保育士は残業が多く、いつも定時に帰れる保育園を見つけるのはちょっと難しいかもしれません。就業時間が夜間に及ぶこともあるため、ワークライフバランスを保つのがなかなか困難な職業と言われています。これから保育士として活動する方、保育園への転職を考えている方は、この点を個々の事情に応じて解決することが肝心となるでしょう。

そのためには保育士の就業実態とその原因を把握し、どう工夫をすれば仕事とプライベートを両立させられるかを具体的に知っておくようにおすすめします。

保育士の残業実態は?その原因とは?

第一に保育士の仕事は業務量が多いことを知っておいてください。ほとんどの保育園は、ひとりの保育士が抱える仕事量が勤務時間内に終わらない傾向にあります。保育士の多くの方が、慢性的な残業の発生で悩みがちです。

そこで、保育士の残業時間が多い原因として次の3つがあります。

1)子どもが全員帰るまで勤務時間

保育園の役目は、親御さんが仕事を終えて迎えに来るまでお子さんを預かることです。延長保育などから、夜になるまで開園している保育園が珍しくありません。一般的には、開園時間が親御さんが出勤する時間帯・8時前後で、閉園時間は延長保育で7時近くまであります。2交代や時間差勤務でも採用しない限りは、この時間帯をカバーするために残業が必要となります。

また、子供の在園中は保育活動に専念するため、日々の事務作業が勤務時間内で終わらないこともあります。 保育園では保育活動から事務作業、清掃作業などたいへん仕事量が多いです。また季節によっては大きなイベントがあって、そのための準備も時間がかかります。このように、年中を通して作業が山積み状態ですから、とても勤務中ではまかないきれないのです。

2)書類仕事・作成物が多く、仕事を自宅に持ち帰ることも多い

それで、自宅に持ち帰る仕事も日常的に発生します。保育計画書や園だより、保育日誌はもちろん、保育で使う道具などを自作するための時間も必要です。これらの作業を自宅へ持ち帰るケースが目立ちます。ひと月の残業時間が40〜60時間(1日2時間以上)となるケースも少なくありません。

これほどまでに多忙な保育園ではありますが、慢性的に保育士の絶対数が不足しています。それにも関わらず、保育園では待機児童の問題を解消するために、園で預かる子供の人数をリミットいっぱいまで拡大しています。

このため、保育士ひとりの仕事負担が非常に重い状態になってしまいます。通常的に残業や持ち帰りの仕事が発生するのは、このことも原因となっています。

3)人出不足なのにIT化が浸透していない

ですが、事務仕事や清掃作業はPCソフトや外注を利用することである程度解決するものです。保育の面でもIT化をすすめるなら、かなり保育士の負担が軽減されるのですが、現行の制度などの問題から、思うようにはIT化が進んでいません。

これらの原因が相乗的に悪影響を生んでいますから、多くの保育士が過剰労働の状態に陥ってしまうわけです。しかも大手企業のようにカレンダー通りに休みを取ることも困難で、ワークライフバランスが大きく崩れてしまうのが現状です。

保育士がワークライフバランスを維持しながら勤務するためのポイント

保育園の勤務環境は全般的に多忙の傾向にありますので、ワークライフバランスを整えるためには、それぞれの保育士が時間のやりくりを工夫する必要があるかもしれません。

そこで残業をせずに、効率よく仕事をこなすためのポイントを押さえておきましょう。第一に実践したいのが、業務タスクを見える化することです。自分が担当しているすべての仕事を箇条書きにして、それぞれ作業内容を具体的に表にまとめると分かりやすいです。

できれば年間の業務タスクを書き出すと良いでしょう。それを時系列で表にまとめるなら、その時々ですべきことがはっきりと把握できるようになります。

業務タスクには優先順位を付けていきます。限られた時間を有効に使うためには優先度の高い業務から着手するのが一番です。それぞれの業務の完成期日を決めておきます。特にイベントは作業の開始時期も付け加えて、作業内容と準備についても記述しておいてください。

こうすることで一日にこなすべき業務、その月に行う仕事が明確になり、無駄な残業を減らすことが可能です。

日々のスケジュールを管理する

その上で日々のスケジュールを作成しましょう。大まかなルーチンスワーク的なスケジュールを作成して、見やすい形で表にしておきます。朝出勤してから、順番に作業内容とそれぞれにかかる時間を割り当てて行きます。時間配分は優先順位を考慮して配分するのがポイントです。残業をしなくても済むように、無理のない時間調整を徹底しましょう。

