キャリアカーバー

転職サイトの中でもキャリアカーバーは主にハイクラスの求人が用意されています。今の仕事の年収よりも高収入な仕事で、ハイクラスの求人を見つけることが可能です。また、スキルアップも図ることができ自らを成長できるでしょう。

キャリアカーバーについて

キャリアカーバー(CAREER CARVER)はリクルートキャリアが運営している転職サイトで、主にハイクラスの求人に特化した転職サービスを行っています。また、キャリアカーバーは「CAREER…キャリア」・「CARVER…切り開く方」の意味があります。

今後、自らのキャリアを切り開こうとしている社会人を応援する存在でいたいということです。現状よりもキャリアアップを目指す方をサポートするサービスを行っています。今の職場の地位や仕事では満足ができない方にとっては、次のステップに進めるチャンスとも言えるでしょう。

「リクルートキャリア」とはリクルートの人材採用系の事業(HRカンパニー)とリクルートエージェントが統合して、新たな設立された会社です。この会社は、個人の転職と企業の人材の支援サービスを行っています。

例えば、リクルートキャリアが運営しているサイトとして学生向けの「リクナビ」、転職者向けの「リクナビNEXT」などがあります。他にも「就職ジャーナル」・「リクナビ就職エージェント」・「就職Shop」・「リクルートエージェント」・「GLOVER Refer」のサイト運営を行い、サービスを提供しているのです。
リクルートキャリアは学生から転職者まで、幅広い層にサービスを提供しています。

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーを活用したい場合は、最初にサイトに登録する必要があります。サイトに登録の際はお名前や住所などの情報の必要事項に加えて、職歴も細かく記入していくのです。そして、匿名のレジュメを見たヘッドハンターからスカウトを受けるようになります。匿名のレジュメが直接企業に公開されることはありません。

キャリアカーバーには3つの特徴があります。

  • 自らの条件に合った求人を提案してくれる
  • 年収800万から2000万円の求人が多く存在する
  • サイトに登録後は、ヘッドハンターからのスカウトを待つ

豊富な経験があるヘッドハンター

キャリアカーバーは条件に合った求人をヘッドハンターが提案してくれます。これは、サイトの運営会社「リクルートキャリア」が提携する転職支援実績のあるヘッドハンターが選ばれているのです。豊富な経験を持つヘッドハンターが転職者のレジュメから適している仕事を探してくれます。

転職者の中にはどのような活動を行っていけば良いのか分からない方もいるでしょう。また、現職の仕事が忙しくて転職活動をする時間がない場合などがあります。今の仕事からスキルアップをしたくても、できない方もいるはずです。

その点、キャリアカーバーではヘッドハンターが登録者の代わりに求人を探してくれます。さらに「ヘッドハンター2500名」と、多くのヘッドハンターが様々な方面の仕事を提案してくれるでしょう。条件が合えば、現状の条件よりも好待遇のハイクラスの求人を紹介してもらえる可能性もあります。自らが求人を探すよりもより良い求人が見つかるかもしれないのです。評判も高く、登録者の中には満足いく待遇の仕事が見つかったという声がありました。

また、リクルートキャリアが提携しているヘッドハンターの中から相談したい方を選ぶことも可能になっています。全ヘッドハンターのプロフィールから、自らの希望する職種が得意の方を探すことができるのです。そして、ヘッドハンターからの求人の提案を受けて、自らの条件に合った転職することも可能です。

キャリアカーバーの登録方法と求人検索

キャリアカーバーのサービスは完全無料になっており、5分ほどで登録が完了します。「新規会員登録」を押してメールアドレスとパスワードを入力して、その後必要事項を入力していくのです。

会員登録が完了後、求人を検索する場合は「求人を検索する」の項目から「業種」、「職種」、「勤務地」、「年収」を入力して検索します。ただ、仕事で忙しい方でもキャリアカーバーに登録しておけば、ヘッドハンターが代わりに仕事を探してきてくれるでしょう。

スカウトを待つというスタイルでも良くて今すぐに転職を希望するのではなく、一定の期間を掛けてキャリアアップを図る方法になります。

個人情報の安全な管理

キャリアカーバーでは最初に登録した大事な情報に関して、求人企業に見せることはありません。登録したレジュメは匿名で公開されるのは、ヘッドハンターのみとなっています。
そのため、登録者の個人情報が企業の採用担当者に見られずに、転職活動を行えるのです。

