保育士の転職には多くの方法があります。転職サイトや転職エージェントを使ったり、地元の求人誌や求人サイトを調べたり、保育士同士の口コミで探す人もいるでしょう。

今回ご紹介するのは保育士の転職フェアです。最近ではポピュラーな転職活動方法として認知され、全国各地の開催情報をネットなどで調べることができます。転職フェアの特徴やメリット、開催情報の探し方について調べてみました。

保育士の転職フェアとは

保育士の転職フェアは、保育業界で大手の転職サイト・転職エージェントが主催するイベントです。保育士や幼稚園の先生を募集している保育園・幼稚園などが参加し、保育業界で働きたい人とコンタクトを取る場所になっています。一般企業でもよく開催されているフェアと同種のものです。

保育士として就職先、転職先を探している人は、参加している企業に直接話を聞くことができます。この時点ではあくまで話を聞くだけであり、応募をするわけではありません。

参加者の保育士は気になる保育園などの説明を1つ1つ受けられます。資料を渡してくれる保育園がほとんどです。資料を持ち帰り、複数の保育園を転職先として選別することができます。

保育士にとって、転職フェアの目的は情報収集がメインです。参加している保育園の担当者から直接保育園の様子や保育理念を聞くことができ、転職先を決めるときの大きな材料になることは間違いないでしょう。

一度に複数の保育園から話を聞けるため、何日もかけて情報収集をする必要がないことは大きなメリットです。特に働きながら次の転職先を探している人にとって、1日で欲しい情報が入手できるのは大幅な時間の節約に繋がります。

以前から気になっていた保育園が参加していれば、応募することなく、様々な情報を聞けることもメリットです。個人的に電話などで問い合わせをするには少々ハードルが高い気がする人も、転職フェアなら気軽に質問することができます。

面倒な準備は一切不要!手ぶらで話を聞きに行ける

保育士の転職フェアの便利な点は、事前準備をしなくても問題ないということです。履歴書や職務経歴書、エントリーシートなど、何も必要ありません。また、日曜日の開催が多いため、働いている人でも参加しやすい日程になっています。

転職活動で気を遣う服装も、応募したときの面接と比較すればかなりラフなもので大丈夫です。ただ、あまりにもだらしない格好はNGです。過度な露出は控え、基本的には清潔感を重視した服装が望ましいと言えます。

既に意中の転職先が企業側として参加していて、そこに絞って話を聞きたい、多少突っ込んだ話をしたい…という人なら、就職活動に適したスーツで行くのも良いでしょう。相手側も本気度を感じ取り、今後の応募や面接が良い結果に繋がる可能性があります。

保育園の雰囲気、給与、知りたいことは何でも聞ける

保育士転職フェアでは実際に働いている職員が企業参加しています。面接では聞きにくい質問も、応募していない立場として聞きやすいと考え、どんどん聞いていくと良いでしょう。

保育園の雰囲気はどうか、給与はどうか、自分は正社員よりパートタイムがいいが可能だろうか等々、フェアだからこそ聞きやすい質問があるはずです。サービス残業や年間行事の数、その準備期間についても、応募してからでは確認しにくい項目を明らかにしておきましょう。

複数の保育園から効率的に話を聞くコツとは

1日に複数の保育園から話を聞けるのが魅力の1つである保育士転職フェアですが、参加する保育園はおおむね20〜30、多ければ40〜50にものぼります。少しでも多くの保育園から話を聞きたければ、参加する時にちょっとしたコツを知っておくと便利です。

まず、事前予約をしておきましょう。大抵の保育士転職フェアは転職サイト・転職エージェントが主催しています。該当の情報ページから参加事前予約ができるフェアがほとんどです。予約特典として粗品がもらえるケースもありますので、少しお得感が味わえるのも小さな楽しみです。

事前予約をすることでどんなメリットに繋がるかというと、主催の転職サイト・転職エージェントから、今後のサポートを受けやすくなることです。参加する保育園名のリストを見せてもらえたり、もしも子連れで参加する場合にはキッズスペースを優先的に使わせてもらったりできます。

