企業の経営や課題を把握し指摘、そしてITを活用して企業の理想とする方向へ修正させるコンサルタントの仕事。”コンサル”とも呼ばれるこの職業にやり甲斐や可能性を感じ、転職を希望する人は多くいます。ですが「コンサルタントって具体的にどうすればなれるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

何より、転職するにも面接の壁があります。そこで有効なのがキャリアプランを立てておくことです。企業にアピールできるプランの立て方を完全ガイドしていきます。

コンサルタントになるには?

必要な資格ってある?

意外と思われるかもしれませんが、管理栄養士や弁護士など、難しい資格を取得しないとできない職業ではありません。しかしながら、企業の収益を上げる為の活動が主な仕事です。ビジネスやお金の動き、企業の在り方について業界知識を有していなければ、どう働いて良いのか分かりませんよね。

なので、指導の説得力や仕事への自信を持てる為、資格を取得しておくことをお勧めします。有効な資格とは、下記の通りです。

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 中小企業診断士

紹介した資格は必須ではありませんが、取得しておくことで資格者としての権威が手に入ります。つまり、自分の発言や指導、助言に説得力が生まれるのです。働く上で有利となるので、取得を検討するのも良いでしょう。また、グローバルなコンサルティングで働く場合には、英語の能力も不可欠です。

だからと言って、コンサルタントとして働く人達が、上で紹介した資格や英語能力を有しているのか?と言えば、そうとも言えません。資格を有していない人も多くいます。

コンサルタントに必要な能力

ズバリ、必要な能力とは2つです。

  • ロジカルシンキング(論理的思考能力)
  • コミュニケーション能力

企業が抱える問題点や課題を数値や業務体系から分析、原因の把握、そして具体的な解決策導き出す論理的思考能力。解決策を正確に企業へ伝えるコミュニケーション能力が必要になります。コミュニケーション能力が足りないと企業からの信頼を得られにくく、助言や指導が正しく行き届かない為です。

たとえ、有効な資格を有していても、企業と友好的関係を築けなければコンサルティングも難航するでしょう。企業の共に業績を上げていく”心強いパートナー”として、特に重要な能力と言えます。転職時の面接では、論理的思考能力とコミュニケーション能力の2点は特に注視されますので、対策は行っておくべきです。

論理的思考に関しては書籍も多数出版されていますので、参考にしてみるのも良いでしょう。Amazon Kindleなどでも多数出版されていますのでお勧めです。

コンサルタントの仕事内容

上でも触れていますが、企業の経営状況を把握し、業績を上げる為に活動するのが仕事です。お金を払って契約しても、業績が改善されないのなら、コンサルタントの意味はありませんよね。なので企業の業績がプラスに転じ、企業に感謝される状況になって始めて達成感を味わえる”緊張感のある仕事”とも言えます。

時には企業の抱えた難題を解決する為に、夜遅くまで働くことや、休みを返上する場合もあるでしょう。また、成績優秀なコンサルタントは、ヘッドハンティングされることも少なくありません。転職で自身のキャリアアップに繋がる人がいる一方で、なかなか成果を上げることができず、仕事から離れてしまう人がいるのも事実です。

コンサルタントのキャリアプランの立て方完全ガイド

そもそもキャリアプランとは

キャリアプランは”希望の企業で働くことで、今後「どのように自分を成長させたいか?」を具体的に把握する為の中長期計画”を意味しています。上でも触れましたが、コンサルタントに求められるのは論理的思考能力とコミュニケーション能力です。

面接で注視される部分でもありますし「将来の夢や、今後の目標はありますか?」など、質問を受ける場面が出てくると予想されます。その際「特に今はありません」や「企業に就職してから見つけたい」では好印象となりません。「目標はありますか?」の質問で、すでに論理的思考能力やコミュニケーション能力を試されているのです。

仮に、公認会計士や税理士などコンサルティングに有効とされる資格を有していないのなら、論理的思考とコミュニケーションで攻めていくしかありません。「自分は企業に必要となる人材だ」とアピールする為にも、具体的なキャリアプランを立てて対策すべきです。

プランの考え方

具体的なプランニングについては大きく3つの手順となります。

  • 今の自分を分析すること
  • 5年後〜10年後の「理想の自分」を想定しゴールを設定する
  • ゴールまでの道のりを明確にする

今の自分を分析すること

まずは、今の自分を知ることが大切です。コンサルタントとして働いていく為に「今の自分はどんな状態なのか?」を分析していきましょう。頭の中で分析するよりも、文字におこして可視化することをお勧めします。そして「希望の企業で、自分は何を学びたいのか?」を考えてみましょう。

