外資系はジョブホッパーほど有利?転職回数が多い人が評価されるワケ

今までの企業では仕事が長く続かず、気付けば転職回数が増えてしまった…そんな自分でも外資系企業への転職は可能なのか…気になりませんか?
そんなあなたのために、転職回数が多くても外資系企業に転職する方法を紹介します。
また、これ以上転職回数を増やさない転職活動のやり方についても紹介するので、この記事を読めば外資系企業に転職したい気持ちを行動にうつせるはずです。

転職回数が多い人ほど外資系転職が有利って本当?

外資系企業では、転職回数はキャリアとみなす

日本企業では、転職回数が多いというだけで、マイナスのイメージが持たれ、結局ブラック企業にしか転職できず、また転職を繰り返す人が多い傾向にあります。
外資系企業は、あらゆる企業で経験を積みながら更なる高みを目指しての転職という考え方なので、転職回数の多さは問われないことが多いのです。

外資系企業で問題視されるのは、転職回数ではなく、転職理由

転職回数に寛大な外資系企業でも、業界や職種を転職するごとにかえる人は、一貫性と専門性に欠けていると判断します。
そのため、転職回数よりもなぜ転職したのか、特に業種や職種を変えて転職した場合の転職理由の方を重視した選考を行っています。

転職回数が多い人が転職しやすい外資系企業の業種

同じ外資系企業の中でも、転職回数が多くても問題なく、むしろ転職回数を武器に転職できる業種があります。
IT系や金融系の海外資本が強い会社は特に、転職回数における考え方が寛容です。
日本では、昔ながらの「終身雇用」「年功序列」という考え方が残っている企業もあり、そのような企業では「会社に長い期間仕えられない社員」は価値がありません。

でも、外資系にはそもそも終身雇用という概念があまりないために、転職回数が多い=「たくさんのチャンスを手にし、経験を積んできた」という考え方になるのです。
また、転職を繰り返す中でも、資格を得たり、自分の市場価値を高める仕事をしてきた人は、特に外資系企業に転職しやすくなります。

転職回数をもう増やさない!外資系転職のポイント

外資系企業の特徴を理解すること

外資系企業と日系企業では、経営方針から実際の働き方まで、たくさんの違いがあります。
日系企業との違いを理解しておかないと、また転職回数が増えるハメになりますから、外資系企業に転職する際は日系企業で培った固定観念を一度捨てることも必要です。
外資系企業では、仕事は成果重視な一方で、上下関係はフラットだという特徴があります。
日本のタテ社会で社会人生活を送ってきた人は、上下関係のフラットさに違和感を持つかもしれません。

転職回数をアピールポイントに変えること

なぜ転職したのかを採用担当者に説明できるように準備しておきましょう。
転職経歴の中でも、グローバル企業に務めた経験や、ライバル企業に務めた経験がある場合は、その企業で培ったスキルなどが評価されます。

また、レジュメや面接でスキル・経験・意欲をアピールすることが有効です。
履歴書・職務履歴書の書き方にも注意が必要です。
特に職務履歴書では、転職回数の多い人は経験した仕事をすべて書きたいと思うでしょう。

でも、そこを我慢して、数ある転職経験の中でも光る、つまり実績を残した職歴に絞って詳細をまとめ、職務経歴書をスリム化する工夫も必要です。
あまりに長すぎる職務履歴書は、採用側の読む気をなくしてしまいますから、このような工夫をして効率的にアピールしていきましょう。

職務履歴書は新しい順に書いて直近の実績をアピール

職務履歴書をまとめるとき、どうしても時系列に並べて書きがちですよね。
しかし、転職回数が多い人が時系列に職務を振り返ると、かなり以前の職務(まだスキルが浅い頃)が1ページ目に来てしまい、企業側としては注目するに値しないと思ってそのまま読まずに不採用にしてしまうこともあります。

こうならないよう、職務履歴書をまとめる際には、直近の仕事からさかのぼる形でまとめるようにしましょう。
そうすれば、1ページ目にはあなたの直近の実績が来ますから、現時点でどんなスキルがあるのかが企業側に伝わり、採用につなげることができます。

転職前に社風と仕事内容を把握すること

大手企業に転職が決まったからといっても、入社後に「思ってたのと違う」となるとまた転職することになりかねません。
入社後のギャップを解消するためにも、転職先とのミスマッチを防ぐためにも、その企業で実際に働いている人に話を聞くべきです。

転職希望先の外資系企業に個人的なコネがないなら、以下のような転職エージェントを利用することで内情を知ることができます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、外資系や海外勤務への転職に強い転職エージェントです。
JACリクルートメントには、総勢550名ほどの業界・職種別コンサルタントが所属していますから、初めて外資系企業をめざしたいという人への転職にも対応できます。
外資系企業特有の英語面接も、コンサルタントとの練習ができるため、対策を講じることもできます。
外資系の求人を多く抱えている転職エージェントですから、転職回数が多い人でも年収・キャリアアップにつながります。
外資系に特化した転職エージェントはあまりありませんから、このような転職エージェントを最大限に活用することをおすすめします。

JACリクルートメント公式サイト

まとめ

転職回数が多くても、外資系企業に転職することは可能です。
ただし、転職する際、転職回数が価値あるものであることを証明できる必要があります。
また、外資系の求人を見つけたとしても、日系企業で働きなれた人は、その社風の違いなどのギャップに違和感を持つことがあります。
応募前に志望する外資系企業に実際に勤務している人の声を聞くためにも、紹介したような転職エージェントを活用しましょう。
実際に勤務している社員の声をきけば、より一層応募へのモチベーションが高まります。
まずは転職エージェントへの登録から始めてみましょう。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング