美容師の免許取得者は国内累計で約133万人もいますが、美容室に勤務は約55万人と半分以下です。
つまり、半分以上の人は美容師を辞めているか、美容室以外に転職しているということです。(2018年現在)

一般企業のように定年があったりするわけではなく、美容師は資格職なので幾つになってもできる「手に職」という職業ですが、実際のところ独立自営するので無ければ、美容室勤務は40歳定年と言われていたりもします

特に男性の理美容師は、全体の9割が20〜34歳で、35歳以上は1割、40歳以上はほんの僅かです。年収も平均500万円以下で、他の業界に比較すると非常に低く、ハードな勤務の割には定収入なのが美容師です。

美容師の転職理由

  • 手荒れの悪化や、腰を痛めたなど、体力的な側面
  • 休憩や食事の時間もない、平日も居残り練習等で遅くなる、土日も働くのが当然という労働環境面
  • 激務でハードな割には給与が少ないという収入面

特に男性美容師の場合は、結婚して家族の生活を支えるには将来的な収入が不安になり、安定を求めて別の業界へと考えることも少なくありません。美容師として店長になるか独立開業するか、美容師を離職するか、35歳が分岐点となります。

美容師の転職先はどこが多いの?

美容師が転職する場合、同じ美容院の転職が一般的で、サロンを変えることで、労働環境や収入が改善されるケースもあります

美容師が他の業界への転職を考えるなら、年齢は若い方が有利です。美容関係の業界であれば別ですが、まったく関係のない業界の場合は生かせる経験やスキルも少ないので、年齢が高くなると厳しいです。他の業界に転職する場合は、20代か30前半までが限界かもしれません

美容室などのサロン勤めでは無く、美容師のスキルを活かす転職先として「結婚式場の美容スタッフ」などブライダル関連があります。花嫁のブライダルヘアメイク、親族や参列者のヘアメイクや着付けなど、美容師のスキルを活かした転職先です。結婚式場の衣装室や美容室は、一般の街中の美容院ほど忙しくないですし、予定予約が決まっているというのもメリットです。

美容つながりで、エステティシャンに転職するケースもあります。若いうちなら未経験からの転職も比較的しやすい職種ですし、頭皮マッサージやツボ押しなど美容院のサービスや施術メニューにもありますので、マッサージ技術の習得はさほど問題ないとされています。さまざまな美容関連の知識が役立つことも多々ありますし、美容師のメジャーな転職先です。

美容師はオシャレ好きな人も多いので、アパレル関係に転職したり、ネイリストになる人も少なくありません。ヘアメイクやネイルを併設しているようなサロンも増えています。

美容師の転職活動のポイント

美容師から他の業界へ転職するには、年を重ねると厳しくなりますので、早いうちから必要なスキルや能力は磨いておく必要があります。何をするにもPCが扱えることは必須ですが、一般的な美容師にはPCスキルが皆無なケースが多いため、ある程度は勉強しておく方が良いでしょう。

転職回数が多いケースや、ブランクのある人、年齢が高めの人など、一般的に転職には不利ですが、条件として不利なこともポジティブに変換してアピールすることも可能です。

例えば、年齢が高めな場合は、「マネジメント経験」や「クレーム対応が得意」「高齢のお客様対応が得意」など、『年の功』を上手にアピールする方法もあります。自分の強みとしてアピールし、転職先サロンのニーズとのマッチング次第で貴重な人材となります。

今は、正社員だけでなく、パート・業務委託・派遣美容師など、美容師にもさまざまな働き方があります。美容師のための転職サイトや転職エージェントもあります。

美容関係の経験豊富な転職のプロのキャリアアドバイザーに、自分の強みを探して貰ったり、不利な条件をプラスに変えるPRのコツを相談するのも有効な手段です。

美容師におすすめの転職先

美容師の転職先としては、美容に関連のある職種の方がおすすめです。まったくの畑違いでは、今までの美容関連の知識や経験が生かせる転職先は少なく、敷居の高い転職となります。

美容師からの転職としては、アイデザイナー・アイリストというのも人気です。立ち仕事ではありませんし、手荒れの心配もありませんし、アイデザイナーは美容師免許が必須なので、高待遇で採用しているサロンも少なくありません。

大手チェーンの写真館やフォトスタジオなどで、ヘアセットやヘアメイクを担当する職種もあります。大手のウィッグ取扱店では、販売やメンテナンスをする職種、カット技術が必要な美容師免許所持者を募集しています。ウィッグを使用している顧客の自髪のカットやセットをしたり、髪や頭皮のアドバイス、ヘアケアサービス、ウィッグのメンテナンスなど、美容師の経験が生かせます。

男性美容師の転職では、美容関係のディーラー職が成功例が多い転職先です。美容院へシャンプーやトリートメント系の営業販売をする職種で、現場のことも分かり業界にも明るいですし、スムーズに転職できるケースが多く、活躍している人も多々います。

基本的に、美容師は接客業なので営業関連への転職はおすすめです。

転職サイトで仕事を探す

利用者数、求人数が圧倒的に多い転職サイト リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビネクストは、リクルートグループが2001年から運営する国内最大級の転職希望者の8割が利用する転職情報サイトです。求人の量・質ともに非常に充実しており、AI 技術を駆使したマッチングの仕組みから転職決定数も堂々の1位を誇る国内トップクラスの転職サイトです。

美容関係や、美容に関連のある求人もたくさん見つかります。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。

会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、職務経歴や希望条件などを登録しておくと、匿名スカウト機能で企業や転職エージェントからオファーをもらうこともできます。転職エージェントからのオファーには、非公開求人のオファーもあります。

転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXTへ無料登録