企業側にしてみれば”自社を選んだ理由”と”共に働きたいと思える人材か”が気になる部分ですよね。「コンサルで働ければ何処でもいい」のなら、別に自社で無くても良いのですから。

5年後〜10年後の「理想の自分」を想定しゴールを設定する

次に設定するのがゴールです。5年後〜10年後、希望の企業でどんな環境になっていたいのかを具体的に設定しましょう。ただ、極端すぎるゴールの設定はお勧めできません。「10年後には、副社長の座に就きたいです」の様なプランでは抽象的ですし、何より驚かれてしまいます。

ゴールまでの道のりを明確にする

ゴール地点が決まれば、自ずと道が見えてきます。ですが、その道は暗く見えているでしょう。なぜなら、具体的な道のりが分かっていない為です。新しいことに挑戦することは、疑問や不安との戦いでもあります。「進むのが怖い」と感じてしまうかもしれません。

なので、着実に前へ進める為に、具体的な道を作りましょう。具体的な道とは「ゴールにたどり着つまでに何が必要か?」を明確に知ることです。例えば資格の取得が必要と設定すれば「5年以内に資格取得をする」と設定するのです。すると、取得の為にすべきことが見えてきます。

この様に、進むべき道を明るく照らして上げることで、不安や恐怖にも打ち勝てる道ができるのです。

自分を毎日アップグレードしよう

コンサルティングの仕事は、グローバル社会でも役立ち、注目されている職業です。特定の資格も必要せず、未経験からでも始めることは不可能ではありません。しかしながら、企業の現状を把握し、企業と会話をしながら業績を上げていくのが目的です。

分析力や業界知識、根拠のある具体的な対策の提示など高いスキルが要求されます。Aの企業で通じたことが、Bの企業で通じるとは限りません。その時の状況を論理的に考え、企業に頼られる存在へ成長するには、日々の勉強や努力は不可欠です。

コンサル案件に強い転職サイト・転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績No.1の国内最大手、総合型の巨大転職エージェントです。
IT転職に専門特化した転職エージェントではありませんが、メジャーなリクルートブランドからの知名度で、圧倒的な数の求人案件があります。

IT業界の非公開求人案件も、とにかく大量に保有していますので、20〜30代のITエンジニアなら初回の登録面談時からボリュームあるコンサル、プロデュース、マネジメント案件の紹介が受けられるでしょう。
豊富な求人数は選択の余地にもつながり、より良い転職活動には欠かせないポイントですね。

コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など書類添削やWEB面接対策も実践的です、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談も可能、オンライン面談に対応しています。

リクルートエージェントへ無料登録

エグゼクティブ専門 リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

リクルートダイレクトスカウト

最大手リクルートが運営している、年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制ヘッドハンティングサイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約3,000名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。30代、40代、50代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を85,000件以上保有しています。(2021年11月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

リクルートダイレクトスカウトへ無料登録

世界最大級60年の実績ハイクラスエージェント ランスタッド

ランスタッド

オランダで創業した世界最大級の総合人材会社でグローバルに60年間、毎年約20万人の転職サポート実績をもつランスタッド。外資系ユニコーンから大手企業に強い求人は、コンサルタント関連が揃っています。

外資系らしい世界レベルで活躍する優秀なコンサルタント(英語、中国語に対応したバイリンガルコンサルタントが多数在籍)に当たる可能性が高いので、ハイクラス求人なら期待の出来る転職エージェントです。

※日本国内でも急拡大中で北海道から九州まで全国各地に93拠点があります。
※マネジメント経験を生かしたい20代後半〜50代までおすすめです。

ランスタッドへ無料登録

まとめ

コンサルタントは、企業の問題や課題を分析し、業績を改善する為に活動するやり甲斐のある仕事です。未経験者からでも始めることは可能なので、面接で論理的思考能力とコミュニケーション能力をアピールすべく、具体的なキャリアプランを立てておくことをお勧めします。

ポイントは「企業で何を学びたいのか」「今後の理想な自分は何か」「その為に何が必要なのか」を明確にすることです。

システム開発・設計だけでは物足りない、ビジネス全体を考えたい
クライアントに喜ばれることにやりがいを感じたいコンサル志望
上昇志向で何より大幅に年収をアップさせたい

コンサルタントへの転職は、正確な情報と最適なキャリアアドバイザーを見つけられるかにかかっています

コンサル転職に強い転職サイトや、業界出身のキャリアアドバイザーが多数在籍している転職エージェントをご紹介します。手厚いサポートのエージェント、コンサルの専門知識を持つキャリアアドバイザー、現役コンサルのカウンセリング、独占求人の転職サイト、複数社にエージェント登録してうまくキャリアアドバイザーを使いこなし、コンサルタントへの転職を成功させましょう。