コロナが流行して経済に与えた影響は?

新型コロナウイルスが流行する以前に、誰もが感染対策を余儀なくされ、どこを見わたしてもマスクを着けた人しかいない状況になるとは、誰が想像できたでしょうか。皆さんもご存知の通り、新型コロナウイルスは発熱や肺炎の重篤な症状や死をもたらすだけではありません。経済の停滞に伴って、多くの企業で業績が前年度を下回った結果、給与や賞与の額にも影響を及ぼしています。

年収をアップさせたい、感染リスクの少ない職務内容に変えたいなどの理由で、転職を検討されている方も多いことと思います。しかし、専門家の間ではコロナの収束はまだ先になると言われています。この時期に急ぐと、転職失敗するかもしれません。転職失敗した方の原因は何だったのでしょうか。事例に基づいて原因を探り、そして対策を考えていきましょう。

コロナ禍の企業の採用状況とは?

現在、多くの企業は採用する余力があっても、このコロナ禍がいつまで続くか先行き不透明なことから、採用を見送っています。したがって、現在の求人情報は通常時よりも少なく、その中から選ぶとなると、必然的に選択肢が狭まります。

求人があった企業が、ちょうど働いてみたい業種、職種であれば良いのですが、よく考えずに給与面や業務時間だけで選んでしまうと、入社してから転職失敗したと感じることになるかもしれません。

コロナ禍で失業者が増えています

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って失業した人の数は、日に日に増え続けています。コロナウイルスは未だ猛威をふるっていて、収束がいつになるのか分からない状況です。そのため、失業者はこれからも増え続ける一方でしょう。

失業者の多い業種として顕著なのは、製造業、飲食業、小売業、宿泊業です。やはり、外出自粛などの影響を大きく受けた業種では業績が低迷し、やむなくリストラを決断せざるを得なかったようです。このコロナ禍に巻き込まれて失業された方、転職しようと思ってそれまで勤めていた会社を辞めたらコロナ禍になった方に共通して起きているのは、思うように次の会社が決まらないということです。このような方はどうすれば良いのでしょうか。

コロナ禍に失業された方がすべきこと

コロナ禍に巻き込まれて失業された方は、お気の毒だとしか言いようがありません。その会社で順調にキャリアを積み、これからもっと会社に貢献しようと頑張ろうとしていた矢先の出来事だったのではないでしょうか。寝耳に水の出来事に始めは戸惑い、コロナウイルスの脅威とともに不安な毎日を過ごしていらっしゃったことと思います。

そんな中で転職をしようとしても、焦るだけでなかなか決まらないという話は良く聞きます。まずは、冷静になって自分自身と向き合ってみましょう。転職しようと考えていた訳ではないので、このような時にどうすれば良いのか分からず戸惑っても当然です。まずは、落ち着いて自己分析をしましょう。

自己分析では、キャリアの棚卸しと自分の強みの言語化を行い、具体的なエピソードを交えて整理します。まず、キャリアの棚卸しとは、これまでの職歴やそこで培ったスキル、経験、実績などを詳しく書き出すことです。まだ入社して間もないタイミングで失業された方は、あまりピンと来ないかもしれません。

その場合は、学生の頃に取得した資格や習得した語学、その分野に関してなら語れるというような趣味や特技などの周辺知識を書き出すと良いでしょう。

次に、自分の強みの言語化とは、例えば他人に対しては、プレゼンテーション力、分かりやすく伝える力、協調性を発揮できるなど、これまでの自分を振り返って、強みだと思える能力を書き出します。自分自身に関しては、粘り強さや感情をコントロールする力や柔軟性などを、課題に対しては、論理的思考力や広い視野で捉える力、さらに正確性などどんなことでも構わないので、自分に当てはまると思う強みをたくさん書き出していきましょう。

キャリアの棚卸しと自分の強みの言語化ができたら、自分にはどんな傾向があり、人にアピールできる強みとは何なのかがはっきりしてくるはずです。それを具体的なエピソードを交えて整理すると、履歴書や面接において、あなたがどんな人間なのかがより伝わりやすくなります。

それまで勤めていた会社で努力を重ね、実績を積み上げてきた方なら、自分の強みをエピソードを交えてアピールすることができれば、採用される確率はぐんと上がります。

具体的なエピソードを交えて自分の強みをアピールできれば、あとは自分に合う企業分析を行います。そして、新しく勤める会社に譲れない絶対条件と希望条件を定めましょう。それに見合う企業を探しますが、覚えておいていただきたいのは、業務時間が短い、職務内容が簡単そうなど、一度楽な方に流されてしまうとこれまで積み重ねてきたキャリアを下げてしまうということです。

客観的な視点を持ち、10年先、20年先の自分のキャリアまで見据えて、就職したい企業を探しましょう。

転職する時に一番リスクの少ない方法とは?

