外資系転職は年齢制限無し!35歳以降に求められるスキルとは?

日系企業でのキャリアアップに限界を感じ、もっと自分の力を評価してもらいたいと感じていませんか?
将来のことを考えて、キャリアアップを見込んで外資系企業へ転職したいけど、年齢的に制限はあるのか…気になるところですよね。
そこで、外資系企業への転職に年齢制限はあるのか、また、転職限界年齢という定説がある35歳以降からでも外資系に転職する方法について紹介します。

外資系企業への転職、年齢制限はないって本当?

外資系企業への転職は、年齢よりも実績重視

外資系企業は、年齢が若いほど転職が有利になる日本企業と違って、職種別採用を行っているので、経験のある即戦力となるスペシャリストが求められているのです。

そのため、外資系企業は日本企業ほど年齢を気にしない傾向にありますが、そのかわり、短期間での成果を求められます。

ただし、40代以降ではじめての転職となると、日本企業とは企業文化の異なる外資系企業に馴染めるかなど、採用側も慎重になるのも事実です。

外資系企業求人、年代別ポイント

外資系企業の転職には年齢が関係ない傾向にありますが、転職者の年齢層によって、求人には特徴があります。

30代:マネジャー・ディレクタークラスの求人が豊富

30代の年齢層では、マーケティング・企画・管理という職種の求人が非常に多くなっています。
いずれも求人数自体は多くないところに、志望する人数は多くなるために、ハイレベルな転職争いになることが予測されます。

40代:マネジャー・ディレクター・エグゼクティブクラスの求人が豊富

一方、40代では管理職などのエグゼクティブ求人が増える傾向にあります。
応募には、マネジメント経験は必須であり、リファレンスの重要性がより高まります。

女性がキャリアアップ、年収アップを狙うなら外資系が最適

外資系は日本国内よりも性別や年齢に関係なく、実績で評価する企業が多いため、女性の転職にも最適です。

日系企業では、35歳以上の女性は敬遠されがちですが、外資系では「女性だから」「35歳以上だから」という固定概念のない採用をするという特徴があります。
そのかわり実力・実績が求められますが、女性だからとキャリアアップできずにいた人にはおすすめの転職先です。

35歳以上から外資系企業に転職する方法

年齢制限がないかわりに求められることがある

外資系企業に年齢限界はありませんが、その分実力主義の外資系ハイクラス職で即戦力となる力が求められます。

また、女性も転職しやすい背景にあるダイバーシティについて、慎重な配慮をすることも大切です。
性別、障害の有無などの壁がない外資系では、自分よりも年上の部下、LGBT、肢体不自由の人も多く勤務している可能性があります。
このようなダイバーシティに配慮することも求められます。

35歳以上の外資系転職で求められる必要な経歴・スキル

即戦力となる今までのプレーヤーとしての実績

特に営業職、専門職では、転職後にまったく教育する必要のないほどの即戦力が求められます。
具体的には、現時点の年齢に至るまでの営業成績、研究成果などを数値化し、それを転職先でも再現できることが必要です。

マネジメント経験

35歳以上の転職となると、一定数のマネジメントを経験していることが前提とされます。
今の勤務先でマネジメントを行った経験があれば、またはそのような役職に就いていれば、外資系転職でも年齢はむしろ武器になるはずです。
グローバル企業での勤務経験があって、なおかつマネジメント経験もあれば、外資系企業への転職は比較的容易になるでしょう。

今までの経験に基づく人脈

35歳以上の人が転職する場合、その年齢に至るまでに築いてきた人脈も、自分を売り込むツールとなります。
人脈はすぐにできるものではなく、35歳以上の転職者が持てる転職先へのお土産でもあり、武器でもあります。

外資系でも戦える英語力

外資系企業では、職階が上がるにつれて英語を使う頻度は上がることは必至です。
そのため、社内外問わず、外国人と直接対話できるほどの英語力は必須です。

今までの経験・スキルに合う企業の求人を探す

外資系企業未経験であっても、前職と共通する同業界であれば、今までの経験を活かすことが可能です。
たとえば国内の自動車販売をしてきたのであれば、外資系の自動車販売に携わることは容易でしょう。

このように、業種が大きく異ならなければ、それまで培ってきたノウハウが活かせることから、転職後も比較的企業に馴染むのに時間はかからないでしょう。
そのためにも現在勤務している業種と大きく異ならない求人を探すことが大切です。
ただし、外資系企業は日系企業と異なる企業カルチャーであることが多いですから、業種が同じでも、働き方に違いがあることを覚悟しておきましょう。

35歳以上の外資ハイクラス求人は表に出ることが少ない

年齢制限がなく、実力と実績があれば転職できる可能性のある外資系企業の求人ですが、実は求人数は一般的に日系企業の求人に比べて非常に少ないというのが現実です。
一般的な転職サイトを見ても、なかなか外資系企業の求人を見つけることは困難でしょう。

ヘッドハンティングが多いのが現状

外資系のハイクラス求人が一般的な転職サイトで流れてこないのには理由があります。
定説にもなっていますが、外資系でさらにハイクラス求人ともなると、ヘッドハンティングで引き抜かれるというケースがほとんどです。
そのため、オープンに転職サイトで募集をかける外資系企業がほとんどなくなっています。

ヘッドハンティング以外で外資系企業に転職するには

しかしながら、ヘッドハンティングは受け身の転職です。
外資系企業に転職するために能動的に転職活動をするなら、外資系の非公開求人が多い大手の転職エージェントか、エグゼクティブ専門の転職エージェントに求人を紹介してもらうという方法があります。
具体的には、以下のような転職エージェントが外資系企業求人を取り扱っています。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系や海外勤務への転職に強い転職エージェントです。
JACリクルートメントには、総勢550名ほどの業界・職種別コンサルタントが所属していますから、35歳以上からの転職者が持つ悩みなどにも対応できます。
外資系の求人を多く抱えている転職エージェントですから、年収・キャリアアップにもつながります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績ナンバーワンの転職エージェントです。
実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からハイクラス求人を紹介し、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれます。
非公開求人は、希少価値が高く、さらに高収入の案件が高確率で含まれていますから、外資系の求人にも応募できます。
また、応募書類を送付した後も、エージェントのキャリアアドバイザーが応募先に推薦してくれるため、転職成功率がさらにアップします。
大手ならではの求人数だけが注目すべき点ではなく、外資系ハイクラス求人も充実しているため、35歳以上のエグゼクティブ層の転職にも向いています。

ビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職サイトです。
ビズリーチでは、最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。
そのため、30代、40代のマネジメント経験のある人なら、年齢制限のない外資系ハイクラス求人にも応募することができ、さらにコンサルタントが転職成功までバックアップしてくれます。

まとめ

35歳以上で、実力・実績はあるものの年齢制限が気になって転職できるか不安…戸惑っている…という人には、特に外資系企業がおすすめです。
これまでの実績があり、さらに年齢とともにマネジメント経験もあれば、外資系ハイクラス求人に応募する資格は十分にあります。
ただし、外資系企業の求人は、一般に出回らず、ヘッドハンティングで決まることが多いため、ハイクラス・エグゼクティブを専門にした転職エージェントを利用しましょう。
転職エージェントが抱える非公開求人には、魅力的な外資系ハイクラス求人も含まれていますから、まずは登録から始めてみましょう。