イラストレーターとは

イラストレーターは、イラスト作成を仕事にしている職業です。一般的にはクライアントからの依頼を受けてイラスト作成を行い、納品して報酬を受け取ります。絵が好きであればやりがいの大きい職業でしょう。

イラストレーターと一言に言っても、工業製品の図案に特化したテクニカルイラストレーターであったり、医療系資料で求められるメディカルイラストレーターであったりと、専門分野によって呼称がさらに区分けされています。


業界ごとに多種多様なイラストが求められており、イラストレーターは需要の落ちない職業です。現代日本でインターネットを覗いていたり、街を歩いていたりすれば、イラストが目に入らない日はないでしょう。

イラストを趣味にしている社会人も多く、副業でイラストレーターをしている会社員や、アルバイト感覚でイラストの依頼を受ける学生もいます。副業であっても充分な額を稼ぎ、あるいは本業としてイラストレーターで生計を立てるためには、いくつかの方法があります。

イラストレーターになる方法

イラストレーターを始めるには、2つの方法があります。1つ目はデザイン事務所などにイラストレーターとして雇ってもらうこと、2つ目はフリーランスのイラストレーターになることです。

たとえば、広告デザインやゲームなどの分野では日々イラストが求められており、デザイン事務所や広告代理店、ゲーム会社はイラストレーターを取りそろえて業務にあたっています。実力がものをいう世界であり、優れた絵が描けるだけでなく、所属先で求められているふさわしい絵柄でどれだけ早く描けるかが鍵になります。

その他にも様々な業界がありますが、企業などへ雇ってもらえると、安定した給料が手に入ります。採用までにどれほどの実力があるかも見られますが、働きながらさらにスキルアップが目指せます。仕事は所属先から渡されるものであり、同僚とともに適切な絵柄やデータでの納品を行うのが業務になります。

こうしたイラストレーターを目指すのであれば、自分に合ったデザイン会社や広告代理店、ゲーム会社、その他企業を探し、イラストレーターの求人に応募してみましょう。

一方で、フリーランスのイラストレーターであれば、極端に言えば、ペンと紙、そしてクライアントとの連絡手段があれば、すぐにでも名乗ることが可能です。デジタルでのイラストで勝負するのであれば、パソコンや専用機材、ツールが必要となります。フリーランスの場合は、自分のイラストを各所へ売り込み、己のみで仕事を見つけ、納品して案件を終わらせて、初めてイラストレーターの収入を得られます。

どちらの方法も、採用されるかどうか、または仕事を見つけられるかどうかは、前提としてイラストを描く力量の土台が必要になります。しかしながら、かなり高度な絵を描けなければなれない職業でもありません。イラストの需要は広く存在しているため、転職のための準備をしてから挑戦すると、本業イラストレーターとして新たに活動することは可能です。

イラストレーターへ転職するための準備

働きながらでも通えるイラスト系スクールに通うのは、イラストレーターへ転職を考えている社会人にとって、画力向上の手段になります。たとえば、イラスト制作によく使用されるデジタルツールの「Illustrator」や「Photoshop」の使い方などは、一から独学で学ぶよりも、スクールで講師から教わった方が素早く腕を磨けます。

インターネットに載っている間違った知識に惑わされることもなく、希望する業界や働き方に合ったイラストの描き方が学べる方法です。スクールへ通うデメリットは、お金がかかる点と自分に合わないスクールもある点、学ぶだけでは必ずしも転職に結びつかない点が挙げられます。

本格的に転職活動を始めるときには、どこかへ所属するイラストレーターになりたい場合、転職サービスを利用するとよいでしょう。特に、デザイン業界の求人を集めた特化型の転職サイトや転職エージェントを利用すると、希望にかなうイラストレーターの求人が見つかりやすくなります。

また、自分はこうしたイラストが描ける人材であると示す、制作作品をまとめたポートフォリオの補助サービスのある転職サービスもあります。デメリットは特にありませんので、本格的利用までいかない段階でも、まず登録だけしてみるのもありです。

ポートフォリオを用意するのは、イラストレーターを目指すにあたって重要なステップです。ポートフォリオ専用のサービスは、有料のものもあれば、無料で使用できるものも存在しています。イラストを描かなければイラストレーターにはなれません。勉強したり、転職の準備を進めたりしながら、イラスト制作を進めて、ポートフォリオを充実させましょう。