転職しようと思ってそれまで勤めていた会社を辞めたら、コロナ禍によって求人状況が一変して、思うように転職できなくなってしまった方もいらっしゃると思います。転職を考える時には、必ず実行したい順序があります。その順序とは、まずは現在の会社に勤めながら自己分析したり、求人情報を集めます。

そして、次の勤め先が決まってから辞めます。一見、現在働いている会社に不義理のように感じるかもしれませんが、この順序が一番リスクの少ない方法です。次の勤め先が決まる前に現在の会社を辞めてしまうと、収入が途絶えてしまいますし、次の勤め先がなかなか決まらないと、金銭的にも精神的にも焦りが生じます。

その結果として、自分の転職目的や希望条件に合わない企業に妥協して入社し、勤めたもののやはり肌に合わずにまた辞めてしまうということが考えられます。一方で、妥協せずに転職活動が長引くうちに活動自体が嫌になってしまうこともありえます。

また、失業期間が長くなればなるほど、また就職活動を再開した時にブランクが気になるという方もいます。新しい勤め先を決める前にそれまで勤めていた会社を辞めてしまった方は、過去には戻ることはできません。自己分析や企業分析をしっかりと行い、地道な転職活動を続けていきましょう。

ブランクが気になる時の対策とは?

企業が求人を出す時、その会社に貢献してくれる優秀な人材を求めています。そのため、採用担当者は応募者のことを落とすことを前提に粗探しをするのではなく、採用して一緒に働くことをイメージしながら接します。ですので、ブランクが気になるという方は、面接で必要以上に緊張したり、自分なんてどうせ落とされるだろうと卑屈になる必要はありません。

ブランクがあったことを自分自身が納得したかたちで受け止めているならば、堂々としていても構わないのです。ただ、退職からの現在までの期間が長くなった理由は、必ず聞かれることが予想されます。すらすらと説明できるようにあらかじめ回答を用意しておきましょう。

ブランクがあることに何か理由があるのならば、正直にそれを説明すればいいです。一方で、もし特別な理由がないのなら、取り繕わずにその期間に何をしていたかを説明しましょう。

以下は一例です。

「在職中はまとまった時間を取ることができず、将来のキャリアについて深く考えることもできなかったため、一旦退職することにしました。その後、情報収集をしたり、友人の紹介でこの業界の方の話を聞いたりしていうちに、新型コロナウイルスの影響が強くなりました。

しかし、コロナ禍で新しい生活様式になっていくにしたがって、この業界の重要性を強く感じ、以前より志望度が高くなりました。現在、御社に勤めることができたら即戦力になれるように、〇〇の資格の勉強を進めています。」

このようにブランクがあるのは、働くことに意欲的でなかったのではなく、働く目的を明確にするために必要だった期間であることや、働く機会をもらえたら「こんなことでお役に立てます」「〇〇で活躍してみたいです」というように、積極的な姿勢を見せることが大切です。

もしかすると、話した内容について、企業の採用担当者が更に質問を重ねてくるかもしれません。しかし、そこには困らせてやろうというような魂胆は全くありません。困らせるどころか、あなたに興味を持ってくれたということなので、目を泳がせたり、おどおどせずに正直に答えましょう。中には答えにくい質問もあるかもしれません。

その時は「申し訳ございませんが、それについてはうまく回答できません」と正直に言っても、それが原因で落とされることはありません。採用担当者が質問の仕方や質問の内容自体を変えたりして、面接は終了します。

年収だけで転職先を決めたらどうなる?

