新卒時の就職活動を長引かせたくなくて、とりあえず内定をもらえた会社に入社した人は、「今の会社は自分の思い描いているキャリアプランからは外れるな…」という悩みを持つのではないでしょうか。
第二新卒という早い段階で高いキャリアプランを望める外資系企業へ転職をしたいと考えているなら、今がチャンスです。

ここでは、第二新卒で外資系企業への転職を叶える方法を紹介します。
これを読めば、第二新卒の今からでも外資系企業勤務の夢を叶えることができます。

第二新卒でも外資系企業に転職することは可能?


外資系企業の中途採用は、空いたポジションに人を充当させるため、基本的に経験者採用で即戦力が期待されます。
さらに外資系企業には第二新卒という概念は元々無く、実力・成果主義のため、キャリアの浅い第二新卒の転職は簡単にはいかないことが予想されます。

しかし、外資系企業は転職を“キャリアアップ”としてみるため、第二新卒でも転職のチャンスはあるのです。

第二新卒のキャリアの浅さをカバーして外資系転職する方法

外資系企業の前にワンクッションおくという方法

第二新卒がキャリアを重視する外資系企業にすぐに転職しようとしても、キャリアの浅さからうまくいかない可能性があります。
せっかく挑戦したのに転職に失敗した…というリスクを回避するために、まずは国内の希望業界企業で経験と実績を積みましょう。
さらに英語力も磨いてから外資系企業へのステップアップを目指すことが必要です。

派遣から正社員を狙うという方法

第二新卒として外資系企業に転職するには、雇用形態にこだわる必要はありません。
外資系企業で派遣として働き、成果をあげて正社員登用を狙うという方法があります。

ただし、たとえ派遣でも第二新卒を受けいれない外資系企業もありますから、もともと第二新卒を受け入れている外資系企業を狙って応募しましょう。

そのためには、派遣会社に登録する際に、将来的に外資系企業で正社員として働きたいという転職の趣旨について、明確な意思表示をする必要があります。

第二新卒で外資系転職が可能な求人の見つけ方

第二新卒で目指せる外資系企業

新規事業を立ち上げ、人員不足の外資系企業や中小の外資系企業では、新卒の人材を確保しにくいのもあり、ポテンシャルの高い第二新卒の採用が行われています。
ただし、あくまでもポテンシャル採用ですから、早く即戦力となれるよう努力を続けることが必須です。
また、このような企業情報をいち早く掴むことも大切です。

「未経験者OK」の求人を探す

外資系企業への転職は、基本的にスキルやキャリアをもって行われます。
しかし、中には「未経験者OK」と条件をつけた求人もあります。

第二新卒の場合、志望する外資系企業と同業種の経験があったとしても、それを「キャリア」と呼べるまでにはなっていないでしょう。
第二新卒でも、このような未経験者が応募可能な求人を見つけることによって、キャリアがほとんどなくとも採用される可能性が高くなります。

ただし、未経験でも英語の能力が求められることもありますから、あらかじめ英語の勉強はしておいたほうがよいでしょう。

外資系求人が多いエージェントに網を張っておく

外資系などのハイクラス求人は非公開求人であるケースが多く、誰でも閲覧可能な求人サイトには出てこないこともしばしばあります。
希少な外資系企業の求人情報をいち早く手に入れるのは、転職エージェントなのです。

転職エージェントを利用しない場合、転職サイトで求人を閲覧するだけとなり、そもそも公開求人になりにくい外資系企業の求人を見つけることすら困難です。
転職エージェントに登録して希望条件を伝えておくことで、求人情報が転職市場に出た瞬間にエージェントから教えてもらうことができます。

外資系求人に強いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系や海外勤務への転職に強い転職エージェントです。
JACリクルートメントには、総勢550名ほどの業界・職種別コンサルタントが所属していますから、第二新卒から初めて外資系企業をめざしたいという人への転職にも対応できます。
外資系企業特有の英語面接も、コンサルタントとの練習ができるため、第二新卒で「英語にまだ自信がない…」という人でも対策を講じることもできます。
外資系の求人を多く抱えている転職エージェントですから、第二新卒が入りやすい未経験者OKの求人も見つけることができます。
外資系に特化した転職エージェントはあまりありませんから、このような転職エージェントを最大限に活用することをおすすめします。

まとめ

スキルやキャリアのある人材を求めている外資系企業ですが、第二新卒でも転職する道はあります。
国内の同業種にまずは転職してキャリアを積んだり、未経験者OKの枠を探したりすれば、第二新卒でも十分外資系企業に転職することができます。

しかし、外資系企業の求人自体、実は希少であり、公開求人として出回っているのはごくわずかです。
第二新卒でも転職可能な外資系企業を見つけるためには、外資系企業を含む希少な非公開求人を抱える転職エージェントを賢く活用することをおすすめします。
まずは登録から始めて、第二新卒でも転職可能な求人を探してみましょう。