例えば、転職活動していることが今の会社や取引先の会社に知られてしまうと、自らの立場が悪くなる可能性があります。もし、同業他社で働く場合においても必要以上の情報が流れてしまうことは避けたいはずです。キャリアカーバーでは、そういった大事な情報が漏洩しないようになっており、サービスを安心して受けられます。

転職活動の際に、個人の情報が流れてしまうかもと心配する方もいるでしょう。特に転職サイトに登録していることが知られてしまい、職場で気まずくなるリスクもあります。個人情報の管理をしっかりと行っている点も、サイトを選ぶ大事なポイントです。

意外な仕事が見つかる

キャリアカーバーでは、高収入のミドル・ハイクラスな仕事が紹介される機会が多くなっています。ハイクラスの求人を紹介してもらえるところが、このサイトの特徴とも言えるでしょう。

一般に公開されない仕事である非公開の求人に出会う可能性もあります。自らが仕事を探す場合には、見つられない求人をヘッドハンターが紹介してくれることもあり得るでしょう。1人で仕事を探していると探す仕事に偏ってしまい、自分に合った求人を見過ごすこともあり得ます。

また、自らが見つけた求人が本当に良いのか、不安に感じる場合もあるでしょう。求人の情報だけでは判断が難しく悩んでしまうこともあります。その点、ヘッドハンターに探してもらった求人は厳選されているため、安心できるでしょう。

さらに豊富な経験を持つヘッドハンターが求人を探してくれる場合は、転職者の条件に合った求人だけではなく、意外な求人を紹介してくれる可能性があるでしょう。ヘッドハンターがレジュメから登録者本人が気づいていない点を見抜き、新たな選択肢を見つけてくれるはずです。

現状の職種で新たなスキルアップを図りたい方は、その選択肢で良いでしょう。新たな職種で挑戦したいという気持ちがある方は、良いきっかけになります。もし、迷う場合はヘッドハンターと相談して自らが進みたい道を考えてみましょう。

キャリアカーバーを利用する

現状の仕事に不満がある方やスキルアップを図りたい方にとって、キャリアカーバーを利用してみても良いでしょう。自らが求人を探す手間も省けて、効率的な転職活動が可能になっています。新たな職場でスキルアップを図りたい方は、意外な求人に出会う可能性があるでしょう。

転職を検討している方は、転職時期に余裕を持つと良いです。すぐに新たな仕事が見つかる可能性がありますが、焦らずに求人が自分の条件に合っているのか見定める必要があるでしょう。さらに妥協することのない転職活動をするためにも焦りは禁物です。自らが納得して次のステップに踏み出せるようにしていきましょう。

エグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートキャリアが運営している、年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,200名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。30代、40代、50代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を59,000件以上保有しています。(2021年1月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

キャリアカーバーへ無料登録

ビズリーチエグゼクティブ転職

ハイクラスの職に就いている人がさらなるキャリアアップを目指す際に選ばれる転職サイトが、ビズリーチエグゼクティブ転職です。利用者の年代は40〜50代、平均年収は約900万円というまさにエグゼクティブ向けの転職サイトであり、実際にこのサイトを利用してキャリアアップできたという成功例も多数聞かれます。

ただ、実際に利用するとなると本当の評判が気になるのではないでしょうか?ビズリーチとは具体的にどんなシステムの転職サイトなのでしょうか。

ビズリーチはハイクラス向けのヘッドハンティング型の転職サイト

ビズリーチには3,500人以上ものヘッドハンターが登録しており、彼らからスカウトを受けることでよりハイクラスの企業に転職できるシステムとなっています。登録するヘッドハンターのレベルは高く、ハイクオリティーなサービスにより、エグゼクティブ向け転職サイトのなかでも評価は高いです。

エグゼクティブ向けの転職サイトには、ビズリーチ以外に先述のリクルートのキャリアカーバーがあります。こちらもヘッドハンターによるヘッドハンティング型の転職サイトで、こちらから希望のヘッドハンターを指名できるなどのサービスがあります。ただ、ビズリーチの方がヘッドハンターの登録人数は多く、取り扱う求人数も多いのが特徴です。

なお、ビズリーチの取り扱う求人ですが、基本的に年収600万円以上の案件が中心で、大企業の役員クラスや管理職、社長の後継などのポジションがあります。

ビズリーチには有料と無料のプランがある

ビズリーチには無料で利用できる「スタンダードプラン」のほかに、月額定額制の「プレミアムプラン」があります。スタンダードプランでもヘッドハンターからヘッドハンティングされて優良企業へ転職できるチャンスはありますが、基本的にスカウトを待つしかできません。自ら案件に応募したり、ヘッドハンターに相談したりするには、有料のプレミアムプランへの加入が必要です。

