転職する上で避けて通れない面接で、緊張から思うように話せなかったらどうしよう…と不安になることでしょう。新卒の時は学校である程度教えて貰えましたが、転職となるとそうもいきません。そんな人は、あらかじめ用意しておくと安心です。ここでは、一次面接、二次面接でそれぞれ聞かれること、面接の通過率やオンライン面接対策も併せてご紹介します。

一次面接とは、履歴書やエントリーシートを提出して、書類審査を通過した人が受けられる最初の面接です。企業によっては一次面接のみで、二次面接がないこともあります。求人要項に二次面接以降があると記載されていても、一次面接で即決なんて話もあるので、とても大切です。

一次面接のポイント

一次面接では、応募者の人間性を見られることが多いです。以下のポイントに気をつけましょう。

時間厳守

遅刻しないことは社会人として常識ですが、遅刻を恐れるあまり、早く行き過ぎるのも迷惑になります。会社の周辺に30分前くらいに到着し、実際に入るのは10〜5分前にしましょう。

服装・身だしなみ

特に指定がない限りは、スーツで行きましょう。「私服で来てください」と言われた場合でも、スーツが無難です。「スーツで来ないでください」と言われた時は、男性なら襟のあるシャツとスラックス、女性ならブラウスにボックススカートなど、オフィスカジュアルなものを選びましょう。

どれだけカジュアルな会社でも、面接の時にTシャツやパーカー、ダメージジーンズは控えましょう。スーツのシャツなども見られているので、アイロンをしっかりかけて行きます。


発声

緊張していると、思うように声が出ないものです。朝9時からの面接だと、かすれ声になることもあります。時間に余裕があるのなら、面接前にカラオケで1曲歌ってみましょう。歌うときには大きく息を吸うので、必然と深呼吸になり、全身リラックスしやすくなります。好きな音楽で気分を上げるのも効果的です。

志望動機・転職理由

必ず聞かれる質問です。どうしてその会社に入りたいのか、書き出して整理しておきましょう。転職理由も聞かれますので、忘れずに用意しておいてください。この時、前の職場の悪口となってしまうような発言はNGです。あくまで前向きな転職であることをアピールしてください。

一般常識テスト

複数回の面接が予定されていても、一般常識のテストは比較的早い時期にあります。筆記もあれば、面接中に口頭で問われることもあります。内容は、簡単に言うと、学生時代に学んだことすべてが出題範囲のテストです。国語や数学だけでなく、理科や時事問題も出題されます。

普段からニュースを見るだけでなく、それについての意見を述べられるようにしておきましょう。企業独自のものや、専門の問題集から出題されることもありますので、書店で何冊か手に取って、予習しておくことが必要です。

一次面接の通過率


一次面接の通過率は、その後の面接が何回残っているかによりますが、およそ50〜70%と言われています。これは新卒の割合であり、中途採用の転職者では20〜30%と半分以下になります。

狭き門に感じるかもしれませんが、新卒と中途では母数となる応募者の人数が違いますので、そこまで深刻にとらえなくても大丈夫です。もし一次面接で落ちてしまっても気を落とさず、次の求人へ応募しましょう。

二次面接のポイント

晴れて一次面接を通過した方は、ほっと息を付きたいところですが、就職活動はもう少し続きます。二次面接は、文字通り、2回目の面接です。一次面接は採用担当者のみのことが多く、二次面接から上役の方が登場することもあります。二次面接では、会社にとって必要な人かどうかの判断をされます。注意するポイントは以下の通りです。

前職で何をしていたか

求人を出している企業にとって、中途採用に求めるものは即戦力です。同じ業種に就いていた人なら、何をどの程度できるのかが重要です。ポートフォリオを用いるなど、なるべく明確に伝えるべきですが、著作権やコンプライアンスに抵触してしまう恐れもありますので、何をどう伝えるか、イメージしておきましょう。