これらの表はPC管理すると使いやすくなります。タスクにおいてはチェック欄を設けて、タスクが完了したら消していくと達成感・モチベーション維持に役立つでしょう。

業務のIT化が必要

このようにスケジュール管理を整えたら、次に仕事の簡略化を工夫していきましょう。長年行ってきた仕事はある程度の効率化は達成できていることでしょう。しかし、慣れている仕事ほど、その中には見えない無駄が潜んでいるものです。

キーワードは作業のIT化、保育日誌や園だよりなどの書類は、テンプレートを利用するなどしてフォーマット化することができます。専用ソフトがいろいろと出ていますので、時間短縮のために利用していきましょう。

さて、このように時間をやりくりして、作業効率を高める工夫を施したとしましょう。それでも持ち帰り残業が出てしまう場合は、園長と相談するようにおすすめします。現在の仕事内容と勤務状態を説明して、今のままでは賄いきれないことを訴えるようにします。担当の作業を減らしてもらうように、丁寧に交渉するのが望ましいでしょう。

なお、園内での残業は残業代を支払ってもらうようにします。基本的にサービス残業はしません。無理な残業を引き受けないことも、ワークライフバランスを整えるコツです。

ワークライフバランスを優先できる職場へ転職することもアリ

さて、以上の努力・工夫を行っているにも関わらず、納得のいく勤務が望めない場合は転職も考慮してみましょう。特に園側に保育士の勤務環境を整える姿勢が見られない場合は職場を変えることも必要かもしれません。

そこでチェックしておいてほしいのが事業所内保育所です。企業が設定する保育所ですから、勤務時間は会社の営業時間内だけに限定されます。

一般的に事業所内保育所は小規模で、ひとりの保育士が見る子どもの人数が少ないのが特長です。また、事業所内保育所にはクラス担任がありません。保育士全員で子供を保育するシステムで、一般の保育園のように個々の保育士の負担が重くなる心配がありません。

仕事内容は保育活動が中心で、一般の保育園のように園だよりや細かな報告書も不要となるケースが多いです。また、大きなイベントを行わないなど仕事のボリュームはそれほど大きくありません。残業や持ち帰りの仕事の心配がなく、ゆったりと保育に専念できるのが特徴です。

事業所内保育所や残業の少ない保育園を探す際に、個人ではなかなか情報収集が難しいことがあります。そこで保育士求人サイト・保育バランスなどの専門機関を利用すると安心できるかもしれません。プロのサポートで自分に合った職場探しをしてみましょう。

保育士から他業種へ転職する場合

仕事も育児も充実できるリクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。

リクルートエージェント自身も女性活用に力を入れていて、女性の優秀なキャリアコンサルタントが多いことでも知られています。最適なワーク・ライフ・バランスで、仕事も育児も充実できる仕事を見つけるなら最大手リクルートがおすすめです。

拠点も全国19箇所に広がっています。地方での地元採用求人にも強いため、Uターン・Iターン転職を目指す人にもおすすめです。平日夜や土曜日の面談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

保育士専門の転職エージェント

全国の好条件・給与UPの保育士転職なら 保育求人ガイド

保育求人ガイドは保育業界の人材サービスのパイオニア、株式会社アスカが運営する保育士さんのための人材紹介・人材派遣サービスです。業界トップクラスの全国20,000件以上の求人情報が登録されています。4割が元保育士の経験豊富なコンサルタントが、非公開求人も含めて希望条件に合う職場(保育園、幼稚園、学童、院内保育所など)を紹介し、面接対策や複数同時応募、条件交渉、各種調整、入職手続きの代行など転職活動をフルサポートしています。

良い点、悪い点も含め、職場の雰囲気や周辺環境、通勤、残業など、現場をイメージしながら施設を探せます。今すぐに転職を考えていなくても、より良い条件や職場環境を探している方もカウンセリング可能です。
保育士派遣はボーナス・昇給・退職金制度もあります。

※全国に拠点が18か所あり、カフェブースでお茶をしながらカウンセリングが可能です。
札幌/仙台/東京/八王子/横浜/相模原/大宮/宇都宮/高崎/つくば/新潟/名古屋/京都/大阪/岡山/広島/福岡など

