コロナ禍における女性の転職事情

コロナ禍の中で、女性の就業環境が厳しい状況に立たされていると言われています。経済全体が大きなダメージを受けることで、世代・性別を問わず就業環境が厳しい状況になっているのは間違いありませんが、とりわけ派遣など非正規での雇用が多い女性に、そのしわ寄せが来ている傾向も見られるようです。

また、雇用状況だけでなく、コロナ禍での企業ごとの対応に大きな温度差が出ていることから、転職を考える女性も増えていると言います。テレワークの導入が進まない、会社の経営状態が心もとない、人間関係の問題が露呈してしまった…厳しい状況だからこそ、より安心して暮らせる環境を求めて転職する人が増えていると言えるでしょう。

あるデータによる「コロナ禍での転職活動において何を求めるか?」という女性を対象にしたアンケートにおいて、「安定して働ける経済基盤」を企業に求める声がトップになったという結果があります。不安定な環境に晒されやすい働く女性が何を求めているのかが如実に表れていると言えるでしょう。

そのデータによると、次いで多かったのが「一緒に働く人達の人柄」、その次が「在宅ワークができること」でした。収入面や仕事へのやりがいよりもこうした事情を求めているのも、コロナ禍における転職事情の大きな特徴と言えるでしょう。

コロナ禍で女性におすすめの転職先ランキング

厳しい経済状況の中でよりよい職場を求めて転職する、といってもどんな職場があるのか、そもそも求人があるのか、という疑問・不安がすぐに出てきます。先程挙げた「安定した経済基盤」や「テレワークができるかどうか」といった条件を満たしているかどうかも踏まえた求人探しができるのか、転職を希望していても「今の状況ではなかなか見つからないだろうな」と及び腰になってしまっている人も多いはずです。

では、コロナ禍下でも転職のチャンスが得られそうな仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?ランキングの形で見ていきましょう。

ランキングの1位はIT関連の企業です。

ステイホームの掛け声とともに、コロナ感染を防ぐために家で過ごす傾向が高まったことから、IT業界全体の業績が高まっています。とりわけ業績の向上が目立つのが、ネット通販関係の企業です。巣ごもり消費とも呼ばれ、家で手軽に注文して入手できるネット通販は、現在のコロナ禍に適応した業種と言えるでしょう。

女性向けの転職先としては、ネット通販系の大手企業の事務や経理などの求人を探してみるのがおすすめです。また、次に挙げるコールセンターの仕事も選択肢の一つに加えてみましょう。

第2位がそのコールセンターです。

IT業界で積極的に導入が図られているのはもちろん、業種を問わず、重要性が高まっている仕事です。さまざまな業種でオンラインでビジネスを行う機会が増えたことから、顧客の問い合わせに対応するコールセンターの役割が上昇しています。かつては大手企業やIT関連企業に限られていた傾向がありましたが、近年では中小クラスの企業でも導入する機会が増えています。

コールセンターやカスタマーサービスはアウトソーシングの形で導入されるケースが多く、こうしたサービスを提供する会社が増えています。ですから、会社のコールセンター、カスタマーサービス部門の求人を探すのではなく、アウトソーシングに対応している会社の求人を探す必要も出てきます。

この仕事は、テレワーク、リモートワークが導入しやすいメリットも持っています。わざわざ出社する必要もなく、自宅で対応できる場合もありますから、テレワークでの仕事を希望している人は求人を探してみるとよいでしょう。

第3位は、IT関連の一種に含まれますが、Web関連のサービスです。

こちらは主にシステム関連の開発から運用、保守などの業務がメインとなります。企業が社内システムの導入やホームページの開設を行うようになったことで、IT業界に限らず、こうした業務の需要が伸びています。システム・ホームページの導入は専門のIT関連企業に依頼しても、運用・管理は自分たちで行う必要も出てきますから、そのためのスタッフを採用する必要があるわけです。

テレワーク・リモートワークの導入に際して社内システムの充実が求められるようになったことで、こうした仕事への需要が幅広い業種で増えています。

コロナウイルス感染拡大によって一気に導入が進んでいるテレワーク・リモートワークですが、コロナが収束した後もこの流れは続くことでしょう。そうなると、この手の仕事の需要も長期安定が期待できますから、アフターコロナを見据えた転職先探しの選択肢としても適しています。

難点としては、プログラミングやデザインなど、ある程度専門的な知識が求められることです。すでにこの分野のスキル・知識を持っている人にとっては魅力的な選択肢ですが、未経験からの転職となると、かなり選択肢が限られるのは覚悟する必要がありそうです。ただ、システム開発・Web運営などを行っている業者にも営業、事務の仕事がありますから、そうした求人を探してみるのもおすすめです。

