「リクルートエージェント」の運営は株式会社リクルートキャリア、設立は1977年と40年以上の長い歴史で蓄積された転職ノウハウが、業界最多の37万人以上の転職をサポートしてきました。

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手です。

大手有名企業から外資系企業まで、全国展開で幅広い求人を扱っていて、圧倒的な紹介数で登録しておくべき人材紹介会社です。知名度の高いリクルートブランドにより、さまざまな業界・職種に対応し、他社を圧倒する求人数は桁違いのレベルです。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートし、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。
拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。

個人情報に対しても、真剣に取り組み転職活動の秘密を徹底的に守っていますので安心して任せられます。

一番おすすめする理由は、リクルートエージェントで転職後の退職率がわずか4%以下なのです。
リクルートエージェントは、「入社して半年以内に退職した場合は企業にコンサルティングフィーを返金する」というルールを設けているので強引に転職を勧めたり、エージェントのノルマ達成のために急かしたりしません。転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているそうです。リクルートエージェントなら他社と違う結果、良い未来になる可能性あると思います。

リクルートエージェントに登録をおすすめする理由を説明します。

 

リクルートエージェントの特徴は?

リクルートエージェントの特徴

①圧倒的な求人案件数

リクルートエージェントは、リクルートブランドと圧倒的な営業力を活かし、大量の求人数を誇り、非公開求人も20万件以上です。グローバル、金融・コンサルタント、経営幹部、営業、企画・事務、ITエンジニア、電気・機械系技術職などなど、全ての業界や業種に幅広いコネクションがあり、全職種に関しての求人を網羅しているのも特徴です。

国内資本の大企業、外資系企業、新進気鋭のベンチャー系企業など、知名度があるため企業側から求人依頼ケースも多々あり、とにかく求人数の豊富さは、他社とはレベルが違います。
IT系求人も他社より格段に数が多く、職種も多岐にわたり、大手メジャー企業や外資系IT企業などの案件も豊富なのが特徴です。

非公開求人を豊富に保有している点は、リクルートエージェントを活用するメリットのひとつと言えるでしょう。

②全国主要都市に拠点あり

北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡など、全国主要都市に拠点があり、サービス対象は国内全域を網羅しています。
土日の相談も可能です。

リクルートエージェントの良いところ

①非公開求人は20万件以上

最大手の強みと求人獲得ノウハウ、全業種に幅広いコネクションから、豊富な非公開求人の中からのマッチングが可能です。転職エージェントの中には保有する求人案件自体が少ないため、登録しても紹介案件数が少ない場合や、希望条件から外れた求人しかない場合もあります。

リクルートエージェントは業界最大手の営業力で、大企業から外資系企業、成長ベンチャー系まで幅広い求人を保有しています。各業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートで、大量の求人案件と一般には公開されていない「非公開求人」から転職希望者の条件や要望に最大限マッチするような親和性の高い求人を多数紹介してもらうことができるます。他社では見つけられなかった、非公開の意外な企業の求人案件を紹介されることもあります。

また、金融業界やIT業界など、専門業界に特化している特化型キャリアアドバイザーも多数在籍しています。キャリアを活かして同じ業界へ転職希望の場合は、特化型キャリアアドバイザーを指定することもできます。
専門業界事情を熟知しているので、スムーズに転職活動を進められます。

必ずしも転職を決めていなくてもいい

自分の将来や今後のキャリア設計が漠然としていて何から手をつければいいのか分からない方でも登録できます。キャリアアドバイザーの意見や現実に則したキャリアプランなどを聞いてみて、転職を検討するか考えてみてもいいのです。

自分の市場価値を客観的に知り、自分では思いもしなかったキャリアプランを提案されて、新たな方向性が見えてくることもあると思います。

②転職実績は37万人以上

登録後の紹介案件数は他社転職エージェントの追随を許さないとまで言われており、ハイスペック人材から若手ポテンシャル人材、英語系、海外転職まで幅広い層に対応しています。
多様な求人案件と人材のマッチングにより、年間2万3000名以上、転職成功実績も37万人以上、約63%が年収アップ、キャリアチェンジやスキルアップも可能です。

転職決定者の職種比率

転職決定者の業界比率

職種別にみると、営業、エンジニア職が比較的多く、続いて事務スペシャリスト職です。
業界別にみると、IT・通信業界が多く、次に医薬業界、輸送、流通と続きます。

リクルートエージェントでは難しい職種・業種は、放送業界、塾講師、販売店員、調理・ホテル接客などサービス業、農林漁業、運送・運転手系、工場生産ライン系、修理整備系、芸能関連などがあります。

転職決定者の年齢

年間約2万3000名の転職決定者のうち約7割は26〜35歳の方が占めています。
(引用:リクルートエージェントWEBサイト)

