバイトなら、バイトと大学などを無理なく両立できるため、続けやすいうえに業務にも集中しやすいでしょう。

作業が楽にできる

作業の内容が複雑だと、仕事を覚えるのに時間がかかる上に、得意不得意がハッキリ分かれやすいです。それに対し、単純作業であれば頭を使わないため誰でもできます。また、単純作業は仕事中に考え事をする必要もないことから精神的な負担も少ないです。

同じことを繰り返す作業が得意な人は単純作業が向いていると言えるでしょう。特に今まで色々なバイトをやってみてどれも向いていないと感じて辞めた経験がある人は一度単純作業のバイトをやってみると意外と向いている可能性が高いです。

コミュニケーションの必要がない

学生やフリーターが多いバイトとして飲食関連のバイトが挙げられますが、飲食系のバイトはお客様や職場で一緒に働く人とコミュニケーションを取らなければいけません。しかし、このような人とコミュニケーションを取る必要があるバイトだと人間関係でトラブルが起こる可能性があります。

それに、コミュニケーションを取るのが苦手だと業務がスムーズに進まなかったり、職場の居心地が悪かったりするというデメリットもあり、コミュニケーションを取らなくても良いバイトならこのような点を心配する必要がありません。

そのため、人とコミュニケーションを取るのが苦手なのであれば、コミュニケーションを取らなくても良いと言う点もバイト探しをする際のポイントとして押さえておくと良いでしょう。

大学生やフリーターにおすすめの楽なバイトランキング

それでは、今まで解説したポイントを踏まえて大学生やフリーターにおすすめの楽なバイトをランキング形式で紹介します。力を使わない・作業が楽・コミュニケーションの必要がないという内容からそれぞれのランキングを紹介するので、自分がバイトを探すうえでのポイントに合ったランキングの中から、自分に向いていると思うバイトをチェックしてみましょう。

力を使わないバイト

まずは力を使わないバイトトップ3を紹介します。力を使わないバイトの魅力はやはり体力的な負担が少なく、学校や遊びへの影響が少ない点と言えるでしょう。それに力を使わないバイトの中には人と関わることが少ないものも多いです。そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な人も参考にしてください。

1位:治験

体力を使わないバイトの中でも最も楽なバイトとして治験が挙げられます。治験バイトは国の認可が下りる前の薬を服用し、安全性や有効性を確認する仕事がメインで、通院タイプと入院タイプの2種類があります。入院する場合は数日~1ヶ月と短期から長期のものまで期間が幅広く、自分が稼ぎたい金額に応じて参加する治験バイトを選びましょう。

治験バイトの給料は大体1日1万円~2万円程度が相場となっています。そのため、長期の治験を選べば2ヶ月ほど働かなくても生活できる金額が稼げます。薬を服用したあとは規則正しい生活を送るなどの条件があることが多いですが、体力も使いません。入院中も読書や勉強など好きなことができるケースが大半なのでとても楽です。

2位:交通量調査

体力を使わないバイトの2位には交通量調査が挙げられます。交通量調査の仕事は通行人や車の交通量をカウントするだけです。街を歩いている時に交差点などで椅子に座ってカウンターで人を数えている人を見たことはないでしょうか。この仕事が交通量調査であり、椅子に座ったままカウンターで数えるだけなので体力を要しません。

平均時給は986円~1,236円程度となっており、少し低めに感じるかもしれませんが、仕事量に対してこの金額であればかなりお得と言えるでしょう。

3位:一般事務

体力を使わないバイト3位として一般事務が挙げられます。一般事務の仕事は資料作成や伝票整理、電話対応など、デスクに座ったままの作業が中心です。そのため、体力を消耗するような作業はありませんし、表計算ソフトなどのスキルを仕事を通して身に着ければ就職にも役立ちます。

平均時給は831円~1,157円程度が相場であり、地域によって異なります。

作業が楽にできるバイト

次に作業が楽にできるバイトをランキング形式で紹介します。作業が楽なバイトは単純作業で誰にでもできる仕事が中心となっているので、仕事の向き不向きはもちろん、難しい作業に頭を悩ませるといった必要もありません。

1位:アンケートモニター

作業が楽にできるバイト1位としてアンケートモニターが挙げられます。アンケートモニターの仕事はアンケートサイトに登録をし、配信されたアンケートに回答するだけです。

企業や商品、サービスの名前を聞いたことがあるかや、使ってみた感想はどうかなど簡単な質問ばかりでとても簡単に仕事ができます。大体月に1万円~3万円ほど稼げるため、副業としてアンケートモニターをしている人が多いです。

2位:試験監督

作業が楽にできるバイト2位として試験監督が挙げられます。仕事内容は学校や資格の試験で受験者の案内や、試験中の見回り、プリントの配布・回収が中心です。不正が行われていないか見回りをする時間が大半なので難しい作業もありません。

平均時給は1,000円~1,500円程度で、日給8,000円程度が相場となっていますが、地域によって異なります。

3位:データ入力

作業が楽なバイト3位としてデータ入力のバイトが挙げられます。データ入力のバイトは指定されたデータをパソコンで入力していく作業で、入力するデータも決められた内容をそのまま入力するだけなのでとても簡単です。

平均時給は803円~1,133円程度で、このバイトも地域によって異なります。

コミュニケーションの必要がないバイト

最後にコミュニケーションの必要がないバイトトップ3を紹介します。大学生やフリーターが多いバイトは飲食系など人と関わらなければいけないバイトですが、コミュニケーションを取るのが苦手だと飲食系などは苦痛でしょう。そこでコミュニケーションを取らなくても良いバイトを選べばストレスなく働けます。

1位:在宅バイト

コミュニケーションの必要がないバイト1位として在宅バイトが挙げられます。具体的にはWebライターや添削・採点などの仕事が挙げられ、面接などの際に会社へ訪れる必要があるものの、普段の業務は自宅で行うためコミュニケーションを取るのが苦手な人でも安心です。

在宅バイトの平均時給は作業内容によって異なります。例えばWebライターなら平均925~1,117円程度で、企業や地域によって変動します。また、やればやるだけ稼げるバイトなので、黙々と作業をするのが好きな人に向いている仕事と言えるでしょう。

2位:仕分け作業

コミュニケーションの必要がないバイト2位には仕分け作業が挙げられます。工場の仕分け作業は基本的に黙々と単純作業を行うため、あまり人と関わる機会がありません。職場には大勢の人がいるものの、コミュニケーションを密に取る必要はないうえに、人間関係が仕事に影響しないため、気楽に働けるでしょう。

平均時給は834~1,114円程度で地域によって異なります。

3位:スーパーの品出し

コミュニケーションの必要がないバイト3位にはスーパーの品出しが挙げられます。スーパーの求人の中にはレジ打ちなどの他に品出し専門のバイトを募集していることがあります。

このようなバイトは開店中もしくは閉店後に品出し業務を行いますが、開店中でも人が少ない深夜帯などに仕事をするため、接客をする必要がありません。平均時給は834~1,114円程度で地域によって異なります。

楽なバイトでしっかり稼いで充実した生活を送ろう!

授業やゼミなどで忙しい大学生やプライベートを大切にしたいフリーターがバイトをするなら、自分の生活と両立できるバイトを選ぶ必要があるでしょう。体力的にも精神的にも楽なバイトなら忙しい大学生やフリーターでも無理なく両立できます。ぜひ、自分にとって楽なバイトを探し、プライベートを充実させましょう。