さらに、プレミアムプランには2つの会員区分があります。一つは「タレント会員」といって、月額2,980円のコースです。こちらは応募できる求人に制限があります。年収1,000万円を超えるような求人に応募できないほか、ヘッドハンターのなかでもハイクラス専門に扱っているヘッドハンターには相談できない制限付きのコースです。

もう一つは「ハイクラス会員」といって、こちらはタレント会員ではできなかった年収1,000万円超の求人応募やハイクラスのヘッドハンターへの相談などができます。ただし、月額料金は4,980円と高額です。

このように、ビズリーチには無料で利用できるプランと有料のプランがあり、しかも、有料プランはさらに2種類に分かれているという仕組みです。無料プランのユーザーにも成功例は見られますが、スカウトを待つしかできることがないため、時期を区切って転職活動したい方には物足りないでしょう。自ら攻めの姿勢で転職活動を行うには、有料プランを選ぶ必要があります。

ビズリーチの特徴やメリット

そんなビズリーチですが、具体的にどのような特徴があり、登録するとどんなメリットがあるのでしょうか?

第一の特徴は、冒頭でも少し触れたようにヘッドハンターの質が極めて高いことです。ビズリーチのヘッドハンターは、別にビズリーチの社員というわけではありません。他社に登録するヘッドハンターもいます。ただ、共通しているのがその質の高さです。しかも、ビズリーチ内でも常にヘッドハンターのランク付けが行われており、ユーザーはそれを参考に、より有能なヘッドハンターを選べるようになっています。

具体的には、「ビズリーチスコア」というヘッドハンターの実績や評価を5段階でスコアリングするシステムがあります。ビズリーチに登録後6か月以上経過したヘッドハンターを対象に、直近の6か月間で採用に至らせた人数、その人たちの平均年収、スカウトの返信率といった要素で格付けしているのです。ユーザーはこのスコアを参考に、好きなヘッドハンターを指名できるようになっています。(有料会員)

有能で実績豊富なヘッドハンターに担当してもらえる方がより良い企業やポジションに転職できるのは当然ですので、他のヘッドハンティング型の転職エージェントよりも、ハイクラス人材には向いていると言えるでしょう。

ビズリーチは、有料会員になることで積極的にエグゼクティブ案件を狙っていくこともできますが、人によっては無料プランでも十分なメリットが得られます。転職を特別急いでいるわけではなく、良い話があれば検討してもよいというぐらいのスタンスなら、無料会員でもよいでしょう。無料プランでは自ら案件に応募したりなどができませんが、ヘッドハンターや企業の人事担当者からのスカウトは受けることができます。

ですので、履歴書と職務経歴書に加え、転職への要望も併せて登録しておけば、その要望を満たす案件が現れた時にスカウトされる可能性があるのです。逆に、要望にマッチしない案件は紹介されることがないので、あまり頻繁にスカウトされても煩わしいという方には使い勝手がよいでしょう。

ビズリーチのもう一つのメリットとして、たとえビズリーチを使って転職しなかったとしても、自分の転職市場での価値が把握できることが挙げられます。自分の登録情報でスカウトが来るということは、市場でニーズの高い人材だという客観的な評価です。その評価があれば、たとえビズリーチを使わずに独力で転職活動するとしても、ハイクラスな求人に応募できる自信になるでしょう。

ビズリーチに関する口コミや評判

ビズリーチを利用して転職した成功例は口コミを探せば見つかりますが、本当に気になるのはリアルな評判です。実際にビズリーチを利用したことのあるユーザーは、ビズリーチのどのような点をどのように評価しているのでしょうか。

まず、取り扱う求人に関してですが、公式の発表通りハイクラス求人がそろっているようです。ただ、ハイクラス求人のスカウトを受けるには、ユーザーのレベルもそれに応じたものが求められます。

ビズリーチが取り扱うのは基本的に年収600万円以上の求人ですので、現在、それ以下の年収の人の場合、たとえビズリーチの有料プランに登録したとしても、今のレベルより上の求人からはなかなかスカウトが来ないようです。なお、年収500万円未満の人の場合、そもそも登録できないこともあることにも注意してください。

ヘッドハンターに関する評判は総じて高いと言えるでしょう。転職エージェントのなかには、紹介する業界のこともよく知らない人が担当になることもありますが、ビズリーチでそういうことはありません。業界を熟知したプロフェッショナルばかりですので、安心して任せられると評判です。