参加する保育園が先に分かっていれば、当日どこにしようか悩みながら会場をうろうろうしなくても、興味のある保育園のブースを効率的に回ることができるでしょう。

地元の保育団体が主催のフェアもあります。この場合、事前予約ができるかどうかは主催の方針によります。おおむね開催告知のサイトやチラシに記載されていますが、不明な場合には問い合わせをすると良いでしょう。

効率的な回り方のもう1つのコツは、事前に保育園の情報をある程度調べておくことです。いわば下調べです。最近では多くの保育園で公式サイトを持っていますし、口コミサイトで忌憚ない意見を見ることもできます。下調べした情報をもとに質問を事前にまとめておくと、当日はスムーズなコンタクトが可能になります。

保育士転職フェアの開催情報を探すには

保育士転職フェアの開催情報は、転職サイトや転職エージェントを通して告知されるケースが多くなっています。特に保育士専門の転職サイト・エージェントなら、フェア開催に対して積極的です。メールマガジンで知らせてくれることもありますので、そのサービスを利用するのも開催情報を小まめに知る良い手段です。

また、「保育士転職フェア」「保育士 フェア」などでインターネット検索をかければ、対象のイベント情報が上位に表示されます。開催地の地名を入れると、さらに詳細な地域に限定できます。

地域は転職希望者にとって大きな条件です。違う土地で保育士を希望する場合、その土地で開催されるフェアに出てみたいと思うかもしれませんが、仕事や交通費の都合でなかなかうまくいかないときもあります。

そういう場合に利用したいのが転職サイトや転職エージェントです。特に、保育士は専門の転職サイト・エージェントがあるほど注目され、かつ求人数が多い職業ですので、転職サポートを受ければ広範囲の仕事を探すことができると考えられます。

転職サイトと転職エージェントでスムーズ転職

特に大手の転職サポート系は全国の求人を取り扱っています。転職サイトで探して自分で応募してみるのも良いですし、転職エージェントに相談して適した求人を紹介してもらうこともできます。

最近は、気になった求人があればエージェントサービスを受けられる転職サイトもありますので、まずは転職サイトでゆっくり探してみるのも良いでしょう。また、登録すると非公開求人を見られるサイトがほとんどです。ぜひ登録をおすすめします。

最初から転職エージェントを利用する方法もあります。転職サイトを見る時間がない人は、転職エージェントに登録し、条件とマッチする求人を紹介してもらうと便利です。また、転職の際に頭を悩ませがちな面接日程の調整や、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスを受けられるのも転職エージェントならではです。

転職フェアの利用を考えていたとしても、やはり転職サイト・エージェントへの登録をおすすめします。保育士転職フェアの開催情報をかなり早く手に入れられるメリットがあります。

マイナビ保育士 職場発見フェア

マイナビ保育士とは、40年にわたり、「人材」に関する事業に関わってきた、マイナビが運営する保育士に特化した転職エージェントです。登録をすると、マイナビのキャリアアドバイザーが転職活動全般にわたりサポートしてくれます。求人の紹介はもちろん、履歴書や自己PRの書き方から面接対策など、内定まで転職活動をしっかりとサポートしてくれます。

相談をしながら転職活動を進めたい人や転職時期が決まっている人などにぴったりのサービスです。内定後も条件に食い違いがないかなど、しっかりと確認してくれるので、安心して仕事が始められます。首都圏にで保育士転職を希望するならおすすめの転職サイトです。

職場発見フェアは、出展企業数が多いため、一度に多くの企業を知る事ができます。
それまで興味がなかった魅力の企業が見つかるかもしれません。

興味ある企業の採用担当者や社員と話ができたり、直接質問や応募や面接予約、求人情報ではわからない雰囲気や詳細情報を得たり、確認したりできる数少ないチャンスです。職場発見フェアは非常に有益となり得るものだと言えます。保育士の転職を考えている方や、まだ転職は考えていなくても情報収集だけしたい方、ぜひ一度参加してみることをおすすめします。

2021年7月18日JR新宿ミライナタワーで開催されます。
事前予約期限は【2021年7月18日(日)12時まで】となります

マイナビ保育士 職場発見フェア 事前予約はこちら!