③業界最大手の実力

リクルートブランドの営業力だけでなく、業界最大手だからこその交渉力と、企業からの厚い信頼感があります。応募選考から内定後の年収交渉までしっかり対応して貰えるのです。

リクルートエージェント独自サービス

「Personal Desktop」求人チェックや選考の進捗管理ができるスマートフォン専用のアプリもあります。
「Personal Desktop」には、キャリア・アドバイザーから紹介された求人案件に対して、「応募する」「気になる」「応募しない」という機能があります。気軽に断る&応募ができます。

職務経歴書のテンプレートや職務経歴書を質問に答えていくだけで簡単に作成できる「レジュメNavi」や、企業の選考のポイント、社風など内部情報もわかる「AGENT REPORT」も役に立つと評判です

「転職成功実績No.1」に裏付けられているサポート

キャリアアドバイザーの面談や面接対策、日程調整、企業との条件交渉など、サポートは非常に丁寧で親身になってくれると評判は良いです。求人案件数と転職サポートと両方共にトップクラスです。

数多くの転職実績のあるキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的ですので大いに活用しましょう。
大手ならではの講習会や無料セミナー、面接の必勝ノウハウ・面接力向上セミナーなど、さまざまな情報提供が各種充実しているのも助かりますね。

キャリア面談時にとても気遣いが感じられる

・土日、平日夜間でもキャリア・アドバイザーと面談が出来る
・リクルートエージェントは受付で名前を呼ばない
・受付で待っている間に知人と遭遇しないように配慮されている
・面談しながらその場で非公開求人が見れる
・面談等でもらう書類や求人票を入れる封筒・紙袋が無地になっている

初めてリクルートへ面談に行く時から、気配りと信頼を感じることができますね

「リクナビNEXT」のスカウトサービスも同時に登録できる

リクルートエージェントは、登録時に「リクナビNEXT」が提供しているスカウトサービスへの同時登録ができます。登録しておくと企業や転職エージェントからスカウトメールが届きます。
今すぐ転職はしないが良い条件次第で、や、自分お市場価値を知りたい場合などは、登録しておきましょう。
※匿名です。(氏名、メールアドレス、生年月日など)は企業からは分かりません。

リクルートエージェントの悪いところ

①転職活動が長期化すると不利

業界最大手ということは登録希望者も圧倒的に多いので、転職活動が長期化してくると紹介が無くなってしまうことや、サポートの質が下がってくることがあります。
最初は紹介がたくさんあったのに、数ヶ月すると紹介も減ってしまい、いつの間にか放置状態というケースも多々あるようです。

アドバイザーも売上げが必要なので、なかなか内定がとれない人、転職する気の薄い人(転職本気度の低い人)、断ってばかりの人などに、あまり時間をかけていられないというのが本音でしょう。転職活動に本腰を入れるタイミングで登録することがおすすめです。

②登録を断られるケースもある

年齢的な部分やキャリア、スキル不足などで、登録できない・登録しても求人紹介が乏しく放置されてしまうケースもあります。登録希望者も多いため大手ならではの傲慢さがあり、ロースペックで転職が難しい人材に対しては冷たいという部分も無いわけではありません。

20代の若手で、まだキャリアやスキルに自信が無い人は、若手の転職サポートが手厚いマイナビエージェントtype転職エージェントを利用するとよいでしょう。

リクルートエージェントの口コミ評判

リクルートエージェントの良い口コミ

・面談時に提示された求人案件数は、他社エージェントより圧倒的に多かった
・零細企業から条件のいい会社へ転職できた。収入もアップしました。
・他の転職エージェントと比較しても、紹介してくれる求人が本当に多かった。
・ブラックもどきの会社で働いていたので、好条件ばかりの求人でビックリしました。
外資・国内系と求人案件も豊富、転職情報も幅広く持っているようで、安心できた。
・職務経歴書をアドバイスで修正したら、見違えるほどよくなりました。
・担当アドバイザーのレスポンスも早くて、面倒見が良かった。
・趣味的なプログラミング経験でもスキルを認めて貰え、キャリアチェンジ転職できた。
・未経験職種でしたが、知識や技術を活かせる仕事に転職できました。
・内定後の給料や勤務時間・入社日調整など企業側との言いづらい交渉もして貰えた。
・無料の面接対策セミナーでは、QAノウハウも分かりやすくて助かりました。
面接直前の模擬練習がとても心強くて、頼りになるサービスでした。

