マスコミや広告業界へ転職を考えている場合、マスメディアンに登録しようかどうか、迷う人も多いのではないでしょうか。マスメディアンは、大手転職エージェントとしてよく知られていますが、利用したことがなければ、どのようなサービスになっているのか、本当に転職できるのかなど、気になる点がたくさん出てくると思います。ここでは、マスメディアンについて、サービス内容や良いところ、そして評判などご紹介します。

転職が有利になるサービスを展開しているかどうか、知りたい時の参考にしてください。

マスメディアンとは

マスメディアンは、広告やマスコミなど、特定の職種に特化した、転職エージェントです。マスコミ系への転職エージェントとして多くの人に認識されていますが、広告業界の他にもデジタル分野やWeb、マーケティングなどの職種も取り扱っています。マスメディアンを運営しているのは、広告業界で長年出版業を営んでいる宣伝会議グループで、2001年にサービスを開始しました。

クリエイティブ・マスコミ・マーケティング関連の専門誌「宣伝会議」「販促会議」「ブレーン」「広報会議」等を発行する宣伝会議のグループ会社です。宣伝会議グループが持つ業界のネットワークを利用し、2001年サービス開始以来、利用者を着実に増やしてきました。

マスメディアンの取引先は多く、その数は約2,500社とも言われています、中には誰でも一度は聞いたことのある大手企業も含まれているため、マスメディアンを利用して転職しようとするユーザーも少なくありません。

マスメディアンは、これまで4万人超の転職者を支援してきました。転職を希望している人は、無料でメスメディアンのサービスを利用でき、利用するにはマスメディアンのサイトに転職支援サービスの登録をします。登録すると、キャリアコンサルタントがヒアリングを行い、経歴やスキル、希望する職種などから、これまでの転職支援実績から培ったマスコミ業界転職ノウハウと、宣伝会議のネットワークを駆使した人脈・情報・ネットワークで、希望にマッチする求人を紹介してもらえます。

求人先の企業と話がまとまると、書類選考、面接へと進み、キャリアコンサルタントは、面接の日取りを調整するほか、面接にも同席するなど、転職志望者に手厚いサービスを提供しています。内定を得ると、キャリアコンサルタントは、求人先の企業と給与などについて交渉を行い、転職志望者が安心して入社できるようサポートを続けます。

マスメディアンの良いところと悪いところ

マスメディアンの良いところと悪いところについて、それぞれ解説します。
良いところと悪いところを事前に知ることで、自分の条件にあったサービスかどうかがわかるでしょう。

良いところ

マスメディアンは、広告業界の大手が運営しているサイトで、安心して利用できるという点が大きなメリットになるでしょう。転職という、人生の中で大事な選択をするわけですから、利用するなら信頼のおける転職エージェントであることが条件です。運営元の宣伝会議グループは、独自のネットワークと業界での実績、人脈、ノウハウなどを使い、転職者を全面的にバックアップしますので、マスメディアンは非常に心強い存在と言えるでしょう。

転職志望者を直接サポートするのはキャリアコンサルタントですが、転職に関する経験と自責を背景に、手厚いサポートが期待できます。大手転職エージェントということだけあり、転職の案件が豊富で、特に「マスコミ」「広告業界」「ウェブ業界」の案件は、その分野でもトップクラスの求人数を有していると言われていますので、該当する分野に転職を決めている場合は、利用価値の高いサービスとなるでしょう。

マーケティング関連など、他の分野の求人も取り扱っていますので、気になる場合は利用を検討してはいかがでしょうか。マスメディアンは登録から転職先の斡旋、そして入社まで、キャリアコンサルタントがサポートしています。登録した人を最後まで責任を持って支援してくれますので、転職に必要な労力の負担が軽減されます。
※登録者の職種、年齢層

悪いところ

マスメディアンは、広告業界など特定の分野に関する求人が多いというメリットがありますが、裏を返すと「利用できる業種が限られる」ということになります。もし幅広い業種から仕事を見つけたいという場合は、使いづらさを感じるかもしれません。

マスメディアンには、マスコミ業界の転職に実績のあるコンサルタントが多数在籍していますが、人間同士なので、相性の善し悪しが問題になることもありますが、マスメディアンも例外ではありません。コンサルタントと、どうも歩調が合わないと感じたら、我慢せずに変えてもらいましょう。

