年収アップなら外資系企業へ転職

まさに今、現在において転職活動を行っていたり、現職に満足しきれずに漠然とでも転職を考えている人にとって、大幅な年収アップを見込める外資系企業への転職は、大きな期待を伴う選択肢の一つではないでしょうか。

イメージとしては、高収入と好待遇を得られる可能性がある反面、成果主義に基づくシビアな世界を生きるために必要な専門性の高い経験や、言語を含めた高レベルのスキルを求められるため、決して生半可には転職できない印象も強いでしょう。

外資系企業への転職に求められるもの

外資系企業への転職に付き物のそうしたイメージは、まさにその通りと言えるケースが多いはずです。いつ日本市場から撤退するかも分からないドラスティックな判断が当たり前の世界で、極端に言えば、明日にでも急に日本支社が閉鎖されるかもしれないというプレッシャーの中、短期的な成果を挙げ続けることがいかに難しいかは想像に難くありません。

年収が高めといっても、基本給に付随されるインセンティブの比率が高いために、いくら長時間労働を強いられようとも、成果を挙げられなければ給与のアップさえ保証されるものではありません。あくまでも成果を挙げることによる、年収の大幅アップなのです。

また、非常に競争が激しい世界のため、同僚同士でお互いに助け合うどころか、相手の足を引っ張るような負の側面が強いことでも知られています。社内での人間関係に疲弊し、メンタルに支障をきたす人もいるほどです。

例えば、社内で遅くまで残業をしていて、日本企業であれば部署の誰かが「手伝いましょうか?」と声をかけてくれそうな場面でも、「仕事量をコントロールできない無能な人が醜態をさらしている」程度の認識しか持たれない傾向があります。

こうした環境においては、成果を挙げられた人が正義で、どんな言い訳があろうと成果を挙げられなかった人は無能であるという、評価の二極化は避けられません。

日本の法律も無視できないため、一般的に言われるほど、すぐにクビという処置は取られませんが、大幅な減給や降格などの処置を通じて、もはや在籍し続けることが難しい状況を作られて、退職を促されることも珍しくないようです。そうした厳しい世界であるという自覚を持って、転職活動を行う必要があるでしょう。

さらには、英語が社内公用語ですので、当然のように高い語学力が求められます。TOEICで900点以上を取得していても英会話はさっぱりできないという日本人は多く、雑談も含めたコミュニケーション力に難を抱える人も多いでしょう。

英語ができるだけでは世界中から集まる優秀でくせのある人材と渡り合っていけないという、さらに上位の柔軟な国際感覚も求められます。

このように、外資系企業への転職活動は、資質や言語能力など、求められる人材特性はピンポイントな即戦力であり、総合的な難易度は高めです。しかし、包括的なサポートを期待して利用する転職エージェント次第では、その難易度を下げられる可能性があることもまた事実です。

独自ルートの案件が豊富なランスタッド

もし、あなたが年収800万円以上のハイクラスのポジションへの転職を考えているのであれば、数ある外資系への転職サポートに強いエージェントの中でも、ランスタッドを利用する価値は高く、転職活動の成功という結果に近づけるでしょう。

できるだけ多くの求人から候補を探したいという要望に対しては、むしろ向いていないサービスであると言えるほど、高年収かつハイレベルのポジションに絞られているからです。

ランスタッドは、オランダに本社を構え、創業60年以上を誇る、世界でもトップ3に入る規模の人材サービス企業です。世界中で約40カ国、4,700以上の地域で事業展開を行っていて、その社内ネットワークの強みを生かした、外資系企業への転職に大きな強みを持っています。

日本企業である転職エージェントと公開求人数を単純比較しても、ランスタッドは2番目に多い企業の倍近くの案件数を誇ります。全体の公開求人数は多くありませんが、高年収かつハイポジションの外資系企業への転職に特化し、他社とはコンセプトが異なるニッチの市場に強いためという理由で、問題ではなさそうです。

