世界中を襲った大不況。私たちの生活を激変させ、考え方までも変える結果となりました。
大企業の倒産や希望退職によるリストラ。

生活のため、スキルアップのためなど様々な要因で転職を考えている人は多いです。転職が初めてという人、すでに2回目以上という人もあらためて見直していきましょう。

転職エージェントを利用する意味

転職を考えるときに、最初に悩むこと。
1人で活動するか、転職エージェントを活用するか。
それぞれにメリット・デメリットはあるのは承知です。あえて言わせてください。

必ず転職エージェントは利用しましょう。専門家である彼らは、私たちが知らない情報をたくさん所持している転職のエキスパート。

1人の活動では限界があります。しかし、信頼できる転職エージェントとともに歩みを進められれば一石二鳥。1人では考えてもみなかった業種への挑戦もできるかもしれませんし、自らの価値を再確認もできます、結果として様々な選択肢が広がり、自分の再発見にも繋がるのです。

同業種への挑戦でも転職エージェントの交渉により、今より年収が上がるケースはたくさんあります。
アフリカのことわざ「早く行きたければ一人で行け、遠くに行きたければ皆で行け」。一人で登録して調べて応募すれば初動は早いですが、転職活動が長引くほど、この不景気の中では不安とともに疲弊してしまいます。
彼らは面接対策や企業に関する情報を様々持っています。これを使わず、一人でこの求人数の少ない中で戦うことは無謀ともいえるのです。

転職エージェントを使うと同時に、大切なことは「自分が何をやりたいか。何ができるのか」。これを明確にすること。
この軸がブレている場合、企業に応募して面接までいったとしても面接官との質疑応答に困り失敗に終わるケースは多いです。

考える時は常に相手の立場にたつこと。

そして、一貫性が重要です。考え方や伝え方には、PREP法を用いましょう。PREP法とは、P(POINT結論)R(REASON理由)E(EXAMPLE具体例)P(POINT結論の繰り返し)。この順番で考えること。例:「私はこれができます。だから、御社の〇〇に貢献できます。なぜなれば、〇〇だからです」。この癖づけをしておくと、じぶんの強みを発見し企業への応募の際にブレることはなくなるでしょう。

価値観や目指す方向性は転職エージェントとしっかり擦り合わせ、双方にブレがないようにしていきましょう。そして、応募から無事に面接までいけば、ここからは練習量とこれまで擦り合わせてきたあなたの軸を対面でアピールする場です。

面接対策は転職エージェントを活用する

面接の在り方も変わりました。リモートワークや在宅を取り入れる企業も多くなり、最近では、大手人材会社の「パソナ」が本社を兵庫県淡路島に異動したことが話題になりました。今後もリモートワークの波はますます加速していくでしょう。

転職エージェントを利用することは、リモートワークの波で変化したオンライン面接対策・模擬面談対策にも活用できます。

昨今の不景気でオンライン面接を採用する企業の数は急増しました。プレスリリースの発表でも2019年7月〜2020年6月のオンライン面接実施率「9.3%」から2020年7月〜2021年6月では「100%」と採用しない企業はゼロ。優秀な外国人を採用するのにもオンライン面接は便利なことからこの流れは変わらないでしょう。

オンラインの中では対面と違い、第一印象が分かりにくいです。特に部屋が暗かったり、画質が悪いと顔の表情も暗く見えがち。お金に余裕がある人は顔を照らす明かりを購入したり、好印象に見えるカメラ目線の練習は必ずしましょう。メラビアンの法則では、「言語情報は7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%」と言われています。

視覚情報が55%の中、オンライン面接では部屋の暗さや目線、パソコンのスペックによる画質などでも印象は変わってしまいます。対面と違い、人と人の間にフィルターが入るため肌感を直接、感じにくい。オンライン上の印象改善は、多くの動画でも公開されていますので必ず視聴し、実践しておくことをお勧めします。転職エージェントにも分からないことはすぐに聞き、オンライン面接対策は万全にしておきましょう。