マスメディアンの評判について

マスメディアンを実際に利用した人たちは、どのような感想を持っているのでしょうか。ネット上にはマスメディアンについての口コミや評判が投稿されています。良評判と悪い評判について、それぞれまとめてみました。

良い評判

ウェブ業界・マスコミ業界・広告業界に転職を志望する人たちからは、マスメディアンを利用してよかった、という評判が多く寄せられていました。関連業界にネットワークを持ち、転職案件の多さが高評価の理由になりますが、コンサルタントから、条件にあった求人を紹介される確率が高いようです。

良い評判の裏には、コンサルタントの資質や対応の良さが見られます。マスメディアンを高く評価している口コミの多くは、コンサルタントが親身に相談に乗ってくれた、といったもので、サービスに登録した時点ではぼんやりとしか転職を考えていなかったけれど、コンサルタントと話し合いを重ねていくうちに、どの企業に就職するべきかが明確になった、というユーザーもいました。

話し合いを十分に重ねた上で選んだ転職先は、転職前に描いていたいメージとのギャップが少ない傾向にあります。転職前後でギャップが差があまりないというのも、キャリアコンサルタントが、企業と転職を志望する人を上手くマッチさせていると考えられます。転職に関するスキルだけでなく、キャリアコンサルタントは、業界についても深い知識を持ち、それが高評価につながっています。

同じ業界でほかの会社に転職を考えているユーザーも多くいますが、それでも転職は不安を伴います。そうした時に、業界や転職について豊富な知識を持っているキャリアコンサルタントは頼もしい存在です。コンサルタントの的を射たアドバイスで、良い転職先に出会えたという口コミもありました。

マスメディアンは、Uターン就職にも強く、地方の求人にも対応しています。これも幅広いネットワークと、業界トップクラスの求人数を誇るサイトだからこそできるサービスと言えるでしょう。

悪い評判

マスメディアンを利用しても転職先が見つからなかった、求人先を紹介してもらえなかった、という評価がネット上にありました。転職先が見つかる・見つからないというのは、運やタイミングなどにも関係してきますので、一概にサイトが悪いということではありません。どちらかというと、未経験よりも経験者のほうが、転職先が見つかりやすいようです。

これは、未経験を受け入れる企業が少ないというのが理由に挙げられます。未経験の場合、企業にアピールできるスキルや経験がないため、求人を紹介されにくいというデメリットがあります。マスメディアンの評判は、コンサルタントの対応に支えられている部分が大きいですが、希望する求人を紹介してもらえなかった、連携がうまく取れなかったという声も、ネットに投稿されていました。

転職を成功させるには、キャリアコンサルタントとの相性は重要であることがよくわかります。

まとめ

マスメディアンについてご紹介しました。マスメディアンは、広告業界に特化した転職エージェントで、コンサルタントによる親身なサポートに特長があります。この特長を理解して利用すれば、転職が有利になることが期待されます。

広告業界内で転職する、または広告業界での経験を活かした職種に就きたいというのなら、マスメディアンは理想的です。知識と経験豊富なキャリアコンサルタントのサポートを受けながら、転職を成功させていきましょう。

マスコミ業界転職ならマスメディアン

経験を活かして広告・マスコミ業界でキャリアアップ転職したいなら、業界に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。広告・マスコミ業界に特化したエージェントであれば、マスコミ業界に精通したキャリアコンサルタントが在籍していますので、どの企業なら経験やスキルを活かせるかを踏まえて求人を紹介してもらえます。

業界向け雑誌を発行する「宣伝会議」のグループ会社で、広告・Web・マスコミ業界に特化した転職エージェントです。業界内での認知度が高く、広告・Web業界では2,500社以上の企業と取引しており、大手ブランド・メーカーにも転職実績があります。特に広告業界への転職実績は、専門特化型エージェントの中でも上位です。

Web編集者(コンテンツディレクター)、書籍編集者、雑誌編集者、漫画編集者などの求人が揃っています。「広告・マスコミ業界に特化した他社と比べても一番求人が多い」といった口コミも見受けられます。

設立2001年の株式会社マスメディアン
マーケティング・デジタル・WE・クリエイティブ職種専門転職エージェント
全国対応:20代〜40代、東京、名古屋、大阪、福岡、金沢に拠点があります。
関東・関西・東海・九州・北陸へのUターン・Iターン転職個別相談会等のイベントを各地で開催しています。

マスメディアンへ無料登録