「自由に働きたい」在宅ワーカーを目指す人が増えている?

「会社員無理〜!」という声が昔よりよく耳に入ってくる近年、フリーランスでお金を稼ぎたいと考える人が増えています。その理由として挙げられるものはいくつかありますが、やはり価値観の変化が大きいでしょう。現在も人生設計で主流なのは高校や大学、専門学校を卒業したのち、就活をして企業に就職するという流れです。

しかし、必ずしも企業に就職する必要はない、雇用されたくないという考え方もここ数年で広がりをみせ、さらにコロナ禍での在宅・リモートワークの推進などにより、仕事の在り方が見つめなおされています。もっと自由に働きたい、在宅ワークでフリーランスになりたいという声が増える中、本当に稼げる職種とは何なのでしょうか。

また、そのような職業に就くためにはどうすればよいのでしょうか。

フリーランスとは、どういった状態?

そもそもフリーランスとはなんでしょうか。フリーランスとは元々海外で広まった言葉で、企業や会社に属さずに自らの知識や技術で仕事を契約する人のことを言います。では、何故これほどフリーランスというスタイルが広まりを見せているのかというと、ネット環境やオンライン設備の普及により独立の敷居が下がった事が理由とされています。

フリーランスと一口に言ってもその業種は様々ですが、よく耳にすることがあるのはプログラマー、WEBデザイナー、WEBライターあたりではないでしょうか。それぞれの業種の違いや実態はどのようなものなのでしょうか。

フリーランスといえばプログラマー

まずはプログラマーですが、こちらはプログラミング言語を用いて様々なシステムを構築する仕事になっています。独学のみならず、最近では転職を見据えたプログラミング学校も増えてきました。

会得難易度は高いとされていますが、その必要性に対して技術者が足りず、その需要は今後もますます高まるとされており、技術を身に着けることができればフリーランスでも仕事が取りやすい稼げる職種と言えるでしょう。しかし、プログラマーになるためにはどのような道筋があるのでしょうか。

最も堅実な選択肢は、企業でエンジニアとしての経験を積んだ後、独立してフリーランスになることです。雇用されたくない、自由に働きたいと考えている方にとっても、最も確実な選択肢は一度企業に属して人脈を作ったり、周りの人と勉強を重ねたりすることになります。

もしくはプログラミングスクールを卒業するという選択です。こちらは効率よく勉強ができますし、時間や場所に縛られることが完全になくなります。在宅ワークでフリーランスという望みが最短で叶いますが、仕事を安定して取れるかどうかは本人の頑張り次第という事になってしまいます。

チャレンジ精神に溢れている方ならばこの方法もおすすめです。もちろん独学も選択肢には入りますが、相当な情熱が必要でしょう。

WEBデザイナーの在宅ワークは難しい

WEBデザイナーも、プログラマーと同じく将来性がある職種です。またWEBデザイナーはプログラマーよりも初心者向けと言われており、比較的始めやすいです。しかし、プログラマーやその他技術職よりも年収が低いという点に注意が必要です。もうひとつ気を付けなければならないのが、WEBデザイナーがいきなり「在宅ワークでフリーランス」という夢を叶えるのは難しいという点です。

もちろん長い目で考えればそれは可能ですが、まずは企業に就職して経験を積む道筋がほとんどです。また、比較的始めやすいという点から、WEBデザイナーは供給過多であるとも言われています。しかし、その実態は企業やクライアントの求めるレベルのWEBデザイナーは少ないという現状で、しっかりとした知識と技術があれば、仕事の依頼量はこれからも増えていくと考えられます。

それでは、WEBデザイナーに求められる具体的なスキルとはどのようなものなのでしょうか。WEB制作の際に最も必要なのはクライアントの要望を理解し、それに沿ったものを作り上げるためのコミュニケーション能力と言われています。

WEBデザイナーは特にその能力が要求される場面が多く、引き出した要望を上手く可視化するためのデザイン能力とソフト知識がそれに加えて重要です。WEBデザイナーは稼げる職種であるかと言われれば、「自分次第」な部分が他の職種よりも大きいでしょう。ワークライフバランスの取りやすい仕事ですので、IT未経験者でも思い切って目指してみても良いでしょう。

