フリーランスコンサルタントとして独立しやすいと言われているのがPMOやSAPです。フリーランス向けの案件では高単価の案件が多く出ているため、「正社員とフリーランスどっちがいい?」と悩むことも多いでしょう。

独立か、会社員として継続するかを判断するために、それぞれのメリットについて理解を深めることが重要です。さらに、独立ではなく転職を考えているなら、活用できる転職支援について把握し、確実な転職活動ができるようにしましょう。

「PMOコンサルタント」とは?

PMOコンサルタントは、プロジェクトをモニターし、進捗状況をチェックし、アウトプットの質が低下しないように見守ります。コストが超過していれば報告を行い、問題が発生する時には解決案を提起し、問題解決を図るなど、業務は多岐にわたります。

一般的に、総合コンサルの場合は、クライアントのプロジェクトの中で外部から支援をし、円滑に進むようにサポートすることによって、PMOコンサルの役割を果たします。一例として、システム導入をクライアントが行う場合、システムの開発や設計、テストはシステムベンダーが行います。

PMOは、システムベンダーとクライアントを繋ぐ橋渡しのような役割を担い、クライアントのコンセンサスの支援を行います。また、M&Aでの企業統合の際には、システムや業務を統合する作業のために入るなど、新規事業立ち上げのサポートの役割も果たしています。

フリーランスコンサルタントとしてPMOコンサルする人が多い理由とは?

PMOコンサルの人材不足

理由の1つは、PMOコンサルできる人材が不足しているため、需要が高く、独立しやすいからです。需要の高さから、コンサルティング会社での経験があれば、PMOコンサルの経験がなくても必要最低限のスキルがあると見なされ、フリーランスコンサルタントとして案件に参画できる場合もあります。

案件の多さと未経験でも参画しやすい状況が、フリーランスのコンサルを選ぶ理由の1つとなっています。

PMOコンサルは、フリーが参画しやすい

別の理由として、PMO案件の多くが少人数のPMOコンサルタントの募集となっているため、フリーのコンサルタントが参画しやすいことがあります。多くの場合、企業では自社のPMOチームで補えない少数のPMOコンサルタントを外部から調達するためです。

フリーランスの立場は社内の人間ではないため、PMOコンサルティングに求められる俯瞰的な視点ができるとして重宝される傾向にあります。

フリーランスPMOコンサルタントのメリット・デメリットとは?正社員とどっちがいい?

フリーPMOのメリット

フリーランスコンサルタントで働くメリットは、高単価の案件を獲得しやすいため、高収入が期待できる点です。案件によっては、月に200万円を超える超高単価のものも存在します。PMOの案件単価が高い理由は、PMOコンサルタントの需要が高く、人材が不足しているためです。人材の確保のために、高単価の案件が増えているのです。

別のメリットは、自分の基準に合わせて案件を選べることです。正社員で企業に属している場合は、自分で案件を選ぶことはできないため、自分のキャリアにあまり役に立たないような案件でも業務をこなす必要があります。フリーランスの場合だと、自分のキャリアプランや好みに合わせて選択できるため、よりやりがいを感じることでしょう。

フリーPMOのデメリット

フリーランスのデメリットの1つは、外部から参画しているため、チームによっては自分だけが外部の人間となり、やりにくさを感じることです。正社員で企業に勤めている場合は既に信頼関係ができているため、指示を聞いてくれやすかったり、チームとしてまとめやすかったりするかもしれません。

その点、フリーランスは人間関係や信頼関係を築くのに時間がかかり、余分の努力が必要になる場合があります。

フリーランスか正社員のどちらがいいかは、何を求めているかによって変わってきます。高収入と自由なスケジュールを求めている人はフリーランスが良いでしょう。企業のチームで安定して仕事を得たい場合は、正社員を選択しましょう。

「SAPコンサルタント」とは?

ITシステムを用いて企業の経営を改善するのがITコンサルタントです。その中で、SAP社ERPパッケージの専門知識を持っている人材のことを「SAPコンサルタント」と言います。

SAPコンサルタントの社内での役割は、SAPのシステムを導入し、企業が用いている現システムをさらに合理化することによって、経営の効率を上げていくことです。主な業務内容はSAPの導入をコンサルティングすることですが、プロジェクトの内容によってどこまで介入するかが異なります。

SAPシステムを導入する前に行う業務分析から始まり、導入後に実際に業務の改善を図るまでの一連の支援を行うケースが一般的です。

フリーランスコンサルタントとしてSAPコンサルする人が多い理由とは?

SAPコンサルタントがフリーランスを選ぶ理由は、ITコンサルの中でも独立しやすいからです。フリーランス向けのSAPコンサルティングの案件は、専門のSAPコンサルタントとして何年も経験を積み重ねてきた人でなければ、参画することが難しいのが現状です。

SAPコンサルティングでは、高いレベルのコンサルティングの能力と専門性が必要となります。そのため、高い結果を出す人材は市場価値が上がり、さまざまな業界で活躍することができるでしょう。

そうした人材は、フリーランスコンサルタントとして独立しても継続して案件に参画できるため、独立しやすい環境となっています。

フリーランスSAPコンサルタントのメリット・デメリットとは?正社員とどっちがいい?