保育士案件シェア圧倒的87%!
※全国対応:有資格者のみ受付 電話、オンラインでの面談も可能です。

保育求人ガイドへ無料登録

保育士さんが認める保育士ワーカー

保育士さんが認める保育士ワーカー

現役保育士さんが認める、2年連続支持率No.1の保育士さんの求人サイトです。全国の保育園・幼稚園・認定こども園・学童・病院・企業等の求人情報が公開されていますが、更に独自の非公開求人も多数保有していて、まさに量・質・サービスと三拍子揃ったに充実の保育士転職エージェントです。今と異なった環境を求める人にはうってつけでしょう。

保育士はもちろんですが、同時に他業種の人も多くの求人を見ることができます。幼稚園教諭、正看護師、准看護師、栄養士としての求人もあるため、資格を持つ人なら一度は見ておいて損がないはずです。

就職・転職支援を専門とした実績のある専任アドバイザーから、非公開求人の紹介はもちろん、応募書類(履歴書・職務履歴書)の添削から面接の日程調整など煩わしい手続きから給与などの条件交渉まで、すべてサポートしてもらえます。

年収の交渉は、なかなか自分から言いにくいという人が多いため、代わりに引き受けてくれる転職エージェントもいます。保育士ワーカーは年収アップの交渉を依頼できる転職エージェントですので、必要な人は登録・面談時に相談してみると良いでしょう。

地域密着の就職・転職ネットワークで職場の雰囲気や残業・有給消化率、人間関係も確認でき、満足、安心して働ける理想の職場に出会えます。利用者満足度は97%以上、なんと8割以上は年収アップ転職に成功しています。

全国の保育施設、関連施設の求人を多数取り扱っていて、全国10拠点の営業所で日本中の保育士さんの転職サポートを行っています。
※資格を保有している方のみご利用できます。

保育士ワーカーへ無料登録

人間関係に悩まない保育エイド

保育エイド

教育・福祉の分野に特化した(株)サスシードの運営する、非公開求人がほとんどの保育士転職サイトの保育エイドでは人間関係のよい保育園を厳選、紹介する求人は、働いている人の口コミも含め、質の高い保育園、職場が多数を占めています。人間関係の悪い保育園を紹介されることはありません。

保育エイドは元保育士がコーディネーターを務めています。現場を知る保育士だっただからこその親密なサポートが評判を集め、2018年には満足度97.1%を獲得し、利用者数は15,000人にものぼりました。

保育エイドの最大の特徴は、転職理由が人間関係にある人へのサポートに重点を置いているところです。もちろん他の転職エージェントでも人間関係に重きを置いた求人を取り扱いますが、保育エイドはその上を行く手厚さで求人を紹介しています。

人間関係に悩むのは、どのような職種でもあることです。だからと言って、すべてが同じパターンであるはずもなく、きめ細やかな対応が求められます。保育エイドでは「保育士の職場における人間関係」を前面に押し出し、悩んでいる人に転職の勇気を与えてくれます。

ピリピリしていない雰囲気の良いムードの職場で働くことができ、社員の研修やアフタフォローも万全です。保育エイドは面談から仕事の紹介までコーディネーターとのやり取りは電話やスカイプで可能です、忙しい人にはおすすめですね。

もちろん人間関係だけではなく、他の条件が理由で転職したい保育士への対応もしっかり行っています。時間外労働がない、あるいはあったとしても月に5時間以内であること、有給休暇を取得しやすい環境であることなど、ライフスタイルの中のワークバランスを重視した働き方が可能な求人を紹介してもらえます。

幼稚園教諭・小学校教諭の求人もあるのでベテラン転職もコーディネーターが対応します。
※保育士資格のある、20代〜50代の女性が対象です。

保育エイドに無料登録

東京で働きたい保育士さんの上京と転職を応援する保育メトロ

保育メトロは、保育Rや保育エイド、保育バランスなど保育士関連サイトを多数運営するサクシードのサービスで東京に引っ越して保育士として働きたいけど、不安な方へ安心して上京できるようサポートしている転職支援です。

社員寮や家具付き住居で、住宅補助や引っ越し補助制度があるお仕事を紹介するから、都内へ引っ越しも家賃も(ゼロ円もあり)安くなります。また、面接や園見学も数日に分けず1日でまとめて実施できるよう調整してくれますので何度も東京へ来る必要はありません。

サクシードが運営しているので、最新の保育やトレンド、特徴のある園の取り組み、保育園の内情などから希望する職種、特徴などを組み合わせて条件にぴったりのお仕事を紹介してもらえます。上京経験のあるスタッフ、都内に土地勘があるスタッフが対応しているので、上京に関する詳細な相談ができるので安心です。

※東京で働きたい、保育士の有資格者のみ受付です。

保育メトロへ無料登録