「得意な英語を活かした仕事がしたい」「英語を使う仕事に興味がある」など転職や就職についてお考えの方も多いのではないでしょうか。近年、日本でもさまざまな所でグローバルな環境が進んでいます。それに伴い語学力の重要性が高まり需要も増加しています。

ここでは、代表的な共通語のひとつである英語を使った仕事・アルバイトについて解説します。

英語を使う仕事とは

訪日外国人の増加や海外と取引を行う企業や、海外進出して海外に店舗や拠点を持つ企業の増加などを背景に、国際的な感覚・能力を持つ人材の需要が高まっており、企業も人材採用の際、英語の資格が必須や優遇といった条件の求人も増加しています。

業種も拡大しており、パイロットや翻訳家などの専門職から一見してみると、英語とまったく関係のない様にみえる製造業やサービス業など身近な業種まで幅広くなっており、要望される英語力も簡単な単語を使用出来れば良いというものからネイティブなレベルを要求するものまでさまざまで、年収なども大きく変わります。

高収入な業種も増えており、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」でも毎年上位のランクに入る職業も多くなっています。英語を使う仕事への転職就職やアルバイトを探すことを考える際は、どのくらいの英語の能力が必要で、どのくらいの収入になるのか、このレベル別給料ランクをひとつの目安として知っておくと良いでしょう。

英語を使う仕事のレベル別給料ランクについて

英語を使う仕事のレベル別給料ランクは、一般にはTOEICの点数および英検を参考基準に設定してあることが多く、ここではイメージしやすいように目安として大まかに3つのレベルに分けてご紹介していきます。

1.日常会話程度のレベルが要求される仕事

日常会話程度の語学力が求められる仕事です。簡単な単語が使えれば大丈夫というものから、日常会話ができれば良いという程度のものまで、英語を使う仕事の中では求められる英語力が比較的低いイメージと言えます。TOEIC400〜600点、英検2級程度(TOEICでいうと500点相当)が目安です。一部の業種は年収ランキング上位に入ります。

職業としては、専門職として通関士やシステムエンジニア、入国審査官などがあります。語学力だけでなく業務ごとにプロフェッショナルな知識も必要とされます。システムエンジニアは業務内容によっては転職サイトの求人の中でTOP10に入ることもあるくらい高収入な仕事です。

その他の職業としては、飲食店スタッフやテーマパークスタッフなどの接客スタッフや旅行代理店などのツアープランナーやツアーコンダクターなどの旅行スタッフがあります。飲食業界をはじめ、アパレル業界や製造業の分野でも大手企業が採用の条件としているケースが増えています。

2.ビジネスとしてのレベルが要求される仕事

より専門的な英語力が必須となる仕事です。語学力だけではなく、業務ごとの知識やスキルの習得が必須とされます。英語を使う仕事の中で求められる英語力で比較すると中級程度のイメージと言えます。TOEIC600〜850点程度が目安です。年収ランキング上位に度々入る様な職種も多くなります。

職業としては、プロフェッショナルな知識や能力の習得が必須な業種がほとんどで航空管制官や客室乗務員などよく給料ランクの上位に入る業種や貿易事務・英文事務、語学講師などがあります。

3.ネイティブなレベルが要求される仕事

非常に高度な英語力が必須となる仕事です。非常に高度な語学力はもちろんのこと、業務ごとの知識やスキルも非常に高いレベルが求められます。英語を使う仕事の中で求められる英語力で比較すると上級レベルといえます。TOEIC600〜900点以上が目安です。年収ランキングでも常に上位に入る職種もあります。

代表的な職業としては、パイロット(航空機操縦士)や国際弁護士、公認会計士(国際)などで、賃金構造基本統計調査やさまざまなランキングサイトで常にTOP20以内に入る様な職業です。その他にも、バイヤーや通訳ガイド、翻訳家などがあり、高度な交渉技術や表現力などが重要です。

英語を使うアルバイトについて

英語のスキルアップがしたい、アルバイトで英語力を活かしたいという方へ、ここでは英語を使うアルバイトをご紹介します。英語を使うアルバイト求人も増加傾向にあるため、自分の目的やライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。また、正社員よりも英語のスキルや業務ごとに必須な能力のハードルが低い場合が多いため、経験を積むという目的としても良いでしょう。

代表的なものとしては、サービス業では訪日観光客が訪れる機会が多いリゾート地でのリゾートバイトや観光案内スタッフ、ホテルのスタッフなどのアルバイトです。その他の職業としては、試験監督や塾講師などのアルバイトがあります。