ヘッドハンターの質に多少のばらつきはあるものの、少なくとも信頼できないような人に当たることはないので、こちらの要望に適うだけの案件を紹介してもらえるチャンスは高いと言えるでしょう。

ビズリーチはハイキャリアにおすすめの転職サイト

年収によっては登録できないなど、ビズリーチはユーザーになるにも高いハードルが設けられています。つまり、厳選された人だけが利用できる転職サイトですので、ハイキャリアの人がさらなるキャリアアップを図るのにぴったりです。相談や応募など自ら動くには有料プランに加入する必要がありますが、そのコストに見合ったサービスを提供する転職サイトと言えるのではないでしょうか。

ビズリーチエグゼクティブ転職

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職エージェントです。

転職すると年収が下がるリスクを抱えながら転職活動している方も多い中、ビズリーチでは、最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。会員制だからこそ紹介できる非公開案件によって、年収・キャリアアップの両方を実現できます。

また会員はヘッドハンターを自分で指名することもできます。ビズリーチの大きな特色は、登録時に会員のスキルや現在の年収によって自動的にランク分けされます。
会員の利用料が一部有料となっていて、有料会員は機密の求人に自分で応募できるなどのメリットがあります。

※ビズリーチエグゼクティブ転職は、30代〜50代の現年収750万以上の転職希望者専用です。

ビズリーチエグゼクティブ転職へ無料登録

※ビズリーチは、30代〜40代の現年収500万以上の転職希望者専用です。

ビズリーチへ無料登録

JACリクルートメント

ミドル・ハイクラス求人に強いと評判のJACリクルートメントですが、調べてみると登録できる人が限られているという話も耳にします。実際に登録できても求人情報を紹介してもらえなかったという話もありますが、それは真実なのでしょうか。そんな気になる情報やJACリクルートメントの強み・弱みに迫ります。

JACリクルートメントは無料で登録できる転職エージェント

結論から言えば、JACリクルートメントに登録できる人が限られているという話はありません。他の転職支援サービスと同様に無料で利用できるサービスとなっており、登録に当たって何か条件が設定されているサービスではないのです。それではなぜJACリクルートメントに登録できる人が限られているという話が出てくるのでしょうか。

その答えは簡単です。この転職支援サービスは、ミドル・ハイクラス求人を対象としたものなので、人によっては登録しても求人情報を紹介してもらえないのです。

せっかく登録したのにサービスとしてまるで使うことができない。また、自分はこのサービスを適していないと宣告されるようなものなので、登録できる人が限られているという話に発展してしまったわけです。

それでは、どんな人に適した転職サービスなのでしょうか。

エグゼクティブ層で収入アップを目指している人向けのサービス

JACリクルートメントの利用を検討している人が注意したいポイントとして、この転職支援サービスはエグゼクティブ層を主に対象としている点があります。エグゼクティブとはその企業における上級管理職のことで、求められる求人情報も高いマネジメント能力や実績を重視したものになります。

実際にJACリクルートメントで紹介している求人情報も年収600万〜2,000万円となっていますが、それは管理者層を対象とした求人情報が多く集まっているからです。このように特化した求人情報を取り扱っていることが、質の高さにつながっています。

管理職としてしっかりと経験を積んでいるが、今の会社の評価では満足できない人が利用する転職支援サービスと考えれば、JACリクルートメントに対する評価も変わってくることでしょう。

そして登録自体は誰でもできるのですが、そもそもこのサービスに対して求人情報を登録している企業が求める人材ではないため、全然情報を紹介してもらえないという評価につながります。

もちろん管理職としての経験がほとんど無い人でも、JACリクルートメントを利用しての転職は可能です。しかしそのためには、条件的に厳しい状況でも積極的に転職活動をすることが前提になります。今の状況からステップアップしたいと考えており、自分にはそのための能力があると自負している人が頑張れば、サービスの良さに気づけるのです。

JACリクルートメントの強み・弱みは何か

JACリクルートメントの強み・弱みについての評価は、とてもシンプルです。

まず弱みについてですが、これは職歴の浅い人や専門性の低い人は求人情報を紹介してもらいにくいところになります。

ひとつひとつの求人情報は質が高くても、それらを実際に紹介してもらえるとは限りません。その人が職歴に対してとても高い能力を持っているならともかく、企業側が求める基準を満たしていない人に紹介しても転職できる可能性は低いです。JACリクルートメントを経由して応募してくるのがそういう人ばかりだと企業から見られたら、サービスの信用問題にも関わってくるのです。