リクルートエージェントの悪い口コミ

・webから登録したが、面談もして貰えないままに断られてしまいショックです。
・登録のための入力作業に時間もかかったのに、カウンセリングもして貰えなかった。酷い!
キャリア不足として面談時に冷たい言葉であしらわれて、切り捨てられた。
・求人はたくさん紹介して貰ったが、事務的な対応がなんだか残念でした。
・私自身の考えや希望を、あまり尊重してくれなかったように思う。
機械作業的にマッチングさせていて、紹介案件が多すぎて企業研究が間に合わない。
・業界知識不足のコンサルタントで話が噛みあわずガッカリ、最大手なのに失望しました。
・ブラックのような、評判の悪い会社ばかり紹介してくるので止めた
・コチラの希望条件に満たない内容の求人ばかり、たくさん紹介してきた。
・なんか的外れな求人案件ばかり紹介された
・紹介数は多いが応募条件に達して無い案件ばかりで、書類選考の突破率は低かった。
・紹介は多いが流れ作業のようなマニュアル通りの対応で、転職支援だとは思えなかった。
3ヵ月経過した頃から紹介が減って、希望以外の業界や職種の紹介ばかりになった。
・とにかく担当からの連絡が少ない。コチラから連絡しないと反応が無い。
・希望するデザイン関係の仕事は求人が少なかった。

リクルートエージェントはどんな人におすすめ?

おすすめのタイプ

リクルートエージェントは業界最大手なので、求人数は業界No.1でとにかく豊富ですから、多様な求人案件の中から自分で選びたい人におすすめです。シニア層の求人案件も十分にあります。

25歳〜35歳の利用者が80%です。若いうちに職種変更や未経験職種へのチャレンジ転職なども紹介はして貰えるので、自力で頑張れるタイプの人にはチャンスがあります。
面談後に10〜20社は紹介される求人情報があり自ら応募先の取捨選択が重要になってきます。

自分では迷ってしまって決められない人や、コンサルタントに強く勧めて欲しいタイプの人よりは、明確な希望や強い転職イメージがあって決断できる人、書類通過しなくても凹まず何度でもトライできるタイプに向いています。

活動が長期になると紹介される案件も減ってきますので、転職活動に積極的に取り組んで、早期に結果を出したい人におすすめの転職エージェントです。

おすすめできないタイプ

サポートも非常に丁寧と評判なのですが、女性に特化したサービスを希望している人自分のスキルやキャリアに不安を抱えている人は、リクルートエージェントのサポートでは物足りないかもしれません。

業界未経験でも応募可能、勤務経験が少なくても採用可能な企業を希望の場合など若手(既卒者、第二新卒者)に対する転職サポートや比較的若いキャリアアドバイザーから同世代の目線でサポートを受けたい、時間をかけてゆっくりと相談にのってもらいたい人、しっかりしたキャリアカウンセリングなどで強く背中を押してほしい人には、サポートが充実しているマイナビエージェントtype転職エージェントの利用をおすすめします。また未経験者・フリーターなどはリクルートキャリアが運営する就業未経験向け転職サービス「就職Shop」など第二新卒におすすめの転職エージェント&サイトを参考にしてください。

まとめ

リクルートエージェントは、口コミ数も他社と比較するとやはり圧倒的に多いですね。初回面談時や初期の紹介内容は評判が良く、優良案件を豊富に紹介して貰えます。圧倒的な紹介求人があり、高スペック人材には数十件も提示されて選び放題というケースもあります。早期に転職成功させた人には、特に高評価ですね。

転職後の退職率がわずか4%以下

「入社して半年以内に退職した場合は企業にコンサルティングフィーを返金する」のルールがあるので、強引に転職を勧めてくるのゴリ押しキャリアアドバイザーは少ないようです。転職成功が目標ではなく、その後のキャリア形成も考えてのサポートを行っている結果だと思います。逆にロースペック人材には、冷たい対応のケースも多々あるようです。

自分に最適なキャリアアドバイザーを見つけられるかにかかっている

良い口コミも多々あれば、悪い口コミも多数ありますが「登録後の紹介案件数は圧倒的に多い」のは一貫しています。公開求人も非公開求人も圧倒的な数を保有しており、紹介案件の質と量は他社とは桁違いです。最大手ならではのメリットとデメリットがありますが、とにかく本気で転職を考えるなら、リクルートエージェントは外せない「登録必須」の転職エージェントです。キャリアアドバイザーとしっかり人間関係を築ければ強い味方になることは間違いなしです。

自力での活動に不安のある人や、キャリアの方向性に迷っている人、二人三脚的な支援とサポートが欲しい若手人材は、マイナビエージェントtype転職エージェント同時登録をおすすめします。

転職サポートを他社で受けて職務経歴書などをブラッシュアップしつつ、リクルートエージェントからの紹介案件に応募して内定を勝ち取ったという人もいます。転職エージェントは併用登録して、上手に活用しましょう。

「リクナビNEXT」の匿名スカウトサービスも同時登録できるので、「今すぐ転職はしない」「自分の価値を知りたい」場合にも、企業やエージェントからのオファーを確認して見るのも良いと思います。

 

リクルートエージェントに無料登録