フリーランスのイラストレーターになる

フリーランスでのイラストレーターを目指す場合には、最初からフリーランスになる道と、どこかへ所属してから独立する道があります。後者であれば、イラスト制作のノウハウを学び、人脈を作った後でのフリーランスですので、仕事が見つけやすいメリットがあります。ですが、最初からフリーランスを目指して現役イラストレーターになっている人もいます。

フリーランスになると、収入は不安定なものとなります。最初は副業として稼ぎつつ、本業へ転向する場合もあります。イラストレーターを本業にして食べていけると思えるまでは、並行して別の収入を得ましょう。転職への準備を続けるだけでなく、イラスト制作の依頼を少額のものでも受けてみると、その後ポートフォリオでアピールできる実績にもなり得ます。

依頼が舞い込むようになれば、このイラストの仕事がしたいと思える依頼を自分で判断し、選びとることができます。継続での依頼が何件かあると、フリーランスでの活動も安定していきます。もしイラストを描かない前職であったとしても、イラストの需要はそこかしこに眠っているものです。安定した本業イラストレーターを目指し、知り合いや見知らぬ業界へも臆せず、自分を売り込んでいくのがフリーランスで働くにあたって重要な点です。

フリーランスでのイラスト制作は、依頼相手との交渉に始まり、仕事場の環境づくりや必要なツールの取り揃え、制作時間の管理などの細かい部分をすべて自分でこなさなければなりません。企業や事務所所属で働くと、自分が決断できないことの方がストレスになるかもしれず、フリーランスのメリットであり、同時にデメリットであると言えます。

フリーランスのイラストレーターは、向き不向きが大きい職業です。ただ絵が好きなだけでは、むしろ日々の暮らしに嫌気がさしてくる場合もあります。依頼相手がどのような要望を持って来ているのか、会話から探っていく必要もあり、コミュニケーション能力も問われます。

ぱたりと依頼が来なくなる時期もあるでしょうし、売り込み方法がまずければそんな状況が長引いてしまう可能性もあります。しかし、会社勤めではなく、フリーランスが性に合っていると強く感じる人にはおすすめの働き方です。

利用者数、求人数が圧倒的に多い転職サイト リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビネクストは、リクルートグループが2001年から運営する国内最大級の転職希望者の8割が利用する転職情報サイトです。求人の量・質ともに非常に充実しており、AI 技術を駆使したマッチングの仕組みから転職決定数も堂々の1位を誇る国内トップクラスの転職サイトです。

イラストレーター・デザイン関係のクリエイター求人など希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、職務経歴や希望条件などを登録しておくと、匿名スカウト機能で企業や転職エージェントからオファーをもらうこともできます。

転職エージェントからのオファーには、非公開求人のオファーもあります。
転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXTへ無料登録

イラストレーターの転職活動には、転職エージェントもおすすめ

いざイラストレーター・クリエイティブ転職をしようと思っても何から始めていいのやら・・・在職中は忙しくて思うように転職活動を進められないときは、遠慮せずにプロの手を借りるのもおすすめです。プロのキャリアアドバイザーが担当についてくれる転職エージェントを利用してはいかがでしょうか?

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。非公開求人数が20万件を超えており、大手最大の特徴といえる豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。

業種・職種が幅広く、大手企業・有名企業を中心に出版業界・DTP・美術背景・CG・イラストレーター系の求人も豊富に取り扱っています。

非公開求人の保有数も多いので、年収アップやキャリアアップを狙いたい人にもおすすめです。

リクルートエージェントへ無料登録

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

Web・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントです。大手企業をはじめ、ゲーム業界の求人が豊富でアニメーター・美術背景・コンピューターグラフィック・イラストレーターなどのクリエイティブ職も多数扱っています。

キャリアアドバイザーも業界への造詣が深い人が揃っているので、マッチ度の高い求人を紹介してもらいやすいでしょう。

未経験歓迎の求人もありますが、登録の際にはある程度のスキルが求められます。

マイナビクリエイターへ無料登録

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITベンチャー系企業、特にWeb系企業やゲーム業界などに特化した転職エージェントです。エンジニア職だけでなく、デザイナーやディレクターなどクリエイター職種の求人も多く、ゲーム業界のバックオフィス職種もいろいろ揃っています。
中小企業が多いですが、おもしろい企業の求人案件も見つけることができます。

レバテックキャリアへ無料登録

まとめ

イラストレーターになる方法には、地力を伸ばした後、求人へ応募して採用されるか、フリーランスで活動を始めるやり方があります。

イラストレーターになりたいなら、社会人からでもスクールに通ったり、転職サービスを利用したりして、本業イラストレーターを目指せます。まずは1つのイラストを描き上げるところから始めてみましょう。