営業職から転職を考えている人へ

営業といえば会社の花形、といわれますが、営業職は厳しいノルマやサービス残業・休日返上での仕事などハードな仕事です。

人によって、向き不向きや好き嫌いが大きく分かれる職種でもあります。営業職として就職したけれど、どうしてもやりがいを感じられず前向きに頑張れない、自分には合っていないのではないか、と悶々としながら仕事を続けている人も少なくありません。

また、営業という同じ職種で他の業種にチャレンジしてみたい、というキャリアアップを目的とした転職をする人もいます。営業の仕事に自信があれば、年収アップを目指して外資系企業へのチャレンジも可能です。

ここではさまざまな理由で転職を考える営業職の方へ、転職活動を進めるためのポイントや転職市場動向などをお話しします。ぜひ参考にしてみてください。

営業職の転職市場動向・転職成功のポイント

有効求人倍率が好転し、大企業を中心に景況感が良くなってきた昨今、営業職の求人は採用ニーズが高まっています。また、営業職は業種を問わず必要とされる職種なので、常に人材不足と言われていてます。業種にこだわらなければ多くの求人情報がありますが、中にはブラック企業もあるので、要注意です。まずはその企業についてしっかり調べておくことが大切です。

営業と一言で言っても、そのスタイルは実に多様です。営業先は法人なのか個人なのか、売るものは何なのか、営業成績に対する評価制度はどうなっているのかなど、それによって職務内容も異なります。

営業職のキャリアやスキルを生かせば、未経験の業界を含め、幅広い業種への転職が考えられます。転職活動を始める前に、リテールセールorホールセール、どちらの経験が主なのか、マネージャーとして部下をまとめた経験があるのかなど、具体的なキャリアの棚卸をしておくことをおすすめします。そのほかにも、営業成績の達成率や数字、具体的なエピソードなどを話せるようにまとめておくとよいでしょう。

特に、営業職のコミュニケーション能力や行動力は、他の職種でも求められ、生かせるスキルです。その能力をうまく伝えられるとさらにアピール度が高くなります。

ブラック(悪徳)営業の体験談

私の後輩は、急にアパートの契約を打ち切られ、社宅有りの仕事を探していたところ、”パソコン展示販売・PC通信機器の営業スタッフ募集”の求人を見つけ即応募・即採用されました。IT系の仕事の経験がありスキルを活かせると思ったのですが、少々内容が違いました。

月曜・火曜休みで水曜日から出勤すると、営業研修を受けることになりました。内容はまずテレアポ研修、どうもインチキ臭い内容の営業トークを練習させられ、渡された名簿に片っ端から電話を掛けるのですが、事前に名簿の宛先に「当選しましたハガキ」を送っていて到着後に電話を掛けていき「プレゼントが当たったので受け取りに来てほしい」系の内容です。。( ̄□ ̄;)

今どきこんなの引っかかる若者がいるのか?と思いましたが、メールやSNSでも勧誘しているようで、「当選の問い合わせ」の連絡があり、まんまと営業所に呼び出しアポを取ることができたりします。
地方営業もあると聞いていましたが、週末に地方の社会福祉会館や公民館・ホールなどを借りて、PCの展示販売のようなセッティングで「プレゼントの受け取り」に来た若者に、PC販売の営業をしていきます。

いきなりPCを買わせるなんてもちろん不可能なので、会員制クラブに入会するとこのPCセットが貰え、海外旅行が7-9割引、国内リゾート・保養所が1000円〜、海外の結婚式場激安手配・子供が生まれたらお得な保険、新車のリース・温泉やゆうえんち等レジャー施設の優待券、ギフト商品半額、他社ネットショップを会員サイト経由で利用するとポイントが何倍も付くとか、、

よくある会員サービスと福利厚生サービスを組み合わせたような内容を説明して、このサービスが”一日コーヒー1杯分”で利用できてPCも貰えちゃいます。って感じです。

完全なアポイントメント商法でした、、労働環境がブラックではなく、仕事自体が悪徳ブラックな営業でした。
契約後に親と一緒に怒鳴り込んでくることもあったりしますが、意外にも契約を取れたりするので給料は普通です。
地方営業はバンで、男女2:2ぐらいのチームで回るので、土地々々で食べ・遊び、夜のお楽しみも有りの旅行気分で楽しかったりもしました。良心の呵責をあまり感じない人であればやってもいいかも知れません。

ホワイトかブラックか悪徳か見分けのつかない求人がたくさんあります。初めての転職で自力で仕事を探すとブラックに引き寄せられてしまうことも多いです。ブラックに当たらないようにするには、転職エージェントを利用するのが、一番確実です。

営業職におすすめの転職エージェント

効率的な転職活動には、転職サイトやエージェントの利用が欠かせません。時間を上手に使うためにも、自分の目的に合ったサービスを利用して転職活動を成功させましょう。転職活動におすすめの転職サイト・エージェントをいくつかご紹介します。

営業職は、リクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手リクルートエージェントは、転職成功率NO.1の転職エージェントです。保有している求人数が違い、さらにネットなどで閲覧できる公開求人よりも非公開求人を多く(全国20万件以上)抱えています。もちろんブラック企業が紛れていることはないので安心して利用できます。

情報収集にも役立ちますが、特に面接対策のセミナーや模擬面接など、採用試験で重視される面接に対するアドバイスをしっかり行ってくれる専任キャリアアドバイザーがいて、評判が良いサービスです。

まずはここに登録してみよう、という人も多く、転職活動をスタートさせるときの入り口にもぴったりです。
拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いです。

リクルートエージェントへ無料登録

マイナビエージェント×営業職

マイナビエージェント×営業職

信頼のマイナビブランドのSales&Marketing AGENTは、大手上場・優良企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界の営業職の転職に特化した転職エージェントです。人材、広告、医療、金融、不動産などの、法人・個人営業、代理店営業、海外営業・貿易営業、ルートセールス、内勤営業・カウンターセールス、営業企画まで、全国の求人情報と独占求人・非公開求人も豊富に揃えています。

営業職出身の業界に精通したキャリアアドバイザーがブレーンとなり、応募書類の準備から面接対策まで、一人ひとりのニーズにマッチした転職活動の全てをサポートします。

ワークライフバランスを考慮した求人や業界未経験の方の転職など、どのような環境で働きたいのか、どのようなキャリアを積みたいか、満足のいく転職を成功させるノウハウとサポートは定評があります。

マイナビエージェント×営業職へ無料登録

まとめ

いかがでしたでしょうか?

営業職の転職試験は、たくさんある職種の中でも展開がスピーディーなことで知られています。慢性的な人材不足の中、優秀な人材をいかに確保するかどの企業も必死です。面接の当日に合否連絡があったり、応募したらすぐに面接に来てほしいなど、選考のスピードが早く、面接の準備が間に合わなかったり面接のスケジュールに合わなかったりすると、チャンスを逃してしまいます

在職中の転職活動はスケジュール管理が難しく、せっかくのチャンスを逃してしまいがちです。営業職の経験を生かして転職を目指している人は、まず転職サイト・転職エージェントに登録に登録してみてはいかがでしょうか。