在宅ワーク・副業ならWEBライターがおすすめ

WEBライターは最も始めやすく、雇用されたくない、自由に働きたいという願いを最も早く叶えられる仕事でしょう。WEBライターはWEBコンテンツやWEBサイトに載せる記事を執筆する仕事で、もし企業お抱えの正社員ライターになれば平均年収は約259万円と言われています。

在宅ワークでフリーランスライターになると、その人の持つ専門的な知識やライターとしての経験にもよりますが、最大で1000万以上稼いでいる人も居ます。さらに、WEBライターになるためには特別な資格や勉強は必要ありませんが、インターネットを駆使して情報を得る力は必要です。

さらに正しい情報を選んで自分の言葉で記事にする仕事ですので、ネットリテラシーも求められるでしょう。WEB関連に限らず様々な専門知識がある方が報酬がアップしやすいですが、一定のレベルの文章が難なく書ければ誰でもWEBライターとしての活動が始められます。

このような手軽さから他の仕事の副業として始める人も多く居ますし、何よりも始めるのに必要な機材もパソコンとインターネット回線のみで特別なソフトや機材は必要ありません。さらに、WEBライターとして活動するうちに様々な知識が身についていきます。インプットとアウトプットを同時に行うため、効率よく様々な知識が身に付き、勉強が好きな方にもおすすめできます。

将来的にもWEB系エンジニアは安泰

WEB系統の職業全てにおいて言えることですが、将来的にも多くの需要があります。プログラマーやWEBエンジニアなど、専門的な技術職になればなるほど供給が追いついておらず、フリーランスでも仕事を得やすく、稼げる職種と言えそうです。専門的な知識を学ぶための勉強が必要ですが、自由に働きたいという願いを持つ方なら、その情熱で乗り切れるのではないでしょうか。

もしくは、専門職ながら始めやすいWEBデザイナーを目指すのも手です。いきなり在宅ワークを始めるには難しいですが、自身のスキルアップに比例してフリーランスで活動でき、さらに年収が上がるため、勉強や新しいことが好きな方なら向いていると言えるでしょう。


まとめ、副業からはじめて見る

WEBライターは最も始めやすいと言えますし、副業としてここからIT系統の在宅ワークを体験するのも良いでしょう。また、自身の本業や体験、趣味を仕事に活かしやすいのもWEBライターの良い点です。専門的な記事を書くことのできる人であればあるほど、報酬が高くなりやすいですし、これから多くの人がWEBライターを始めたとしても、その人にしか書けない文章は必ずどこかに需要があるでしょう。

やはり、専門性が下がるほど仕事の単価はどうしても下がってしまいますし、いきなり在宅ワークでフリーランスになるというのは難しいこともあります。ITに触れていない方は0からの勉強になり、強い意志がなければフリーランスとして活躍するのは難しいかもしれません。

仕事を取り続けて安定して稼ぐというのは大変なことですが、自由に生きたいと強く思う方ならば必ずその願いを叶えるために行動を起こして努力し続けられるでしょう。フリーランスの世界は自分の努力次第で稼げる仕事にも、その逆にもなり得ます。


フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

日本最大級のITフリーランス専門エージェント「ギークスジョブ」は、業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名以上、毎年1万件以上の成約を誇る、フリーランスエンジニアのための常駐型案件『週5日』『現場常駐型』がメインの転職エージェントです。

「スキル」「ポジション」「エリア」+リモート可能案件や半常駐可能案件のこだわり案件も検索が可能です。

単発的な案件の紹介ではなく、将来のキャリアプランを考え一生涯付き合えるビジネスパートナー的にな存在で15年以上のノウハウを元にした、フリーランスエンジニアの不安や疑問を解消するトータルサポートにも定評があります。

『市場価値診断』『キャリアアップ事例集』福利厚生サービス『フリノベ』など使えるコンテンツも充実しています。フリーランスのための会計処理・確定申告やヘルスケアサポート健康診断、スキルアップにオンラインセミナーもサポートしています。

支払いサイト25日、副業支援、プログラミング講師職・WEBライター職など特別支援中
※20代〜40代のエンジニア経験2〜3年以上 全国対応(関東、関西、福岡、愛知がメイン)です。

ギークスジョブへ無料登録

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. リモートワーク専門のリモートビズ

    リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

    IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
    ※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

    リモートビズへ無料登録

  2. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録