フリーSAPコンサルのメリット

フリーのSAPコンサルタントのメリットは、マーケットではSAPコンサルタントが不足しているため、引く手あまたの人気となっていることです。そのため、独立後に継続して案件を獲得しやすい状況なのです。

別のメリットは、自分の好みに合わせて案件を選べることです。正社員としてコンサル会社に勤めていれば、案件を選ぶことはできません。その点、独立すれば自分の好きなタイミングで、やってみたい案件のみを選ぶことが可能なのです。

独立すると、たいていの場合、収入アップが期待できることもメリットの1つです。SAPコンサルティングの案件は、それ以外のフリーランス案件と比べると、高単価の場合が多いようです。そのため、正社員で働く場合と比較すると、フリーのコンサルタントとして働く方が高年収を見込めます。

フリーSAPコンサルのデメリット

SAPコンサルタントのデメリットは、精神的な負担が大きいことです。フリーのコンサルタントは、SAP案件を獲得してもプロジェクトの終了後に合わせて、次の案件を確保しなければなりません。

正社員であれば続けて別の案件を担当できますが、フリーランスでは案件の獲得を自分で行う必要があるため、負担に感じる人も少なくないようです。

フリーランスか正社員のどちらが良いかは、仕事に何を求めるかによって選択が異なります。高収入で好きな案件のみ受けたい場合はフリーランスが良いでしょう。高収入でなくても継続して仕事が確保されている環境で働きたい方は、正社員を選びましょう。

コンサルタントとして転職する際は転職支援を活用しよう!

未経験からPMO、SAPコンサルタントを目指したい人、現在フリーランスコンサルタントとして活躍しているが、正社員として企業で働きたい人、コンサルタントとして、他の企業に転職したい人は、フリーコンサルタントへの転職支援の実績がある転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントでは優良企業を紹介してくれますし、場合によっては非公開求人に応募できるからです。また、転職支援として、企業の調査や条件の交渉、面接対策など手厚いサポートが期待できます。フリーランスではなく正社員として働きたい場合は、手厚い転職支援が受けられる転職エージェントを活用しましょう。

High-Performer consultant フリーランスコンサルタント転職支援

業界初のフリーランスコンサルタント向けの案件紹介サイトです。業界最大級の戦略、PMO、SAP、最新テクノロジー案件が揃い、直請け案件は93%以上になっています。コンサルタントの領域では、トップクラスの支援実績を持つINTLOOPは、17年の実績は企業へパイプと営業面の強みがあり、フリーコンサルタント向けのサポート・フォローの仕組みは、安心できるポイントが多数あります。

登録者は25,000人以上、自分のキャリアをステップアップさせたい、市場価値や年収・月収・時間単価を上げたい方に、安定して継続的に活用しています。

※業界最速水準の支払いサイト!月末締め翌月15日支払い
※20代後半〜40代半ばまで、コンサルタント経験者のみ受付中です。

ハイパフォコンサルへ無料登録

フリーコンサルタント案件紹介【POD】

「フリーコンサルタントの方」と「プロフェッショナル人材を求める企業」のマッチングサービスです。10年以上のサービス運営で培った豊富なノウハウ、稼働後の手厚いサポートで、一人一人に最適な「カスタマイズ提案」を行っています。先々のキャリアを見据えて最善の選択肢かどうかを吟味して、高い継続率を支える質の高い案件紹介は、ミスマッチの防止=平均90%という高い継続率に繋がっています。

また豊富なマッチング実績や高い継続率を支えているのは、「市場価値向上」につながる重要ポジション、大手事業会社の直請け・高収入のプロジェクト、リモートワーク可能なプロジェクト、経営・戦略やIT上流・要件定義、SAP、DX、新規事業、PM・PMO、先端技術(AI・Fintech)等などの「多様で魅力的なプロジェクト」です。

また、フリーコンサルタントの「市場価値向上」につながるよう、クライアントと距離の近いプロジェクトや、プロジェクトを主導する重要ポジション、経営戦略・ITをはじめとした上流プロジェクトを豊富に取り扱っています。

※月額200万円以上を目指すプロフェッショナルの方におすすめです。
※対象年齢:25歳〜50歳まで
※対象居住地:東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、福岡、北海道

Professionals On Demand(POD)へ無料登録

レバテックエキスパート

レバテックエキスパート

レバテックエキスパートは、レバテックキャリアのハイクラス求人専門の転職エージェントです。IT系研究職の人にもおすすめです。公開求人はレバテックキャリアから閲覧できます。

年収1200万円のITコンサルタント、年収1000万円のフルスタックエンジニア、年収900万円のPMなど、キャリアを生かして一気に年収アップ転職したい人におすすめです。保有求人の多くが非公開求人なので、年収アップできる転職先が見つかる可能性があります。

レバテックエキスパートへ無料登録

レバテックフリーランス

登録したフリーランス・個人事業主のエンジニア、デザイナーに、Web系を中心とした案件情報を提供しています。スキルに合わせたプロジェクト案件の派遣・参画やについて、プロのコーディネィターがしっかり相談に乗ってくれます。
特に関東・中京・大阪・福岡圏を中心とした勤務地の案件が豊富で、無料の個別相談会も実施しています。

レバテックフリーランスへ無料登録