全くの異業種に応募した場合は、起こってしまった問題に対処した経験などをアピールすると良いでしょう。どの業界でも、問題を解決できる力は必要不可欠です。

入社して何をやりたいか

希望の職種についての思いを話しましょう。前項でも述べましたが、企業は転職者が会社にとってどれだけ有益かを考えます。この時に張り切り過ぎて、世の中をより良いものにしたいといった、規模の大きすぎる夢を語っても伝わりません。2〜3年後、5年後、10年後にどんな自分でいたいか、そのために何が必要かを具体的に伝えることで、計画性や上昇意欲のアピールもできます。

時事問題

一般常識の時に出題されたものとは別に、最近あった報道について問われます。スポーツや科学などの明るい話題から、汚職や事件などの暗い話題と様々です。何を聞かれてもスムーズに答えられるようにしておきましょう。このとき、読んでいる新聞を聞かれることがあります。実際に読んでいるのなら、そのまま答えてください。

注意しなければならないのは、ネットニュースのみで情報を仕入れている場合です。ネットニュース自体に悪いイメージを持っている人も少なくありません。一つのサイトを鵜呑みにするのではなく、色んなサイトを比較してより正しい情報を仕入れられる環境にしておきましょう。可能であるなら、就職活動中だけでも新聞を購入してください。

二次面接の通過率

二次面接の通過率は、20〜40%と言われています。これも一次面接の時と同じく、後に三次面接や最終面接が残っていると変わってきます。通過率にとらわれず、自分の魅力を精一杯アピールすることを第一に考えましょう。

オンライン面接対策のポイント

インターネットの普及により、オンラインで面接を行う企業が増えてきています。求職者は家に居ながら遠く離れた企業に応募できますし、企業は全国から優秀な人材を採用することができます。お互いにメリットが多いですが、デメリットもありますので、オンライン面接対策のポイントをお伝えします。

安定したネット環境を用意する

パソコンでもスマホでも、何より大切なのは通信環境です。できればパソコンを使用し、Wi-Fiではなく、有線で接続しましょう。Wi-Fiは天気の影響も受けるので、せっかくのアピールが途切れてしまう可能性があります。有線が難しい場合やスマホで行う場合は、面接に使うアプリ以外の通信を切ることで、少し改善できます。

部屋を片付ける

面接ではカメラを使います。最近は背景を任意の画像に変更してくれる機能のあるものもありますが、何かの拍子に外れてしまうこともあります。散らかった部屋はマイナスのイメージにしかなりませんので、片付けておきましょう。どうしても難しいときは、後ろに布を張るなどして、背景を作りましょう。

接続テストをする

家族や友人に手伝ってもらって、接続テストを行います。カメラの映像は暗くないか、自分の声が聞こえにくくないか、確認してもらいましょう。

何が起こるかわからないので、オンライン面接対策は挙げ始めたらキリがありません。途中で切れてしまっても慌てず、「失礼しました」と言って、続けましょう。

転職に限らず、面接は人生を左右する重要なことです。しっかり準備して、万全の状態で挑みましょう。


企業面接対策が充実している転職サービス

転職実績NO.1リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界大手グループのリクルートが展開している、総合型転職エージェントがリクルートエージェントです。リクルートエージェントは厳しい内部試験を突破した、全国でも屈指のキャリアコンサルタントが揃い、どのような職種でも幅広く対応しています。

非公開求人案件数が20万件を超えており、常時豊富な案件を擁しています。リクルートエージェントでは多くの転職実績を残しており、大手特有の信頼と安心感では他社を圧倒しています。

キャリアコンサルタントの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に19箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

転職の進め方、転職で遭遇するさまざまな悩みを、キャリアアドバイザーが解決に向けて支援してくれます。転職のプロがカウンセリングで、自分の強みの生かし方やスキルの確認、効率的な転職活動についてアドバイスしてくれます。

キャリアアドバイザーの客観的なアドバイスで、自分では思いつかない新しい選択肢が見つかることもあります。面談対策も、面接合格のための模擬面接や企業の採用傾向からのアドバイス・指導を行なってくれます。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。

dodaへ無料登録