第4位は広い意味での事務職です。

一般の事務職から経理、総務、人事など、幅広い分野でテレワークの導入が進んでいます。窓口業務はどうしても通勤が必要ですが、日常の事務の仕事はテレワークでも十分対応できるものが多く、実際に導入を進めていく企業も増えています。幅広い女性にチャンスがある点からも、おすすめの転職先と言えるでしょう。

ただ、事務職でテレワークが進んでいると言っても求人が増えているとは言えない現状があること、テレワークがどれだけ進んでいるかは企業ごとに温度差があるため、たとえテレワークが導入されているとしてもよい環境で働けるとは限らない可能性があることを注意点として覚えておきましょう。この点は後述します。

第5位は営業職です。

意外に思えるかもしれませんが、営業職の分野でもテレワークの導入が進んでいます。コロナウイルス感染前からオンラインを活用した新しい営業のアプローチの重要性が指摘されていたため、コロナ禍の中でそれが一気に加速している面もあるのです。

かつて営業と言えば「足で稼ぐ」イメージが強く、男性に向いているとのイメージも持たれていましたが、これからの時代は男女問わず、オンラインをうまく活用しながらいかに効果的に営業活動ができるかが求められる状況になっていると言えるでしょう。

コロナ禍で営業のアプローチそのものを根本的に改めなければならない企業が出てきている他、新しい顧客の獲得を目指す必要が出てきていることから、テレワーク・リモートワークを前提とした営業職の求人が今後増えていくことも予想されます。

テレワーク転職の注意しておきたいポイント

以上、テレワークを前提とした女性におすすめの転職先を挙げてみましたが、注意点がいくつかあります。先述したように、会社ごとにテレワークの導入環境に大きな差があることです。今でもテレワークに消極的な会社が多いだけでなく、導入に積極的でも環境がついてきていないケースも見られます。

いくらテレワークを推進していても、企業のシステム環境やオンライン環境が整っていなければうまく機能しないでしょう。また、事務職の場合には顧客や従業員の個人情報を扱う機会も多くなります。テレワークでも安心して業務ができるか、しっかりしたセキュリティ環境も問われるのです。

せっかくテレワークができる会社に転職したのに、かえってトラブルを多く抱えることになってしまった、といったことは避けたいところです。

また、テレワークができるからといって職場の人間関係の悩みが少なくなるとは限らない点も気をつけましょう。オンライン飲み会、オンライン忘年会といった新しい交流の機会を設ける会社が増えていると言われますが、それがかえって面倒な人付き合いをもたらすケースも少なくありません。

テレワークやオンラインでのやりとりにうまく適応できない中高年の社員との付き合いに、面倒な思いをすることもあるかもしれません。こうした点も注意した上で転職先を探していきたいところです。

仕事も育児も充実できるリクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。

「時短勤務制度」を利用できる正社員の求人情報も豊富です。残業なし・10時から17時勤務型・週休4日制型・リモートワーク型等、これまでのキャリアに最適な育児と仕事とを両立しやすい環境をキャリアアドバイザーが親身に提案してくれます。

リクルートエージェント自身も女性活用に力を入れていて、女性の優秀なキャリアコンサルタントが多いことでも知られています。最適なワーク・ライフ・バランスで、仕事も育児も充実できる仕事を見つけるなら最大手リクルートがおすすめです。

拠点も全国16箇所に広がっています。地方での地元採用求人にも強いため、Uターン・Iターン転職を目指す人にもおすすめです。平日夜や土曜日の面談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

doda

全国展開のdodaグループで業界No.2の転職エージェントです。「自分らしいキャリア」を真剣に考えたい転職エージェントです。転職のプロである担当キャリアアドバイザーが、5年後・10年後のキャリアについて一緒に考えてくれるのがウリです。

女性の微妙な心理に関するQA「キャリアアップを目指す女性のための転職悩み相談」や、働く女性が知っておきたい妊娠出産育児のための制度に関する情報など、公式サイトの転職成功ガイドは必見ですよ。女性向けイベント『Woman’s Career Meeting』も好評です。

日本全国に展開していて地方求人にも強く他のエージェントで求人が見つかりにくい地域にも多数の求人を保有しています。

dodaへ無料登録

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. リモートワーク専門のリモートビズ

    リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

    IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
    ※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

    リモートビズへ無料登録

  2. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録