政府が進める『働き方改革・ワークスタイル変革』によって、国内の職場環境が大きく変化し始めています。ワークシェアリングとテレワーク・在宅ワークを導入する企業も増えていて若者から高齢者までが自分のライフスタイルを尊重しながら働ける条件が整いつつあります。

そこで、主婦や高齢者の方、また副業を効率的に行いたい方は、テレワーク・在宅ワークについてメリットや注意点、タイムマネジメント方法などを確認しておくようにおすすめします。

働き方改革・ワークスタイル変革とは

働き方改革とは、グローバル社会やネット社会へと国の経済活動の変化に順応するべく、政府が推進する労働制度の抜本的改革です。日本は特に少子高齢化の問題を抱えていることもあって、これまでの終身雇用的な働き方だけでは対応しきれなくなっていました。ひとつの会社が個人を必要以上に拘束する雇用形態にも無理が生じています。

また、IT技術が急速に発展する中、これまでにない働き方、雇用スタイルが可能となり、より労働者の利益に寄り添ったワークスタイルがいろいろな形で成立しています。

この改革のテーマは『一億総活躍社会の実現』です。ひとり親の世帯や定年後の高齢者の方々、専業主婦の方や副業をする必要がある方々まで、どなたでも自分の生活環境に応じて無理なく働ける労働環境を行政主導で進めています。

その急先鋒としてテレワーク・在宅ワークの導入があります。これまでは雇用先の会社が設置する職場に通って勤務するのが当たり前でしたが、ネットワーク通信を利用することで、会社の施設以外で仕事をすることが可能になりました。5Gの普及とブロックチェーンなどの高度な情報通信セキュリティの発達で、大事な会社情報を漏洩せずに社外で仕事をすることができるようになったのです。

また、副業の解禁も労働者にはプラス効果です。これまで正社員は副業を社則によって禁じられる場合が多かったですが、法的に副業が認められ、むしろ薦められるようになりました。

テレワークという手段を利用することで、本業の勤務外で時間を有効活用する働き方が可能になりました。中にはフリーランスとなって、複数の会社と個人的に契約して仕事をする働き方も一般化しています。それで専業主婦の方や退職した高齢者も自分のペースで、自分の特技を生かした働き方が実行できます。

テレワーク・在宅ワークの種類について

さて、一口にテレワークとは言いますが、その働き方にはいくつも種類があります。大まかに分けるならば次の4種類のテレワークが選べます。

自宅をオフィスにして仕事をする在宅ワーク

WebサイトやSNSなど、インターネット上の情報通信プラットフォームを利用して、自宅のパソコンで仕事をすることができます。個人がクライアントと直接契約を取って仕事をする場合、自宅にオフィスを構えて営業するケースが多く見られます。

感染症が蔓延するような社会では、感染拡大を防ぐために会社勤務のボリュームを減らし、自宅で仕事を行うこともできます。自宅のパソコンに安全性の高いセキュリティソフトをアップロードさせ、4G・5Gの高速通信ネットワークで大容量のデータをスムーズにやり取りできるようにもなりました。

また、SNSを利用したマーケティング活動でアフィリエイト収入・広告収入を個人的に得る方法もあります。これらは在宅ワークを中心に行なわれていて、専業主婦の方や外出が困難な高齢者の方々へ働く機会が広がっています。

モバイルワーク

スマートフォンなどのモバイル端末を使って、移動中にどこでも仕事ができるようにもなりました。今では国内のあちこちでWi-Fi環境が整っていますから、モバイル端末があればどこでも仕事が可能です。

モバイルワークは営業職や社員の出張に便利で、出先で会議に参加したり、必要な情報を受信したり、時間を有効活用するには優れた手段です。

サテライトオフィスやコワーキングスペースによる施設利用型勤務

自宅では仕事に集中できないケースがあります。また、会社としてもテレワーク中の社員管理が難しいという問題もあります。

そういった場合にサテライトオフィスやコワーキングスペースを利用します。サテライトオフィスは会社が用意したテレワーク専用のオフィスで、こぢんまりとした賃貸オフィスをレンタルするなどして設置します。コワーキングスペースは個人事業向けのレンタルオフィスで、主にフリーランスの方に利用者が多く見られます。

社外や自宅外でも仕事が可能な点ではモバイルワークに近いですが、より長時間の作業をする場合は、モバイルワークよりも優れた仕事環境となります。

ワーケーション

働きながらプライベートタイムが楽しめる働き方として、最近とくに注目を集めているのがワーケーションです。過疎化の進む地域や流行から外れてしまったリゾート地では、誰も住んでいない古民家やリゾートマンションを格安で提供する場合があります。それらを住居やオフィスとして活用して、豊かな自然環境でゆとりある生活を楽しみながらテレワークする人が増えています。

ワーケーションでは家賃が非常に安くなること、場合によっては無料で貸出することもあります。また都会のような贅沢ができないため、都市部での生活よりも生活費がかかりません。

その反対に、ストレスを解放してくれる環境でじっくりと腰を据えて仕事が出来るので、仕事の成果がアップするメリットもあります。プライベートな時間は思う存分にアウトドアレジャーを楽しんで、心も体も健全に生活することができます。

テレワーク・在宅ワークの仕事探し

リモートワークに強いの転職サービス比較ランキング

  1. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  2. 在宅ワーク・内職支援サービス【クラウディア】

    登録数25万人を超える、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。登録者はインターネット上で、お仕事が行えるので、時間や場所にとらわれずに自分のペースで働けます!

