「転職がしたくて大手のリクルートエージェントに登録したけど、電話面談をしたあとに連絡がない…」、「電話面談のみで連絡がこないのはお断りってこと?」

ここでは、リクルートエージェントで電話面談をしたのに一向に音沙汰がないという人に向けて、電話面談後の反応による求人紹介の見込みの有無などを解説していきます。

万が一リクルートエージェントから紹介を断られたらどうすれば良いのかも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェントに登録→電話面談のみは終了のお知らせ?

初回電話面談で「現在」紹介できる企業がない、と言われたら終了

リクルートエージェントに登録した後、必ず通る道が「電話面談」ですよね。ところが例外もあります。

エージェントに登録後、あなたのスキル・キャリアを見てすぐにでも紹介したい案件がある場合のみ、電話面談ではなく「一度オフィスまでお越しいただけますか?」と、オフィス面談が促されるのです。

一方、電話面談中に「これは見込みないな」と思える瞬間があります。
それが「申し訳ございませんが、“現在は”〇〇様にご紹介できる案件はございません。」と言われる時です。

「“現在”なくてもそのうちあるの?」と思いがちですが、これはスキルやキャリア、経験などからリクルートエージェントへの登録自体を断られたも同然なのです。

「連絡なし」「いつもこちらから電話するだけ」も見込み薄

初回の電話面談が終わってから、先方からの連絡が数週間待って来ない場合も転職先を紹介してくれる見込みはありません

また、「そろそろ求人がきているかも」と思い立って自分から電話したものの、毎回お茶を濁されて終わり…という場合も見込みはほとんどありません

こちらから電話をしなくとも、リクルートエージェントが非公開求人を紹介してくれる際は必ずオフィスで面接があるため、何か案件があればエージェント側から連絡が来るものなのです。

不安になってこちらから連絡してみること自体は構いませんが、あなたの貴重な時間が無駄になってしまいます。

リクルートエージェントからの求人紹介はもう期待できない?

まずは転職時期を急いでいることを伝える

エージェントサイトに登録する際、転職希望時期を問う質問項目があります。
その転職希望時期の欄に「すぐに」と記入(チェック)していない場合は、単に「急ぎの案件ではないから」という理由で後回しになっている可能性もあります。

もう一度自分の登録情報を確認し、転職希望時期を誤って入力していないかどうか確認しましょう。
万が一間違えていた場合は、担当者に連絡し、入力ミスがあったことを伝えましょう。

転職時期を訂正してもオフィス面談につながらないなら終了

転職時期を「すぐに」に変更し、改めてこちらから再度連絡してもオフィス面談につながらなければ、お断りされたということです。

気持ちを切り替えて次の行動に移ることをおすすめします。

リクルートエージェントで断られたら他もムリ?

そもそも利用者が多いリクルートエージェントは断られる可能性も高い

転職を考えたとき、誰もが「実績のあるエージェントを利用したい!」と思うでしょう。
リクルートエージェントは数ある転職エージェントの中でもトップクラスに利用者が多いため、初回電話面談の段階である程度の人はふるい落とされる確率も高くなります

転職成功率NO.1で居続けている背景には、そもそも転職できなさそうな人には案件を紹介しないということも含まれているのです。

利用者が少ない中堅転職エージェントにシフト!

リクルートエージェントから結果的に利用を断られてしまった…という場合でも、諦めてはいけません!

最大手ではなく、中堅の転職エージェントや、必ず面談をしてくれる転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

中堅転職エージェントは、大手エージェントに比べて利用者数が少ないため、キャリアコンサルタント一人が抱える求職者数が少なく、大手転職エージェントに比べると手厚くサポートしてもらえます。

電話面談も数分で終わった…というリクルートエージェント利用者が中堅エージェントを利用してみて、あまりの対応のよさに「はじめからこちらを利用していればよかった」と感じる人が多いのにもうなずけます。

登録基準がやさしめなtype転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、エージェント利用者の満足度が87%という実績をともなった転職エージェントです。

サイトへ登録すると、必ずあなた専任のキャリアアドバイザーがついて、90分にわたるオフィス面談を行うという力のいれようです。
東京にあるオフィスまでは出向けない…という遠方にお住まいの方は、電話面談のみの対応も行っていますが、こちらも30~60分という充実した対応です。

面談(電話面談)中に案件を紹介する場合もありますし、後日メールなどで連絡が来る場合もあります。
いずれにしても対応がきめ細やかで、エージェント利用者を不安にさせることがないため、転職初心者の人にもおすすめのエージェントです。

type転職エージェント公式サイト

まとめ

リクルートエージェントは最大手のエージェントなので、利用者を選別していることがあります。「現在は〇〇様にご紹介できる案件はございません。」と言われた場合や、電話面談をした後に連絡がこないと言った場合は、利用を断られたと思った方が良いです。

リクルートエージェントで利用を断られたときは、対応が丁寧な中堅のエージェントを利用してみましょう。オフィス面談でしっかりと自分に合った求人を提案してくれるので、転職活動の強い味方になってくれます。