アルバイトでは、企業ごとおよび地域ごとに求められる英語力や賃金が違います。また、求人に明確な記載がない場合や表記が曖昧なケースも多く、注意しなければなりません。アルバイトを探すことを検討する際は、知人に働いている人がいる場合は話を聞いてみると良いでしょう。そうでない場合は求人を出している企業に問い合わせし、要望される能力を具体的に確認しましょう。

英語を使う仕事へ転職就職を考える際におさえておきたいこと

英語を使う仕事へ転職就職を行うためには、英語力だけでは足りない場合がほとんどです。たとえば客室乗務員や旅行スタッフなどのサービス業では、接客技術やコミュニケーション能力のスキルが必要になりますし、エンジニアやパイロット、弁護士などの専門職では、その分野の知識と技術だけではなく、資格や免許が必要となる場合も多いです。

英語を使う仕事への転職就職やアルバイトを探すことを考える際は、志望する職種では英語の語学スキル以外に何がどのくらい必要なのかをあらかじめ調査して把握しておくことが大切です。また、英語スキル以外の資格や免許が必要な場合は、取得できる手段や費用、取得までにかかる期間なども併せて調べておくと計画が立てやすくおすすめです。

英語力を活かす転職をサポートする転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

国内での人材業界最大手なので、とにかく求人案件の数が圧倒的に多い転職エージェントです。登録者数も多いので外資系企業からの求人も集まりますし、求人の母数が多いので海外求人も国内の英語を活かす仕事の数も他社エージェントと比較しても格段に豊富です。

外資系のハイレベルな求人だけでなく、グローバル展開中の日系企業の駐在員候補、若手向けのチャレンジング海外転職の案件もあります。語学力をあまり気にしなくても良い外資系の求人案件も多々あります。
なによりリクルートブランドの信頼感・安心感は大きいです。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

世界最大級の転職エージェント ランスタッド

オランダで創業した、世界最大級のグローバルで年間約20万人の転職サポート実績をもつ外資系総合人材会社です。人材派遣をメインに日本国内でも人材系企業の買収を繰り返して拡大中で、北海道から九州まで全国各地に93拠点があります。

求人企業は営業系から、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系まで、幅広い求人案件を揃えています。急拡大中で外資系らしいドライなコンサルタントも居るようですが、優秀なコンサルタントに当たる可能性もあり、英語を活かす転職の求人なら期待の出来る転職エージェントです。

マネジメント経験を生かしたい30代後半〜40代にもおすすめです。

ランスタッドへ無料登録

英語転職.com

英語転職.com

英語転職.comへ無料登録

JACリクルートメントの英語力を活かせる転職に特化した転職サイトです。大手グローバル企業からベンチャー企業まで、ハイキャリアなミドル層のマネジメントクラスやスペシャリストからシニア層エグゼクティブクラスまで、英語力を重視した幅広い求人を保有しています。

海外留学経験のある人、帰国子女など、ネイティブな英語力のある人だけでなく、とにかく英語を活用して働きたいという人におすすめです。

まとめ

これまでにご紹介した様に英語を使う仕事の職種は幅広くあり、今後も増加していくことが予想されます。また、タクシー運転手や介護職など英語とは関係のないように見えますが、メイン業務としてはそれほど重要でなくとも間接的には必要とされ、英語の能力があると優遇されるものも多く、能力を身に付けた人材の需要はより一層増えることでしょう。

レベル別給料ランクの面から見ても、高収入な職種も多く将来性を感じさせてくれます。ですが、その分求められる英語のスキルも高くなります。現在では、オンライン英会話教室や自治体によっては交流会を行っているところもあるなど、社会人の方でも仕事の合間や休日などすきま時間を利用し、語学力を高める手段が豊富になっています。英語を使う仕事へ転職就職や興味がある方はぜひとも活用し英語の語学力を高めておくと良いでしょう。

また、職種ごとに要求される知識や技術もさまざまなため、転職理由として英語が好きで高収入だからなどの目先の理由のみで安易に考えてしまうと自分には向いていなかったと感じたり、思っていたものと違っておりモチベーションが続かないなど後で後悔してしまうケースも少なくないです。

仕事を探す際は、自身に向いている職種は何か、本当に自分がやりたい仕事は何かなど将来的な部分も見据え検討することが重要でしょう。