それまでの年収に不満を抱いていて転職を希望されていた方が、今よりも年収が100万円上がるというだけで選んだ職種は、重い責任が伴う失敗が許されないミッションやプロジェクトをいきなり任されたり、高い目標額が設定されていました。いつの時代もお金を稼ぐということは、決して楽なことではありません。

特にこのコロナ禍では、企業としては新たに採用するなら即戦力として業績アップに繋がる人材を求めています。高い年収を提示された場合、それに見合う職務を遂行できるか自分の能力を考えてみましょう。スキルアップを図りたくて挑戦するのなら構いません。

しかし、自分はもっと稼げるはずだと根拠もなく自信を持っているのなら、このような転職は思いとどまった方がいいかもしれません。

業務時間の短い会社に転職すると

それまで勤めていた会社は残業時間が長く、趣味の時間や家族と過ごす時間を確保できなかったという理由から、残業時間がなく定時で帰ることができる企業に転職された方がいます。そのような企業に勤めると、確かに業務時間が明確に定められ、仕事とプライベートの区別を付けることができます。

ただし、コロナ禍では仕事帰りに思うように出掛けることもできず、おうち時間を楽しめる方でなければ、時間を持て余すことが考えられます。その上、残業代としてもらっていた給与がまるまるなくなったので、その分の年収は下がってしまいます。

しかし、外食の頻度や車の所持など、一度上げてしまった生活レベルはなかなか変えられないものです。そうすると結局、収支が合わず、すぐにまた転職する羽目になってしまいます。

新しい職務内容に挑戦してもうまくいく?

それまでの接客をメインにした職務内容が好きになれず、自分には向いていないと感じて、全く新しい事務系の職務内容の企業に転職された方がいます。新しいことに挑戦するのは前向きで素晴らしいです。しかし、転職先の職務内容が未経験である場合は、慣れるまでに時間が掛かったり、しばらく経ってから自分には合わないことが判明する可能性があります。

また、コロナ禍では在宅ワークを導入する企業が増えています。在宅ワークでは、仕事の進め方が分からない時に、まだ人間関係を構築できていない先輩社員に質問しづらく感じることがあります。どうしてもやってみたいと思っている場合を除けば、全く新しい職種に挑戦するのはリスクを伴います。

それよりは、これまでの職務経験を生かすことができる転職先を探す方が、新しい職場に早くなじむことができるでしょう。

すぐにまた転職するのってアリ?

職務が気に入らないと、すぐにまた転職される方がいらっしゃいます。大切なのは自分自身なので、我慢して無理をしてまで働く必要はありません。しかし、日本では短い職歴で転職を繰り返し、履歴書の経歴欄がぎっしりと埋まっている人は、採用する企業にとっては敬遠しがちな対象です。

採用されにくくなるとその結果として、給与などで妥協が生まれ、転職を繰り返せば繰り返すほど待遇が悪化していくことが多いです。会社に勤めていると、別の会社の方が働きやすく見えたり、待遇が良さそうに見えることがあります。しかし、だからと言ってすぐに転職を決断するのではなく、まずは、現在の職務に真剣に向き合い、一つでいいのでやりがいを見つけてみましょう。

また、飽きっぽい性格の方は転職に積極的な傾向があります。仕事は、一通りの流れを覚えたらおしまいではありません。新たに目標を設定したり、その仕事の先にいる顧客のことをイメージすることによって、仕事の質を高めることを考えてみてはいかがでしょうか。自己分析をしっかりと行い、今回が最後だという決意のもとに慎重に転職することが、転職を成功させる一番の近道です。

コロナ禍の転職にはプロを力を借りるのが得策

一度、会社員を離れてからなかなか仕事が決まらずお悩みの方には、転職活動を効率的にすすめるために転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントは、転職活動における様々なサポートを提供する転職支援サービスで、企業と応募者の橋渡し役として転職活動を幅広くサポートしてくれる心強い存在です。

具体的には以下のようなサービスを提供しています。

  • 利用者のスキル・経験・希望に応じた求人紹介
  • 応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削
  • 面接の日程調整
  • 面接対策(面積スキルチェック・模擬面接など)
  • 給与・待遇面での交渉
  • 入社後のアフターサポート

転職エージェントに登録すると上記のサービスを全て無料で受けることができます。そこで、まずは気になる転職エージェント複数に登録して実際に利用してみて、それぞれを比較した上で自分に合ったサービスを選ぶのがおすすめです。登録・利用は無料なので、是非ご自身に一番合ったエージェントを厳選してみてください。