「経歴やスキルには自信があったのに、マイナビエージェントに断られた」…。こんな人は、年齢が理由で断られている可能性があります。マイナビエージェントは、30代後半以降だとサポートを受けるのが難しくなります。

ですが、30代後半以降でも、条件のよい求人を紹介してもらえる転職エージェントもあります。ここでは、マイナビエージェントに断られた30代・40代の人が、どのような転職エージェントを選べばよいのかを解説します。転職を成功させたいミドルは、参考にしてください。

小一時間かけてエントリーしたのに・・・マイナビエージェントでまさかの登録拒否?

無慈悲!マイナビエージェントの登録に必要なのは「若さ」

マイナビエージェントは、30~40代は断られる可能性が高い転職エージェントです。マイナビエージェントで扱う求人は、20代前半~せいぜい30代前半までをターゲットにしたものが多く、30代後半や40代が応募できる求人は非常に少ないからです。

スキルが高い人でも、年齢が高いとマイナビエージェントは難しいです。また、若手重視なことから、求人企業も中小企業が多く、大企業の求人は少ないです。

「40代はサポート対象外」などと明言しているわけではありませんが、公式サイトのトップページにも、他のエージェントのような「40代の転職」「ミドルの転職」的な記載がありません。若手でない人の支援は、やる気がないものと思った方がよいです。

ただの第二新卒「フレッシュさん」ではお断りに遭う可能性も

マイナビエージェントでは、若さだけでなく、転職希望者のキャリアも非常に重視されています。第二新卒の転職で首位のエージェントですが、第二新卒でも、「企業が欲しがる、能力の高い人材」でなければ、ほぼ相手にされません。

業界未経験OKの求人も扱ってはいますが、現職の種類やこれまでのキャリアによっては、それすら紹介してもらえない場合もあります。

「条件に合う求人があったら連絡します」と言われることもありますが、この場合も、ほとんど連絡は来ません。マイナビエージェントがすぐに求人を紹介してくれないようであれば、早々に見切りをつけ、他の転職エージェントに乗り換えた方がよいです。

マイナビエージェントで散った30代40代はどう転職活動をスタートする?

「求人数」と「年収アップ」をキーワードに転職エージェントを選ぶべし

マイナビエージェントで断られても、単純に年齢が高い=市場価値がないということではありません。ですが、30代以降の転職では、転職エージェントの利用が必須になります。

転職サイトなどで求人を探す方法では、年齢制限に引っ掛かってしまい、応募できる求人が見つかりにくいからです。

30代・40代になると、求人の質も転職エージェントによって異なってくるため、幅広い業界に多くの求人を持っている転職エージェントを利用するのがおすすめです。

また、年収交渉に強い転職エージェントを選ぶことも大切です。年収交渉に強い転職エージェントを利用することで、キャリアアップにも繋がりやすく、納得いく転職ができる可能性が高くなります。

30代40代の求人豊富!おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数が業界最多の転職エージェントです。対応している業種・職種が幅広く、さまざまなジャンルの求人があります。市場価値が高い人であれば、30代・40代でも求人の紹介が受けられます。

大手企業の求人を中心に、良質な求人が多く、非公開求人が約20万件あるので、ハイキャリア向けの求人も豊富です。海外求人も約500件あります。

サポートがスピーディーで、転職が決まるまでも早いです。

ただし、年齢に見合ったスキルがない人の場合は、求人の紹介を受けられない場合があります。リクルートエージェントでもサポートしてもらえない場合は、スキルを問わずサポートしてくれる、中堅の転職エージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェントへ無料登録

まとめ

マイナビエージェントは20代がターゲットなので、30代後半や40代だと、求人を紹介してもらえる可能性はほとんどありません。

しかし、30代・40代の転職では、転職サイトでは対象になる求人が少ないので、転職エージェントの利用が必須になります。30代以降の人は、「求人数」と「年収アップ」をキーワードに、30代後半以降もサポートしている転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

最大手のリクルートエージェントなら、キャリアやスキルに見合った高案件が見つかりやすく、ミドルの転職もサポートしています。