さらに、非公開求人数が約80%であるため、独自の求人案件を保有しているということになります。つまり、ランスタッドのサポートを受けなければ、出会えない求人情報が多く存在しているということです。

しかも、それらの案件のほとんどは外資系企業、かつ高年収でハイクラスという条件を満たしており、初めからそうしたポジションへの転職を考えている転職希望者にとっては、意味のない情報を閲覧する手間を最初から省くことができるということになります。

すでに高年収を得ている転職希望者からの満足度が格段に高いという傾向があることもうなずけます。

特にランスタッドの利用をおすすめする人材とその成功事例

結論から言えば、既に平均以上の高収入を得ており、ポジションもハイクラスの人材が、さらなる年収アップを目指して、外資系に絞って転職を希望している場合、ランスタッドを利用する価値が最も高いと言えそうです。

ランスタッドでは外資系企業への転職に強みを持っていますし、そのための非公開の求人を保有もしているため、外資系企業との強力な関係性を作っていますし、交渉にも慣れています。

ノウハウの豊富な担当者が、サービス利用者の希望に沿った企業を紹介してくれるだけでなく、給与交渉などもしっかりと行ってくれる、という口コミの評判も多く目にします。英語での履歴書や職務経歴書の作成についても、また英語での面接対策についても、経験豊富な担当者がサポートをしてくれます。

実際に成功事例をつかみとった30代の求職者は、まずランスタッドが非公式に紹介してくれた外資系企業からの求人募集の情報が、とても魅力的な案件ばかりだったと感じたそうです。そして、とにかくサポートが手厚く、本番の面接の前には、担当者との模擬面接も含めた入念な打ち合わせの機会を設けてくれたそうです。

その結果、自分の強みと弱みを全て英語で明確にアピールでき、ポジションへの熱い気持ちも過去の経験と絡めて話せた結果、前職から150万円の年収増加となる900万円台のオファーでの転職に成功したそうです。

しかし、中には担当者の態度がドライすぎて親身になって相談に乗ってもらっている感じを抱けなかったり、求職者の希望に沿ってというよりは担当者が勧めたい企業ばかりを提案してくることに、自分のノルマの達成ばかりが裏にちらついて信用できなかったという声も挙がっていました。

そうしたネガティブな口コミは、利用者の数が増えて、要望が多様化する過程においては致し方ありません。万が一、そうした望ましくないと思われる担当者に当たってしまった場合は、即座に担当の変更を申し込めば変えてくれるはずですので、我慢せずに、正直に申し出るのが得策です。


まとめ

外資系の企業のハイクラスのポジションへの転職活動を行いたいのであれば、ランスタッドは最上の選択肢の1つである転職エージェントです。外資系企業に強固なネットワークを持ち、通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方、面接の練習などを、英語でサポートしてくれます。

さらに、企業との年収交渉なども、ランスタッドが企業との間に持っている信頼関係をもとに行われるので、より良いオファーを得やすいというメリットも強みの1つでしょう。

世界最大級60年の実績ハイクラスエージェント ランスタッド

オランダで創業した世界最大級の総合人材会社でグローバルに60年間、毎年約20万人の転職サポート実績をもつランスタッド。ハイクラス求人は、S&P500企業からスタートアップまで独自のポジションが200件以上揃っています。

外資系ユニコーンから大手企業に強い求人は、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系・営業系まで、ポジションはBusiness Partnerから代表取締役、Director、Manager、営業部長や研究開発・R&Dエンジニアなどなど年収1000万円以上の求人を常時5000件以上保有しています。

外資系らしい世界レベルで活躍する優秀なコンサルタント(英語、中国語に対応したバイリンガルコンサルタントが多数在籍)に当たる可能性が高いので、外資系転職の求人なら期待の出来る転職エージェントです。

※日本国内でも急拡大中で北海道から九州まで全国各地に93拠点があります。
※マネジメント経験を生かしたい20代後半〜50代までおすすめです。

ランスタッドへ無料登録