    仕事内容は、ライティング・翻訳、ブログ記事作成、デザイン・イラスト制作、システム開発・運用、Web・アプリ開発などなど専門的なものから、誰でもできるお仕事まで、幅が広いです。

    フリーランスの方の本業、サラリーマンの方の副業、主婦で、暇な時間でのおこずかい稼ぎなどにおすすめ
    受注者・発注者さまざまな人が、自分の目的に合わせ、クラウディアを活用しています。
    ※システム手数料は業界最安値!発注者は依頼料金以外、一切費用が掛かりません!

    クラウディアへ無料登録


女性のために誠実なキャリアスクール2選

お仕事も紹介してくれる女性専用webデザインスクール famm

女性のライフデザインのために生まれた「Fammスクール WOMAN」。これまでたくさんのママさんのチャレンジに寄り添ってきたFammは、育休取得中の女性を対象に短期集中&シッターサービスが無料で備わったスクールをスタートさせました。

新型コロナ発生後でも、子供がいる女性が理想のキャリアや働き方を実現できるよう、Zoomを使用したLIVE配信を開始し、全国どこからでもスクール受講が可能になりました。在宅ワークやキャリアアップのスタートに、本当に必要な項目だけに絞ったカリキュラムが好評です。

キャリアの幅を広げるため、新しい仕事を探している、副業などの為に、スキルを身につけたい方におすすめ
卒業後は、Fammから仕事を受注でき、卒業生向け質問会で継続的にサポートしています。

※1ヶ月短期集中型コースが業界最安値
※食事のデリバリーや家事代行、タクシー料金などの時短サービスを上限1.5万円まで無料で利用可能

fammカウンセリング付無料説明会へ登録

ミレニアル女性向けのキャリア支援サービス SHElikes(シーライクス)

女性専用のオンライン動画/コミュニティ/コーチング/スキルアップ支援/業務斡旋など、全29コース「22年7月1日時点」受け放題のキャリア支援サービスです。未経験から仕事を受けられるようになるレベルのレッスンは、ほぼ全てのサービスをオンラインに対応しています。

対面レッスンも(表参道・銀座・名古屋・梅田)にお洒落な教室があり、在宅ワークができるWebデザイン・Webマーケティング・ライティングなどPC一つで働けるクリエイティブスキルが人気です。今後のキャリアに不安がある方 。副業や転職も気になりだしている方。妊娠や出産など、将来のライフプランから仕事に不安がある方におすすめです。

単なるキャリアスクールではなく、ひとりひとりの人生に寄り添う伴走者として、自分らしい生き方の実現をサポート しています。

※体験レッスンからの受講申込で初月無料です。

SHElikes無料体験レッスンへ

テレワーク・在宅ワークの注意点

個人のライフスタイルに応じた働き方が可能なテレワークですが、実践する場合は次の4つの点に注意してください。

まず、情報漏洩のリスクが高まります。絶えずオンラインの状態で作業をしていますから、ハッキングに狙われたり、不正アクセスのウイルスに感染してしまう危険があります。使用している端末が他社にオープンとなれば、そこから本社のサーバーに侵入されて、会社の情報が漏洩してしまうので要注意です。

2つ目は仕事をサボってしまうリスクです。たった一人で仕事をする場合、自制心を保ちモチベーション維持に努める必要があります。上司や同僚の目が届かないので、自分勝手な時間の使い方をしがちです。

3つ目は反対に、管理側からサボっているのではと誤解されるリスクもあります。真面目に働いているのに、ちょっと作業効率が思わしくないと注意を受ける可能性もあります。これは社員にとってデメリットですが、上司にとっても部下のマネジメントがしにくいという問題点になります。

4つ目はチームワークが悪くなることです。社内でのコミュニケーションが低下しやすいことで、連携プレーに支障が出る可能性もあります。これによって社員同士・部門間での不平不満も出やすくなります。

テレワークにはタイムマネジメント方法の導入がおすすめ

上記のデメリットを回避するためにも、会社の管理体制においてテレワーク時の時間の使い方には注意が必要です。

テレワークの社員を管理監督する際に、時間的な無駄を出さずに、より効率よく業務が遂行できるよう管理することが肝心です。そこで注目すべきはタイムマネジメントで、社員の勤務時間をコントロールします。

基本的な考え方は、『投入時間同・成果増』です。1の時間で達成できる成果を増加させるために、スケジュールを精査します。仕事手順まで把握して、無駄のない作業を与えます。

また、作業が時短できるツールやソフトを用意します。テレワークでは通信速度の速さと容量の大きさがポイントで、高速大容量の通信システムを採用します。同時に社員のスキルアップも具体的に実践します。研修やトライアルを適宜行って、社員の能力を高めていくことも欠かせません。

テレワークでは、これらのマネジメントが施しにくい傾向があるので、出勤時に調整できるようにプログラムすると良いかもしれません。なお、個人でも積極的に作業姿勢やタイムマネジメントを考慮していくべきでしょう。ダラダラと働いてしまうと、結果として成果が上がらず自身の利益を損なうことになりますのでよく注意してください。