模擬面談は何度も失敗して何度でもやる

模擬面談は何度も実施しましょう。面接練習は自分だけでやるのと、実戦形式での練習はまったく違います。転職のプロである転職エージェントとの模擬面談で「そんなことも聞かれるのか」と思うことはよくあります。特に初めての転職活動の人は慣れないことばかりです。

転職エージェントとの面談対策の中で、気づきと質問に対して意味づけをしていくことで、自分の答えも磨かれていきます。質より量というように完璧主義ではいけません。改善主義者となり、まずは量を徹底的にこなすこと。練習をこなしながら、一貫性と照らし合わせていくこと。

実際に、ビジネススキルが高くても本番で上手にアピールができないという人はとても多いです。自らの中に考えやアイデアを練るのが得意でも、いざ伝えようとした場合、PREP法を用いなかったり、最後に結論を持ってきてしまい、何を話したかったのか聞き手が分からない、など上手にアウトプットができない人と似ています。

ビジネススキルが関係ない場合は、どうしてもその企業に受かりたい気持ちが強すぎて空回りしやすい傾向もあります。いかなる場合も、転職エージェントを活用し、模擬面談を実施していれば問題がないのです。

一度、模擬面談で本番を想定した気持ちで挑み、何度も失敗しておくこと。成功する人ほど失敗を何度も経験します。失敗したくない人ほど見栄が多いのです。何度も擦り合わせを行うことで本来の自分の力が発揮され、気持ちも落ち着いて本番に挑みやすくなります。その結果、冷静に質問にも対応しやすくなるのです。

転職を成功させるメモの力

転職活動を始めたら終わるまでメモを取り続けましょう。メモを取ることで自分の気づきを見つけたり、何度も見返すことができます。そして、転職エージェントのアドバイスにも必ずメモを取りましょう。転職に限らず、仕事でも成功する人はメモ魔です。

メモは自分のためにと思う人も多いでしょう。しかし、実際は相手のための要素もあります。自分に置きかえてみましょう。自分がアドバイスをするときにメモを取る人と取らない人。どちらがより親身に教えたくなるでしょうか。転職エージェントも同じ人間です。自分が担当する人が不幸になってほしいと思うことはまずありません。

一度、自分が一緒に歩んでいく転職エージェントを決めたなら素直に信用してアドバイスを聞き入れる。そして、常にアドバイスにはメモを取る。これだけで相手もあなたに対して真剣に向き合ってくれるはずです。効果的ですので実施してみてください。

そして、面接で失敗してもそれが最後ではありません。成功するためには継続と改善が必要です。失敗したら何がうまくいかなったのかを見直し、すぐに改善すること。一喜一憂するのは凡人です。つねに改善と挑戦。成功する人はしつこいようにこれを繰り返します。

転職エージェントを活用することで、あなたの転職活動における成功率は一段と跳ね上がります。一様にエージェントといっても様々な企業があり、特色があります。自分の考えが反映されない場合や、望んでいない企業の提案が多い場合は、企業を変えてみたり担当者の変更を申し込むのもいいでしょう。

そして、オンライン面接対策を含む模擬面談に定評がある転職サービスの活用。転職は人生の一大イベント。あなたの人生をその会社の力をお借りして共に歩んでいくもの。妥協をせずに、最高のパートナーを見つけてください。

面談対策に強い、転職エージェント

実績No1リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界大手グループのリクルートが展開している、総合型転職エージェントがリクルートエージェントです。リクルートエージェントは厳しい内部試験を突破した、全国でも屈指のキャリアコンサルタントが揃い、どのような職種でも幅広く対応しています。

非公開求人案件数が20万件を超えており、常時豊富な案件を擁しています。リクルートエージェントでは多くの転職実績を残しており、大手特有の信頼と安心感では他社を圧倒しています。

キャリアコンサルタントの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に19箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

転職の進め方、転職で遭遇するさまざまな悩みを、キャリアアドバイザーが解決に向けて支援してくれます。転職のプロがカウンセリングで、自分の強みの生かし方やスキルの確認、効率的な転職活動についてアドバイスしてくれます。

キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスで、自分では思いつかない新しい選択肢が見つかることもあります。面談対策も、面接合格のための模擬面接や企業の採用傾向からのアドバイス・指導を行なってくれます。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。

dodaへ無料登録