転職の最終面接で落ちる確率は5割?落ちる理由と合格する方法を解説

応募した企業との最終面談を終え、いよいよ合否の結果待ち。この期間は、ワクワクとドキドキが交差する期間でもありますね。でも一方で、中にはなかなか返事がもらえなくて時間をムダにしてしまったりすることも。

実は、一見何もやることが無さそうなこの「待ち」期間をどう使うかによっても、転職の成功率というものは大きく変わるもの。面接で「失敗した」と思うところがあれば改善策を考え次に繋げることも大事。面談後の企業側の感触を得て、次の行動に移していけるためのテクニックを伝授します!

最終面接の合否連絡がなかなか来ない!考えられる理由とは


実は、合否連絡が遅れることは珍しくありません。企業の都合により遅れている場合があるので、もう少し待ってみるのもよいです。あまりに遅れている場合は問い合わせてみましょう。合否連絡が遅れることについて、考えられる理由は以下の通りです。

企業側で本当に悩んでいるケース

一番ポジティブなケースの理由がコレ、本当に企業側で迷って悩んでいるケースです。あなたとスキルが同等程度の別の希望者とどちらにするか悩んでいるとか、他の応募を待っている、などの状態のときになりがちです。
このとき、身もフタも無い言い方をすれば、あなたは企業にとって合格水準までは行っているものの何か一つ物足りないとか、そういう評価になっている可能性が高いです。

忘れられているケース

本来あってはいけないですが、この「忘れられているケース」というのも少なくありません。多いのが、「何か、ちょっとした事業を始めるに当たって要員が必要になった」後にその事業構想が無くなったケースなど。募集を希望した現場担当者が他の事業に参加してしまったりして、忘れ去られてしまうこともあります。

採用活動に専念する人事部などがしっかりした管理を行っている企業であればまずこういうことはないですが、中小企業になるとそこまでちゃんとした管理を行えていないところも。

わざと回答しないケース

一言でいえば「意地悪」以外の何物でもないですが、こういう企業もあります。採用にしろ不採用にしろ、わざと回答を遅らせるのです。理由は、「不採用だけど考えているフリをしないと申し訳ない」から、「スペック的には採用だけど、時間の余裕があるから本気度を確認するため本人の出方を見てみよう」までさまざま。

転職の最終面接、落ちるフラグと合格フラグは存在した!?


実は、最終面接の内容によっても、落ちるフラグと合格フラグを読み取ることが出来る可能性があります。面談後に振り返って、どちらのフラグに寄っているか、確認してみましょう。

<落ちるフラグ>

具体的な話もなく、世間話のまま面接が早く終了する
・志望動機や態度、経歴などについて、圧迫面接のように説教される
・至って普通の態度であるにも拘らず、やたらと褒められる
・逆質問の時間がなく、アピールだけしたら面談が終わってしまう
……など

<合格フラグ>

・内定の告知があったり、就職後の配属部署や業務について伝えられるなど、今後について具体的な話を進めようとする。
・入社時の上司という説明で顔合わせが行われる
・入社日や入社後の配属先などについて、具体的な時期と内容の相談がある
・最終面接の前に福利厚生の説明など、人事の話がしたいと呼ばれる
・会食を誘われる、面接が懇親会に変わる…など

転職の最終面接までいったのに落ちる理由と合格する方法

意外と高い!最終面接で落ちる確率は50%以上

最終面接、というと、それだけで採用の期待度も上がってしまうのですが、実は最終面談で落ちる確率は全体の約半分。一般的には最終面接の合格率は30~50%と言われており、従って、最終面接で落ちても不思議ではありません。

最終面接で落ちる理由

最終面接で問われる内容のレベルはそれまでと大きく変わる

最終面接は、その企業の社長や取締役など、相当の立場の肩書きを持つ人が面談相手となります。その意味で、現場で使える能力があるかどうかを中心に評価してきた一次、二次面接とは問われる内容のレベルが大きく変わります。最終面接で落ちる理由は以下のようなものです。

・社風や社長、役員などとのフィーリングや価値観が合わなかった
・積極性のなさなど、能力面からスキル不足と判断された
・会社のビジョンや企業理念との方向性が違うと判断された
・希望給与額が会社の規程と合わない、人件費のコストと合わないと判断された
……など。

変化に対応できるビジョンを語れることが大事

特に近年は、変化に対応できるビジョンをどこまでしっかりと描けているかを問われます。ビジョンという言葉に馴染みがなければ、5年後、10年後に自分はどうあるべきかという言葉に置き換えて考えたほうがいいでしょう。勿論、何かを成し遂げる、という目標でないといけません。

ビジョンを問うような会社で、「10年後も、今の仕事を続けたいです」と答えたのでは間違いなく不採用です。特定の作業やポジションに確執せず、会社ひいては社会全体の変化に対応できる人材であることが問われるのです。

最終面接で落ちることを憂慮したり、仮に落ちたとしても、最終面接まで残ったことは事実です。自らが最終面接までいける人材である(あった)ことに自信を持つことも大切です。

最終面接に合格するための面接対策と準備

必勝法は会社や面接官によって異なる

最終面接に必ず合格する方法は、残念ながらありません。なぜなら、企業によって求める人物像が異なるのと同時に、面接官によって好まれる回答があったりと多種多様。学力試験のように、この範囲を勉強すれば必ず合格できるというものではありません。

会社や面接官を良く知るエージェントにサポートしてもらおう!

言い換えれば、ある会社ではデメリットとして捉えられたあなたの経験やスキルが、ある会社ではメリットとして捉えられることも。こういった企業の特性を押し並べて知り、自分を高く売り込める企業を素早く見つけるためにはやはり、転職エージェントの活用は不可欠です。

転職エージェントは普段から企業とのパイプがあるため、各企業の面接で聞かれることや面接官がどんな人か、ひいては採用人数といった募集側の内部事情なども事前に教えてもらうことができ、その企業が待ち望んだ最適なアピールをすることが可能です。

面接対策におすすめの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

転職者数でなく、年収アップなどの「転職成功率」をアピールする一風変わったエージェントが「type転職エージェント」。実に、type転職エージェントで転職した人の約7割以上が年収アップに成功しているそうです。

転職市場に精通した専任アドバイザーによる高度な企業マッチングと職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートに力を入れているエージェントです。

type転職エージェント公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

言わずと知れたリクルートエージェントは転職市場の最大手。あらゆる領域をカバーする老舗エージェントでもあり、多くの企業が高い信頼を寄せているのが特徴です。特に非公開求人10万社は、中々真似できない規模と言え、このような規模の大きさが、企業の採用担当者を唸らせる面談対策の支援にもプラスの効果を上げています。

リクルートエージェント公式サイト

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング

まとめ

面談結果が中々企業から来なかったとしても、理由はいろいろあります。大切なのは、焦るのではなく落ち着いて行動することです。特に、企業に問い合わせる方法とタイミングには注意をしましょう。企業側にとり、負担にならない確認の仕方を配慮するだけで、答えが変わってくることだってあるのです。
また、面談結果のフィードバックを受けられるのはエージェントを使った転職の強みです。
せっかくあるサービスですから、うまく活用してよい転職を実現したいですね。