もうひとつ弱みと言えるポイントとして、求人情報はそれほど多くないところがあります。

とにかくいろいろな求人情報を紹介してもらいたいと考えている人もいますが、JACリクルートメントは少数精鋭なサービスです。それは求人情報の数にも言えることで、質自体は高いものの数は少ないので、常に何らかの求人情報を紹介してもらえるとは限りません。そのため応募する時には、チャンスをしっかりモノにするくらいの気持ちで挑む必要があります。

強み・弱みということで次は強みになりますが、これは多くのポイントがあります。

JACリクルートメントで紹介される求人情報はとても質が高く、転職に対する意欲が高まるものばかりです。そして求職者と企業それぞれに対応する担当者は一人という「両面コンサルタント」体制も強みです。

求職者に対する担当者と企業相手の担当者が別だと、ニュアンスが上手く伝わらない恐れがあります。この問題を解消するため、一人の担当者が求職者と企業の間に立ってコンサルティングをしてくれるのです。

これだけのことをしてくれるコンサルタントなので、その知識や専門性の高さも評判が良いです。サポートの質はとても高く、最初から最後までしっかりと面倒を見てくれるため、求職者も企業も安心して利用できます。それだけのコンサルタントの数も限られており、それによって採用される見込みがない人が後回しにされる可能性も高く、弱みと表裏一体なところがあるのも事実です。

JACリクルートメントの強み・弱みは、ある人から見れば強みが多く見えますし、別なある人から見れば弱みが目立つことになります。つまり実際に利用してみてどういう対応を受けるのかによって、自分に対する評価がわかるのです。

さすがに露骨な対応をされることは少ないのですが、自分の能力や意欲をしっかり示せてこそ、高い評価ができる転職支援サービスだと知っておいてください。

JACリクルートメントを使って収入アップをするために

満足できる転職をするためには、積極的に行動する必要があります。転職での収入アップは魅力的ですが、受け身でいてはいけないのです。それではJACリクルートメントを利用するに当たって、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

まず重要なのは「転職に対して積極的であること」です。とりあえず登録だけをしておいて、何か良い求人情報があれば応募してみるくらいの気持ちでいたら、コンサルタントは情報を紹介してくれなくなります。

早く転職したい旨と、そのための条件をしっかりと伝えるようにしてください。具体的なビジョンを持って行動しているのかは、その人の転職意欲がどうなのかという評価につながります。その気持ちをしっかりと伝えている人なら、JACリクルートメントはしっかりと答えてくれます。

コンサルタントとやりとりをする時は、できるだけスピーディな返信を心がけるようにしてください。これもやる気に対する評価につながりますが、それ以前に限られた求人情報を紹介してもらえるのかの分かれ目になるからです。

ある求職者に対して紹介するためにキープされている求人情報があったとして、紹介しても反応が遅かったら別な人に紹介される可能性は高いです。企業や他の候補者を待たせてしまう行動は、自分の評価を下げることになるので気をつけましょう。

JACリクルートメントというサービスの本質を理解して転職活動を

JACリクルートメントを利用した人の評価は、「とても良かった」か「とても悪かったか」に分かれやすいです。それは、この転職支援サービスがどういうものなのかを理解して利用できているのかで変わります。

転職に対して意欲的な人に対してはしっかりと応えてくれるサービスなので、どういうタイプのサービスなのかを理解して、満足できる結果を出せる転職活動を行っていきましょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス人材紹介限定で事業を運営している老舗の転職支援サービスです。国内に9か所、世界11か国の拠点を持ち、10,000件以上の公開求人を保有しています。また、その内の海外勤務案件に関してはランキングでトップに輝いています。

特に、外資系や国内グローバル企業の転職に強いのが特徴ですが、IT業界にも強く、高年収・専門職・グローバルな厳選されたハイクラス求人を豊富に取り扱っています。

また、ハイクラス人材紹介事業に特化しているので、丁寧できめ細やかな転職支援サービスに定評があり、特に外資系の役員、経営幹部クラスの転職を希望する人に人気の高い転職エージェントです。

JACリクルートメントへ無料登録

まとめ

3社とも強みがあるので人それぞれですが、有料でガンガン動き希望以上の転職がしたい場合はビズリーチ、外資系企業を狙うならJACリクルートメント、情報量とサポートノウハウならキャリアカーバーになります。

自分にあった転職サービスかどうかは登録してみないとわかりません。選択肢を一つに絞らず、複数の転職エージェントに登録して、転職を成功に導きたいものです。