「リクルートエージェントに登録したのに面談してくれない」、「面談後に連絡が来なくなった」、「紹介できる求人がないと言われた」このような場合は、暗にサポートを断られている可能性が高いです。

ここでは、リクルートエージェントが転職希望者を断る理由リクルートエージェントで断られた人におすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェントで面談なしで対応されたという人は、ぜひ参考にしてみてください。

もしかしてお断り?リクルートエージェント「登録したけど面談なし」の真相

「紹介できる求人がありません」はお断りとみて間違いなし

リクルートエージェントの登録基準

明確な登録基準は公表されていませんが、TOEIC700点以上、年収500万円以上が目安です。最終的には職歴やスキルなど、その他の要素も含めて総合的に判断されることになります。

登録後の連絡内容でサポートの可否が分かる

リクルートエージェントにサポートしてもらえそうかどうかを判断するには、登録後の連絡内容で分かります。担当者の本気度によって、最初の連絡で指定される面談場所が異なるからです。

ほとんどの人は、自社の面談ブースでの面談に誘われることになります。サポートをする気はあるものの、それほど重要な人材ではない場合に、自社の面談ブースで面談します。

リクルートエージェントがもっとも本気になっているときは、ホテルや喫茶店で面談を行います。

そして、電話面談をすすめられるようなら、リクルートエージェントにとって優先順位が最下位ということです。

電話面接と言われたら要注意

「面談は電話で」と言われたら、サポートはあまり期待できないと判断した方が賢明です。速やかに他のエージェントに乗り換えた方が、時間をムダにせずに済みます。

ただし、介護職のように、採用のハードルが低く、なおかつ人材が多く必要な職種を希望している場合は、サポート対象となる人も電話面談になることがあります。こうした職種の求職者は、なるべく多くの人数を効率よく支援する必要があるからです。

リクルートエージェントは転職希望者の絞り込みがシビア

知名度の高いリクルートエージェントには、大手内資系企業から外資系企業まで、求人募集の依頼が非常に多く集まります。それらの依頼に対し、企業のニーズにマッチした人材を紹介できなければ、企業からのリピートオーダーが取れなくなってしまいます。

そのため、転職エージェントの中でも登録条件が厳しく企業に紹介する転職希望者の絞り込みもシビアです。

登録基準以外にもお断りされる理由

登録基準を満たしていても、「条件に合う求人がない」「紹介できる求人がない」と言われてしまうことがあります。登録条件以外で求人の紹介を断られる理由としては、以下のものが挙げられます。

転職回数が多すぎる
企業に紹介できるだけの資格やスキルがない
芸能人や郵便局員など、職歴が特殊
一つの会社の勤務期間が短い
30代以上でマネジメント経験がない
年齢に見合った能力がない

無慈悲!初回面談は手応えがあったのにその後連絡なしのパターン

面談にこぎつけても、そこで「企業に紹介できる人材ではない」と判断されると、その後連絡が来なくなります。「連絡します」と言っておきながら、連絡しないパターンもあります。

「連絡します」と言われたときは、いつまでと期限を区切り、約束の期日に連絡が来ないようであれば、こちらから連絡して様子を探ってみましょう。

リクルートエージェントにお断りされたときの対処法

「3か月の間に紹介できる求人があれば連絡する」は待つだけ損!

「3ヶ月以内に紹介できる求人があれば連絡する」と言われることもありますが、その場合は断られたと判断し、別の転職エージェントに乗り換えた方がよいです。リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月なので、素直に待っていると時間のムダになってしまいます。

リクルートエージェントで断られてしまう人は、大手ではなく、中堅の転職エージェントも視野に入れてみましょう。中堅の転職エージェントにも、非公開求人をはじめとする優良求人をたくさん抱えているエージェントもあり、大手に比べると登録基準がゆるいです。

必ず面談してくれる転職エージェントに相談しよう

リクルートエージェントで断られてしまったら、「必ず面談してくれる転職エージェント」に相談してみましょう。転職エージェントの中には、転職希望者のスキルや経歴にかかわらず、誰でも面談が受けられるエージェントもあります。

そうしたエージェントで面談してもらい、転職について相談することで、転職成功への道が開けやすくなります。キャリアコンサルタントに面談してもらうことで、自分の市場価値が分かるので、自分に合った転職活動を進められるようになるからです。

履歴書や職務経歴書などの書類対策や面接対策といったサポートも、リクルートエージェントなどの大手と同様に受けられます。

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

全国展開のdodaグループで業界No.2の転職エージェントです。
転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアについて一緒に考えてくれるのがウリです。

紹介される企業情報もかなり詳細なので、条件を比較して応募する企業を選ぶこともできます。複数企業にまとめてエントリーできる仕組みなので、数多くの企業に応募して可能性を広げたい人にはおすすめです。面接対策や応募書類の添削といったサポートの質にも定評があります

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。
今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。
※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用して転職に成功しています。

dodaへ無料登録

リクルートが運営する就職shop

就職Shop

最大手リクルートキャリアが運営する、既卒や第二新卒、フリーターに特化した就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも様々な業界や職種の未経験歓迎の求人を多く取り扱っていて、経験のない職種への転職もしやすいです。実際に、就職決定者の7割が未経験の職種についています。

また応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。すでに登録者は17万人を突破していて、利用者の9割が20代なので若い人が利用しやすく、専任のキャリアコーディネーターが書類や面接の対策をサポートしてくれます。

さらに業界の特徴や仕事内容を学べる少人数セミナーも行っているので、自分の知らない業界への知識もつけられます。また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

求人は全国対応で、面談拠点は首都圏と関西圏になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職shopへ無料登録

まとめ

リクルートエージェントが対応してくれないときは、登録条件などを満たしていないために、「企業に紹介できない人」とみなされている可能性が高いです。そのような場合は、速やかに他の転職エージェントに乗り換えた方が効率的です。

リクルートエージェントで断られた人は、必ず面談してもらえる転職エージェントを選ぶのがおすすめです。キャリアコンサルタントと面談することで、自分の市場価値などが理解できて、自分に合った転職活動を進められます。